草木錦葉集と万年青

『草木錦葉集』  (世界に誇る斑入植物図譜) 全7冊

文政12年(1829)刊水野忠暁(ただとし)著
著者の忠暁は幕府旗本。 草木の培養に長け斑葉植物を集大成した本書を著した。
1031種、すべて図入り 絵は大岡雲峯と関根雲停。

 

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜

江戸時代の園芸の盛んなころから様々な文献に載ってきます。文政十二年(一八二九)幕府旗本水野忠暁が見た萬年青、斑入品を中心に奇品約1千品を掲載しています。その中におもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。(大岡雲峯・関根雲停画)

 

水野忠暁

おもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。

『ふくりん小おもと』

1853年 小万年青高価をにて売買を禁ず と幕府の禁令がでています。

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜。編者の水野忠暁(忠敬とも) の珍稀植物のコレクター

家康ゆかりの「永島」  永縞布引
家康公が持ち込んだとされる伝説のおもとが「永島」です。
持ち込んだおもとの培養を臣下の永島某に任せたので、おもとを「永島」と呼ぶようになった、「永島」というのは「ジャンル」のようなものであるなど諸説があります、古い文献から「永島」についていくつかの情報が得られます。

豊明園歴史資料より

北野天満宮 地主神社 万年青彫刻 京都府

  京都のおもと 彫刻

京都 北野天満宮 地主神社(じぬしじんじゃ)

梅と牛で有名な北野天満宮の地主神社におもとの彫刻があると聞いてとんでいきました。

地主神社(じぬしじんじゃ)

祭神は「天神地祇」地主神社は、北野天満宮の創建以前より鎮座していた神社で、神職の方のお話では、この地主神社に場所をお借りして北野天満宮を建てたそうです。

『続日本後紀』には「承和3年(836年 管公ご生誕の9年前)2月1日、遣唐使のために天神地祇(てんじんちぎ)を北野に祭る」と記録されており歴史のとても古い神社です。

主祭神「天神地祇」相殿「敦実親王(あつみ しんのう)」「斎世親王(ときよ しんのう)」「源英明朝臣(みなもと の ひであきら あそん)」いずれも菅原道真の血縁者

神徳 招福・交通安全・諸願成就

地主神社の現社殿は、豊臣秀頼公の造営で、由緒、規模とも天満宮第一の摂社です。

京都 北野天満宮摂社 地主神社

京都 北野天満宮摂社 地主神社

正面から見て右側におもとの彫刻、赤い実をたたえた、躍動感のあるおもとが彫刻されています。

京都 北野天満宮摂社 地主神社

背面におもとの彫刻    蟇股におもとの彫刻

2つある蟇股の右側におもとの彫刻
地主神社の背面

2つある蟇股の右側におもとの彫刻  地主神社の背面

京都 北野天満宮摂社 地主神社に、おもとの彫刻が2つありました。豊臣秀頼公の造営で、今までのおもとの彫刻のある久能山東照宮や、岡崎六所神社、福岡 英彦山神宮とも年代的に近いので、ますます興味がそそられます。

家康がおもとを大切にし、おもとを持って江戸城に入城したという故事がのっている文献には未だ見つかっていませんが、こういった1600年前後の建物におもとの彫刻が丁寧に彫ってあるのをみると、やはりそのころからおもとを神聖な植物として、土地を守る植物として大切にしていたことが伺えます。

今の引越しおもとや、お祝いのおもとの源流とも思えます。

引越しおもと・天福の霊草

『天福の霊草、引越しおもと』の由来

 

慶弔十一年、徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って三種のオモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ばれて、千代田城に真っ先に持ち込まれ床の間に飾り入城したと伝えられています。
その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」であるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残りをとどめています。
(天福とは天から賜る幸い、天与の幸福、祝事、建築、転居に「吉」であるという)

約400年前からのおもとの彫刻について

江戸時代の神社にも、おもとの彫刻があります。その土地の平安や繁栄を祈ったのでしょうか
おもとの彫刻 
栃木県 日光東照宮 
埼玉県 妻沼聖天山歓喜院  徳川家康によって再興されたが、寛文10年(1670年)の妻沼の大火で焼失した。現存する聖天堂(本殿)は、享保から宝暦年間(18世紀半ば)にかけて再建された
埼玉県 三峰神社
東京都 上野東照宮 慶安4年(1651年)家康の孫である徳川家光が改築したもの
静岡県 久能山東照宮    1617年元和3年)徳川家康の命で建立 家康がなく  なったとき最初に建てられた
愛知県  六所神社1636年徳川家光の命で建立 徳川家康がお宮参りをした

 

