リ101 (りの101)

り分類   実親系統 縞柄
作出年代 不明
登録   年
作出者   ()
命名者
登録者

羅紗系♂♀木に最適
太陽系、縞甲系も狙える
親がよいので、素晴らしい羅紗の親になる
作り上げたい木
初めてのかたでも、ベテランも楽しめる実親
ご自宅にある他の親と交配を楽しんでも面白い

リ101:味のある羅紗、芸が強い羅紗を産む 親の血である強い雅糸竜が♀次第で低く、または荒々しくのり、多彩。縞があるものは♀としても使い、実績は多い。木自体も丈夫。

三春(みはる)

分類      薄葉系統 獅子系  実親
作出年代    昭和
登録             年
作出者  不詳
命名者   不詳
登録者

三春は千代田獅子を作る最高の親木
この実生に、500万の評価を越える千代田獅子が生えている。
未だに千代田獅子は実生の最難関なので、面白みがある
本物少ない
豊明園でも千代田獅子作出の大本命で使っています。

千代田獅子系♂♀木に最適

自家交配でも楽しめます。
初めてのかたでも、ベテランも楽しめる実親
ご自宅にある他の親と交配を楽しんでも面白い

 

 

都獅子(みやこじし) Miyako-shishi

 

基本情報 都獅子(みやこじし) Miyakoshishi

分類    大葉系統 覆輪系  江戸おもと
作出年代  江戸時代かそれ以前
登録
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

 

都獅子の写真

江戸時代からの品種

大型種、垂れ葉型で葉肉厚め

葉には白い覆輪を見せます。薩摩万年青の丈夫な代表品種。

 

葉先まで覆輪はまわる

覆輪の白さ、波葉になる葉にも特徴があります。

歴史保存種
100万の万年青と同じ価値があると思っています

江戸品種
江戸時代の島津のお殿様や薩摩武士が楽しんだといわれる幻の品
20年に1本ほどしかでてこない
ゆったりと巻くような葉から、その名がついたのか
美麗品

葉幅も広い

広いところで、葉巾は7cmをこえる

 

  葉元は気持ちよく立ち、葉の中ほどにかけて、ゆっくりと垂れる優美な姿に、薩摩藩の剛の武士も心を癒したのでしょう

まず出てこない、非常に珍しい品種。

 

 

江戸時代からの品種

萬年青の歴史の中では

薩摩おもとの元祖ともいえるほど歴史は古く、『萬年青の歴史』の中に紹介される安政5年の番付の一番いい位置にあります。

添付の写真がそれです。歴史はもっと古くまでさかのぼれるかと思います。

三幅対の中心に都獅子があります。

江戸時代からの万年青はなかなかないですが、

薩摩藩島津家でも楽しまれていたという伝説も残るこの品種は

江戸ののんびりした感じや、潔さなども伝わってきて、

是非また100年後の後世まで残していきたい品種ですね。

歴史の生き証人がこの都獅子です。

 

現時点の数量 2020年

20年に1本ほどしかでてこない

現時点で数は本当に少ないと思います。

ほぼ、古くからの万年青趣味者に残るのみでしょう。

 

覆輪深く、紺地の強い大葉です。壮観な薩摩おもとの根幹ともいえる代表品種。

 

 

万年青 愛知県岡崎市 豊明園

 

 

 

2020年1月1日 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

豊明園第一温室

 

おもとの生け花花材 品種 (都の城)みやこのじょう
岡崎 豊明園の正月2020年 葉10枚、実1つを付け生ける。 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。年中青くて枯れることがなく千々孫々まで繁栄する」ということで、正月の生け花として。

豊明園第二温室

天窓を開けて管理しています。温室の中は外の気温と同じです。潅水の間隔は7日目くらいで鉢の状態を見て灌水します。外で管理している万年青は26日と30日の雨にあてているため様子を見ながら。

防寒

とくに暖房する必要はありませんが、明け方の冷え込みに対する備えは充分にし、朝、オモトも鉢の中もすっかり凍ってしまっていることのないようにしましょう。ハウスなどの中に取り入れている場合、晴天の日は室内温度が高くなることがあるので、換気には充分注意し、オモトが蒸れないようにします。

豊明園の外棚

風除けなしで管理している棚。雨にあたります。

防風

屋外に置く場合は、つねに不織布・寒冷紗を張りめぐらして風を防ぎます。この時期オモトを風にあてますと、葉の縁や葉先、あるいは斑や柄の白い部分などが葉焼けをおこして褐色になり、たいへんみにくくなります。

 

