NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の育て方を紹介しています。日本に自生している植物ですが、自生地では明るい林の下に生えていることが多いです。その環境に街中で近付けるために、日陰になるような場所に置いたり、用土を水はけをよくしたり、肥料を少なくしたりして育てます。そんな育て方のコツを短くまとめて紹介してあります。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

 

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

 

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の、【胴返し】という鉢の美しさ、面白さだったり、古い鉢、現代鉢の魅力が伝われば幸いです。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

万年青の表土に【水苔】をのせる メリットデメリット

今回は、万年青の表土に【水苔】をのせる メリットデメリット についてお話します。

万年青の鉢植えの方法は、用土に土、砂利を使ったり、苔で巻いて植えたりと様々です。

万年青の趣味者は多くが砂利で植えて、水苔を表土に置くと思いますが、その水苔のメリットデメリットについて考えてみます。

 

水苔をのせるメリット

表土が乾きにくい

強い風、寒い風が吹く冬は砂利だけですと、表土が非常に乾きやすいです。また、生長期、新根のでる春や秋のそよ風と根が水を吸うことでも表土が乾きやすく、その時に表土が乾くと新根が止まってしまいます。そのため、表土の乾燥を防ぎ、特に新根を下すために水苔をのせます。

肥料が効きやすい

砂利よりも水苔の方が水を含むので、玉肥えをのせて水をやると、砂利の場合よりよく肥料分がでます。そのため、肥料が少量で良く効きます。

鑑賞のため

美しい水苔で飾り、化粧として載せます。

 

水苔をのせるデメリット

夏場に蒸れる

特に、水苔を厚くのせていると、真夏の高温多湿になったときに蒸れ、首元から病気、傷みが入ることがあります。首元は新根が出ることろなので一番弱く、真夏はそこだけ水苔を離したり、水苔を取ってしまう方もいらっしゃいます。

ここ最近の夏の異常気象に対応するように、傷みを防ぐため、水苔を富士砂などの水分で色の変わる用土に変える方もいらっしゃいます。

 

万年青の表土に水苔をのせるメリットデメリット まとめ

メリットは、

表土を乾きにくくして、春秋の生長期、新根が発根しやすくするため、伸びやすくするため

肥料の効きをよくするため

デメリットは、

真夏の高温多湿では、首元からの蒸れに注意します。

 

それぞれのメリットデメリットを考えながら、ご自分のお棚に合った万年青の植え方を考えてみてください。

 

おもとの植え替え 完全版(仮)

水苔について 乾燥水苔の戻し方

水苔の育て方

万年青の展示会への出品・鑑賞のポイント

おもとの植え替え コテ・さじの使い方

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

水苔の販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年青 実がならない

赤い実がつかないのはなぜ?

おもとを持っている人から赤い実をつけたいのだけどどうしたら、という相談をよく受けます。

万年青の実がならない理由は3つ

赤い実をつけるための交配については、「交配~実生の楽しみ」も参照してください。花は咲くのに実が付かない。交配したが実が付かない、なぜでしようか。

「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」などがかんがえられます。

もともと実の付かない品種

品種によつて花芽は上がるが実が付かない品種もあります。3.5号以下の小型おもと、特に羅紗系統ではまず実は付きません。原種に近い大葉や実親などの大型のものほど実は付きやすいです。相性もあり、相性のよくないオス木の花粉を受粉させようとしても付かないことがあります。

 

まだ実を成らせる力がない

リン酸肥料がきき過ぎているとまだ若く力のない時に花芽が出てくることがあります。この場合実が付かないか、付いても途中で腐ってしまいます。まずは日をしっかり採り、丈夫な木に育てることが一番です。初花や花芽が小さい場合は思い切って切除すれば来年は大きな花芽が上がり、実が付きやすくなります。

原因

木が若すぎる まだ力がない 肥料が少ない、体が小さいなど

もし花があがり、実がついても、途中でくさってしまうこともあります。

力がないので、来年なら10粒実がつくものも、1~2粒になり、木自体が小さくなってしまうことも。

木を充実させ来年大きな実を付けるために

おもとの花芽

おもとの木を充実させるため花芽を切り取る事もします。花穂の軸の部分にランセットや刃物などを使い少し切り(三割り)あとは手で押さえ取る。

おもとの花芽

交配すれば多くが実を付けますが、この時期花芽の方へ栄養が取られ木を充実させるために切り取ります。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

花は上がったが実が付かない時 時期

 

成熟していないオシベ(左)は白く、成熟したオシベ(右)は葯が開き、黄色い花粉が見える。黄色の花粉をオシヘ゛に受粉させる。

万年青の花 受粉ができていない

8割は受粉ができていないこと原因です。外に置いてあるおもとでは虫が少ないと受粉しません。虫の少ない都市部では受粉してあげます。柔らかい筆でメシベから蜜がでたときに撫でてください。また受粉させるときにオシベの花粉が成熟していなかった。もしくは古すぎて受精能力がなかったというオシベの問題や、メシベの蜜が出ていないときに受粉させようとしたメシベの成熟の時期を間違えていた場合があります。受粉させるときにメシベを傷つけてしまうと実がならなくなるので気をつけます。