京都府 北野天満宮  慶長12年(1607年)に建立
 平岡八幡宮 江戸時代末期に画工・綾戸鐘次郎藤原之信 花の天井画
福岡県 英彦山神宮 元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

日光東照宮 万年青彫刻 栃木県

世界遺産 日光東照宮 

徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材
引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が
旧社務所(現在は美術館)この奥に現在の社務所があります。2013年7月

おもと彫刻 

おもとを蛙股の中に描かれています

世界遺産 日光東照宮 

 徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材、引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が沢山あります。
おもと彫刻   竹・梅・萬年青
おもと彫刻を見ると実が付いている彫刻が多いです。昔は実付きおもとを大事にしていたことが分かります。

世界遺産 日光東照宮 引越しおもとの由来に基づき、陽明門 におもとの彫刻が

陽明門
おもとの彫刻
陽明門
おもとの彫刻 日光東照宮にはおもとの彫刻が31あります。
柱の左に万年青 金の覆輪にたわわな実
金の覆輪に万年青の実
万年青 歴史彫刻

英彦山神宮 万年青彫刻 福岡県

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す

江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した

おもとの花言葉
厳しい冬でも常緑なことから
「永遠の繁栄 「長寿
心をこめた贈り物に最適のおもと

英彦山神宮(ひこさんじんぐう)
九州、福岡県田川郡添田町の英彦山にある神宮にいってきました、霧がでて、神々しい雰囲気です

奉幣殿

英彦山神宮(ひこさんじんぐう) 日子山神社 400年前(1616年)の万年青彫刻
福岡 英彦山神宮  元和2年(1616年) – 細川忠興による再建 入母屋造り、こけら葺き
伊勢神宮の天照大神の御子(日の御子)から日子山神宮と言われていた。819年、嵯峨天皇が日子山を「彦山」に改めたとされる。
万年青が正面にある神社は珍しい 国指定の重要文化財にもなっている古来よりの霊山です。

 
拝殿正面に、素晴らしいおもとの彫刻があります。
堂々とした葉姿に、赤い実が美しいですね。

堂々とした400年前、江戸最初期の万年青彫刻
この奉幣殿は久能山東照宮より1年前の建立
いくつか虫食いが見られる それもまた自然の姿

宮司さん曰く、常に変わらぬ「青葉」で永遠に続くと云う意味相だそうです、わざと虫に食われた葉を再現しています。古来より伝わる英彦山神宮のように、おもとの彫刻のある寺社仏閣が全国にあると思います。それぞれ、永遠に続く青葉だったり、土地を治める、といったことからおもとを彫ってあります。もしお近くにおもとの彫刻のある寺社仏閣ございましたら、是非ともご連絡ください。おもとのより深い歴史が分かってくるはずです。

万年青の万年、青々としている姿が、
この英彦山神宮の精神を現している

上宮への鳥居

登山コースにもなっていまして、装備のしっかりしたひとが上がっていく姿も、職員さんがいうには、8月には石段を駆け上がって登るイベントもあるとか
ケーブルカー
英彦山神宮の奉幣殿までは石段を登るか、このケーブルカーでいけます。ここまで車で来れるので、登山や石段はちょっと、、という人も大丈夫です。
英彦山神宮 案内図
境内のおもと
昨年少し崩れたようですが、また新しく芽吹いてきました。
英彦山神宮 日子山神宮 400年前(1616年)の万年青彫刻
九州、福岡県田川郡添田町の英彦山にある神社
江戸時代には42万世帯の檀家をもち、古くから修験道の山として栄えています。
登山としても多くの方がきていました。また車でもケーブルカーで写真の奉幣殿までほぼ石段を登らずにいけます。20段ほど、1-2分で着けます。
パワースポットと言われているそうですが、山全体が神聖な空気に包まれ、心があらわれるようです。
この町が田川郡といいますが、元々、鷹の羽という里の名前が変化したそうで、天照大神の子が鷹の姿でこの山に降り立ったことから、奉幣殿でも鷹を祀ってあります。

六所神社 万年青彫刻 愛知県

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す

江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した

徳川家康がお宮参りをした 

岡崎・六所神社にも、おもとの彫刻がありました。 三代将軍家光が社殿を再建しました。六所神社 安産の神様として祈願をする人が多いです。 

愛知県岡崎市明大寺町耳取44   豊明園から車で15分の場所

楼門  重要文化財 貞享5年(1688年)
松平氏(徳川)発祥の地松平郷の六所神社より祭神の勧請を受けて創建したものです。徳川家康の産十神として江戸幕府の厚い保護を受けました。石段は家康の命日にちなんで17段で作られています。昔は五万石以上の大名しかこの石段より上に上がれなかったそうです。