豊明園の外棚

霜よけにビニールを張ってあります。直射の場合は午前中の採光をします、1日中の場合は不織布や寒冷紗ごしの採光です。葉の薄い薄葉系統は直射をさけ不織布・寒冷紗などの下て゛管理します。

引越しおもと 常時150点以上あります。

 

 

 

ヤフーブログからライブドアブログへお引越し

Yahoo!blogからlivedoor.blogへお引越し

今まで使っていたヤフーブログ

https://blogs.yahoo.co.jp/omotohoumeien/MYBLOG/yblog.html

から

ライブドアブログ

へ引越しをしました。

 

これは、

ヤフーブログさんが2019.12.15にサービスを終了するので、

今までのすべてのブログ記事をライブドアブログさんに引越しをいたしました。

 

2009年05月20日から1836記事!

改めて見てみますと、2009年05月20日    におもとブログはじめました というタイトルで始まり、1836記事!これだけの長い間ブログを続けることができたのは、ひとえに皆様の支えがあったからこそだと考えております。重ねて御礼申し上げます。

 

ライブドアブログさんでは1836記事の過去の記事すべてみれます

ライブドアブログさんでは過去の記事も見やすくなっていますので、去年や10年前の今頃はどんな管理をしていたかな、とか、万年青の魅力、管理、歴史、様々なことをみてみてください。

1836記事の過去の記事

 

現在はこの豊明園のブログで続けております

2018年秋にこの豊明園内のブログへ移行しました。

 

万年青の世界 2019.11月 経済月報No.600 岡崎信用金庫 おかしん総研さんに取材をして頂きました

万年青の世界 経済月報No.600 岡崎信用金庫 おかしん総研さんに取材をして頂きました

 

400年前の万年青の彫刻

400年前の久能山東照宮、北野天満宮、六所神社、英彦山神宮などの万年青の彫刻から、万年青の世界を紹介していただきました。

久能山東照宮

北野天満宮、六所神社、英彦山神宮

岡崎信用金庫さんで、見ることできます

経済月報No.600 岡崎信用金庫 おかしん総研さん

江戸時代におもとブーム

 

徳川家康の愛したおもと 引越しおもとの歴史

豊明園の棚 新生殿の成長

日本最古の植物の大会 第93回 三河おもと名品展

 

万年青の豊明園の紹介

 

NHK趣味の園芸で紹介した万年青も取り上げていただけました。

愛知県 岡崎 万年青展示会

  第93回 三河おもと名品展 

おもと銘品 128点展示
日時 令和元年(2019) 10月26日() 27日() 
展覧時間  26日():午前9時~ 午後4
     27日() :午前9時~ 午後3時まで

場所 おかざき農遊館 展示室

愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地

電話 0564-46-4700

事務局 公益社団法人日本おもと協会 三河支部 豊明園内 0564-51-4714

現在まで続いている万年青展示会では、日本で最古の伝統と歴史をもつ。

内容 徳川家康公が江戸城へ入る時に床の間に飾った、不老長寿のめでたい縁起の良い植物と言われている。江戸万年青の展示・オモト(万年青)の展示即売や栽培相談

第93回三河おもと名品展

 

展示会場風景

万年青の説明・作り方・歴史をお教えいたします。

江戸万年青の展示  NHK趣味の園芸で放映された万年青

万年青の植え込み方をお教えいたします。

三河おもと名品展
三河支部は三河地方を中心にして名古屋・岐阜・三重・静岡県の皆さまのご協力により大会が運営できています。
皆様のご協力のおかげで無事終了しました。ありがとうございました。

NHKの番組「趣味の園芸」におもとが取り上げられました。
弊園の四代目水野豊隆が出演しておりますので是非ご覧ください。

放送日10月29日 火曜 午前10時25分 | 再放送10月 31日木曜 午後0時30分   10月27日 8時30分放送
大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  水野豊隆

Eテレ 毎週日曜 午前8時30分 | 再放送29日 毎週火曜 午前10時25分 | 再放送 31日毎週木曜 午後0時30分

 

 

 

江戸時代 新潟 越後の絵師 行田魁庵(なめたかいあん)

江戸時代の越後出身の絵師、行田魁庵(なめたかいあん)

行田魁庵の四季屏風と江戸時代に生まれたおもと

左・永島            鉢 江戸~明治期

中・日月星   鉢 江戸~明治期

右・根岸の松  鉢 江戸時代

 

新潟市指定文化財「新潟入船之図」を描いた江戸時代から明治7年の人

行田魁庵は、文化九(1812)年、古町通神明町(現、古町通一番町)の神明宮の神官の子として生まれました。幼いころから画を新潟の志賀北洋三条(三条市)の行田雲濤に学び、京都に出て山本梅逸に学びました。嘉永四(1851)年に帰郷し、神職のかたわら画の制作を続け、明治七(1874)年に他界しています。

