薬草のおもと 徳川吉宗将軍の忍者の薬草地図

 

サイコプシス カリヒー

 

古い地図とおもと

徳川吉宗将軍の忍者とも言われる人が作った山にある薬草を
調べたもの

中にレイロ とたくさんでてくる
山の人参も薬草として採取されている

江戸時代にも
もちろん薬草としても
幕府が大切にしたことがわかる資料です

室町時代の辞書にはレイロと書いて をもと という当て字をしています

おもと彫刻 一覧

池坊 いけのぼう 室町時代資料におもと

2017年7月28日京都 池坊さんへ おもとと生け花の歴史について
お話を聞きに行ってきました!

聖徳太子が創建したと伝えられる六角堂(頂法寺)は、池坊が代々住職を務め、「いけばな発祥の地」と呼ばれています。
聖徳太子による創建

いけばな発祥の地とされる六角堂の正式名称は、紫雲山頂法寺です。用明天皇2年(587)、四天王寺建立のための用材を求めてこの地を訪れた聖徳太子が、霊夢によって六角形の御堂を建て、自らの護持仏である如意輪観音像を安置したと伝えられています。
池坊の名の由来

六角堂(本堂)の北側は、聖徳太子が沐浴した池の跡と伝えられるところで、その池のほとりにあった僧侶の住坊が「池坊」と呼ばれるようになりました。太子に仕えていた小野妹子が出家してここに入ったといわれています。
頂法寺本堂(六角堂)

いけばな池坊HPより

写真撮影は出来ないので写真がないのが残念ですが、池坊 いけばなの開祖といわれる池坊 専応口伝 という書物におもと とひらがなでのっていました。室町時代です

おもとが花材として特に下にいけるものとして紹介されていました

こちらも写真禁止なので ないですが、池坊専好立花作品集重要文化財に寛永11年2月14日の立花の作品にもおもとが前置きとして使われています

国の重要文化財でもあり、池坊さんがもっている家元の立花の作品集にもおもとが前置きとして使われています

角堂住職は華道家元

室町時代、六角堂の執行(しぎょう)として寺の実務を担っていた池坊は、専慶・専応らがいけばな成立期において大きな活躍を見せ、華道家元の地位を確立していきました。執行は現在の住職にあたり、家元とともに代々池坊が務めています。

おもと
徳川家康公が江戸城入城のさい、
万年の繁栄を願って
三鉢のおもとを抱えて入城した
という故事が有名

おもとは万年青と書き、
常緑で万年、栄えていくことから
600年前の室町時代から縁起物として喜ばれてきた
一説には1500年前からとも、
2000年前からともいわれています

おもとの豊明園
家康公とおもとのふるさと 岡崎

おもと彫刻 一覧

 

おもとの彫刻 上野東照宮

上野東照宮と万年青彫刻

本殿を囲む塀 透塀1651年(慶安4年)造営の国指定重要文化財。
内側外側に200枚以上の動植物が彫刻された物。本殿はじめほとんどの建造物は三代将軍家光が造営替えをしたものだそうです。4か所に万年青の彫刻が確認されました

おもと園芸は家康公から始まった

上野東照宮本殿を囲む透塀におもと彫刻
1651年造営ということで、2016年現在360年以上前のおもと建築です。

透塀のオモト彫刻

透塀のオモト彫刻

徳川家康は元和2年(1616)に駿府城で亡くなったが(享年75才)、その直前に遺言を残している。

・遺体は駿河国の久能山に葬ること。
・葬儀は江戸の増上寺でおこなうこと。
・位牌は三河国(岡崎)の大樹寺に収めること。
・一周忌後に下野の日光山に小堂を建てて勧請すること。
・そして神に祀られることにより「関八州の鎮守になろう」

他のおもと彫刻一覧

おもと絵 瑞龍寺

瑞龍寺  加賀藩二代藩主前田利長公の菩提寺
1997年に国宝に指定されました
場所 富山県高岡市関本町35

大茶堂と回廊

 

法堂
二代藩主前田利長の位牌を建物中央奥に安置
格天井に描かれた草花は狩野安信の筆 四季の百花草が描かれています

法堂 2014年7月萬年青がありました。現在絵の修復作業中でレプリカの写真。

萬年青図譜 栗元瀬兵衛鯤 

『萬年青図譜』

明治のビッグネームによる格式高い内容

社団法人 日本おもと協会会長                                                       文 今泉 敬

わが国の伝統園芸の歴史や文献江戸・明治期の文献などについては、伝統園芸の雄・おもとに関する書を取り上げました。おもとに関する代表的な文献といえば、明治十八年三月に出版された篠常五郎編集の『萬年青図譜』上・下二巻を挙げることができます。
編者の篠常五郎(1860~1917年)は東京・根岸にあって、おもとの名品『根岸の松』作出で知られる「篠肴舎」の当主でした。父祖の代から引き継いだ3000坪にも及ぶ広大な敷地で、旧大名をはじめ当代一流の人々を顧客に迎え、おもとの巨商としてゆるぎない地位を確立し、活躍した人物です。

