万年青 生け花

藜蘆(おもと)  

七種伝の一つ 藜蘆れいろ(万年青)
万年青は、いつまでも青々として不変なこと、秩序正しく繁殖することから、長寿、繁栄の象徴とされる。
中国では、熨斗(のし)のかわりに万年青を使う習わしがあり、日本では、徳川家康が江戸城に入るときに、おもとを床の間に飾って入城したという記録がある。

おもと生け花

(大象観)たいぞうかん
豊明園の正月 葉10枚、実1つを付け生ける 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。年中青くて枯れることがなく千々孫々まで繁栄する」ということで、正月の生け花として好評。
徳島県那賀郡相生町では55戸の農家が19ヘクタールの畑で
「都の城」「太像冠」「青おもと」の3種類を栽培しています、生産量は全国一

鎌倉時代には生花でおもとは珍重されていました。邪気を祓い、縁起のよい植物として
藜蘆れいろ(万年青)

文化8年  (1811年) お客様の資料より

万年青 生け花

花材 万年青 品種(駿河富士)するがふじ
葉10枚、実1つを付け生ける 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。 駿河富士の実12月色づく、3鉢から葉を選び生けて見ました。大変に日持ちがよく、水をこまめに換えると4カ月程持ちます。

万年青 生け花

残雪(ざんせつ) おもとの真の葉 長さ55cm 幅10cm  残雪の実11月、まだ青い

万年青 生け花

大観(たいかん) 葉の中の白い部分、図と呼びます、白い柄の無いものを「都の城」と呼びます。

万年青 生け花

残雪(ざんせつ) 葉10枚、実1つを付け生ける、逆勝手で活けて見ました。12月実は色づいています。3株から葉を選び生けて見ました。

万年青 ブライダル プレゼント

結婚式におもと

ブライダルプレゼント おもと(錦昇龍)

 

名古屋徳川園にて挙式・披露宴

御両親に感謝を込めて不老長寿のおもと(錦昇龍)を贈られました。

東京六本木
ハニーズガーデン東京 イルボッロ東京
結婚式会場にて

お孫さんの結婚式に贈らたました。おもと新生殿

葉姿美しく特に丈夫なおもと『新しく生まれる御殿』と名前よい
引越しおもと・お祝おもとなど、お部屋の観葉植物に最適

 おもと花言葉

(永遠の繁栄) (長寿) (母性の愛情) (長命) (崇高な精神)
お祝いおもと、新築、開店のお祝い・長寿のお祝い・魔除けに
鎌倉、江戸時代より続く、日本古来の伝統園芸 万年青

引越しおもと 方位

引越しおもと 置き場所

おもと(万年青)は、めでたい植物、不老長寿の縁起のよい植物といわれています。慶長11年、徳川家康公が各大名に江戸城の普請役を行なわせ、その造成成るとともに入城しました、入城に際し家康は愛知県三河の国長沢村の長島長兵衛から贈られた、斑入りのおもと3鉢を抱え入城しおもとを床の間に飾り徳川300年の繁栄を築いたという古事が広く知られています。

家の北東、鬼門の方角植えて

先日、お客様が新築されるということで、庭師さんに庭を作ってもらっていました。その庭師さんに、北東と南西の方角におもとを置くとよい、と言われ、私どもに引越しおもとの連絡がありました。昔からのことをしっている庭師さんだと、引越しの際におもとを植えたり、置いてその土地が安泰であるように願うそうです。確かに、古いお寺にもおもとがよく植わっていたり、日光東照宮久能山東照宮や、六所神社英彦山神宮、地主神社などのようにおもとの彫物があったりと、土地を治める霊草としても大切にされてきました。

南西の方位の裏鬼門に植えて

引越しおもと風水 鬼門

日本独自の陰陽道の中で出来上がった日本独特の思想であると考えるべきである。現代でも、人々は、縁起を担ぎ、家の北東、鬼門の方角に魔よけの意味をもつ、「柊」や「南天」、「万年青」を植えたり、鬼門から水回りや玄関を避けて家作りしたりと、根強い鬼門を恐れる思想がある。南西の方位を裏鬼門。