原因

虫がいない、少ない

人がやっているが、♂の花粉が古い、早い、悪い/♀の蜜が出ていない、出た後につける

めしべの柱頭を傷つけている

花粉を付けた後に水をかけて流してしまう

おもとの花、受粉体制が整うと、メシベの先端に蜜が出る。蜜の出ているときに受粉させる。写真 5月17日

メシベが膨らみ始めています。 20日間前後で受粉したことがわかります。  写真 6月8日

おもと竜爪(りゅうそう)実付きの良い品種です、この木は下の部分しか実が膨らみません。原因 木に力がないため実の付きを制御している。交配が出来なかったため。交配時期に乾燥しすぎた。6月8日

力ダルマ 力ダルマ2鉢、良く見ると花芽に変化があります。同じ兄弟木で右は結実しています。左は失敗。交配時の相性により結実しなかったと思われます。写真6月18日

 

大象観 (たいぞうかん) 9月20日 実にも縞柄が見えます。

 

おもとの実が爆ぜる

イメージ 3
実がはぜています。長雨のあと強い日に当てると爆ぜやすい。9月初めから10月末まで気を付けること。

 

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 11月13日の写真 少し色づく寒さが近づくと変わり始めます。

赤い実が付いたら実を撫でてみるのも楽しみなひとつ。

品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ) 写真12月8日 寒さにあたり実が深紅の色に近づく。虫や人の手で上手に赤い実がついたおもと

万年青の実の付け方

おもとの実をつけるには

おもとの花 実の付け方

 

簡単な実を付ける方法と、赤い実がつかない理由について動画で解説しました。

簡単な実を付ける方法は、虫などで自然に付ける方法と柔らかい筆と使う方法を紹介しています。

赤い実がつかない理由は、実がつかない品種、相性があること、また実を成らせる力がないこと、受粉ができていないことが考えられます。

 

 

 

 

 

赤い実がつかないのはなぜ?

赤い実がつかないのはなぜ?

おもとを持っている人から赤い実をつけたいのだけどどうしたらいいでしょうか?、という相談をよく受けます。結論から申し上げますと、万年青の実がならない理由は3つあります。「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」です。

では、一つづつ見ていきましょう。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

 

もともと実の付かない品種

一番簡単な見分け方は、1枚の葉の長さが20cm以下は実が付かない、ということです。3.5号以下の小型おもと、特に羅紗系統ではまず実は付きません。原種に近い大葉や実親などの大型のものほど実は付きやすいです。

新生殿 羅紗系の中でも大型のおもとなので、花芽はあがりますが、結実せず、実がなりません。

獅子系は実が付くものも多いですが、くるくるとした葉を伸ばして、葉の長さが20cm以上になれば実はつくでしょう。

仙寿の舞 葉が長くなってくると、実がつきます。

※例外で小さいものでもつくものはありますが、ごく少数です。

まだ実を成らせる力がない

葉の長さが20cm以上あるのに実が付かないことがあります。その場合、まだその木に実を成らせるだけの力がないことが考えられます。万年青の実をつける、ということは、人間の出産と同じで、体力をとても消耗するものなので、万年青の栄養を貯めている、万年青の芋がしっかりと充実しないと、実がなりません。

リン酸肥料がよく効いているとまだ若く力のない時に花芽が出てくることがあります。この場合、でてきた花が途中で腐ってしまう、また、実はなんとかなったが、お正月の赤い実になる前に途中で腐ってしまいます。6月に花芽が出て受粉して、12月のお正月に成熟して赤い実になる万年青の実は、半年以上、実に栄養を送り続けています。どれだけ万年青の体力が必要かわかると思います。

花が出てくる6月前後の作業ですが、和多志たち万年青の豊明園では、体が小さいのに花が来たり実がついても、思い切って切除します。そうすると、来年は大きな花芽が上がり、実が付きやすくなります。

まだ実を成らせる力がない の 対処法は、

肥料をしっかりとやり、元気に育てる。万年青の成長はゆっくりなので、じっくりと木の勢いがつくまで待ちます。焦って肥料をやり過ぎてしまうと根芋を傷めてしまうので、まず待つことが大事です。

 

万年青の花の 受粉ができていない

受粉ができていないことが原因で、実がなりません。外に置いてあるおもとでは虫が少ないと受粉しません。虫の少ない都市部では人が受粉してあげます。

柔らかい筆でメシベから蜜がでたときに、おしべとめしべを撫でてください。受粉させるときには、オシベの花粉がちゃんと成熟していて、メシベの蜜が出ていることが大切です。こちらは詳しく説明すると何時間にもなるので、万年青の交配、受粉ということで記事、動画を説明欄に張っておきます。

 

おもとの交配

 

おもとの花、受粉体制が整うと、メシベの先端に蜜が出る。蜜の出ているときに受粉させる。写真 5月17日

メシベが膨らみ始めています。 20日間前後で受粉したことがわかります。  写真 6月8日

 

また、万年青同士の相性もあり、どんなに受粉をしても、血が近すぎたり、相性の悪いものがあるので、他の品種を交配してみると良いでしょう。

 