『萬年青図譜』は扉を開くと、維新の元勲・三条実美と東宮侍書・長三洲の題字があり、次いで静岡県令・関口隆吉と報知新聞主筆・栗本鋤雲が序文を寄せています。まさに当時の政府高官や碩学という、多彩な顔ぶれです。さらに品種名についても、嚴谷一六、長三洲、山岡鉄舟が分担して揮毫するという、これまた格式の高い編集内容となっています。なお本文の図版は、あざやかな多色刷りで、当時の最新技術を駆使した印刷になっています。
今回、『萬年青図譜』の、とくに三条実美公の題字と栗本鋤雲翁の序文に焦点を当てることにしました。これらの解読を通して、いくぶんでもおもとに対する新しい認識を持っていただければ幸いです。

 

 

栗元瀬兵衛鯤 万年青の歴史より

萬年青図譜の序文を執筆した人

始め幕府の医官 後に士籍に列して箱館奉行、軍艦奉行、外国奉行、勘定奉行へ累進し、歴任され、明治維新後は郵便報知新聞の主筆を務める 萬年青図譜の序文を執筆

「根岸松」題字は長三州書 

おもと 根岸の松  篠常五郎は、東京の根岸にすんでいて、その根岸からこの根岸の松という名をつけました。それだけに愛着のある品種だったのでしょう。

 

富士の雪 根岸の松 萬年青図譜

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。
おもとの紹介
イメージ 1

おもと 富士の雪(ふじのゆき)

萬年青図譜より   篠常五郎 著
江戸時代からの、素直な姿のおもと。このおもとの魅力は、その姿にあります。
美しい立ち姿に、雪にみたてた白い虎柄を現します。このおもとに魅了された趣味者はいつの時代も多く、それだけに多くの系統があります。そしてまた、淘汰され、良いものが残っていきます。

篠常五郎が著した『萬年青図譜』
篠常五郎は江戸から明治大正にかけてのおもと界を代表するおもと商です。

『根岸の松』『富士の雪』その他に、『永島』『日月星』『残雪』などが載っています。

面白いエピソードに、
明治26年5月、明治天皇がお求めになったおもと、
『於多福(おたふく)』『折熨斗縞』の2品をお預かりして
管理したと伝えられています。

 

題字
三条実美公(1837~1891年)は、幕末から明治前半の著名な大政治家です。公卿出身で、右大臣・太政大臣・内閣総理大臣などを歴任し、長く明治政府の最高位にあった人です。
題字は、気品のあるおだやかな書「保萬年」すなわち「萬年を保つ」と訓読できます。また、書頭の関防印は「遷善」。後段の落款は、白抜きの字が
「藤實美印」で、藤の文字は名門・藤原氏の出を意味します。その下の朱字は「梨堂翰墨」で、梨堂は実美公の号になります。

萬年青図譜   篠常五郎
豊明園おもとの歴史から
http://www.houmeien.co.jp/newpageomoto254.htm

 

明治十八年には、三条実美、栗本鋤雲、山岡鉄舟ら超一流の人たちの力を得て『萬年青圖譜』と『萬年青培養秘録』を発刊載掲しました。
また、『萬年青銘鑑』には題字をはじめオモトの寸描と和歌、漢詩など・当時の貴顕や著名な書家文人に揮毫してもらい・他に類のない文化の香りの濃い立派なものオモトそのものの価値まで高めました。
明治二十八年五月、明治天皇がお求めになったオモト「折尉火斗縞」と「於多福」の二品を、お預かりし管理したと伝えられています。
明治三十三年、『増訂萬年青圏譜』を出しオモトの認識を高めました。

萬年青培養秘録

萬年青の歴史 本

引越し万年青と家康 万年青彫刻

引越し万年青と家康 万年青彫刻

引っ越しおもとについて

慶長11年、徳川家康公の万年青をたずさえ、江戸城入城

おもと(万年青)は、めでたい植物、不老長寿の縁起のよい植物といわれています。慶長11年、徳川家康公が各大名に江戸城の普請役を行なわせ、その造成成るとともに入城しました、入城に際し家康は愛知県三河の国長沢村の長島長兵衛から贈られた、斑入りのおもと3鉢を抱え入城しおもとを床の間に飾り徳川300年の繁栄を築いたという古事が広く知られています。

 

この故事は広く日本中に知られ、各地で似た話を聞きます。

場所によっては、愛知県三河の家臣ではなく、静岡だったり、その方の地元だったり、鉢数も1鉢という話や、床の間に飾ったのではなく、鬼門の方向へ地植えしたんだ、という話。

徳川家康公の長寿と【八味地黄丸】 おもと?

