NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の育て方を紹介しています。日本に自生している植物ですが、自生地では明るい林の下に生えていることが多いです。その環境に街中で近付けるために、日陰になるような場所に置いたり、用土を水はけをよくしたり、肥料を少なくしたりして育てます。そんな育て方のコツを短くまとめて紹介してあります。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

 

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

 

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の、【胴返し】という鉢の美しさ、面白さだったり、古い鉢、現代鉢の魅力が伝われば幸いです。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

2020/10/21発売のNHK趣味の園芸 11月号

ディーププランツ入門 万年青1

豊明園三代目、四代目が協力しました【万年青】が紹介されています。

表紙と背表紙にも万年青が!!

10/21発売のNHK趣味の園芸です。

是非書店、アマゾンでご購入、定期購読、よろしくお願いいたします。

 

 

リード文がカッコいい!!

園芸の入り口は限りなく広く、その先は限りなく深い。江戸時代から続く伝統園芸植物・万年青の奥深さを2回にわけてお届けします。

 

 

今回は、ディーププランツ入門ということで、園芸の中でも特に奥の深いもの取り上げて、その素晴らしさを少しでも分かりやすく3Pでお伝えしています。

江戸時代以前より、世界でも稀に見る園芸大国・日本。その日本の園芸植物の中でも特に奥が深いといわれる万年青の一端でも知っていただければ、と思い協力しました。

マニアの方でも万年青を再発見できる紙面になっておりますので、是非ご覧ください!!

みんなの趣味の園芸(https://www.shuminoengei.jp/)ともコラボ企画をしております。相互にリンクを張っていますので、是非みんなの趣味の園芸のHPもご覧ください!

 

 

NHK趣味の園芸 10月号 9/21発売 大江戸花競べ十二選 万年青 みんなの趣味の園芸コラボ

 

こんにちは、万年青の豊明園です。

今回、NHK趣味の園芸 11月号に万年青が紹介されているので、ご紹介させてください。

2020/10/21発売のNHK趣味の園芸 11月号の

ディーププランツ入門 に 豊明園三代目、四代目が協力しました【万年青】が紹介されています。

 

このディーププランツ入門は、最初に【園芸の入り口は限りなく広く、その先は限りなく深い。】というように、園芸の中でも特に奥の深いもの取り上げて、その素晴らしさを少しでも分かりやすくお伝えしている連載です。最初のサボテンや野生のバラなどは2Pだったのですが、非常に好評で、現在は3Pの連載になっています。

他にも、アリ植物やペラルゴニウム、ヘデラなど、もっと奥を見ていたいと思わせる記事ばかりなので、過去記事も是非チェックしてみてください。

江戸時代以前より、世界でも稀に見る園芸大国・日本。その日本の園芸植物の中でも特に奥が深いといわれる万年青の一端でも知っていただければ、と思い万年青の豊明園として協力しました。

今回、まだ発売日前なのでさわりだけしか紹介できませんが、万年青は、日本の元祖ビザールプランツだ!ということで、江戸からの万年青の先人たちが大切にしてきた万年青の品種、芸、を紹介しています。万年青の多彩な葉芸は、重ねてきた奥深い歴史を現しています。

 

ただ変わった万年青の品種だな、変異だな、というものも、大元をたどると江戸時代の誰かが見つけ出して現在まで継承された歴史ある魅力。

 

私たち万年青の豊明園でも10/21からネット上で販売しますので、説明欄のリンクから是非ご覧になってください。

 

 

小原流 挿花 万年青

引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。

平成17年1月発行、《小原流挿花》の『めでたきもの』から

 

イメージ 2

 

このときは東京からわざわざ岡崎に取材に来てくださいました。おもとはお正月の生け花として用いられます。(当園でも毎年生けています)
めでたきもの 特集としておもとが取り上げられました。

 

イメージ 1

 

豊明園おもとの温室です。太陽、長春閣、金龍閣、愛玉殿、満月、外輪山、松谷千代田など、イラスト、文を作られた方のおじいさんも万年青をやっていたそうで、引越しのときはそのおじいさんの万年青が大活躍したそうです。姿と名前のイメージがぴったりの品種がいいですね。

このときの記事には、古鉢や、分かりやすいおもとのイラスト、おもとにまつわる道具(ランセット、ハサミ、ピンセット)などおもとの色彩盛花も綺麗な写真で解説してあります。

岡崎市プレミアム付商品券 万年青の豊明園 小売店として使用できます!

岡崎市プレミアム付商品券 万年青の豊明園 小売店として使用できます!

