引越しおもと

 

引越し・お祝いおもと

 

気軽に楽しむおもと

玄関の前庭に飾り福を呼ぶ『お多福』
100年以上愛される万年青 葉姿美しく特に丈夫なおもと『お多福』と名前よい

おもとはめでたい植物、不老長寿の縁起の良い植物として知られ、古くより吉兆のシンボルとして愛されてきました。現代においても新築・開店・結婚式などの吉事におもとを贈る習慣があります。 引越しおもとの由来

おもとを贈る際、相手の方はおもとを育てたことのない方かもしれません。そこで、丈夫な品種を可愛らしい陶磁器の鉢に植えた「引越しおもと」「お祝いおもと」がお勧めです。また、人生の重要なイベントなので豪華な錦鉢に植えた立派なおもとを贈ったり、飾ったりというのも良いでしょう。

『新生殿』葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい 福福しい葉姿が人気

「引越しお祝いおもと」にされる品種は特にこれと決まったものはないですが、丈夫で・見映えが良く・縁起の良い名前を持った品種が良いと思います。例えば「お多福」「新生殿」「大黒殿」など。環境を選ばず、殖えの良い品種が喜ばれますね。また、鉢が大きめになってしまいますが、実付きを楽しめる大葉系・薄葉系も良いと思います。

「引越しお祝いおもと」を貰ったら

新築のお祝いにと、おもとを頂いたら、水やり、施肥、消毒など上作を目指す栽培はまだ早いという方は以下の点に注意して管理してみてください。

置き場所は直射日光の当たらず、適度に風の通る場所。毎日強い光に されると折角の濃緑の葉色が薄くなり、さらに放置すると葉が焼けてきてしまう場合があります。レースのカーテン超しの窓辺くらいの明るさが良いでしょう。時々外に出して風に当ててあげると喜びます。 引越しおもと方位 置き場所

水やりは観察しながら週に1回くらい。水はけの良い砂系の用土に植えてありますが、室内で管理すると鉢の渇きが遅くなります。また受け皿をしている場合は水を溜めないようにしたほうが良いでしょう。肥料は春と秋に観葉植物用の液体肥料。おもとに限らず植物の成長が活発になる春と秋に肥料を与えます。難しく考えず、目の届くところに置いて和風インテリアグリーンをたのしんでください。

『福宝殿』子宝に溢れて福々しい姿が魅力です。

万年青 残雪の根っ子

万年青の育て方

残雪(ざんせつ)

2年目の植え替え(9月22日)、鉢から中々抜けない。鉢の両端を手でたたくと抜けやすいです。それでも抜けない場合は水の中に入れ抜きます。

 

残雪(ざんせつ)
根が用土に絡んでいます。又新しい根は鉢の隅に多く出ています。鉢の中でいちばん乾く場所に根が集中しています。この根の状態なら3年植え替えせずに、そのままでも大丈夫でした。
残雪(ざんせつ)
水で洗った根っ子用土は豊明園で調合します、パミス、矢作砂(又は伊勢砂)、ゼオライト、炭など。用土の大きさは7、8割ほど大粒で植え付けしておもとの芋の底に入るように中粒と小粒の用土を入れ植え付けしてあります。上手に作るには鉢の大きさ、水遣り、肥料の仕方が大事になります。コツさえ覚えれば30℃以上が3月続いても大丈夫です。この作り方は、『始めよう伝統園芸万年青』の本に掲載されています。
残雪(ざんせつ)
水で洗った根っ子

おもとの消毒

元気なおもと、弱ったおもとどれも植え替え時は消毒液に浸けます。暑い時期は浸ける時間(5分)を目安に気を付けます、長く浸けると薬害が出やすいです、特に元気な新根が多く出ている木は短めに。

お客様の投稿  1月22日

残雪(ざんせつ)

2年前に手に入れた残雪(松島残雪)手前の子が白く美しく上がっていたのですが、薄緑がのって冴えが今一です。中央の天葉も同じです。黄色味を感じる右側の葉も?です。(①薄緑色がのる、②白地に黄色味が残る)

7月~9月にかけて気温が高いと図が黄色味や薄緑色に葉になります。この時期に涼しい風通りの良い場所に移して管理すると白く出来上がります。この写真を見る限り昨年度より葉巾もでて、葉肉もありしっかり出来上がっています。

