『草木性譜』1827年(文政十年) 萬年青は喜び事、めでたき事に用いる

草木性譜 3巻

『草木性譜』は『有毒草木図説』と共に、1827年(文政十年)に同時に刊行された。この2冊は相互関連をもつもので、わが国独自の本草・博物学の到達点とされる。著者清原重巨は、当時江戸京都と並ぶ本草学の盛んな地であった尾張の本草・博物学グループ甞百社の中心的人物である。

 

『草木性譜』は代表的な草本四十五種を選び、天・地・人の三巻から成る。図はいずれも力作で、水谷豊文、犬窪昌章などが描き、その資料的価値も高い。

 

解説された植物で外来植物として当時珍しかったと思われるものに、仙人掌(サボテン)、龍骨木(キリン閣)、落花生、玉蜀黍(トウモロコシ)、甘蕉(サトウキビ)、木蘭(モクレン)などがある。

表紙の絵は、万年青の花実を描いたもので、花の場合は新芽が出ている途中や、根芋や昨年の花茎、虫食いまでも描いてあり、写実的。下の解説文には、新築、引越し、結婚、出産などのすべての喜び事、めでたき事に万年青を用いる、縁起物であることが記されている。

イギリス・スコットランドのエディンバラ植物園の書庫にもあります。

国会図書館より

 

日御碕神社におもとの彫刻 青木様より教えていただきました。

青木様への感謝

この度は、素晴らしい情報を教えてくださり本当にありがとうございました。

お陰様で万年青の彫刻一覧にも一つ増えました。

万年青の歴史を私たちで解き明かしてみませんか?

万年青の歴史を深く知ろう、素晴らしい万年青の世界を知ってもらおうと豊明園は100年以上、亀の足で地道な活動を続けています。特に万年青の歴史というテーマでは家族でやっている豊明園では時間もお金も知識もすべてが足りていません。

日本の神社、古い有田焼などの万年青の陶器、中国の薬草書、世界中の美術館にある万年青の彫刻、着物、陶器など、なんでも構いません。万年青の歴史が分かる資料を一緒に調べてくださる方を募集しています。

 

日御碕神社

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)は島根県出雲市日御碕に鎮座する神社式内社で旧社格国幣小社である。通称、みさきさん。出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集める。

下の本社(日沈の宮・日沉の宮、ひしずみのみや)は天暦2年(948年)、村上天皇勅命により祀り、上の本社(神の宮)は安寧天皇13年(紀元前536年)、勅命により祀られ、総称して日御碕大神宮とされた。出雲國神仏霊場20番。

「日沈の宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社、である事による。

現在の社殿は3代将軍・徳川家光の命により幕府直轄工事として日光東照宮完成直後の寛永十一年から二十一年までの期間を掛けて造営されたものであり、権現造様式が採用されている。

祭神

  • 下の本社/日沈の宮
  • 上の本社/神の宮
    • 神素盞嗚尊
国宝
  • 白糸威鎧(しろいとおどしよろい)兜・大袖付 – 鎌倉時代(塩冶高貞寄進)

Wikiより

神素盞嗚尊を御祭神とする神の宮/上の本社

 

 

素晴らしい万年青彫刻 

素晴らしい万年青彫刻

赤い実をたっぷりとたたえる

三代将軍 徳川家光公の命によって幕府直轄工事として寛永11年(1634)から21年(1644)までの期間をかけて権現造り様式で建てられた。

 

「離留」とはなんだろう?出雲国風土記(733)

 

出雲国風土記 薬用植物一覧と 延喜式 典薬寮式(出雲国年料雑物)の比較

 

出雲国風土記』(いずものくにふどき)は、出雲国風土記。編纂が命じられたのは和銅6年(713年)5月、元明天皇によるが、天平5年(733年2月30日に完成し、聖武天皇に奏上されたといわれている(異説あり[要追加記述])。「国引き神話」を始めとして出雲に伝わる神話などが記載され、記紀神話とは異なる伝承が残されている。現存する風土記の中で一番完本に近い。

構成

総記、意宇・島根・秋鹿・楯縫・出雲・神門・飯石・仁多・大原の各郡の条、巻末条から構成されている。

各郡の条には現存する他の風土記にはない神社リストがある。神祇官に登録されている神社とされていないものに分けられ、社格順に並べられていると推察される(島根郡を除く)。

自然の地形の項ではその地形の様子と特産品の情報が記されている。

真ん中に「離留」離楼草とある これはリル?リロと読む??