楼門 重要文化財
貞享5年(1688年)楼門は4大将軍家綱が寄進したものといわれています。

三代将軍家光公の御真筆の『六所大明神』御額

松平氏が三河入国以来、代々崇敬厚く天文11年(1542)12月26日岡崎城にて竹千代君(徳川家康公)ご誕生の折には産土神としてご拝礼になった。
拝殿 重要文化財
寛永11年(1634年)三代将軍家光公が再建したものです。
寛永11年から13年(1634~36)にかけて、御普請奉行本多伊勢守と神主大竹大膳久次により社殿および神供所をご造営されました。この時に本殿、幣殿、拝殿を連結し華麗な彩色を施した権現造の社殿が完成。彫刻や色彩が華やかです。
幣殿
幣殿の中央右上に彫物のおもと
金覆輪のおもとに赤い実を付けている万年青彫刻。すこし葉が波うっています。

神供所 重要文化財
寛永11年(1634年)

神供所 重要文化財 右から2番目の位置に蛙股の中に2株のおもとが彫られていました。
万年青の歴史

平岡八幡宮 花の天井におもと

京都・平岡八幡宮 花の天井におもと

引越しおもと、お祝いおもとの由来

京都の平岡八幡宮におもとの歴史を探しにいってきました。

この手前には初代若乃花が土俵入りをした土俵があります。

京都の梅ヶ畑にあるので、梅ヶ畑八幡とも呼ばれています。

京都の中心、御所から車で30分、北西方向へ行った場所です。

かわらけ投げや秋の紅葉で有名な神護寺、鳥獣戯画で有名な高山寺がこの平岡八幡宮の奥にあります。近くには瀬戸内寂聴さんのお寺もあります。宮司の佐々木さんの話では、昔はこの平岡八幡宮まで神護寺の土地だったそうです。

歌舞伎の『花舞台霞の猿曳(はなぶたいかすみのさるひき)』(靭猿(うつぼざる))の舞台背景になったそうです。

 

創建 平安時代 809年12月10日

弘法大師空海(くうかい)が高雄山神護寺(じんごじ)の守護神として自らが描いた僧形八幡神像(そうぎょうはちまんしんぞう)を御神体として 宇佐八幡(うさはちまん)より勧請し、創建されたそうです。

八幡宮に祀られているのは、応神天皇(おうじんてんのう 第15代天皇)で全国にあります。

京都(山城国やましろのくに・現在の京都府南部)で最古といわれるのがこの平岡八幡宮です。

室町時代には、室町幕府第三代将軍足利義満(あしかがよしみつ)や四代将軍・義持(よしもち)も紅葉狩りなどでよく訪れたそうです。

 

平岡八幡宮 花の天井におもと

  本殿は室町時代に焼失したが、足利義満により再建され、現建物は文政9年の修復。内陣天井は極彩色の花絵44面が描かれ、「花の天井」とよばれ、毎年、春、秋の2期公開され、境内は高雄もみじの参道と椿が有名です。

 

平岡八幡宮の神殿に花の天井はあります。

神殿内は写真禁止なので、入り口にあるこれを写真に収めました。

佐々木宮司のお話では、室町時代に再建した第三代将軍足利義満の大切にしていた薬が描かれていて、この地域が薬の産地でもあったことから桔梗、甘草かんぞう、万年青、芥子けしなどが描かれています。桜や椿、梅、山桜、楓、菖蒲など見ても美しいものばかり。

花の天井の種類

花の天井は江戸時代の末期(文政10年 1827)に再建時、綾戸鐘次郎藤原之信という画工が描いたそうです。もうすぐ200年ですね。

 

たくさんの実をたたえたすっきりとしたおもと。

室町時代の生け花や、貴族の執事の日記、当時の辞書にも万年青はでてきますが、将軍である足利義満も薬として大切にしていたことがわかりました。

足利義満公の御所(室町第)が花の御所※と呼ばれ、自らも花を愛し、薬を大切にした義満公らしい天井絵。

 

※花の御所 wikiより

花の御所(はなのごしょ)は、現在の京都府京都市上京区にあった足利将軍家の邸宅の通称(地図)であり、敷地は東側を烏丸通、南側を今出川通、西側を室町通、北側を上立売通に囲まれた東西一南北二町を占めた[2]京都御所地図)がある京都御苑の北西、烏丸今出川交差点を挟んで斜め向かいの一角に位置した[3]

 

ますます万年青の魅力、どれだけ昔の人たちに大切にされてきたのかを調べていきたいと思います。

引越しおもと、お祝いおもととして縁起を担がれるおもと

このように、おもとは歴代の天皇や室町時代、江戸時代の将軍にも大切にされてきました。古くはこの平岡八幡宮のように、美しさだけでなく、薬として大切にされ、それが転じて魔除けとして、引越しやお祝いに相手の無事平安を祈っておもとが贈られるようになりました。