 

こんにちは、万年青の豊明園です。今回は、岡崎市プレミアム付商品券を万年青の豊明園で使用できます、というお知らせです。

岡崎市民の方は、プレミアム商品券の購入申し込みを9/23(水)までにしてください。申し込みが多いと、抽選になるそうです。

ラインを使用するデジタルの共通券と食事券、紙の共通券と食事券がありますが、

ラインでも、紙でも、共通券でしか万年青や、

材料、鉢は使えません。

食事券ですと、4000円買うと6000円になって、

共通券ですと5000円買うと、6000円になります。

 

 

利用期間はデジタルは2020年10/1から、紙では10/15から、

終了は2021年の2/15までです。

 

岡崎市プレミアム付商品券が使えるお店が、この説明欄や、岡崎市観光協会のサイトに載っているので、是非岡崎市民の方はご確認ください。

<登録店舗リストの公開>
※9月1日からホームページで公開しております。
URL:https://okazaki-kanko.jp/feature/shohinken/buy

岡崎市プレミアム付商品券事業実行委員会事務局(岡崎市観光協会内)
〔電話〕0564-64-2036 〔FAX〕0564-64-1638
〔営業日〕月~金曜日 9:00~17:00(祝日を除く)

 

私たちは、小売業の お の万年青の豊明園で紹介されています。

 

 

岡崎市プレミアム付商品券 万年青の豊明園 小売店として使用できます!

というご紹介でした。

1年間のおもとの育て方

おもとの育て方 基本集

おもとは日本の林に広く自生している植物ですので基本を押さえれば大変育てやすい植物です。特に注意する点として日陰で年に数枚葉をだし生育するので日光や肥料の与えすぎないことをおさえましょう。

NHK趣味の園芸さん2019.10月号に協力、掲載した、豊明園監修の万年青の育て方を元に紹介しています。

動画解説 【万年青の育て方・年間管理】

万年青の生長期、休眠期、自生地から、水やり、肥料、病害虫、植え替え、置き場が決まります【万年青の豊明園】【OMOTO Calendar and Management】

 

・生育サイクル

春から初夏と秋の25-30度のころが最もよく生育する。

真夏は暑さで休眠することがあるので注意。冬は12月上旬から2月まで休眠

・置き場

年間を通して、遮光ネットの下などの半日陰で栽培。4月下旬~11月半ばまでは遮光をやや強めにし、葉焼けの防止。(自生地は木洩れ日のあたる明るい林床)

日光に当てすぎると葉が堅くなり、葉焼けを起こすことも。

逆に、暗すぎると葉が徒長して、生育が悪くなり、葉の変化も出にくくなる

常にそよ風程度の適度な風が吹いていると徒長しにくい

・水やり

基本は乾いたら水やり。よく生育する4月中旬から6月末までは乾く少し前に水を与える。

冬、真夏は休眠するので、水のやりすぎに注意

用土がしっかりと乾いてから水を与えるのがコツ。根も水だけでなく、空気を欲しがっている。

・肥料

万年青は年に葉を3-4枚育てるだけなので、多くの肥料は不要。

2月中旬-5月下旬。9月下旬-10月下旬に固形の有機肥料を少量づつ。

時期をずらしながら置肥。

 

 

栽培暦 (関東平野部)

栽培暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状態 休眠---- 生育----------ーー----休眠ー生育ーーーーーーーー休眠ーーーーー

………………………………………………….開花…青実ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー赤実-ー

置き場 霜の当たらない半日蔭ーー風通しよい半日蔭(遮光強め)----------霜のあたらない半日蔭
日よけ 不要or昼前後に軽く遮光・直射を避ける。(朝日は問題ない)----・不要or昼前後に軽く遮光
水やり 乾いたらーーーーーーー乾く前にーーーーーーーしっかり乾いてから・乾く前にーーー乾いたらーー

20-30度が生長期なので、そのときはしっかりと水やり

それ以下、それ以上だと、だんだんと水の吸い上げが悪くなるのでそこに注意して観察します

肥料        有機肥料ーーーーーーーーー          有機ーーーーーー

水やり同様、生長期に肥料を置きます。暑すぎると根の肥料焼けの原因に。

病害虫

消毒

       スリップスーーーーーーーーーー          スリップス

スリップスは新芽を食べるので、新芽の時期にでる。スリップス、アザミウマに効くオルトランを

……………………………赤星病----------       赤星病ーーーーーーー

万年青の生長期は病気も虫も生長期。消毒のため、殺菌剤を中心に、[殺虫剤(虫が病気を媒介、豊明園では虫を見つけたらやるぐらい)]を月に1回ほど。赤星病の出る時期は月に2回前後。