 

りる と離留は読むようです。

植物の名称 シュロソウ

 

リル リロ と万年青の関係

古代の万年青を調べると、藜蘆 リロ レイロ リル という字がでてきます。

当てている字は違いますが、読みは同じことから、リル/リロといった音に、中国の漢字を当てていった歴史の名残かとも思いました。

1400-1500年代 室町時代(中期から後期)の辞書には藜蘆と書いて、ルビをヲモトとふっています。

1603 イエズス会の日本語ポルトガル辞典(日葡辞書)は藜蘆、リロにヲモトと当てています。万年青はこの時代はヲモト/リロ/リルなど様々な呼び名があった??

池坊の資料 万年青を藜蘆 藜芦と表記することがある 1811 室町時代もそうだったという説も

 

 

 

 

 

おにのやがら 続断

植物の名称 シュロソウ

離留 リル

 

奈良時代はオモトのことをリルと呼んでいた、となれば今までの多くの学説がひっくり返ります。

 

万年青の魅力 原種から現代の品種の歴史 初心者の方へ

万年青の魅力

原種の万年青からの変化がすごい

現代の万年青を知らない人にとって、現代の万年青の見ても何が凄いのか、変わっているのかは分かりにくいと思います。

原種の万年青からの変遷を見ていくことで、現代の万年青がどれだけの進化をこの500年ほどでしているのかを知っていただきたいです。

 

日本/中国原産と言われる万年青の原種は以下の様だったと思います。

原種の万年青はどんなもの?

日本の淡路島 諭鶴羽神社の原種の万年青

また、400年前の万年青の彫刻をみると

九州の英彦山神宮の正面の万年青彫刻

※万年青の彫刻 万年青の歴史を探る手掛かり 古い万年青の彫刻一覧

英彦山神宮 ひこさんじんぐう

 

神社の正面に非常に精密な万年青の彫刻があります

虫食いなども再現されています

外にある彫刻はこの万年青彫刻のみか

 

 

京都の地主神社の万年青彫刻

同じ敷地内の北野天満宮にも万年青の彫刻があります。

 

諭鶴羽神社や400年前の彫刻のような万年青が原種の万年青でしょう。

そこから

同じく、500年前の室町時代 池坊も下のような生け花において大象観を使っていたのではないかと言われています。大象観も原種の万年青の一つといってもよいでしょう。

生け花 「大象観」 だいぞうかん/たいしょうかん 古いので呼び方多数説あり

同じく、生け花で「都の城(みやこのじょう)」も非常に古いと言われ、一説には江戸以前とも

 

これらの原種の万年青から400~600年かかって、現代の万年青に変化してきました。

実親や江戸時代の万年青にその進化/変化の途中の万年青があります。

羅紗・縞甲の変化 玉川竜から新生殿

明治の万年青 「玉川竜・たまがわりゅう」 もしかすると江戸かもしれない

大人気品種、「錦麒麟・きんきりん」の親で、錦麒麟が作出されたのが明治32年なので、少なくとも明治20年代には存在していたでしょう。

この玉川竜を親にして多くの実親もでき、現在の縞甲系や羅紗系の先祖にあたります。江戸時代、玉川竜に似たような縞甲系、羅紗系を生やす実親が何系統もでき、新品種作出がますます面白くなっていきます。

 

新生殿・しんせいでん

羅紗の王様

江戸から続く品種改良でここまで小さく、雅糸竜などの芸をもつものが生まれた。原種から思うととても長い道のり。

 

