水やりの目安

おもとの水管理

竹串を水やりの目安に

おもと富国殿

3年葉のあいだに芽が出てきました。竹串で水分管理しています。竹串を抜いて湿り具合を見ます。又富士砂の乾きも見ます。

おもとの水管理
イメージ 3
竹串を鉢に差し込んでおきます。鉢により乾き具合が変わります。
右 楽焼鉢 長春閣(ちょうしゅんかく)
左 素焼鉢 富国殿(ふこくでん)
おもとの水管理
竹串を鉢に差し込んでおきます。
・抜いて串先を手で触ってみること。
・串先の色の変わりを見ること。
右 楽焼鉢  竹串は湿りがあります、表面も中の用土少し乾いてきていま す。水遣我慢するか振り水程度。 
左 素焼鉢  竹串少し湿りがある程度、表面も中の用土も乾いてきてい ます。水遣りします。
イメージ 4

富士砂を水やりの目安に

第一温室5月10日
太陽殿(たいようでん)など富士砂(ふじすな)が乾いて黒から白っぽくなってきました。
影になるところではまた湿っています。
この状態でも、少し表土を除くと湿っているので水やりは控え気味にします。振り水程度です。
新根が伸びるときは水遣りをしっかりやりますが、やりすぎの蒸れに注意します。
水遣り次第で新根もよくおりて、葉数も多くなります。

鉢底を水やりの目安に

おもとの鉢底の湿り具合を見ると、水遣りの間隔が分かるようになります。
イメージ 4

おもと鉢 喜山・利山

1年間のおもとの育て方

大ニュース!! 漫画家 安野モヨコ先生 『オモトとわたしと自粛中』