植え替え      植え替え、株分けーーー               同ーーーーーーーー

※愛知県から関東平野部基準で作成しましたので地域により温度差をご考慮ください。

段組みが変になる場合

生育状態とからめて考える

まず、生長期と休眠期があります。

生長期と休眠期 水やり、肥料

最高気温が18℃以下になるとだんだんと冬支度で休眠に入り始めます。

夏は、最高気温が33℃以上になるとだんだんと生長が止まっていきます。そうなので、昔は豊明園のある愛知県岡崎も夏場の生長が止まることはありませんでしたが、最近のように40℃を超えるような気温ですとさすがに生長が止まります。その時は、水も吸い上げないので、水やりを減らします。(室内や、高地、東北、北海道などの夏が適温の場所では、夏も成長を続ける場所もあります。)

この時期に万年青がいらないと言っているのに水を上げると、根腐れを起こす原因になります。

生長期はどんどん水を上げて、根と葉をグングン伸ばしましょう。まず2月に根が動き出し、万年青の乾きが早くなるのが合図です。肥料も欲しがります。

8月か9月にも、吸い上げがまた復活するときがありますが、秋の生長のための秋根が伸びる時期なので、そこを見極めます。生育環境とその年の気候で大きく違うので、注意します。

生長期と病害虫、消毒

万年青の生長期は、害虫、病気の生長期!?でもあります。万年青の葉をなめるスリップスや葉を食べる虫の予防、赤星病などの病気は生長期に活発になりますので、消毒は生長期に多くなると思います。真夏の休眠期は同じように病気、虫も暑い??ようで、消毒頻度は少ないです。また、薬害が怖いので気をつけます。農薬を使う前に読もう!

植え替えはいつ?

基本は春と秋です。植え替えにはメリットデメリットがありますので、時期を選びましょう。

動画解説 植え替えのメリットデメリット

真夏の植え替えは傷むことがあるので、気をつけましょう。

気温が20-25℃ほどの高い方が、植え替えの刺激で新根が出やすいですが、それ以上高くなると用土の変化、環境の変化で万年青を疲れさせる、傷ませる原因にもなるので気をつけましょう。

豊明園では、夏以外は植え替えをしていますが、冬場は寒くて新根の出が悪い、もしくは、出ないので活着に時間がかかります。

春と秋の人も気候が良いとき、(エアコンや暖房を使わない時期)がよいので、その時期にしましょう。

生育期と置き場、日よけ

まず、万年青の自生地は、明るい林床が一番生長がよいです。直射日光が当たっても葉色は悪くなりますが生育しますし、暗い場所も生育します。ですが、ベストは朝日が入り、明るい木洩れ日が一日中あるある程度の水はけのよい場所がベストです。

そんな自生地を思い浮かべて置き場と日よけをします。自生地では万年青は移動できませんが、人間が管理することで、よい環境を作ってあげます。

生育期は場所と日よけで朝日は当たり、午後からは建物の陰になるようにします。

冬場は木陰のように、霜が当たらない方が元気に育ちます。

 

梅雨、台風、霜など

梅雨

長雨に注意。豊明園では1日ほどは当てますが、雨に長く当たりすぎると病気がでやすい。ビニールをひいて、雨よけします。

台風時

ものが飛んでくる、とばされるので、室内か、しっかりとした囲いをする、飛ばないようにくくり付けておく

台風前と台風後の対策

真夏

もし室内に管理される場合、冷房、扇風機の風が直接当たらない場所へ。外に出すときはよく慣らす

人が暑いと思うので、ついつい水をやりすぎてしまう。ここが一番の失敗するところ。真夏の水のやりすぎ→根腐れ。万年青の生長をみて、止まってきだしたら、水やりをへらす。数があると難しいのが、若いものや強い木は夏も葉が生長するので、それらだけは水を少し多めに。

冬の霜

当ててもよいが葉色が薄くなる。豊明園ではなるべく数回だけあてるように管理している。当たりすぎると弱いものは淘汰されていく。

実際、慣らせば-30度までOKだが、まずは軒下などが安全。

冬の強風、寒風

葉焼けの原因。葉焼け春から秋日光による葉焼けと、冬前後強風、寒風による葉焼けがある。乾燥した風が葉の水分を奪い、葉先、縁が焼ける。

風よけで防げる。

暖房

外で育ているが、冬、寒いのは万年青によくないと室内に入れる方がいらっしゃいます。あまりここで温室育ちをさせると木が弱くなり、夏に弱くなる。暖房が効いた部屋より、少し寒い、外の空気に近い方が春の伸びはよい。