獅子の変化 江戸時代の玉獅子から現代の五万石

江戸時代からある「玉獅子・たまじし」 11月の写真で実が赤く色づくところ

今の獅子の芸の凄さを思うと、ただ葉がカールしているだけともいえるが、ここまでの変化ができるまでにどれほど時間がかかっただろうか

獅子の原種と言われ、現在では偽物も多く出回り、品自体も非常に少ない

 

獅子 「五万石・ごまんごく

獅子の王者

甲竜、雅糸竜、絹雅糸竜などをみせ、様々な芸がのり、かつ姿も美しい

原種からここまで変化してきた万年青の品種改良の歴史が面白い

 

江戸時代のオモト愛好家にとっての万年青

こういった原種からの変化をみていくと、万年青の品種改良の技術の高さがわかります。

江戸時代の人たちは今よりもっと原種のおもと、引越しおもと、薬草としてのおもと、生け花のおもとをよく知っていたので、万年青の変化、新品種の面白さが良く分かったのでしょう。

現代人にとっての万年青の凄さ 変化朝顔は分かるけど万年青は分からない!??

現代人がいきなり現代の最新の万年青をみても、変化朝顔のように凄さ、良さがなかなか理解してもらえないのもここだと感じています。朝顔は日本人全員知っていて、変化朝顔をみると驚きます。万年青も、原種の万年青をみて、現代の万年青をみると、ほんとに同じ万年青かと思うほどの珍奇な変化をしています。原種の万年青を知らない人にとっては同じ万年青とは考えもしないと思います。

万年青の展示会を全国で行っても、これは本当に万年青ですか?という質問は非常に多いです。また、原種の万年青をしらない方にとっては、羅紗の万年青をみても、これが万年青なんだとなってしまいます。

万年青の原種から新品種が出来ていく驚きの過程を皆さんに知っていただけるように、万年青をこれからも世界中に発信していきます。

 

 

三才圖會 三才図会(1609) に萬年青の記述/絵

表紙

三才圖會 三才図会 とは

 

三才図会(さんさいずえ)は、絵を主体とした中国類書万暦35年(1607年)に完成し、1609年に出版された。王圻(おうき)とその次男の王思義によって編纂された。全106巻から構成される。

萬年青は、草木十二巻・花卉類の中にあり、その巻には、牡丹、芍薬、菊、蘭、水仙、百合、芭蕉、薔薇など全55種の内の一つとして紹介されています。草木は全部で12巻まである。

三才とは天・地・人をいい、万物を意味する。世界の様々な事物を、天文、地理、人物、時令、宮室、器用、身体、衣服、人事、儀制、珍宝、文史、鳥獣、草木の14部門に分けて説明しており、各項目が図入りである点が本書の大きな特徴である。

江戸時代に日本で出版された類書(百科事典)『和漢三才図会』(寺島良安)は、本書に触発されて編著されたものである。

特に中国の歴史人物の絵が多数載っているため、日本の中国史の書籍には『三才図会』から画像を引用していることが多い。しかし、この本の歴史人物の画像は歴史的に根拠があるものではなく、古くの時代の『四庫全書総目提要』でもこの点は批判されている[1]

動植物の絵には正確なものもあるが、文献の記載から絵をおこしたために、鱟(カブトガニ)のように実物とかけはなれた絵になっている場合もある[2](なお『和漢三才図会』では正確なカブトガニの絵が描かれている)。

 

国会図書館の情報

三才圖會 106卷. [30] 30巻目 (明) 王圻 纂集[他] 萬暦37 [1609] 序刊

以下のP113、114、160は国会図書館のHP上のページです。

 

 

草木十二巻 花卉類 目次に萬年青

国会図書館 p113

 ↑ P114

右ページ目次の最終行 上段に萬年青

 

 

萬年青の絵

 

↑ P160 萬年青

良く実が付き、子株も上がった力強い万年青ですね。

400年以上前の中国でこのように描かれていたことは感慨深いです。

多くの日本の江戸時代以降の書物が、この三才図絵や、1712年に医師・寺島良安が編纂した和漢三才図絵から引用して万年青の紹介をしている。

 