おもと竜爪(りゅうそう)実付きの良い品種です、この木は下の部分しか実が膨らみません。原因 木に力がないため実の付きを制御している。交配が出来なかったため。交配時期に乾燥しすぎた。6月8日

力ダルマ 力ダルマ2鉢、良く見ると花芽に変化があります。同じ兄弟木で右は結実しています。左は失敗。交配時の相性により結実しなかったと思われます。写真6月18日

 

まとめ

万年青の実が付かない原因は、「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」

葉の長さが20cm以下のものは「もともと実の付かない品種」です。

木が小さい、まだ若いと「まだ実を成らせる力がない」です。肥料をあげて、じっくりと大きくしましょう。

虫が少なかったり、おしべとめしべの「受粉が出来ていない」と実は成りません。

 

●動画解説 【万年青の赤い実が成らない理由3つ】「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」

【万年青の豊明園】【Why OMOTO does not bear fruit??】

 

 

 

 

 

 

大象観 (たいぞうかん) 9月20日 実にも縞柄が見えます。

 

 

 

万年青の実の付け方

おもとの実をつけるには

おもとの花 実の付け方

簡単な実を付ける方法と、赤い実がつかない理由について動画で解説しました。

簡単な実を付ける方法は、虫などで自然に付ける方法と柔らかい筆と使う方法を紹介しています。

 

おもと鉢 楽鉢

 楽鉢の樂しみ

『古於茂と那よせ』(こおもとなよせ)天保3年(1832年)

『古於茂と那よせ』(こおもとなよせ)天保3年(1832年)現在のおもと鉢とは形状が異なる。江戸時代のカラフルな色彩感覚がうかがえる。  幕臣水野忠暁が選び、絵師関根雲停に描かせた。

現在「おもと鉢」とよばれる楽焼鉢は享保年間(1716~1736年)に幕府御 家人、永島次郎太郎墨林が「縁付」という現在のおもと鉢の原型となる鉢を作らせ「白鳄」「黒鳄」と呼んだのが始まりといわれています。しかし、天保3年(1832年)に描かれた『古於茂と那よせ』を見ると、その鉢は有田焼か九谷焼のようで、染付あり金權手ありで、形も丸形、六角形、八角 形とさまざまで、まだ楽焼鉢ではなさそうです。おもとを植えるのに楽焼鉢が主として用いられるようになったのはどうやら京都を中心に「こおもと」が大流行した明治初期前後からではないかと思われます。明治18年に肴舎篠常五郎が出版した『萬年青圖譜』には「万年青盆」を初め「京黒鳄」や「京黒楽」に絵付けした鉢があり、さらには「太鼓胴鉢」も見られます。

イメージ 2
江戸時代に大きく開花した古典園芸の鉢
「菊花唐草文朝顔鉢」  11.8㎝

金生樹譜別録(天保中頃)「カネのなる木」 万年青の京くろらくが載っている。

現在の万年青鉢の原形が、天保中期にはすでにできていた。天保[文政の後、弘化の前。 1831年から1845年 この時代の天皇は仁孝天皇。江戸幕府将軍は第11代徳川家斉、第12代徳川家慶。]

萬年青部著者 長生舎主人序   天保四年刋(1833年)

現在でも楽鉢は盛んに生産され、さまざまに絵付けされた美しい錦鉢を手にすることができます。形状は基本的には鉢の高さと直径が同じになる「胴返し」という形になっていますが、「縄縁」「太鼓胴」「龍足」など造型に凝った鉢もあり、まるで美術品のようです。おもと専門店や展示会場などで販売されており、目移りするほど多彩な鉢が並んでいます。価格帯もさまざまで、有名な絵付け師の描いた錦鉢は数が少ないこともあり、一際人気があります。ご自分のおもとを引き立てるような錦鉢に植え付け、鉢合わせを楽しみ、おもとの格調をより引き出すことが、育てるから飾る(観賞する)までのおもと愛好の幅の広さともいえます。

古鉢の素晴らしさ

五彩八重菊紋白鍔鉢 江戸後期 3.5号

扇面古代絵巻図鉢 3.8号

太鼓胴藤蔓花絵鉢 江戸後期 5.3号

楽鉢•錦鉢には骨董的価値を持つ古鉢があります。現在製造されている楽鉢にも秀逸な作品は数多くありますが、明治から昭和初期にかけて作られた古鉢には、現代鉢にはない古さ•時代乗りがあり、その落ち着いた雰囲気はおもととの相性も良く大変好まれます。現存する数にも限りがあり、非常に貴重ですので、機会に恵まれたなら是非入手しておきたい逸品です。

希有な逸品揃い 古鉢

おもと鉢は黒地に金の縁•足が基本です。真新しい鉢を見ればわかり ますが、艶があり眩しいくらいに金色が光っています。この真新しい鉢 におもとを植えると溌剌と若々しい印象を与え、おもと本来の歴史と重みを感じる落ち着いた作品には仕上がりません。少なくとも数年は使い込み鉢自体に落ち着きのある雰囲気を出させたいものです。

