江戸時代に作出、発見の万年青 一覧

徳川家康公が江戸城に持って入った「永島」

別格の江戸万年青

万年青は大葉、中葉、小葉(羅紗)と様々な2000種ほどの品種があります。その中でも時代時代で、流行りすたりを乗り越えてきた現在残っている品種は、特別な魅力を持ち始めます。特に、歴史の審査をくぐり抜けてきた江戸時代のおもとは別格で、万年青から江戸の香り、殿様や大商人、町人たちの息づかい、万年青熱までが漂ってくるよう。江戸万年青だけをコレクションする江戸マニアはもちろん、志のある方はそれを保存、普及させるために江戸からのお祝いや引越し万年青として植物好きな友人にプレゼントしています。

江戸万年青 入手難易度

現在数があり、簡単に楽しめるものから、縁がないといくら1000万と大金を積んだところで入手できない超レア品まで。歴史を楽しんで、お金じゃないところが面白いところ。

入手難易度 易しい 残雪、日月星、一文字(古今輪)、五大州、富士の雪(古今輪虎)、都の城、根岸の松、大象観、文鳥丸、五大高嶺、宗石、満月、逆鉾、白牡丹(水菜虎)、初笑
入手難易度 中 永島(長島、永嶋、長嶋、長縞)、福包、帽子虎、松の霜、玉獅子、七変化、高隈、白生令、加治木高嶺、太白山(本高隈)、曙、
入手難易度 難しい 江戸紺、金鶏、折熨斗、司鼈甲、紅流(紅骨)、褥錦、黄実おもと、都獅子、乕の子、鯱(日月星の覆輪抜け)、大象観虎、江戸残雪(宗石の虎)、黒葛原
還城楽、折熨斗縞、墨流、東鑑、伏見錦、阿蘭陀、

万年青の古さ

永島(ながしま) 家康の時代の以前

大象観 池坊の万年青はこのおもと 室町時代か 江戸初期に似た形の絵が残っている 江戸時代との説あり

都の城 都城高嶺 都尉 十五代藩主島津貴久公の天文二年(1533)のころまでにはすでに存在したもので、霧島方面の山より出現したものと思われます。駿府の徳川家康公に贈られ、江戸城に移された話も残っています。

行田魁庵(江戸時代の絵師)四季屏風と江戸時代に生まれたおもと。鉢は江戸~明治期にかけて作られた物

左 日月星(じつげつせい) 安政年間 1855~1860

(菱文様楽鉢)  明治初期 14.1-14.6

玉獅子(たまじし) 天保時代 1831~1845

 

満月(まんげつ) 1860年の銘監に掲載、慶應元年の銘監に西前頭1段目7番に掲載されています。

福包(ふくづつみ) 江戸後期

右 根岸の松(ねぎしのまつ) 安政4年  1857年

一文字 寛政以前

 

高千穂(たかちほ) 文久元年以前

文久元年 五大高嶺 富士の雪 五大州【文久元年(1861年)に江戸本所中之郷の幕府御家人・速水氏が「高千穂」の種を播いて作出し、命名したものです。文久3年、浅草寺境内での展覧会に、根岸の肴舎2代目篠吉五郎氏が出品して人気を博しました。慶応元年(1865年)の銘鑑に登載】

 

加治木高嶺 万治年間(明暦の後、寛文の前。1658から1661までの期間を指す。 この時代の天皇は後西天皇。 江戸幕府将軍は徳川家綱) 「御殿高嶺」「御屋敷高嶺」が本名でした。島津家の家宝でたいせつにされていた品 加治木町から一般に広まつたので「加治木高嶺」が本名のようになった

太白山(本高隈) 享保11年(1726)以前か

 

紅流 江戸後期と推定される

 

曙 藩政時代 1603~1868

不明 司鼈甲、伏見錦、白生令、黄実おもと、都の城、江戸紺、逆鉾、阿蘭陀、虎(乕)の子、折熨斗、墨流し、白牡丹(水菜虎)、初笑、還城楽、文鳥丸、金鶏、

 

 

 

1000年前の薬草からお祝いおもとや引越しおもと

万年青は1000年前から薬草として国、寺社、民間それぞれで利用されてきた歴史があります。室町時代にはすでにお祝い事に使われる縁起の良い生け花としても利用されます。室町時代に始まる池坊もお祝いの万年青を使われてきました。

江戸時代、徳川家康が最初の江戸城入城の際に万年青を自ら持って入り、万年の繁栄を願い床の間に飾りました。

万年青は元々は人々の病を治す薬草であり、祝いの生け花であり、引越しの縁起物という歴史をもちます。そのため、薬草園をもつ寺社仏閣にて植物のやり取りがあっただろうし、生け花としてもどこどこ産地の細葉や広葉のものを注文して行き来があり、引越し万年青として日本全国に人づてに広がっています。