逆に、常に室内なら問題はありません。直接風があたると乾燥して葉が焼けるので気を付けましょう。

次の記事 万年青の育て方 完全版

おもとの育て方 完全版

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

万年青の本 始めよう!伝統園芸 万年青 人気品種と育て方

おもとの育て方 4月 岡崎市

万年青の育て方 トラブル編 根上がり 根止まり 春から秋の生長期

水苔の育て方

 

 

第63回 鹿児島県おもと美術品評会 2015年 薩摩おもと 月刊誌・趣味の山野草掲載記事

63回 鹿児島県おもと美術品評会

第63回 鹿児島県おもと美術品評会

2015年10月15-16日、かごしま県民交流センター(鹿児島県鹿児島市)を会場に、 第63回 鹿児島県おもと美術品評会が開催されました。50以上の懸賞に、今年の暑さをものともしない「薩摩おもと」が、全国一集まる雄大な名作展です。九州一円だけでなく、全国からの来場者も多い素晴らしい大会です。

 

凱旋 がいせん

鹿児島県おもと連合会 名誉会長賞

凱旋 がいせん

首太く、ズバッ潔い縞が入り、人気青天井。

 

金峰山(きんぽうざん)

レディースA賞

金峰山(きんぽうざん)   

盃を連想させる金峰山独特な受け葉。緑深く、覆輪とのコントラスト美しい。

 

高隈実生 たかくまみしょう

日本おもと業者組合賞

高隈実生 たかくまみしょう

紺地よい葉に雪白の虎が大きく入る美麗品。

 

高千穂 たかちほ

㈱南日本放送賞

高千穂

強い紺地に白虎がのり、堂々とした薩摩おもと。

 

レディースコーナー

レディースコーナー

華やかで可愛らしい

花と万年青や、山野草と万年青

鹿児島県は女性の万年青趣味者の割合が高いことも有名で、

ひとえに事務局をしてくださる慶緑園さん、地元の熱心な趣味者さんのおかげ。

毎年、創意工夫を勉強させていただいています。

 

残雪 ざんせつ

モリタゴルフ店長賞

残雪 ざんせつ

中心から立ち昇るような図が美しい、図物の最上種。

 

実生縞 みしょうしま

鹿児島市議会議長賞

実生縞 みしょうしま

覆輪もまわり、美しい縞、実もついて華やか。これからが期待できる。

 

雪中の松 せっちゅうのまつ

KKB鹿児島放送賞

雪中の松 せっちゅうのまつ

図が絞り、葉芸をみせる特別性。華やかで美しい。

 

大変な賑わいをみせる

会場風景

九州一円、また本州からも団体で見学に来られます。

大葉おもとは、薩摩おもとといわれるように、薩摩、鹿児島は島津のお殿様のころから万年青を大切にしてきた土地柄。大葉万年青の本場です。

私たち万年青の豊明園も毎年欠かさず顔を出させていただいています。

 

  太陽殿の虎 たいようでんのとら

日本おもと協会賞

太陽殿の虎 たいようでんのとら

古くからの大人気種「太陽殿」に大きな白虎が入る勇壮なおもと。

 

東天光 とうてんこう

豊明園賞

東天光 とうてんこう

黄白色の曙に目が覚める。丸みのある葉先に紺が良く乗り美しい。

葉先まで、とても美しく管理されています。

 

私たち万年青の豊明園は、鹿児島の慶緑園さまとは3代のお付き合い

毎年賞を出させていただいています。

 

 

この内容は、2015年 栃の葉書房さんの月刊誌・趣味の山野草にて記事掲載しました写真、文章を加筆、修正してアップしています。

 

 

育てる調べる山野草2525種 万年青について豊明園監修

園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

園芸おもとニュース 17   2008/3/16

メディア掲載履歴:育てる調べる山野草2525種 2008年4月栃の葉書房発行 万年青について豊明園監修

育てる調べる山野草2525種
2008年4月発行
栃の葉書房が出版する、
カラーの美しい写真が載った山野草のバイブル。
おもとも3ページ載っております。
全512ページ 定価 ¥3.000
おもとの一年の管理の仕方など、分かりやすく解説してあります。
多種多様な薄葉から大葉、羅紗まで
棚に入れたい代表品種が載っています。

 