そこで、最近人気なのが、昭和初期以前に作られた古鉢。時代乗りや鉢の持つ雰囲気はいうことなしですが、現代にはない個性的な形や美しい絵付け•色彩が特徴です。現存する数も限られていることから、入手は非常に困難です。値段も少々張りますが、見かけたら是非入手しておきたいものです。

植え付けたおもととの相性も抜群で展示会等では一際目を引く作品になることでしょう。

立湧文様楽鉢 明治時代 4号

松竹梅に鳥図鉢 明治時代 4.7号

古鉢・短冊屋五柳鉢 3.5号

桜花御所車図楽鉢 21.5㎝ 明治時代後期作

春の麗らかな桜咲く日の御所車という晴れやかな情景を描いている。五色の幕も亀甲や唐草、立湧といった吉祥柄を組み合わせたもので全体が明るい雰囲気に仕上がる。現代の名作家布施覚氏もこの鉢を写して春と秋の御所車を完成させている。東京の有名な歯医者さんが豊明園2代目淳蔵と仲が良く、特別に分けて頂いたもの。この古鉢が特徴的なのは金継ぎです。日本ではものを大切にする文化がありますが、割れてもこうして大事に使ってゆくことで鉢の価値もまた高いものだったのでしょう。

割れた器を修復するだけでなく、以前よりも価値のある味わい深いものにしてくれる金継ぎ。物を大事にする日本の文化として残していきたいです

三色雲富士龍図楽鉢   直径14.4㎝ 高さ 13.7㎝ 大正前後

三色の雲の中を黄金の龍が翔ける様子を描いたもの。迫力のある爪、隆々とした脚、赤い腹、大きな口からは咆哮が聞こえてきそうなほどである。金の鱗や角も丁寧に細かく描いてある。

昭和三年に新潟の石油王中野忠太郎氏に1万円にて譲渡された有名な写真ですが、その時の記念の写真と龍の構図をほぼ同じに破れ亀甲が三色の雲と対応するように描かれています。これらからこの出来ごとの前後か、鉢の状態からもう少し古いものではないかと考えられています。

米1俵10円60銭

鋏あとは足についていて、意匠にくぼみがつかないようにしている。

 

光陽(こうよう) 霰青海波短冊模様鉢 4.5号

 

万年青の鉢について リンク

おもと鉢 楽鉢

おもとの鉢について 縁足金

おもと 鉢 作り方

錦鉢 七々子

おもと鉢  七々子鉢

万年青鉢 布施鉢

おもと鉢  利山・手島

おもと鉢 利山

おもと鉢作家 禅艸道 渡邉一水

万年青鉢 一角楽鉢 

万年青鉢 短冊屋 和楽

万年青鉢 龍山

万年青鉢の文様 菱(ひし)

錦鉢 小菊の魅力

錦鉢にプラ鉢を入れて使いたい方

鉢販売

 

 

万年青の錦鉢

万年青を見ていると、時に美しい鉢にも目を奪われます。盆栽と同じで、盆という鉢と、栽という植物、鉢と植物の調和も含めて鑑賞しています。

特に江戸時代の万年青は、庶民から将軍、大名まで楽しみました。大名が遊ぶ万年青や、将軍に献上する万年青の鉢が粗末なものでは格好がつかないので、当時一流の作家がつき、素晴らしい作品が残っています。

その名残りで、現代も展示をする際は万年青にドレスコードのような規定があり、プラスチック鉢や茶鉢ではなく、錦鉢で着飾って皆様に見ていただくようになっています。

また、この鉢が日本では発達したことで、外の花壇では見逃してしまうような細かな万年青の変化を、床の間や家の中で鉢を手に取って、至近距離で見ることで小さな変化を発見でき、独特な万年青文化の土壌になりました。万年青好きな愛知県豊橋の大名は万年青をカゴで肌身離さず持ち歩き、万年青を抱いて寝た、という逸話が残るのも、この鉢の発達あればこそです。

まとめ

・万年青だけでなく、錦鉢や、鉢との調和も楽しんでください。

・将軍、大名が楽しんだことで、万年青では特に鉢も重視する万年青の世界があります。

・江戸時代に万年青の鉢植えを床の間など家の中で楽しんだことで、突然変異が発見されやすく、急速な発展をとげました。

 

 

抹茶茶碗でも有名な楽焼、薩摩焼、有田焼、瀬戸焼など様々に制作されます。

 

 

 

 

おもとの植え替え 完全版(仮)