 

新潟市指定文化財「新潟入船之図」は、和紙に風景を描いたもので、面面の寸法は縦150センチメートル、横85センチメートルです。画面左下に「明治四年辛未 冬十二月写 魁庵正隆」と記されています。掛け軸にされており、その箱書きには「新潟入船之図」と記されています。 遠景に佐渡・粟島を配し、はるか遠くから新潟を目指してやって来た北前船三隻が、湊口で帆を下ろして停泊している光景を描いています。三隻の舳先に黒く垂れる「下がり」は、湊へ入る船が儀礼に垂らす習慣でした。三隻の手前に浮かぶ小舟、浜辺の漁師がこの画を動きのあるものにしています。画面下半の描写は細かく、当時の光景をよく伝えています。  この画は松崎の小島家の所蔵である。魁庵の画では外に、嘉永四年作の絹本墨彩「白梅図」が、川村奉行関係資料として市文化財に指定されています。指定:市町村
種別:有形文化財(絵画)
員数:1幅
時代:明治4年
所有者・管理者:個人蔵
指定年月日:昭和51年11月2日

 

南画(なんが)とは、中国南宗画の影響を受けた日本固有の絵画様式で、文人画(ぶんじんが)とも呼ばれます。漢詩文の素養のある人々に支持され、江戸中期から明治にかけて発展しました。

 

万年青 展示会 愛知県岡崎

  第93回 三河おもと名品展 

おもと銘品 128点展示
日時 令和元年(2019) 10月26日() 27日() 
展覧時間  26日():午前9時~ 午後4
     27日() :午前9時~ 午後3時まで

場所 おかざき農遊館 展示室

愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地

電話 0564-46-4700

事務局 公益社団法人日本おもと協会 三河支部 豊明園内 0564-51-4714

現在まで続いている万年青展示会では、日本で最古の伝統と歴史をもつ。

内容 徳川家康公が江戸城へ入る時に床の間に飾った、不老長寿のめでたい縁起の良い植物と言われている。江戸万年青の展示・オモト(万年青)の展示即売や栽培相談

 

左 五大州 文久元年 1861

中 宗碩の虎 (江戸残雪 ) 江戸時代

右 残雪 安政年間 1855~1860

江戸おもとの展示

福包  江戸時代

富士の雪  文久元年  1861

曙  藩政時代  1603~1868

玉獅子  天保時代  1831~1845

万年青 売品席  2019年10月26日 晴れ

NHKの番組「趣味の園芸」おもと

弊園の四代目水野豊隆が出演しておりますので是非ご覧ください。

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  水野豊隆             10月27日 Eテレ 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 岡崎市 岡崎公園・豊明園

Eテレ 毎週日曜 午前8時30分 | 再放送29日 毎週火曜 午前10時25分 | 再放送 31日毎週木曜 午後0時30分

おもとは万年青と書き、
常緑で万年、栄えていくことから
中国では5000年前から、
日本では1000年前から神農の薬として
600年前の室町時代から縁起物
天福の霊草、吉兆の植物として喜ばれてきた

 

 

 

 

 

三河おもと名品展 愛知県岡崎市

 第93回 三河おもと名品展 

 

おもと銘品 128点展示
日時 令和元年(2019) 10月26日() 27日() 
展覧時間  26日():午前9時~ 午後4
     27日() :午前9時~ 午後3時まで

場所 おかざき農遊館 展示室

愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地

電話 0564-46-4700

事務局 公益社団法人日本おもと協会 三河支部 豊明園内 0564-51-4714

現在まで続いている万年青展示会では、日本で最古の伝統と歴史をもつ。

おもと展示会場 

 

おもと展示 

三河おもと名品展は日本で一番長く続いているオモト展示会

愛知県岡崎市にて 岡崎は徳川家康公とおもとのふるさと

おもと展示 

 

江戸おもとの展示もあります

万年青 おもと
私たち豊明園は、この93回続く歴史ある大会をとても大切に考えています。岡崎という家康を生んだ土地、その家康が愛したおもとの文化を後世に残すため、日本の文化としてみんなで楽しめるようにしていきたいと考えて、三河おもと会、同好会をバックアップし、協力していきたいと思っています。
出品したいという方はお気軽にご連絡ください。もちろん、入場無料の農遊館なので参加も見学も自由です。予約もなにもいりません。
遠方の方では出品とまではなかなかいかないと思いますので、お足を運んでいただけるだけでも幸いです。またこの大会は皆さまの志で成り立っています。多くの方に感謝しています。ありがとうございます。