万年青 残雪(ざんせつ)

万年青の豊明園

地球宝 (ちきゅうほう)

分類     薄葉系統  一文字系
発見年度    明治30年
登録    昭和9年
発見者   高須七郎(愛知県)
命名者   高須七郎(愛知県)
登録者   日本萬年青連合会

深い純白覆輪の「日月星」に鮮明な図の現れたものピンとした、直線的な美しさに、図が入ることによって、華やかさが出たり、図性によっては、捻り、絞りなど、葉姿に変化が見られます。子上げ良く性質は強健で作り易い品種です。

「根岸松の図」同様、図量によって多くの性が知られています。葉幅の引いた堂々とした もの、図が打ち込み図となり、抜群の白さを持つもの、捻りや絞りがよく出て図が芸をしているようなものなど、図の出方•葉姿が様々あり、どれも優劣付けがたい魅力があります。

薄葉系統に言われることですが、湿度がると葉が焼けにくく、陽がしっかり採薄葉系統に言われることですが、湿度があるあと葉が焼けにくく、陽がしっかり採れるようになります。陽をしっかり採ることで、「地球宝」の美しさでもある覆輪がより深くなります。また、葉長が詰まり、図がより目立つようになります。図ものは、肥料をしっかりやつたほうが良く出来ます。葉幅も出て、木自体の迫力が出てきます。

「地球宝」の中でも美しさがずば抜けている。特徴的なのは図が白い又葉は焼けやすい。

おもとの性について

性といっても性別ではありません。おもとは雌雄同株です。性(しよぅ)といつて、同一の 品種でも柄に多少の変化•善し悪しがあって、良い柄の系統を「〇〇性」といって区別し ています。変化の激しい図ものや虎ものに多くみられます。「地球宝」の代表的な性には図柄がすこぶる良い「特別性(天地宝口)」や図柄もさることながら繁殖力の良い「安藤性」などがよく知られていま す。例えば「安藤性」であれ ば、小田原市の安藤氏が愛 培増殖したものが元になっており、そのお棚の一番性の良い殖え木が「安藤性」になっています。それぞれの方が、素晴らしい「地球宝」を何鉢、何十鉢と集め、その中の特に良い物が全国の愛好者から認められ、〇〇さんの「地球宝」が欲しい!となると、自然と〇〇性となつていきます。

「地球宝」の芋吹き苗。覆輪、図性ともに良い特上苗。濃緑色の葉に深い純白覆輪現し中に白い図を見せます。子上げの良い品種。
『日月星』から根変わりで白図柄が現れたもの

図物というと、根岸松の図、残雪、天旭宝、お多福の図、など素晴らしい図物コレクションがありますが、地球宝は欠かせません。歴史が物語るように、多くの性があり、小型になるもの、覆輪の深い性、図に網目がでるもの、白さや量に特徴のあるもの

写真のように、図のある場所でひねりや絞りをみせるもの。流れをみせ、ずばっと図の入るこの木は楽しみです。初代が愛した木なので、私どもも大事に、想いをこめて育てています。

昭和初期の人気は目を見張るものがあり、戦時中に「地球宝」の売り上げの一部で戦闘機 2機を献納したという逸話があり、おもと界の伝説にもなっている品種です。

「萬年青の歴史」本に掲載

万年青~入門品種と育て方 本

万年青 実がならない

赤い実がつかないのはなぜ?

 

おもとを持っている人から赤い実をつけたいのだけどどうしたら、という相談をよく受けます。

赤い実をつけるための交配については、「交配~実生の楽しみ」も参照してください。花は咲くのに実が付かない。交配したが実が付かない、なぜでしようか。

花は付いたが実が付かない時 時期

「受粉が出来ていない」「まだ実を成らせる力がない」「もともと実の付かない品種」などがかんがえられます。

成熟していないオシベ(左)は白く、成熟したオシベ(右)は葯が開き、黄色い花粉が見える。黄色の花粉をオシヘ゛に受粉させる。

万年青の花 受粉ができていない

8割は受粉ができていないこと原因です。外に置いてあるおもとでは虫が少ないと受粉しません。虫の少ない都市部では受粉してあげます。柔らかい筆でメシベから蜜がでたときに撫でてください。また受粉させるときにオシベの花粉が成熟していなかった。もしくは古すぎて受精能力がなかったというオシベの問題や、メシベの蜜が出ていないときに受粉させようとしたメシベの成熟の時期を間違えていた場合があります。受粉させるときにメシベを傷つけてしまうと実がならなくなるので気をつけます。