※中国の神農本草経には1500~4000年前から万年青を薬草として使っている記述があります。

『江戸残雪(当時は「宗石の虎」)』の日本縦断

江戸時代に万年青好きな人々の『江戸残雪』にまつわる話をみてみます。『江戸残雪』は播磨明石6万石、藩主・松平左兵衛直韻の江戸屋敷で『宗石』に虎斑が出て大きなニュースになりました。そこで、万年青好きな島津藩は、参勤交代時にその万年青『江戸残雪(当時は「宗石の虎」)』を江戸から鹿児島の島津藩へ持ち帰って愛培しました。島津藩の武士たちにとって江戸から持ち帰った残雪に似た万年青なので、主に『江戸残雪』と呼ばれています。

江戸時代の参勤交代のときからおもとが日本中と江戸を行き来したという話は残っていて、そんな殿様の話を聞いた宿場町の大将もオモトを楽しんで、代々、宿場町、城下町には万年青と万年青にまつわるお祝い万年青や引越し万年青の風習、文化が残っています。

司べっ甲 (つかさべっこう)

分類    薄葉系統 江戸おもと
作出年代  不明
登録    年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

司べっ甲(つかさべっこう) 4年生  鉢5.0号

葉長20㎝~25㎝葉幅5~6㎝ 内外濃緑色の葉に黄金色、玉模様の輝くようなちり斑を現す。本種の中で柄の美しく現れる物を金鶏と呼ぶ。
春先から採光を強めに管理すると鮮やかさが増す。
性質は強健で作りやすい。

五大高嶺 (ごだいたかね)

分類   大葉系統   江戸おもと
作出年代 文久元年
登録
作出者  速水某 (東京都)
命名者   ()
登録者

葉幅広く、立ち葉で、濃緑色の地に乳白色の覆輪をかけます。性質は強健で子上げ良い。採光、肥料は強くて良い。実付き良く露地植えも可。

『五大州』の縞柄が抜けたもの→ 『五大高嶺』

伏見錦 (ふしみにしき)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代    不詳
登録
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者

緑色の葉に黄白交じりの縦縞柄を現す。
春先から採光を強めに管理すると鮮やかさが増す。

万年青図譜2上巻 久安寺

江戸時代からのおもと数は多くなく、歴史があり希少な品種。江戸時代、明治時代の文献にも多数出てくる人気の品種。なぜ人気だったかというと、この金色の斑が実生で出すことができず、初心者でも簡単に見分けができたから。濃緑色の葉に黄金色のちり斑を現す。春先から採光を強めに管理すると鮮やかさが増す。

 

伏見錦 (ふしみにしき)

白生玲 (はくせいれい)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代    不明
登録    昭和26年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   久米武七 (愛知県名古屋市)

古くからあつた由。葉長40㎝、葉幅5㎝内外。濃緑色の葉で、葉先に丸みをもった平葉で、やや深い爪覆輪をかけ、葉先はやや垂れぎみ、雪白の虎柄は大きく現れたり吹雪状の様にも現れます、鮮明なもの不鮮明なものとまちまちです。採光を強めに管理すると白さが増します。

黄金宝 (おうごんたから)

分類    薄葉系統  黄色実
作出年代     不明
登録    不詳
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   不詳

黄色実おもと

黄金宝(おうごんたから) 5年生 鉢6.0号
来歴 富士山麓裾野に自生している物を見つけ繁殖。観賞親 寒さが近づくと実が黄色に色づく。江戸時代の文献に記載されています。黄色実おもと

黄金宝(おうごんたから)  8月24日 実は葉と同色、膨らみ始める。

黄色実おもとの実は5月6月頃に花が咲きます、7月頃から膨らみ、暑い時期は緑色です。少し涼しくならないと黄金色に変わりません。霜に当たるようになると真っ黄色になります。

黄金宝(おうごんたから)  11月16日 実は大きくなり色が少し変わる。この時期から寒さに当てないと黄色く変化しません。

黄金宝(おうごんたから)  12月28日 実は黄色に 寒さに当たり黄色く変化。

黄金宝(おうごんたから)  12月31日 実は黄金色 寒さに当たり黄色く変化。

風水 幸福を呼ぶ福おもと  丈夫で作り易い、繁殖特によい。露地植え可

黄金宝(おうごんたから)   実は黄金色 寒さに当たり黄色く変化。

富士山麓裾野に自生している物を見つけ繁殖。観賞親 実が黄色に色づく。

風水 幸福を呼ぶ福おもと  丈夫で作り易い、繁殖特によい。露地植え可

黄金宝(おうごんたから)   2019年3月3日採取

 

都の城 (みやこのじょう)

分類    大葉系統 覆輪系  江戸おもと
作出年代
登録
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

 