関連記事

春のおもとを楽しむ会 日本農業新聞 2007/4/27掲載 社団法人おもと協会 三河支部 

岡崎市 市政だより2008 第7回 おもとを楽しむ会の案内の記事

中日新聞 朝刊に、三河おもと同好会の第8回 おもとを楽しむ会の記事が掲載されました 2009年4月19日(日)

JAあいち三河の広報誌 KONにちは!おもとを楽しむ会の記事掲載 2009 4月 vol.121

公益社団法人 日本おもと協会 三河支部について

三河 おもとを楽しむ会 2019年4月20、21日

実生の研究 2018 8月 実生会 会報

 

万年青について

新居には真っ先に神棚、仏壇、万年青 スピリチュアル幸運百科 江原啓之著 主婦と生活社

TRIADプログラム 日米英園芸交換留学 豊明園2017年度参加

 

趣味の山野草 2008年 4月号 第62回日本おもと名品展の特別賞 豊明園記事掲載

園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

園芸おもとニュース16   2008/3/13

メディア掲載履歴:趣味の山野草 2008年 4月号 豊明園記事掲載

趣味の山野草  2008年 4月号
栃の葉書房が出版する、趣味の山野草です。
掲載ページ 86~87
第62回日本おもと名品展の特別賞が
カラーの美しい写真で載っています。
定価 ¥1.000 書店でお求め下さい

内閣総理大臣賞・社団法人日本おもと協会賞 鸞山(らんざん)

内閣総理大臣賞・社団法人日本おもと協会賞
鸞山(らんざん)   関根 將男
白い総雅糸竜の美しい品種

文部科学大臣賞
富国殿(ふこくでん)  泉 俊夫
襟組みの美しさ、芸の厳しさが際立つ

農林水産大臣賞
地球宝(ちきゅうほう)   白木 善男
葉全体の図が華やかな品種

潮来市長賞
龍巻都の図(たつまきみやこのず)  杉本 重雄
竜巻のように捻る葉に美しい図が全面に散る

潮来市議会議長賞
聖光都の図(せいこうみやこのず)  林 敬一
素直な葉一面に図が出た大株立ちの迫力ある作品

 

 

 

第81回 三河おもと名品展の記事掲載 岡崎ホームニュース

園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

園芸おもとニュース 13   2007/10/23

メディア掲載履歴:岡崎ホームニュース 2007/10/20 (土) 第1064号

第81回 三河おもと名品展の記事掲載
岡崎ホームニュース 2007/10/20 (土) 第1064号 発行

10/27、28におかざき農遊館で開かれる
第81回 三河おもと名品展の記事が
載りました

 

 第81回 三河おもと名品展

とき 10月27、28日(土日)
午前9時~午後5時 (28日は午後4時まで)
ところ おかざき農遊館(下に地図)
中日新聞社、栃の葉書房(趣味の山野草)後援

内容 オモト(万年青)は不老長寿で、縁起の良い植物。
農林水産大臣賞受賞作品など180点を展示。
オモトの歴史と観賞のポイントを紹介。
植え方、育て方教室も開催。

農遊館は地域の物産館なのでとれたての野菜や果物も豊富

豊明園が両日即売会を出します
1000円から引越しおもとや趣味者向けのおもと
オモトのアドバイスも致します
おもとやおもと用品、おもとの本など、
ご入用でしたらお気軽に豊明園まで
電話 0564-51-4714

交通案内愛知県 岡崎市 農遊館
おかざき農遊館 電話 0564-46-4700
交通 東名岡崎インターから車15分
国道248号線上里2丁目交差点を東へ2キロ
名鉄バス「真伝町」下車北へ徒歩15分
県営総合グラウンドより北へ1キロ
第79回三河おもと名品展
第80回三河おもと名品展

 

関連記事

春のおもとを楽しむ会 日本農業新聞 2007/4/27掲載 社団法人おもと協会 三河支部 

岡崎市 市政だより2008 第7回 おもとを楽しむ会の案内の記事

中日新聞 朝刊に、三河おもと同好会の第8回 おもとを楽しむ会の記事が掲載されました 2009年4月19日(日)

JAあいち三河の広報誌 KONにちは!おもとを楽しむ会の記事掲載 2009 4月 vol.121

公益社団法人 日本おもと協会 三河支部について

三河 おもとを楽しむ会 2019年4月20、21日

実生の研究 2018 8月 実生会 会報

 

万年青について

新居には真っ先に神棚、仏壇、万年青 スピリチュアル幸運百科 江原啓之著 主婦と生活社

TRIADプログラム 日米英園芸交換留学 豊明園2017年度参加