鬼門(きもん)とは、北東の方角のこと。その名の通り「鬼(邪気)の出入りする方角」を意味しています。

裏鬼門(うらきもん)は、鬼門と反対の方角(=南西)のこと。
陰陽道では、北東と南西は陰陽の狭間で不安定になるとされ、裏鬼門も鬼門とセットで不吉な方角と言われています。

鬼門対策 トイレに万年青飾り

おもと 万年、青々と美しいおもと 葉が年中青いことから、永遠の繁栄、長寿という花言葉 地植えにしても上手に育ちます。

赤い実をたたえた地植えのおもと
赤い実は、大きめのおもとにつきます。羅紗おもとはよっぽど実がつきません小型でも、獅子は実がつきます、それでも、ある程度の大きさにします。
地植え
大葉や、実親では地植えも出来ます 赤い実は、正月に一番赤くなり、これから鳥がきて、赤い実を食べにきます 人の住んでいるとこに近い山里では、その鳥が運んだ実、種で、おもとが生えてきているので面白いものがあったりします。地植えにする際は、春、秋の柔らかな気候を選びましょう。
根の動きもよく、よく活着します。おもとはそこまで日を必要としない植物なので日陰になるような場所があっています。風水では北東の鬼門の方向に植えなさい、置きなさい、といわれますが、実はそれも理にかなっていることで、北東なら夏の暑い日差しは屋敷の陰に隠れて涼しいですし、冬は朝日が当たればこれ以上ない好適地
窓辺においてもいいですね。

オモトが枯れる

開口部が閉鎖されてしまっている部屋も典型的な気がよどんでいて観葉植物が枯れるお部屋です。開口部が閉鎖されてしまっている部屋も典型的な気がよどんでいて観葉植物が枯れるお部屋です。

藜蘆れいろ(万年青) 霊草

萬年青が悪い邪気を吸ってくれます。尊く不思議なはたらきのある草。また神仏の加護を受けられるという めでたい草。瑞草

引越しおもと・天福の霊草

『天福の霊草、引越しおもと』の由来

 

慶弔十一年、徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って三種のオモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ばれて、千代田城に真っ先に持ち込まれ床の間に飾り入城したと伝えられています。
その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」であるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残りをとどめています。
(天福とは天から賜る幸い、天与の幸福、祝事、建築、転居に「吉」であるという)

約400年前からのおもとの彫刻について

江戸時代の神社にも、おもとの彫刻があります。その土地の平安や繁栄を祈ったのでしょうか
おもとの彫刻 
栃木県 日光東照宮 
埼玉県 妻沼聖天山歓喜院  徳川家康によって再興されたが、寛文10年(1670年)の妻沼の大火で焼失した。現存する聖天堂(本殿)は、享保から宝暦年間(18世紀半ば)にかけて再建された
埼玉県 三峰神社
東京都 上野東照宮 慶安4年(1651年)家康の孫である徳川家光が改築したもの
静岡県 久能山東照宮    1617年元和3年)徳川家康の命で建立 家康がなく  なったとき最初に建てられた
愛知県  六所神社1636年徳川家光の命で建立 徳川家康がお宮参りをした

 

京都府 北野天満宮  慶長12年(1607年)に建立
 平岡八幡宮 江戸時代末期に画工・綾戸鐘次郎藤原之信 花の天井画
福岡県 英彦山神宮 元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

おもと 置き場所

引越しおもと

古来から縁起物として、引越し、お祝いに、贈答品として贈られていました。
常緑の青々とした葉が美しいです。

 

 

一番よく飾られる場所は玄関ですね。ご自宅の入り口に縁起のよいものを置こうと考えてのことでしょうか。他には、リビングやトイレなどもよく置かれる場所の一つです。窓があり、カーテン越しのちょうどよい光が入ります。何より、おもとのよい気が部屋を明るくしてくれます。床の間があるお家ですと、床の間に飾り、昔のお殿様がおもとを楽しんだ気持ちが味わえます。