萬年青

萬年青葉

似芭蕉隆

冬不衰以

共多寿故

 

 

オモトの葉は芭蕉に似る

冬も衰えないことから

また多くの寿に使う?故に名が萬年青という

でしょうか。

 

三才図絵の萬年青でわかること

中国では、少なくとも1607年には萬年青があった 日本と同じ、自生地の一つでしょう

萬年青が萬年青と呼ばれていた 藜蘆の名は三才図絵の萬年青の項にはでてこない

※江戸時代の文献には萬年青の絵があり、藜蘆レイロと書かれているものがある 逆に、藜蘆はシュロソウなどの違った植物のことを差していると言われる方もいます

中国の北か南かでも違いますが、冬にも枯れず、耐寒性があったことを知っていた

萬年青がとても縁起がよく、お祝いなど寿ぐ(ことほぐ)場面で使われ、そのため名前も萬年青という素晴らしい名前になったこと

日本の江戸時代の書物にはこの三才図絵の文を写したものも多い

今後知りたいことは

上記の文の正確な和訳は?

中国で萬年青と書かれた最古の文献は?どのように書いてあるのか?

藜蘆は三才図絵に載っているのか?他の文献には載っているのか?

同じ1600年前後の薬草書に萬年青は載っているのか?

中国のすべての薬草書、植物書、百科事典の中の万年青の扱いについて

1600年前後の萬年青が描かれた中国の陶器や日本の伊万里焼、有田焼などがイギリスやアメリカなど世界中のセレブがもっていました。三才図絵の縁起の良い植物という認識だったと思いますが、それ以前はどうだったのか?

 

 

古書、古文書が読める方、是非、万年青の歴史を知るために力を貸してください。

 

薬草、和漢方としての万年青 薬効 藜蘆は万年青? レイロ リロ


和漢方としての万年青

 京都の武田薬品薬草園の大判薬草図鑑には万年青は載っております。

 また、某薬品会社から漢方薬として使うため、万年青の芋を1万株依頼されたこともあります。私どもの芋では価格が高くなりすぎてしまい実現はしませんでした。

万年青は藜蘆なのか?

最古の生け花 池坊の資料

 下は文化8年(1811) 池坊の免許状の一つですが、万年青を藜蘆レイロと書いてあります。池坊専應口伝(1542)にも藜蘆として万年青の生け花がのっているそうです(そちらは私は現物をみたことがありません)。

万年青の生け花について

 また、いくつかの古書には藜蘆はシシノクビキ、ショロソウ、ホソバシュロソウ、バイケイソウであり、万年青ではないと書かれているものもあます。

 生け花で藜蘆とすると絵ものっており万年青に間違いないのですが、他では絵がのっていないことから正しいとも間違っているとも断定しにくいというのが実情です。

1603年 イエズス会の日葡辞書

1603年にイエズス会がキリシタン宣教師のために長崎で刊行した日葡辞書(日本語、ポルトガル語の辞書)には藜蘆、リロにヲモトと当てています。

1603年刊行の辞書なので、その当時の言葉の音(オン)や使われていたのかなどが分かります。

中日新聞 世界で4冊目の日葡辞書をブラジルで発見

 

室町時代の辞書より 藜蘆(万年青)

資料は国会図書館より

饅頭屋節用集

室町時代末期と言われる 奈良の菓子商で歌人・歌学者でもあった饅頭屋宗二(林逸1498~1581)が刊行した書物。唐宋の詩文や節用集などがある。

雑字類書

レイロと書いて万年青とよむ 室町時代中期

室町時代の辞書は節用書、類書といわれ、イロハ順で書かれる。万年青はヲモトという表記になるので、ヲを探します。

節用集 室町時代

室町時代は1336-1590(戦国時代まで含めると)

 