また、徳川家康公が当時としてびっくりするぐらいの長寿で、江戸時代の平均寿命が32-44といわれるころ、75歳(満73歳4ヶ月)まで生きたのですから驚きです。家康公は父(24歳)、祖父(25歳)を若くで亡くしているので、特に健康、寿命に対する考えも深かったといわれています。そこから、医術も当時の最高の医者に診てもらう、また学び、漢方も【八味地黄丸 はちみじおうがん】という家康公自身が発明した薬を自ら調合し、実は現在も強壮に効く名薬として漢方薬として売られています。

江戸時代初期の幕府の庭には、薬草として様々な植物が植えられていました。その中に、例えば尾張藩の薬草園には万年青が植わっています。

そいうったことから、家康公自身が万年青を薬としても使っていたという言い伝えが残るところもあり、私自身も様々に調べています。

家康公のかかわる寺社仏閣に万年青

まず、以下のページも参照していただきたいです。

万年青の彫刻一覧

家康公にかかわる寺社や、三代目徳川家光公、徳川家にかかわる寺社に、万年青の彫刻が多く彫られています。

特に徳川家康公を東照大権現としてを祀る神社の東照宮では多くの万年青彫刻が残っています。

また、二条城の門や、場内にも多くの万年青彫刻があり、特に大切にされてきたことが分かります。

 

根岸の肴舎 萬年青培養秘録 

篠常五郎編『萬年青培養秘録』明治18年刊 全

万年青(おもと)の育て方を木版画入りで紹介 園芸・植物学・本草学

 

 

肴舎(さかなや)の入り口「萬年青共進會」

肴舎篠常五郎、江戸時代文化年間(1804~1818)からおよそ百年間オモト界を代表した老舗「肴舎」は、当時、東京府北豊島郡金杉村根岸九十三番地に所在したころから地名を冠せられて、人に「根岸の肴舎」と呼ばれました。屋号の「肴舎」は、文字通り祖先が魚類を販売していたからです。明治二十八年五月、明治天皇がお求めになったオモト「折尉火斗縞」と「於多福」の二品を、お預かりし管理したと伝えられています。

「初世吉五郎」のオモト商としての実績は明らかではありませんが、「二世吉五郎」は、文化二年に「肴屋」というコオモトを打ち出していて、のち「煙草葉墨流」「松の霜」「根岸松」「若松」「子宝」「富士の雪」などのオモトを取り扱ったことが知れます。

二世吉五郎には妻「てつ」との間に二男があり、長男を「吉之助」、次男を「恒成」といいました。吉之助は肴屋を継承せず分家し、東京市本郷区千駄木林町に住み、二世吉五郎も晩年ここで過ごしたようです。

恒成は、天保七年(1836)九月二十九日生まれで、とくにオモトの新品種を出したという記録はなく、明治十一年に「萬年青銘鑑」を刊行したのが業績といえます。そして明治十二年八月二十五日になぜか四十三歳の若さで早くも隠居届けをしました。と同時に、萬延元年(1860)三月三日、折しも桜田門外で変事のあった雪の日に、恒成と妻「な津」との間に長男として生まれた常五郎が、わずか十九歳で家督を相続し、肴舎四代目当主となりました。常五郎は、明治十七年十月二十一日から二十七までの七日間、邸内で「萬年青共晋會」を開催し、好評を得て以後毎年の行事としました。

 

 

肴舎(さかなや)の邸内で開かれた「萬年青共進會」のようす

「根岸松」題字は長三州書 
肴舎篠常五郎著『萬年青圏譜』掲載

明治十八年には、三条実美、栗本鋤雲、山岡鉄舟ら超一流の人たちの力を得て『萬年青圖譜』と『萬年青培養秘録』を発刊載掲しました。
また、『萬年青銘鑑』には題字をはじめオモトの寸描と和歌、漢詩など・当時の貴顕や著名な書家文人に揮毫してもらい・他に類のない文化の香りの濃い立派なものオモトそのものの価値まで高めました。

 