 

引越しおもと、お祝いおもと

贈り物に最適なおもと

 

 

おもとの豊明園

 

福包を作った、松平(大河内)伊豆守信古 間部下総守詮勝の次男 

吉田城藩主 松平(大河内)伊豆守信古

福包 (ふくづつみ)

松平(大河内)伊豆守信古 間部下総守詮勝の次男

 

東海道53次 吉田城

三河吉田(豊橋)7万石の藩主だった、松平(大河内)伊豆守信古は万年青を肌身離さず愛玩し、とても大切にしたという記録が残っています。また、万年青の実生を作ったことでも有名な人で、実生家、ブリーダーとしての大先輩です。安政年間に「鍬形」というオモトの実を蒔いて、「福包」を得られ、、

明治18年肴舎篠常五郎著 『萬年青圖譜』に掲載された
品種「福包」 題字 岩谷一六書。

江戸時代優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。

大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。

おもと史探訪 福包

江戸時代、ひとくちに三百諸侯といわれた大名家、そのなかには萬年青を愛で、そして楽しんだ大名が数多くいた。これら、萬年青を愛した諸侯および幕臣の幾人かを、いまに遺されている書物に訪ね、萬年青との関わりを探りいくらかでもあきらかにしたい。徳川家も大名のひとりであるとするならば、その十一代将軍家斉は、まず筆頭にあげなければなるまい。徳川家斉は、安永元年(1772)一橋治済の子に生
まれ、天明七年(1782)将軍となる。

その政治は、松平定信をして寛政の治を致し、定信引退後は自ら政を執り、文化・文政の時代を成し、天保八年(1837)まで実に五十年の長きにわたった。

家斉か゛自ら進んで萬年青を楽しんだかどうかはわからないが、明治十八年三月、肴舎篠常五郎が編輯兼出版した『萬年青圖譜』に当時、報知新聞の主筆であった栗本鋤雲(もと幕府医官・六世瑞見栗本瀬兵衛のち医籍を改めて士籍に列し、箱館奉行、軍艦奉行、外国奉行、さらに勘当奉行、を歴任)つぎの一文を寄せているから、家斉が全く萬年青に関心がなかったとはいえない。すなわち、栗本小萬年青此種ハ今報知新聞の主筆栗本鋤雲翁か゛祖先の培養に成る者なり曾て翁か゛小記を得たれハ之を左に揚げて図解に代ゆとある。

このころ優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。

大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。

増訂『萬年青圖譜』 福包之記

萬年青は一種の霊草なり青々の色長く改めす萬年青の名空しからすと云ふへし其世に行くはるること年巳に久し余弱冠の比より深く此を愛し常に座右に置き又園中に出して寒暖晴雨の度を候し朝暮培養に怠らす故に年々に繁茂を加へ新芽を生し嘉實を結ぶこと多し但し其数多しと伝へとも奇種名品は得易すからす特に此福包と名つくる一種は自ら他に勝れるを同好の諸君細観ありて佳評を賜はゝ幸なり   谷口亭主人誌

福包(ふくづつみ)

安政年間江戸谷口亭主人の鍬形といふ萬年青に結びし実を蒔きて生せしたものなり此谷口亭ト云フハ旧三州豊橋ノ主従四位大河内候ナリ戸谷口亭主人の小記を得たれハ之を左に掲る。さらに、この「福包」から実生作出した萬年青に信古は、「小包」「宝牡丹」の雅名を与え世に問うてもいる。

このほか、肥後熊本五十四万石・細川家十二代細川韻邦も萬年青を好んだ。

萬年青の歴史

万年青 福包

豊明園

栗元瀬兵衛鯤 万年青の歴史より

 

栗元瀬兵衛鯤 万年青の歴史より

萬年青図譜の序文を執筆した人

始め幕府の医官 後に士籍に列して箱館奉行、軍艦奉行、外国奉行、勘定奉行へ累進し、歴任され、明治維新後は郵便報知新聞の主筆を務める 萬年青図譜の序文を執筆

 

豊明園

徳川11代将軍家斉公 万年青を楽しんだ将軍 万年青の歴史より

 

おもと永島(ながしま)

徳川11代将軍家斉公は万年青を楽しんだ将軍、また園芸を楽しんだ将軍として知られています。

「栗元小おもと」という小型のオモトを文化の末(1818) 巣鴨辺りの旗下士の家の永島の子より変生したるを請い得たる

また、その実弟 田安家三代 徳川三卿もおもとを楽しみました。

豊明園