午前中太陽光線がよく当る場所、西日しか当らない所はできるだけ避ける。 強風の当らない適当な通風の良い場所が好ましい。 (とくに梅雨・夏季の高温多湿時期には注意)「おもと」は比較的寒さに強い植物ですので冬は加温の必要はなく凍らせすぎない程度で寒風に注意する
こと。

引越しおもと 置き場所

おもとを飾る場所

おもと飾り

一番よく飾られる場所は玄関ですね。
ご自宅の入り口に縁起のよいものを置こうと考えてのことでしょうか。
他には、リビングやトイレなどもよく置かれる場所の一つです。
窓があり、カーテン越しのちょうどよい光が入ります。
何より、おもとのよい気が部屋を明るくしてくれます。
床の間に飾りますと、
昔のお殿様がおもとを楽しんだ気持ちが味わえます。

引越しお祝いおもと

おもと 新生殿 しんせいでん

葉姿美しく特に丈夫なおもと『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気引越しおもと・お祝おもとなど、お部屋の観葉植物に最適

おもとは瑞草です。
新築祝い・引越し祝い・敬老のお祝いに

引越しおもと 丈夫な品種

おもと「お多福」

お多福 (おたふく)  玄関の前庭に飾り福を呼ぶ
100年以上愛される万年青 葉姿美しく特に丈夫なおもと『お多福』と名前よい
愛嬌ある福の葉姿が人気。引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適、丈夫な品種 特徴がはっきりした品種が人気。
明治26年5月、明治天皇がお求めになったおもと、『於多福(おたふく)』『折熨斗縞』の2品

引越しおもとはどんなものがいいですか?

引越ししおもとでは、丈夫な縁起のよいものがいいと思います。
お多福、新生殿、満月、永島、錦秀の松、福包、出世実生などは丈夫で、縁起の良い名前ですね。おもと自体、万年青と書いておもととよみ、万年、葉が青々として繁栄していくところからきていますので、おもとならどれでもよいという風水の先生も

平岡八幡宮 花の天井におもと

京都・平岡八幡宮 花の天井におもと

引越しおもと、お祝いおもとの由来

京都の平岡八幡宮におもとの歴史を探しにいってきました。

この手前には初代若乃花が土俵入りをした土俵があります。

京都の梅ヶ畑にあるので、梅ヶ畑八幡とも呼ばれています。

京都の中心、御所から車で30分、北西方向へ行った場所です。

かわらけ投げや秋の紅葉で有名な神護寺、鳥獣戯画で有名な高山寺がこの平岡八幡宮の奥にあります。近くには瀬戸内寂聴さんのお寺もあります。宮司の佐々木さんの話では、昔はこの平岡八幡宮まで神護寺の土地だったそうです。

歌舞伎の『花舞台霞の猿曳(はなぶたいかすみのさるひき)』(靭猿(うつぼざる))の舞台背景になったそうです。

 

創建 平安時代 809年12月10日

弘法大師空海(くうかい)が高雄山神護寺(じんごじ)の守護神として自らが描いた僧形八幡神像(そうぎょうはちまんしんぞう)を御神体として 宇佐八幡(うさはちまん)より勧請し、創建されたそうです。

八幡宮に祀られているのは、応神天皇(おうじんてんのう 第15代天皇)で全国にあります。

京都(山城国やましろのくに・現在の京都府南部)で最古といわれるのがこの平岡八幡宮です。

室町時代には、室町幕府第三代将軍足利義満(あしかがよしみつ)や四代将軍・義持(よしもち)も紅葉狩りなどでよく訪れたそうです。

 

平岡八幡宮 花の天井におもと

  本殿は室町時代に焼失したが、足利義満により再建され、現建物は文政9年の修復。内陣天井は極彩色の花絵44面が描かれ、「花の天井」とよばれ、毎年、春、秋の2期公開され、境内は高雄もみじの参道と椿が有名です。

 

平岡八幡宮の神殿に花の天井はあります。

神殿内は写真禁止なので、入り口にあるこれを写真に収めました。

佐々木宮司のお話では、室町時代に再建した第三代将軍足利義満の大切にしていた薬が描かれていて、この地域が薬の産地でもあったことから桔梗、甘草かんぞう、万年青、芥子けしなどが描かれています。桜や椿、梅、山桜、楓、菖蒲など見ても美しいものばかり。