大型種、立ち葉型で葉肉厚い 濃紺緑色に白い覆輪を見せます。薩摩万年青の丈夫な代表品種。薩摩おもとの元祖ともいうべき品種。江戸時代中期に都城より鹿児島へ持ち帰られ、育芳園番付に載せられて、文政の初め頃は江戸へ出た。江戸時代を於て全国的に分布。都城地方では庄内(しょね)おもとと呼ばれ、大立ち葉系と「小庄内」と呼ばれる垂れ葉の小型種もある。又「苫破り」として(大型の都の城。90㎝)の大きさの物も。「赤松高嶺」都城中型で覆輪の深い系統。(餅屋高嶺)ともいう。根変わりして名前が付けられた。

『都城高嶺』 別名 都の城(みやこのじょう) 十五代藩主島津貴久公の天文二年(1533)のころまでにはすでに存在したもので、霧島方面の山より出現したものと思われます。駿府の徳川家康公に贈られ、江戸城に移された話も残っています。葉は生け花として大量に生産され、お正月などに実付きで使われています。

渡辺藤村氏の『萬年青の種類と培養』によれば「古くは「都尉」と書かれ、いつの時代にか「都城」となった」と記されています。尉とは、判官の位で、都を護る検非違使のことです。おもとで尉の位をつけられたのは「都の城」くらいのものでしょう。いかに大切にされたかがわかります。立ち葉性で地合い厚く、覆輪深く、紺地の強い大葉です。壮観な薩摩おもとの根幹ともいえる代表品種。

都の城(みやこのじょう)  生け花  濃紺緑色の葉、地合いは厚く白い覆輪をかける。よく生花に使われます。

万年青 生け花 万年青(おもと) 生け花

花材 万年青 品種 都の城(みやこのじょう)
都の城の実12月色づく、オモトは大変に日持ちがよく、11月から水をこまめに換えると4カ月程持ちます。

オモト切り花のハウス 有田町  切花用 都の城

加治木高嶺 (かじきたかね)

分類   大葉系統 覆輪柄  江戸おもと
作出年代 万治年間
登録   昭和40年
作出者  (鹿児島県)
命名者  (鹿児島県)
登録者  日本萬年青連合会

万治年間にできたもので、「御殿高嶺」「御屋敷高嶺」が本名でした。島津家の家宝でたいせつにされていた品です。明治30年ごろ、加治木町下浜の船問屋森山まん右衛門の旅館に旅人が置き去ったものを、法元勘次郎が譲り受けて培養していました。加治木町から一般に広まつたので「加治木高嶺」が本名のようになってしまったものです。大木で葉長は60㎝前後。葉は粉緑色を帯びた艶消し地のあれ地で、葉肉があり、紺地深く、葉先は鋭く立ち葉で。白い覆輪が幅広く深く葉元まではいる品種。性質は中。

名前は加治木町の地名から。葉長は60㎝を超えるかという大木で、白く深い覆輪は見事。「加治木高嶺」の中でも特に覆輪の深いものを『御殿加治木』と呼ばれます。

太白山 (たいはくざん) 本高隈

分類    大葉系統 虎系
作出年代  享保11年(1726)以前か
登録    昭和40年
作出者   川越家が見出す
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

太白山(たいはくざん) 2年生 鉢約12.5cm

「太白山」とも、「高隈山」「本高隈」とも呼ばれ、高隈系統の代表品種。高隈系統の先祖か、現在では数少なく希少になってきた。鷲高隈はより立ち葉だが、こちらの木は素直な姿、扇のような姿をみせる。葉長は60cm~70cmになります。葉は裏骨強く、紺性強め雪白の虎を現し、暗むことはほとんどない、強い直射日光には注意するが、春から夏の朝日を採ることで柄がよくでる。

「高隈」系の代表品種で、宮之城町舟木の平八重喜内氏(97才)のお話では、「大正15年、宮之城線工事に際し、川越家の旧屋解体のとき、倉庫の中の家系図の記録の中に享保11年(1726年)「高隈」を持ってきたとあります」

満月 (まんげつ)

分類    薄葉  系統
作出年代  江戸時代
登録    不詳
作出者    不詳
命名者    不詳
登録者    日本萬年青連合会

満月(まんげつ) (雷紋蔦文楽鉢)15.5㎝ 江戸後期~明治初期

NHK趣味の園芸 で放映された満月(まんげつ)

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 水野豊隆             2019年10月27日 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 愛知県岡崎市 岡崎公園・豊明園

 

作出年度 1860年の銘監に掲載、慶應元年の銘監に西前頭1段目7番に掲載されています。為萬年青芽(おもとめとして)

梨地葉で濃紺緑色の葉に純白の覆輪で覆います。葉幅広く少し波打ちゆったりとした葉型。性質は強健で繁殖良く。露地植えでも良く出来ます。

梨地肌に濃紺緑色の葉と白い覆輪を楽しむおもと。江戸時代より続くおもと 中型種で濃緑色の葉に白い鮮明な覆輪を見せる。
性質は強健、繁殖は良い

品種 満月(まんげつ)  1年目の芽吹き 8月