植え替えの時期 について

 植え替えの周期は、一年に一回が一般的です。古い本をみますと、春秋と年2回の植え替えを推奨しているものもありますが、おもとが根付く暇もなく、また一番よい肥料のあげ時に植え替えをするので肥料の効きが悪かったり、効きすぎたりと、あまりよくないように思います。だんだんおもとがお棚に慣れてきて根落ちが少なくなったら、二年に一回、三年に一回にして、おもとにじっくり成長してもらいたいです。
 植え替えの時期は春もしくは秋に植え替えます。ベストのタイミングは、夏の暑さを乗り越えた秋の今。この時期が一番根を落としています。寿命や暑さで落ちた根をを綺麗に洗い、綺麗な用土で植え替えます。彼岸明けに植え替えをする方もいらっしゃいますが、ここのところの異常気象で暑さもあり、最高気温が25℃にまずならない時期が失敗しにくいです。
 植え替えの刺激は秋根を出させます。しっかりと秋根がでれば、来年の新葉はより多くでます。逆に、葉数の多いもの、親木は秋根がよく出てしまうことで下葉を落としてしまいますので、展示会直前や、なるべく秋も深まった頃にする方が葉をよく保ちます。おもとの数がある方では、若い木から植え替えをしていき、葉数の多いものを一番最後にしましょう。また、繁殖の割り子も、理想を言えばより寒くなっていく秋に割るのが理想です。
 秋の終わりから春の、気温が10℃をきってくる時にはおもとは休眠に入ります。そうなると根が伸びにくく、根付くのに時間がかかってしまいますのでそれまでには植え替えを終わらせます。
 植え替えを始める前までに、鉢、用土、植え替え道具の筆やランセットを揃えておきます。私たちでは用土に朝明砂(あさけずな)・矢作砂(やはぎずな)という乾きやすい川砂と、少し保水性の高いパミス(軽石)を使っています。水やりが多過ぎて根落ちが多い場合は、パミスの割合を減らして(例パミス4 川砂6)、川砂を増やします。逆に、水が少なかった場合は、パミスの割合を増やし(例パミス6 川砂4)、川砂を減らします。人の水やりの感覚はなかなか変わらないので、根の状態を見て、次の一年の用土を乾きやすかったり、乾きにくかったりと少しずつ変えています。
 お仕事が忙しく、夜中に帰って水やりをする時間がなかなかという方は、もう少し水持ちのするボラ土、日向土や、鹿沼土、赤玉土を混ぜ、水やりの間隔をあけて、忙しくて水やりを少しぐらい忘れても大丈夫な用土にしておきます。
 

植え替えのメリット

用土を綺麗なものに変えれる
万年青の大きさにあった鉢に変えれる
秋根がしっかりでやすい 
根が落ちやすい夏の後の根芋の状態を確認
新根が上からでてくるので、根上がりを防ぐ
用土をかえるチャンス
崩れた用土・肥料のカスを取り除く

植え替えのデメリット

下葉をおとしやすい 
肥料をしっかりやれない(春も秋も)

動画解説 万年青の植え替え おもとの豊明園

 

動画解説 植え替えのタイミング、道具、時期、用土とその理由【万年青の豊明園】【Transplant / Repot OMOTO】

梅雨時の植え替え

6月23日右のおもとを左の錦鉢に植え替えします。

獅子の根っこ 新根と新しい根が元気に出ています。

完成 この時期の植え替えは前の用土8割で植えかえしています。傷んだ根がない場合、なるべくそのままの状態で新しい鉢に入れかえます。このような入れ替えの場合はほとんど同じ場所で管理しても良くできます。

 

植え替え後の管理

植え替えは、鉢の中の用土が変わり、万年青としては、環境がすべて変わります。そのため、この時に荒い管理をしてしまうと、葉焼け、水切れ、根などにダメージを与えることになるため、丁寧な管理を2~3週間します。

その2-3週間の間の、水やり、置き場の日よけ、風よけ、肥料、状態が悪かった時、についてお話していきます。

 

水切れ、葉焼け対策の水やり

砂利が新しいものですと、用土が乾燥しているので、万年青が水を吸うよりも、砂利や鉢が水を吸って乾いてしまいます。毎日水遣りをして、水切れを起こさせないようにしましょう。

置き場、日よけ、風よけ

植え替えをする時期は、春や秋のエアコンのいらない時期がベストです。そんな時は日も柔らかいですが、それでも一日中直射日光を当てると葉焼けしやすいです。できれば、活着するまでの2-3週間は、日陰で管理し、だんだんと慣らすようにしたいです。また逆に、真っ暗ですと刺激がなく、新根が降りません。柔らかな木洩れ日のような日が入ると、新根がよくでて、植え替えた後に元気になります。

風についても、そよ風程度は問題ありませんが、まだ根が活着するまでは、強風、寒風に気を付けたいです。風で乾燥し、葉焼けを起こしてしまいます。

寒くなると、万年青の豊明園では寒く強い西風、北風が吹くので不織布で囲うことがあります。植え替え後の気候を考えて、風よけをします。

じゃあ室内に??

そこまでではありません。これから外で育てる場合、慣らす意味でも、外の風には当てた方がよいでしょう。元々室内で、これからも室内で育てる場合は室内でOKです。

室内で育てる楽しみ いつも手元で見れるからよいですね。徳川家康公のように、床の間に置いても、現代風にリビングやトイレに置いてもよいです。たまに外の風に当てると万年青が元気になります

肥料

2-3週間は控えます。植え替えの際、根の悪い部分などを取ったり、切ったりしています。その切り口に【かさぶた】ができるまでは肥料を控えるようにします。まだ【かさぶた】ができないのに、肥料をやると、傷む原因になります。

 

根芋や、全体に状態が悪かった場合

植え替えの際、根が水のやり過ぎでほとんど落ちてしまった、何かが原因で葉がたくさん落ちてしまった、など、状態が悪い場合もあるでしょう。そんな時は、和多志たち万年青の豊明園では、棚下などの日の弱い場所で管理したり、土、砂利に植えずに生きた水苔に挿して、新根がでて、復活を待ちます。