花の天井の種類

花の天井は江戸時代の末期(文政10年 1827)に再建時、綾戸鐘次郎藤原之信という画工が描いたそうです。もうすぐ200年ですね。

 

たくさんの実をたたえたすっきりとしたおもと。

室町時代の生け花や、貴族の執事の日記、当時の辞書にも万年青はでてきますが、将軍である足利義満も薬として大切にしていたことがわかりました。

足利義満公の御所(室町第)が花の御所※と呼ばれ、自らも花を愛し、薬を大切にした義満公らしい天井絵。

 

※花の御所 wikiより

花の御所(はなのごしょ)は、現在の京都府京都市上京区にあった足利将軍家の邸宅の通称(地図)であり、敷地は東側を烏丸通、南側を今出川通、西側を室町通、北側を上立売通に囲まれた東西一南北二町を占めた[2]京都御所地図)がある京都御苑の北西、烏丸今出川交差点を挟んで斜め向かいの一角に位置した[3]

 

ますます万年青の魅力、どれだけ昔の人たちに大切にされてきたのかを調べていきたいと思います。

引越しおもと、お祝いおもととして縁起を担がれるおもと

このように、おもとは歴代の天皇や室町時代、江戸時代の将軍にも大切にされてきました。古くはこの平岡八幡宮のように、美しさだけでなく、薬として大切にされ、それが転じて魔除けとして、引越しやお祝いに相手の無事平安を祈っておもとが贈られるようになりました。

 

引越しおもと、お祝いおもと

贈り物に最適なおもと

 

 

おもとの豊明園

 

万年青引越し 置き場所

どこに置くとよいですか?

一番よく飾られる場所は玄関ですね。ご自宅の入り口に縁起のよいものを置こうと考えてのことでしょうか。他には、リビングやトイレなどもよく置かれる場所の一つです。窓があり、カーテン越しのちょうどよい光が入ります。何より、おもとのよい気が部屋を明るくしてくれます。床の間があるお家ですと、床の間に飾り、昔のお殿様がおもとを楽しんだ気持ちが味わえます。

お多福 (おたふく)  玄関の棚に飾り福を呼ぶ
100年以上愛される万年青
葉姿美しく特に丈夫なおもと『お多福』と名前よい
愛嬌ある福の葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適
、丈夫な品種 特徴がはっきりした品種が人気

明治26年5月、明治天皇がお求めになったおもと、
『於多福(おたふく)』『折熨斗縞』の2品 資料豊明園HPに掲載

瑞泉 (ずいせん)

露地植えの場所
関東以西の温暖な場所冬の気温-5℃まで、
木陰又は半日陰になる水はけの良い場所に植付けをする。
時期は厳冬期をさけ春・秋の季節に植え付けします。
大葉系統で路地植えします

おもとは瑞草です。
新築祝い・引越し祝い・敬老のお祝い
に贈りましょう

縁起の良い植物 おもと

徳川家康公が最後に造らせた久能山東照宮 おもと彫刻

おもとは中国では4000年前から、日本でも少なくとも1000年前から家庭の医学の薬草として、日本人になくてはならないものでした。

古代の日本人にとって、おもとの耐寒性は特に目立った特徴で、寒さの厳しい冬でも常緑で万年、青々と緑を保つおもとは、万年青と書かれるようになりました。

万年青の常緑という特徴から、長寿や、永遠に続く繁栄といった花言葉に繋がり、長寿を祝い、結婚やお正月などお祝いにぴったりの植物になりました。

それに加えて、薬草という側面から、引っ越しの際、新居にもっていく風習が古くからあり、徳川家康公も江戸城入城の際、真っ先に万年青を入れたという故事にも伝えられます。

植物のありのままを表現するいけばなでも、そんな万年青の特徴を反映して、お正月、結婚、長寿の祝いに飾られます。

おもとは、これらを全部ひっくるめて、縁起の良い植物、幸運の植物と呼ばれています。