これら室町時代の辞書には藜蘆にヲモトとしてしかルビがふっていないため、藜蘆は万年青を指すと考えています。

藜蘆など多くの薬草や植物の「漢字」が中国から入ってくる際、非常に困ったと思います。薬草の知識、植物の知識、中国語の知識、日本のそれぞれの地域の言葉などすべてがそろわないと中国ではこの植物だけど日本では違った、や日本にはその植物がなかった、場所場所で名前が違った、ということがありうるからです。

江戸時代の薬草園・尾張藩御深井御薬園の薬草 藜蘆(万年青) 徳川八代将軍・吉宗の藜蘆について 

江戸時代の尾張藩御深井御薬園や徳川八代将軍・吉宗の藜蘆(万年青)についての考察です。趣味の山野草より
増補改訂 日本薬園誌の研究
昭和5年
著者 上田三平
  

万年青の薬効

万年青の来歴

中国や日本の古書にどのように万年青は載っているのか

万年青の薬効は?

花とくすり 和漢薬の話

難波恒雄
(株)八坂書房
1981年4月25日 初版発行

万年青の歴史年表

 
原色おもと図鑑より

おもとの彫刻 一覧

おもとの彫刻 
()はその建築が建てられた年
栃木県 日光東照宮
埼玉県 妻沼聖天山歓喜院  徳川家康によって再興されたが、寛文10年(1670年)の妻沼の大火で焼失した。現存する聖天堂(本殿)は、享保から宝暦年間(18世紀半ば)にかけて再建された
埼玉県 三峰神社
東京都 上野東照宮 慶安4年(1651年)家康の孫である徳川家光が改築したもの
石川県 金沢 兼六園 ふすま
静岡県 久能山東照宮    1617年元和3年)徳川家康の命で建立 家康がなく  なったとき最初に建てられた
愛知県  六所神社1636年徳川家光の命で建立 徳川家康の産土神。お宮参りをしたと伝えられる。

富部神社(1606 慶長11年) 名古屋市南区笠寺 国重要文化財 向拝東側手挟(ごはいひがしがわたばさみ) 西側も??

京都府
北野天満宮  慶長12年(1607年)に建立
地主神社 北野天満宮内
 平岡八幡宮 江戸時代末期に画工・綾戸鐘次郎藤原之信 花の天井画
二条城 門・城内に万年青の彫刻 1603年(慶長8年)
島根県
日御碕神社 出雲市大社町 万年青の彫刻
福岡県 英彦山神宮 元和2年(1616年) – 細川忠興による再建
万年青の彫刻を見つけられた方、是非ご一報ください

草木錦葉集と万年青

『草木錦葉集』  (世界に誇る斑入植物図譜) 全7冊

文政12年(1829)刊水野忠暁(ただとし)著
著者の忠暁は幕府旗本。 草木の培養に長け斑葉植物を集大成した本書を著した。
1031種、すべて図入り 絵は大岡雲峯と関根雲停。

 

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜

江戸時代の園芸の盛んなころから様々な文献に載ってきます。文政十二年(一八二九)幕府旗本水野忠暁が見た萬年青、斑入品を中心に奇品約1千品を掲載しています。その中におもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。(大岡雲峯・関根雲停画)

 

水野忠暁

おもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。

『ふくりん小おもと』

1853年 小万年青高価をにて売買を禁ず と幕府の禁令がでています。

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜。編者の水野忠暁(忠敬とも) の珍稀植物のコレクター

家康ゆかりの「永島」  永縞布引
家康公が持ち込んだとされる伝説のおもとが「永島」です。
持ち込んだおもとの培養を臣下の永島某に任せたので、おもとを「永島」と呼ぶようになった、「永島」というのは「ジャンル」のようなものであるなど諸説があります、古い文献から「永島」についていくつかの情報が得られます。

豊明園歴史資料より

北野天満宮 地主神社 万年青彫刻 京都府

  京都のおもと 彫刻

京都 北野天満宮 地主神社(じぬしじんじゃ)

梅と牛で有名な北野天満宮の地主神社におもとの彫刻があると聞いてとんでいきました。

地主神社(じぬしじんじゃ)

