おもとの植え替え

植え替えの時期 について

 植え替えの周期は、一年に一回が一般的です。古い本をみますと、春秋と年2回の植え替えを推奨しているものもありますが、おもとが根付く暇もなく、また一番よい肥料のあげ時に植え替えをするので肥料の効きが悪かったり、効きすぎたりと、あまりよくないように思います。だんだんおもとがお棚に慣れてきて根落ちが少なくなったら、二年に一回、三年に一回にして、おもとにじっくり成長してもらいたいです。
 植え替えの時期は春もしくは秋に植え替えます。ベストのタイミングは、夏の暑さを乗り越えた秋の今。この時期が一番根を落としています。寿命や暑さで落ちた根をを綺麗に洗い、綺麗な用土で植え替えます。彼岸明けに植え替えをする方もいらっしゃいますが、ここのところの異常気象で暑さもあり、最高気温が25℃にまずならない時期が失敗しにくいです。
 植え替えの刺激は秋根を出させます。しっかりと秋根がでれば、来年の新葉はより多くでます。逆に、葉数の多いもの、親木は秋根がよく出てしまうことで下葉を落としてしまいますので、展示会直前や、なるべく秋も深まった頃にする方が葉をよく保ちます。おもとの数がある方では、若い木から植え替えをしていき、葉数の多いものを一番最後にしましょう。また、繁殖の割り子も、理想を言えばより寒くなっていく秋に割るのが理想です。
 秋の終わりから春の、気温が10℃をきってくる時にはおもとは休眠に入ります。そうなると根が伸びにくく、根付くのに時間がかかってしまいますのでそれまでには植え替えを終わらせます。
 植え替えを始める前までに、鉢、用土、植え替え道具の筆やランセットを揃えておきます。私たちでは用土に朝明砂(あさけずな)・矢作砂(やはぎずな)という乾きやすい川砂と、少し保水性の高いパミス(軽石)を使っています。水やりが多過ぎて根落ちが多い場合は、パミスの割合を減らして(例パミス4 川砂6)、川砂を増やします。逆に、水が少なかった場合は、パミスの割合を増やし(例パミス6 川砂4)、川砂を減らします。人の水やりの感覚はなかなか変わらないので、根の状態を見て、次の一年の用土を乾きやすかったり、乾きにくかったりと少しずつ変えています。
 お仕事が忙しく、夜中に帰って水やりをする時間がなかなかという方は、もう少し水持ちのするボラ土、日向土や、鹿沼土、赤玉土を混ぜ、水やりの間隔をあけて、忙しくて水やりを少しぐらい忘れても大丈夫な用土にしておきます。
 
植え替えのメリット
用土を綺麗なものに変えれる
万年青の大きさにあった鉢に変えれる
秋根がしっかりでやすい 
根が落ちやすい夏の後の根芋の状態を確認
新根が上からでてくるので、根上がりを防ぐ
用土をかえるチャンス
崩れた用土・肥料のカスを取り除く
植え替えのデメリット
下葉をおとしやすい 
肥料をしっかりやれない(春も秋も)

おもとの豊明園