この生の水苔に挿しておきます。水苔自体が生きているので、悪い病原菌がいない、抗菌作用もあり、湿度もベストで新根が良くおります。ニュージーランドの乾燥水苔に水を含ませて根芋をくるんでおくのもよいですね。

水苔の育て方

水苔について 乾燥水苔の戻し方

 

植え替え後のまとめ

植え替え後は

2-3週間は、毎日水やりをする。

置き場の日よけは、直射日光をさけ、やさしい木漏れ日程度に

風もそよ風程度に

肥料は2週間は置かない

 

●動画解説 【万年青の育て方 植え替え後の管理】水やり、置き場、日よけ、風よけ、水切れ、葉焼け、肥料 根が悪かったときの対処法

【万年青の豊明園】【What do you do After Replanting?】

 

 

こんにちは、万年青の豊明園です。今回は、お客様から、万年青を地植えにするにはどうすればいいですか?というご質問をいただいたので万年青の地植えについて紹介したいと思います。

地植えにするには?

人によっては、植え替えの際、万年青を地植えにしたい方もいらっしゃるでしょう。和多志たち万年青の豊明園は鉢植えが専門なのですが、地植えで育てた経験や、お客様の地植えの成功失敗、自生地などから地植えのポイントをご紹介します。

今回のトピックは

地植えのよさ メリット 地植えする万年青の種類

地植えをする万年青の前の用土

地植えと水やり 地植えする場所

畑に地植え 畑のデメリット 地植え失敗のよくある原因と対処法 です。

地植えのよさ メリット

きちんとした場所でしたら、水やりや日よけ、肥料などの手間なくすくすく大きくなってくれます。

古くからの神社でも、風水でも、自分の敷地に万年青があるのは魔除けにもなり、運が開け、縁起もよいことです。徳川家康公や多くの神社がそうしているように、万年青を大切にすることは、万年の繁栄をもたらします。

日本の室町時代の水墨画家、雪舟が描いたように、真冬の雪をかぶっても青々とした葉、真っ赤な実をつけた万年青は生命力の強さの象徴です。その万年青を毎日見ることで人は元気をもらいます。

今回の写真は熊本城の万年青。大木の前に万年青の大株立ちがあります。お城から北東の鬼門の方角にありました。

地植えする万年青の種類

大葉、中葉、実親がよいでしょう。あまり小さな種類は地植えには向きません。葉の長さが15cm以上の万年青は多くが実をつけます。地に植えると実付もよいです。

地植えをする万年青の前の用土

地植え前の、鉢植えの万年青が砂利で植わっている場合、その用土を半分まぜるとよいでしょう。砂利から土に変るので、1年ほどたって慣れてくるとおおきくなるでしょう。土で植わっていた場合も同じく、半分ほどその用土を残して地植えします。半年ほどで慣れ、大きくなります。

 

地植えと水やり

お庭の土がどんな土か、で違ってきます。

ほとんどコンクリートでそこだけ土がある場合、雨があまり降らない場合は植え替えた後、水やりをしなければならない場所もあるでしょう。

砂利のような所では水やりが必要で、土気をしっかりと足した方が後の管理が楽でよいです。

庭の多くが土で、あまりコンクリート、アスファルトがない場所でしたら、水やりは本当に雨が降らない時以外は水やりは必要ありません。

地植えする場所

鉢植えでは日当たり、風通しを考えて万年青の置き場を変えることができますが、地植えをしたらずっとそのままなので、この地植えする場所が一番肝心です。万年青は半日陰を好むので、真夏に直射日光がガンガンにあたる場所は日が強すぎます。万葉集でも語られているように、屋敷の裏の(北)や、東側に植えて、朝日は当たるが、昼間は陰になるような場所が万年青が楽をしますし、人も後々の管理が楽でしょう。

万年青は風通しはあったほうが病害虫の被害にあいにくく、健全に育ちます。

路地裏の風通しが良い場所では葉の色つや良く、自然と育っていきます。

 

引越しおもと 方位 鬼門の北東に万年青を置く!?日陰植物の万年青にぴったり

 

畑に地植え

また、実親や実をつけるのを楽しみに作っていて、万年青を大きくしたい、実をつけたい方もいらっしゃるでしょう。多くは畝を作って水はけをよくし、適度な肥料をやれば万年青は大きくなります。土があるので、病気、害虫は出やすいので葉が綺麗に育てるのはよっぽど消毒管理が大切です。土が葉につくと病気になりやすいため、雑草除けのシートや、落ち葉、稲わらなどを敷いて、泥はねを防ぐ方が良いでしょう。

畑のデメリット

土地によっては、線虫(センチュウ)という万年青の芋を食べてしまう虫が出ることがあります。葉丈で長く育てていてもそういった虫が湧くことがありますが、苦土石灰をまいたり、しっかりと線虫の殺虫剤、殺菌剤をまくことで防ぎます。