祭神は「天神地祇」地主神社は、北野天満宮の創建以前より鎮座していた神社で、神職の方のお話では、この地主神社に場所をお借りして北野天満宮を建てたそうです。

『続日本後紀』には「承和3年(836年 管公ご生誕の9年前)2月1日、遣唐使のために天神地祇(てんじんちぎ)を北野に祭る」と記録されており歴史のとても古い神社です。

主祭神「天神地祇」相殿「敦実親王(あつみ しんのう)」「斎世親王(ときよ しんのう)」「源英明朝臣(みなもと の ひであきら あそん)」いずれも菅原道真の血縁者

神徳 招福・交通安全・諸願成就

地主神社の現社殿は、豊臣秀頼公の造営で、由緒、規模とも天満宮第一の摂社です。

京都 北野天満宮摂社 地主神社

京都 北野天満宮摂社 地主神社

正面から見て右側におもとの彫刻、赤い実をたたえた、躍動感のあるおもとが彫刻されています。

京都 北野天満宮摂社 地主神社

背面におもとの彫刻    蟇股におもとの彫刻

2つある蟇股の右側におもとの彫刻
地主神社の背面

2つある蟇股の右側におもとの彫刻  地主神社の背面

京都 北野天満宮摂社 地主神社に、おもとの彫刻が2つありました。豊臣秀頼公の造営で、今までのおもとの彫刻のある久能山東照宮や、岡崎六所神社、福岡 英彦山神宮とも年代的に近いので、ますます興味がそそられます。

家康がおもとを大切にし、おもとを持って江戸城に入城したという故事がのっている文献には未だ見つかっていませんが、こういった1600年前後の建物におもとの彫刻が丁寧に彫ってあるのをみると、やはりそのころからおもとを神聖な植物として、土地を守る植物として大切にしていたことが伺えます。

今の引越しおもとや、お祝いのおもとの源流とも思えます。

引越しおもと・天福の霊草

『天福の霊草、引越しおもと』の由来

 

慶弔十一年、徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って三種のオモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ばれて、千代田城に真っ先に持ち込まれ床の間に飾り入城したと伝えられています。
その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」であるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残りをとどめています。
(天福とは天から賜る幸い、天与の幸福、祝事、建築、転居に「吉」であるという)

約400年前からのおもとの彫刻について

江戸時代の神社にも、おもとの彫刻があります。その土地の平安や繁栄を祈ったのでしょうか
おもとの彫刻 
栃木県 日光東照宮 
埼玉県 妻沼聖天山歓喜院  徳川家康によって再興されたが、寛文10年(1670年)の妻沼の大火で焼失した。現存する聖天堂(本殿)は、享保から宝暦年間(18世紀半ば)にかけて再建された
埼玉県 三峰神社
東京都 上野東照宮 慶安4年(1651年)家康の孫である徳川家光が改築したもの
静岡県 久能山東照宮    1617年元和3年)徳川家康の命で建立 家康がなく  なったとき最初に建てられた
愛知県  六所神社1636年徳川家光の命で建立 徳川家康がお宮参りをした

 

京都府 北野天満宮  慶長12年(1607年)に建立
 平岡八幡宮 江戸時代末期に画工・綾戸鐘次郎藤原之信 花の天井画
福岡県 英彦山神宮 元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

日光東照宮 万年青彫刻 栃木県

世界遺産 日光東照宮 

徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材
引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が
旧社務所(現在は美術館)この奥に現在の社務所があります。2013年7月

おもと彫刻 

おもとを蛙股の中に描かれています

世界遺産 日光東照宮 

 徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材、引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が沢山あります。
おもと彫刻   竹・梅・萬年青
おもと彫刻を見ると実が付いている彫刻が多いです。昔は実付きおもとを大事にしていたことが分かります。

世界遺産 日光東照宮 引越しおもとの由来に基づき、陽明門 におもとの彫刻が

陽明門
おもとの彫刻
陽明門
おもとの彫刻 日光東照宮にはおもとの彫刻が31あります。
柱の左に万年青 金の覆輪にたわわな実
金の覆輪に万年青の実
万年青 歴史彫刻