おもとの花、受粉体制が整うと、メシベの先端に蜜が出る。蜜の出ているときに受粉させる。写真 5月17日

メシベが膨らみ始めています。 20日間前後で受粉したことがわかります。  写真 6月8日

 

まだ実を成らせる力がない

リン酸肥料が聞き過ぎているとまだ若く力のない時に花芽が出てくることがあります。この場合実が付かないか、付いても途中で腐ってしまいます。まずは日をしっかり採り、丈夫な木に育てることが一番です。初花や花芽が小さい場合は思い切って切除すれば来年は大きな花芽が上がり、実が付きやすくなります。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

大象観 (たいぞうかん) 9月20日 実にも縞柄が見えます。

もともと実の付かない品種

品種によつて花芽は上がるが実が付かない品種もあります。3.5号以下の小型おもと、特に羅紗系統ではまず実は付きません。原種に近い大葉や実親などの大型のものほど実は付きやすいです。相性もあり、相性のよくないオス木の花粉を受粉させようとしても付かないことがあります。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 11月13日の写真 少し色づく寒さが近づくと変わり始めます。

赤い実が付いたら実を撫でてみるのも楽しみなひとつ。

品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ) 写真12月8日 寒さにあたり実が深紅の色に近づく。虫や人の手で上手に赤い実がついたおもと

万年青の実の付け方

おもとの実をつけるには

おもとの花 実の付け方

残雪 (ざんせつ)

分類   大葉系統 図柄
発見年度 安政年間
登録   昭和9年
発見者  不詳 (熊本県)
命名者  不詳
登録者  日本萬年青連合会

残雪(ざんせつ) 江戸時代から生け花でも使われている「大象観」とよばれる原木に図が現れたもので、濃紺緑色の葉全体に変化に富んだ図を現し、豪快な姿を見せる。江戸末期に発見された品種ながら、現在も高い人気を誇る。性質は強健で作りやすい。歴史が古いだけに、図質にも大きな差があり、おもとの中でも最も価格差のある品種。

残雪(ざんせつ) 「大象観」に図が現れたもの。歴史は古く、安政年間に現れたとある

おもと趣味者が最初に注目した図、葉の紺地を山地に見立て、図を雪とみた風流なおもと。名前からすぐ連想できるおもとは長く残る。もともとのおもとの地が厚く、性(しょう)のよい図が入ると絞ったような(縮れたような)地になりそのような芸や、図の白さなど、多くのものを楽しめる

 

残雪(ざんせつ)  濃紺緑色の葉に図柄を現します。性質は強健で作り易い品種。

残雪(ざんせつ) 江戸時代末期に発見以来、図柄はさまざまに変化して数多くの血統がある。打ち込んだ雪白の図が葉全体に入ると図の美しさは他の追従を許さず、目を見張らせるほどである。性質は強健で子上げも良い。木勢よく栽培することが美しい図を出すために大切である。採光・施肥とも十分に行って栽培するとよい。

万年青 残雪の根っ子

天錦章 (てんきんしょう)

分類    薄葉系統  一文字系
作出年度    明治35年
登録    昭和9年
作出者   不詳
命名者   塚原大輔(大阪府)
登録者   日本萬年青連合会

『日月星』の根変わりで黄縞柄が現れた物。縞が入るため『日月星』より葉全体が黄色を帯びてくる。葉は巻いたような樋葉が出る、首元もほっそりとして全体的に女性的なイメージの葉姿となる。縞柄は至って変化しやすく、派手になったり縞が抜けて『日月星』に戻ってしまうこともある。性質はやや弱く、芋が柔らかいため施肥は控えめにします。採光は普通。