アメリカ デラウェア園芸研修センターにて

冬、寒いと-20~-30℃にもなる寒い場所ですが、万年青だけは青々としているといって、万年青が植えられていました。寒さに強いのも万年青の魅力、強さの一つです。

 

地植え失敗のよくある原因と対処法

南の日が強すぎる場所に植えてしまい、真夏に日が当たり過ぎて万年青の色が薄くなり、弱ってしまう。最悪枯れてしまいます。この場合は、日よけをするか、夏にしっかりと陰になる場所へ植え替えしなおします。

線虫のいる場所で、芋が食べられてしまい、枯れてしまう。この場合は、石灰をたっぷりまく、殺虫殺菌剤を定期的にまきます。

コンクリートなどが近く、土も少ないので、真夏にしょっちゅう水をやらないと土が熱くなりすぎて水切れ、暑さで傷めてしまう。この場合はみずうちをしっかりします。難しいようなら、もう一度、鉢植えにして、日陰の風通しの良い場所へ。

湿地は病害虫の発生が多く、土壌改良が必要。

土が雨で跳ねて葉にかかり、病気、虫食いの多い葉になってしまう。対処法は他の動画にもアップしましたが、落ち葉、ワラ、雑草除けシートで泥除けをします。

小さな羅紗を地植えにして、雑草の陰に隠れてしまう。小さな万年青はあまり地植えには向きません。

実をつける、大きくしたいと思って肥料が強すぎて枯れてしまう。この場合は肥料を控えます。

もしこんな失敗をしてしまった、こうやったらうまくいった、というお話がありましたらお教えください。皆さんとここで共有(シェア)したいです。

 

国宝・久能山東照宮の石の間のおもと。徳川宗家のみが立ち入れる神聖な場所に、地植え万年青の彫刻があります。鳳凰の上、蟇股の真ん中にあり、どれだけ徳川家康公が万年青を大切にしていたかが分かる400年前の彫刻。この彫刻が石の間の入り口上にあり、魔除けの意味もあるのか。

 

●動画解説 【万年青を地植えにするには?】失敗する原因と対処法、地植えの方法、メリットデメリット、場所が大切

【万年青の豊明園】【How to plant OMOTO in the Ground?】

 

 

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

 

おもとの植え替え コテ・さじの使い方

植え込みが済むと水の中に浸けます
イメージ 2
 
おもとの植え込み道具
コテ ・さじの使い方
全長25.5㎝ さじの幅約3.5㎝
コテの部分でかまぼこ型になるように表面を抑えて整えます。
イメージ 3
おもとの植え込み道具
コテ ・さじ
砂の表面を整えた後水苔をのせます、この時に水苔を抑えて形をきめる。
イメージ 4
 
 
植え込みの完成
イメージ 5
力和(りきわ)
お客様の力和の縞3年生、植え替え。一作でぐっと葉巾が広く肉厚になり力和らしくなりました。
イメージ 3
自分の気にィった鉢に植え込み。新しい鉢のため気泡が出ています。
イメージ 4
8分まで中へ混合砂を入れ込みます。それから芋底に小砂が入るように鉢をトントントンとたたきます。この時しっかりたたかないと芋底に砂がはいらないとガスがたまります。
イメージ 5
植え込みしてから水に浸けます。5分
イメージ 6
錦鉢に植え替え完成
新鉢をつかっいるので鉢の表面が乾きやすいです。1週間注意して灌水します。
イメージ 7

万年青の育て方 日の強さと肥料の関係

一歩進んだ万年青作り

おもとには、日を当てればいいの?日陰がいいの?

というお客様のご質問に回答します。

どちらも正解で、結局は環境による、という答えになります。

万年青は半日陰植物

といわれるように、明るい日陰が自生地になっていることが多いです。

また、万年青は生命力がある、適応力がある、とも言われ、

日が強くても、葉色は薄くなりながらも、葉焼けになりながらその場所に適応し、逆に、日がほとんどない暗い林床でも、葉の色は濃く、徒長気味でも育っていきます。

水やりが楽なのは日陰

それでも、水やりが楽になるのは日陰です。日が少ない分、蒸散もゆったりとしていて、水を消費しません。

日陰で失敗する原因は

水の上げ過ぎ。水がまだたっぷりあるのにどんどん水を上げて、根腐れを起こしてしまいます。また、日が弱いと病気や虫への抵抗性が弱くなり、病気や虫が発生すると人間がしっかりと管理が必要になります。

 

私たちの万年青栽培の理想は、

直射日光

年中、朝日は直射日光をしっかりとりたいです。やはり朝日をしっかりと浴びた植物は元気になります。冬場は愛知県岡崎市の万年青の豊明園のお棚では、午前中いっぱい、真夏は朝7時までは直射日光をとります。

日陰にはどのタイミングでする?

日には葉焼けのギリギリまで当てたいと考えています。真夏は8時に直射日光を当てていると気温も35-40℃になり厳しいので50%の日よけをします。それから、日が高くなって次の葉焼けのギリギリまで日をあて、また50%の日よけをかけ、2重にします。

冬場は一日中当てるものもありますが、午後から日よけをすることもあります。

ギリギリまで日を取ることで、葉は厚く、腰は太く、覆輪は深く、芸に深みあるスパルタ作りのがっちりとした作りになります。どこにお嫁に行ってもたくましく良くできるでしょう。その代わり、水管理はとても丁寧にしないとすぐに葉焼けしてしまいます。

ギリギリまで日を取ることは、水管理がとてもシビアになってきます。

日光は運動、肥料はご飯?