明治二十八年五月、明治天皇がお求めになったオモト「折尉火斗縞」と「於多福」の二品を、お預かりし管理したと伝えられています。


明治三十三年、『増訂萬年青圏譜』を出しオモトの認識を高めました。

大正六年八月二十日、肴舎篠常五郎は五十九歳の生涯を閉じました。

豊明園 萬年青の歴史より

萬年青の歴史 本

江戸時代に作出、発見の万年青 一覧

篠常五郎編『萬年青培養秘録』明治18年刊 全 ランセット

おもと鉢作家 禅艸道 渡邉一水氏について

おもとの現代鉢作家 禅艸道 渡邉一水氏について

一水氏の鉢のご挨拶

萬年青鉢縁起

萬年青と書いて、おもとと読み、この語源は大本(おおもと)から、おもとと言われるようになったものと思われています。

おもとは四季を通して青々としてをり、古来、めでたく縁起の良い瑞草として、正月の飾り、結婚、出産、新築、移転等、家名繁栄を願って飾られてきました。

飾り用の、おもと錦鉢は縁起の良い絵柄が描かれて、折り折りに植え込んで楽しみます。

鉢は八の末広がりに通じ、鉢の底には水抜きの穴のあるのも、不浄を通し無病息災、見通し良く家運隆盛で、吉兆の縁起ものとして大切に扱われています。

以上、御愛用諸氏の命永き「幸」を希い上げます。

敬白 禅艸道 一水

 

一水氏の鉢にはこのような万年青と鉢を愛する紙片が、極々一部ですが入っており、それは氏が長く万年青の世界で万年青の商いをし、また、絵上手が高じて鉢作家にもなった一水氏の深い見識を現すものでした。

 

修行時代から一水鉢ができるまで

一水氏は万年青の名門、東京三光園さんで昭和41年から10年ほど修行されました。そこで、万年青の培養、管理、御商売だけでなく、持ち前の文才、絵心を存分に生かして万年青の読み物を書かれていました。後に、その才を活かし、この独特の味のある一水氏の錦鉢が誕生します。

昭和50年、地元の山口に帰り、万年青園である一水園を開いた後、そこに窯をもち、絵付けをされていました。一水氏は絵かきとして、鉢は黒鉢を仕入れ、そこから自分で絵をかいては何度も焼き付けをして、錦鉢を製作します。最初は手探りで、独学で色を覚えて絵付けをし、その鉢をみた愛好家が是非分けてくれといわれ、名が広がっていきました。

名だたる大会に賞品として喜ばれ、また、その味わいのある鉢の絵柄、一水氏の鉢でなくては楽しめない魅力をもち、多くの一水ファンがいらっしゃいます。

他の作者では味わえない魅力は、彼自身が万年青商だったこともあり、名棚(素晴らしい万年青をたくさんお持ちの方は、素晴らしい鉢や古い鉢もお持ちです)に万年青商として商売しながら、古い鉢を見させてもらう、また譲ってもらうことで最高の鉢を体得していったからこそ、でてくる魅力でしょう。現代の万年青鉢第一人者とも言われる布施覚先生も、同じように古鉢や、神社仏閣から自分の作風を確立していったように、最高の鉢から、一水氏独自の世界観を生み出していきます。

晩年、目を患うことで平成27年(2015)ごろに筆をおきますが、万年青、鉢をずっと大切にして、日本に万年青の文化を育ててくださった一水氏の鉢はその希少性からゆっくりとですが値上がりし、今では世界中から引き合いが来るようになりました。

祖父や父が商売仲間だったことで非常に豊明園とも仲が良く、多くの鉢を特注で作って下さいました。

お人柄

温厚、誠実で人との和を大切にされる素晴らしいお人柄です。初心者の方からベテランさんまで、万年青と鉢の面白さを一から丁寧に教えてくださる姿は、多くの方から尊敬されています。

 

また、実は一水氏は子供のころから絵かきになりたいと思っておられました。その道は志半ばで断念することになりましたが、形を変えて、錦鉢の作家という自分の道とも合った、素晴らしい作家に。

禅艸道(ぜんそうどう)とは

ご本人は古くから深い思索、禅がお好きでした。宗教は他にあったのですが、禅の思想は特に一水氏に合っていたようで、万年青商として時間のある(閑散期の)春から夏には、1週間の断食や、剃髪もされるほどでした。艸は「草」の本字であり、草本植物の総称として用いられ、草の形に象る「屮」が2つ並んだ会意文字で、草冠のことです。万年青商の一水氏なので、この艸は万年青のこと。禅のような万年青の道を歩んでゆきたい、という一水氏自身の言葉です。

 