天錦章 (てんきんしょう)  6年生 鉢4.5号

濃緑色の葉に深い覆輪がかかり縞柄が現れます。
虎柄は固定しません差が現れます、子上げの良い品種。
『日月星』の根変わりで縞柄の現れた物。

天錦章 (てんきんしょう)  3年生 鉢3.8号

家宝都の図 (かほうみやこのず)

分類       大葉系統 図物系
発見年度  昭和32年
登録年度  昭和40年追認
発見者    平井修造(新潟県)
命名者    相沢広吉(埼玉県)
登録者    日本萬年青連合会

 

実生系「都の城」に図の現れた品種。図の冴えは美しく、強い紺地に白い図が星を散らしたように輝く。図をきれいに出すには、まず性の良い物を作り込み、肥料をしっかりあげること。図が焼けるのを怖がらず、陽を採ることも大切。性質は強健、肥料は強め。子上げも良い。

家宝都の図(かほうみやこのず) 8年生 鉢10号 (写真の木は大井性)
濃緑色の葉に白い流れる打ち込み図柄を現します。実生系の『都の城』に図が現われたもので立ち葉。性質は強健で作り易い大葉図物代表品種。平成20年度全国大会新潟市長賞授賞木

鉢 10号
これほど大きな短冊屋の尺鉢は現存する品が少ないです。加茂黒の釉薬が桐唐草の文様美しく引き立たたせる太鼓胴の飾りが鉢を引締めています。

家宝都の図(かほうみやこのず) 8年生 鉢10号  (写真の木は大井性)

濃緑色の葉に白い細かな打ち込み図柄を現します。実生系の『都の城』に図が現われたもので立ち葉。性質は強健で作り易い大葉図物代表品種。

実生系の『都の城』に図が現われたもので、おもとの世界ではあまりにも有名な品種のひとつになつている。立ち葉性で葉幅広く、純白な覆輪の中の濃紺緑色の地合いに吹雪のような雪白の図が全体に入り、まさしく家宝という銘にふさわしい、大葉おもとの大御所的存在である。性質も強健で、子上げも良い。最近では入手しやすくなり。初心者からベテランまで幅広い人気を保っています。

秋津島 (あきつしま)

分類   大葉系統 縞柄
作出年代 不明
登録   昭和44年追認
作出者  不詳
命名者  松ケ野千秋(鹿児島県)
登録者  日本萬年青連合会

秋津島(あきつしま) 6年生 鉢7号

立ち葉で葉巾広く、葉先は尖り葉肉も厚い。
濃緑色の葉に白いはっきりした覆輪をみせ、葉に縞柄が現われるます。
子上げ良く性質は強健で作り易い。

縞柄は毎年同じように現われることが少なく変化しやすいため、細かく葉全面に均一に入るものが最上で、これを「コートメ最上」といつて珍重する。

秋津島(あきつしま) 大株立ち
立ち葉で縞柄が入る。子出し良い丈夫な品種、実付きよい。

秋津島(あきつしま) 大株立ち

立ち葉性で葉幅が広く、葉先は尖り、葉肉も厚い。その葉に、乳白色の覆輪と白黄色の棒縞が鮮明に現われる。縞柄もあまり狂いがなく、きれいに現われる。

性質は大変強く、葉も強いため、ごく普通の培養で十分育てることができる。子上げも良く、根出しも良い。葉姿が大変綺麗です。最近やや数が少なくなってきたような気がします。

秋津島(あきつしま) 5年生 鉢 6.5号
立ち葉で縞柄が入る。子出し良い丈夫な品種、実付きよい。

福宝殿 (ふくほうでん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和
作出者    不詳
命名者    不詳
登録者    日本萬年青連合会

葉長8㎝葉幅3.5㎝内外、葉は紺地のが強く純白の覆輪で覆う。高い二筋の竜、熨斗芸、が現れる。繁殖よく、大きい子供にはその年に子供が出ようというものもあります。子宝に溢れて福々しい姿が魅力です。

福宝殿(ふくほうでん) 2年生

濃緑色の葉に二面竜、のし葉を現す。繁殖は子上特に良く、子宝おもと、性質は強健で作りやすい品種です。名前がよく、引越しおもとにも最適

福宝殿(ふくほうでん) 縁起の良い折熨斗芸を見せています。

福宝殿(ふくほうでん) 4年生