古くから、日光は運動、肥料はご飯といわれています。日をしっかりと当てているのにご飯である肥料が少ないと途中で息切れしてしまいます。逆に、日は弱いのに、ご飯である肥料が多いとメタボになって、病気になり易くなってしまいます。

自分のお棚が一日中、日があたる場所なのか、日があまり当たらない場所なのかによっても肥料の量は違ってきます。自分の環境に合わせた管理が大切です。

日光の割りに、ご飯(肥料)を上げ過ぎないようにするのが大切です。

私たち万年青の豊明園は、2代目、3代目が、朝いちばんの朝日から夕方4時くらいまでの日が入る場所、夕日はさえぎれる場所を考えて今の場所に万年青のために引っ越してきました。

 

日光の強さ、弱さ

日の強さで、万年青がどう変わっていくのか。

日が強くなれば

日が強くなればなるほど、葉は厚くなり、腰は太くなり、芸は良くなり、覆輪は深くなります子供も出やすくなります。縞柄、図柄などの柄物は、柄がパチッとはっきりします。力、勢いもでてきます。その分、蒸散は活発になるので、水やりの頻度は上がります。

この図より日が強くなると、葉の色が薄くなっていき、時に葉焼けも起こし、日が強すぎて枯れてしまいます。

日が弱くなれば

日が弱くなればなるほど、万年青は光を求めて徒長するので、体の大きさは大きくなります。その代わり、葉の厚さは薄く、覆輪も浅くなっていきます。日が弱いので、水やりの頻度は下がり、しっかりと間隔をあけて、水のやり過ぎによる根腐れに注意します。

日が弱いと、病気、虫にも弱くなってくるので注意します。

この図よりも日が弱くなると、完全にもやしのように、真っ白な葉になります。

 

 

日光の強さ、肥料の強さで考えると、斜めの線のように、日光が強くなれば肥料も多くして、日光が弱ければ、肥料も少なくすればバランスの取れた肥料になるでしょう。

 

この図はどう使う?

私たちのお棚の環境、特に日光の環境は、日よけで日陰を作るのは簡単ですが、より日光を当てるようにするのは難しいです。隣の家を壊して日を取ることはできないので、日光の量は決まってきます。

自分の日光の量に合わせて肥料や水やりを自分で考えてもらえればと思ってこの図をつくりました。

 

 

 

 

万年青の用土を変えること について

植え替えの際に、友人にこの用土がいいと勧められ、用土を変える、鉢を変える方もいらっしゃいます。万年青は趣味なので、それらはよいこと、人の自由です。ですが、用土や鉢を変えると、今までの水やりのペース、肥料の効き具合、日よけ、風通しによる乾燥具合、多くが変わっていきますので、そこの頭の片隅に入れて、用土の変更をしましょう。

用土には3つお話があって、Aさんは勧められるとどんどん用土を変えて、今までの経験が全く通じなくなって、万年青があまり良くできない人と、それらの用土の特性と、自分の環境、日当たり、風通し、湿度などの自分の環境にベストな用土を見つけて全国的な名作者になっていく人。

また、最初に教えてもらった用土を、全く変えずに、水やりのタイミング、日よけ、肥料の量などを用土に合わせていって全国的な名作者になっていく人。

このように、様々に工夫するところがあるので、自分に合った方法で万年青を楽しんでください。自分が楽しめないと趣味ではないです。武士道のように道を究めるように万年青作りをするのもよし、良くつくりたい、沢山ふやしたい、引越しおもとをただ元気に育てたい、万年青作りの動機も様々なので、ご自分にあった万年青作りを楽しんでください。

 

おもとの育て方 10月 岡崎市

おもとの冬囲い

お客様の投稿写真・コメント  11月24日
手前が東南東で朝日がたっぷりとあたります。
10時~14時頃は、完全に家の陰になりますが、14時以降は周りを囲ったすだれの間から穏やかな日を浴びます。
風の強い日は、カーテン式の寒冷紗をひいて風除けできるようにしてます。
イメージ 1
寒さが厳しくなったら寒冷紗を不織布に替えて寒さよけと保湿するようにします。
巻取り式のビニールシートも設置してあり、雨が降る時は屋根の部分にシートをひいて雨除けします。
手前から吹き込む様な強い雨の時は、更にビニールシートを垂らして雨除けします。
イメージ 2
万年青の休眠期でも、こんな事をしながら、万年青を楽しんでます。
イメージ 3

 

How to Grow OMOTO For overseas customers

For overseas customers

 

Avoid direct sunlight.

Watering depends on the medium.
If you have good water retention such as soil, do it once every 3 to 7 days,
if it has poor water retention such as gravel, do it every day.

Fertilize once or twice in the fall and three to four times in the spring.
You may want to give very thin liquid fertilizer to avoid midsummer.

Basically, OMOTO is similar to orchid, and it is better to dry it.