8/12-16 栽培記録

8/12-16 栽培記録

8/12 しっかり水やり

8/13 水やりなし

8/14 雨がふる 外棚は雨がかかり、水やりなし

温室もなし

 

8/15 雨が昼間に少々 外棚雨がかかる 水やりなし

10:00 遮光ネット

夕方 第一温室 第二温室

湿度高いので、もう一日我慢しようということで、すべて水やりせず

 

8/16 外棚 雨かかる

夕方 第一温室 第二温室 しっかり水やり

昼間は強い日差しもあり、気温は今までのような38~40℃というようなことはないが、湿度は非常に高い

 

先日、大阪からのお客様がお見えになりましたが、岡崎の湿度は非常に高いようです。まだおもとを初めて数カ月とのことでしたが、本をみてどれも違ったことをいっている、本当に知りたいことがわからない、とおっしゃっていました。

お客様もきちんとわかっていらして、本の書かれた年代によっても気候、気温がかわっていますし、場所によっても岡崎のように湿度が高い場所とそうでもない場所では水やりの間隔は1~2日変わってくるでしょう。

一番は失敗の少ない栽培法で1年やってみて、そこから作をよくするために日、水、肥料を変えていくとよいと思います。場所や用土を替えると今までの経験があまり生きてこないので、変えるときは慎重に変えます。

非常に古いじょろ

 

 

 

おもとの豊明園

 

 

 

鹿児島大会
10/13-14
 
92回三河おもと名品展 お知らせ
おもと銘品 180点展示
日時 30年(2018) 11月3日()  4日() 
     展覧時間  3日():午前9時~ 午後5
4日() :午前9時~ 午後3時半まで
場所 おかざき農遊館 展示室
    愛知県岡崎市東阿知和町字乗越12番地
     (0564)46-4700

今まで見つかっている古くからの万年青彫刻 北から

栃木 日光東照宮

埼玉 妻沼聖天山歓喜院

埼玉 三峰神社

東京 上野東照宮

静岡 久能山東照宮 1617年元和3年)徳川家康の命で建立

愛知 六所神社  (1636年徳川家光の命で建立

京都 北野天満宮 慶長12年(1607年)に建立

北野天満宮 地主神社 末社 大門社

福岡 英彦山神宮  元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

約400年前からのおもとの彫刻について

国宝妻沼聖天山歓喜院 – のおもと彫刻

日光東照宮の眠り猫を彫った、左甚五郎の彫刻があることでも有名

上野東照宮のおもと彫刻

江戸のおもと彫刻 三峰神社 – 豊明園

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社のおもと彫刻

家康がなくなったとき最初に建てられた久能山東照宮のおもと彫刻

非常に古い歴史のある福岡 英彦山神宮のおもと彫刻

京都 北野天満宮摂社 地主神社 おもとの彫刻 2つ

京都 北野天満宮 末社 大門社 おもとの彫刻

おもと彫刻 日光東照宮 ( ガーデニング ) – おもと日記 

日光東照宮 おもと彫刻 ( ガーデニング ) – おもと日記 

身延山久遠寺

古事記、万葉集などに万年青、もしくはれいろとしてのっているものを見つけた方は是非お知らせください。源氏物語や伊勢物語など日本が世界に誇る文学の中や絵巻物の中にもありましたらお教えください!

おもとの豊明園

http://houmeien.co.jp

家康公とおもとのふるさと 岡崎

8/10-11 豊明園 栽培記録

8/10-11 豊明園 栽培記録

 

8/10 6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

夕方 水やりなし

 

8/11 6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

夕方 第一温室 外棚、第二温室 すべてしっかり水やり

名古屋はまた38℃だが、岡崎は13:00に32℃になり、下がっていく

夕方には風がよい 今までと比べて過ごしやすい日

 

夏の栽培 注意点 芯の水が煮える

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す
江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した
おもとの花言葉
厳しい冬でも常緑なことから
「永遠の繁栄 「長寿

心をこめた贈り物に最適のおもと

おもとは日陰の植物なので、真夏の直射日光は気を付けます。
直射日光が強いと葉が焼けたり、葉の色が薄くなります。
色が薄くなるのは秋に肥料をやったり、極薄い液肥をやれば色は戻ってくるので問題ありません。
下葉が少々焼けてもすぐに次の葉が出てくるので問題ないです。
 
一番気を付けないといけないのが、
水やりの後に、芯の葉に水がたまり、それが直射日光で煮えてしまうこと
 
上の写真のように、芯に水が溜まっている

直射で日があたり、芯の水が高温に
生長点が高温で煮えてしまい、倒れてしまいます
 
温室にいて、ずっと観察していると
上の写真のように、直射が真上から当たっているものが
すぐに場所を移しました
遮光ネットなどで直射を遮ったりすればここでも大丈夫です。

 

この木も
前日の夕方5時に水やりをして、
次の日の正午でこんなにもまだ水がたまっています
獅子は特にたまりやすいです
 
ティッシュや筆で水を吸ってもよいです。
また、おもとの葉や芯に水がかからないように水やりはバケツに浸したり、鉢の縁にだけ水をやって、葉に水がかからないようにします。
 
真上からの直射や芯への直射に特に気を付けたいこの夏です。
豊明園

8/7-8 豊明園 栽培記録

8/7-8 豊明園 栽培記録

 

8/7 6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

午前中 予報にない雨 外棚は雨にあてる 水やりはなし

午後からは暑くなる 36℃

夕方 下の温室のみ しっかり 8/4夕方ぶりの水

上の温室 なし

 

8/8 水曜日 朝から快晴

6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

外棚は昨日雨に当たったので なし

下の温室もなし

上の温室はしっかりと水やり 夕方

朝6時の外棚

まだ日が低く、手前側は直射日光は当たらない

朝日はどれだけあててもいい 成長がよくなります

夕日はできるだけ遮ります

 

 

豊明園

8/5-6 豊明園 栽培記録

8/5-6 豊明園 栽培記録

8/5 26-37℃ 晴れ

上の温室、外棚、下の温室 すべてふり水 夕方5時

朝6:30 ネットを引き、日よけ

8/6 27-38℃ 晴れ

上の温室、外棚 大きな鉢はふり水 あとは抜水

下の温室 なし 夕方5時

朝6:30 ネットを引き、日よけ

 

ご旅行、出張時の万年青の管理

数日、管理ができないだけでしたら問題はさほどないと思いますが、もう少し長く管理ができない場合について考えていこうと思います。

 

春から夏、秋の生長期の場合

日も強く、万年青も水をよく吸い上げるので用土も乾燥しやすいと思います。もし外で管理する場合は、風通しを残しつつ、日よけを1-2枚多めにして暗くして管理します。鉢数が少なければ、鉢に水苔を厚めにのせておいてもよいでしょう。雨が当たるようなら安心です。

5日からそれ以上管理できないと、水をたっぷりとやり、家の中の冷暗所に置いておけば持ちます。扇風機などで万年青に当たらないように空気が動くとよいです。

冬の休眠期の場合

生長は止まっていますが、1-2月になると気温が低くても根が少しづつ動き出します。根が用土の水を吸って乾燥することはまずないですが、寒風、強風による乾燥で葉が焼けることがあります。それらをきちんとシャットアウトします。夏場と同じように、日よけはいつも以上にしておけば、かなり持つと思います。

ご出張やご旅行が多い方には、、

普段の用土、鉢から変えるのがよいと思います。赤玉土、日向土、鹿沼土など土けが多ければ、水やりの間隔も遠くなるので長期の旅行も安気です。同じように、鉢を大きめにしたり、水苔を厚くのせれば水をよく持ちます。

これらは忙しい方、高層階や風通しのよい場所に住んでいる方も同じ対策ができると思います。

これからご旅行や出張などが多いようでしたら、スプリンクラーのタイマーでの自動潅水の設備がホームセンターにございます。日よけをきちんと引き、同じ場所でできるので安心です。水がかかっていない場所があるかもしれないので、自分で確認してすべての万年青に水がかかるようにしましょう。

 

ご旅行から帰りましたら、しっかりと水をやり、風通しの良い場所で育ててください。

春から秋の管理は、33℃以上になり蒸し暑くなりましたら、水苔を薄くする、もしくはとってしまって夏場の蒸れに対処してください。

 

おもとの豊明園

おもとの本

『始めよう伝統園芸おもと』の本

B5判 144頁

おもとの品種から最近の培養管理の仕方、おもとの歴史、全国の棚や古鉢・鉢の紹介などを掲載しています。

特に品種について苗や特徴ある芸のアップの写真に完成木と共に紹介しています。
新しい見どころいっぱいの本。

『始めよう伝統園芸おもと』 定価1800円

この10-20年で、気温が大きく上昇し、古い本の栽培法が通用しないことも多くなってきました。暑さに対応した栽培法、管理法について書かれています。また、今までの本では完成木は載っていましたが、若木やその途中の木は載っていませんでした。初心者からベテランまで、多くの趣味者が苗から若親を棚入れし、完成木を作っていくため、苗木の写真も合わせてみることで、自分で鑑定もしやすくなっています。

芸についても、文だけでなく、特徴的なアップの写真を元に解説してあるのでより分かりやすくなっています。

最新の趣味者のお棚を15人、現在は国宝となり決して見ることのできない久能山東照宮の内部(石の間)の万年青彫刻や交配、新品種作成の方法など読み応えのある一冊になっています。