禅艸道 渡邉一水氏の作品

 

太鼓胴 獅子

どこか愛らしさ、愛嬌のある獅子。

一水氏の優しさが滲み出る動物画のタッチ。

 

一水氏は、この縁起の良い万年青に合う、縁起の良い絵柄を特に好んで描かれました。下の打ち出の小槌などはよく描いていただきました。

永遠の繁栄を現す唐草紋、永遠に良いことが続くといわれる青海波紋など、

縁起の良い万年青にあう、縁起の良い鉢を描かれました。

唐草にも、青海波にも多くのパターンがあります。

一水氏の作品は使えば使うほど、見れば見るほど引き込まれてゆくぬくもりのある絵ですね。

上の青海波は一水氏の作品の中でも特に私が好きなもので、多くコレクションしています。鉢が主張せず、万年青を引き立ててくれる最高の鉢。植えてこそ映える鉢です。

 

愛嬌ある河童

荘厳な鳳

鳳凰の古鉢も多く持ち、そこから写したもの、また、自分流にアレンジしたものを生み出されました。

 

荘厳にして美麗

一角氏の鉢コレクターだった野村氏が、一水氏に特注で作ったもらった桜満開。

一角一水のコラボは本当に少ない。

 

 

 

2020.6.7 本人への取材と、以前からのお付き合いでのお話をまとめたもの

 

一水氏の販売ページ

 

 

 

 

 

『草木性譜』1827年(文政十年) 萬年青は喜び事、めでたき事に用いる

草木性譜 3巻

『草木性譜』は『有毒草木図説』と共に、1827年(文政十年)に同時に刊行された。この2冊は相互関連をもつもので、わが国独自の本草・博物学の到達点とされる。著者清原重巨は、当時江戸京都と並ぶ本草学の盛んな地であった尾張の本草・博物学グループ甞百社の中心的人物である。

 

『草木性譜』は代表的な草本四十五種を選び、天・地・人の三巻から成る。図はいずれも力作で、水谷豊文、犬窪昌章などが描き、その資料的価値も高い。

 

解説された植物で外来植物として当時珍しかったと思われるものに、仙人掌(サボテン)、龍骨木(キリン閣)、落花生、玉蜀黍(トウモロコシ)、甘蕉(サトウキビ)、木蘭(モクレン)などがある。

表紙の絵は、万年青の花実を描いたもので、花の場合は新芽が出ている途中や、根芋や昨年の花茎、虫食いまでも描いてあり、写実的。下の解説文には、新築、引越し、結婚、出産などのすべての喜び事、めでたき事に万年青を用いる、縁起物であることが記されている。

イギリス・スコットランドのエディンバラ植物園の書庫にもあります。

国会図書館より

 

日御碕神社におもとの彫刻 青木様より教えていただきました。

青木様への感謝

この度は、素晴らしい情報を教えてくださり本当にありがとうございました。

お陰様で万年青の彫刻一覧にも一つ増えました。

万年青の歴史を私たちで解き明かしてみませんか?

万年青の歴史を深く知ろう、素晴らしい万年青の世界を知ってもらおうと豊明園は100年以上、亀の足で地道な活動を続けています。特に万年青の歴史というテーマでは家族でやっている豊明園では時間もお金も知識もすべてが足りていません。

日本の神社、古い有田焼などの万年青の陶器、中国の薬草書、世界中の美術館にある万年青の彫刻、着物、陶器など、なんでも構いません。万年青の歴史が分かる資料を一緒に調べてくださる方を募集しています。

 

日御碕神社

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)は島根県出雲市日御碕に鎮座する神社式内社で旧社格国幣小社である。通称、みさきさん。出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として崇敬を集める。

下の本社(日沈の宮・日沉の宮、ひしずみのみや)は天暦2年(948年)、村上天皇勅命により祀り、上の本社(神の宮)は安寧天皇13年(紀元前536年)、勅命により祀られ、総称して日御碕大神宮とされた。出雲國神仏霊場20番。

「日沈の宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社、である事による。

現在の社殿は3代将軍・徳川家光の命により幕府直轄工事として日光東照宮完成直後の寛永十一年から二十一年までの期間を掛けて造営されたものであり、権現造様式が採用されている。

祭神

  • 下の本社/日沈の宮
  • 上の本社/神の宮
    • 神素盞嗚尊
国宝
  • 白糸威鎧(しろいとおどしよろい)兜・大袖付 – 鎌倉時代(塩冶高貞寄進)

Wikiより

神素盞嗚尊を御祭神とする神の宮/上の本社

 

 

素晴らしい万年青彫刻 

素晴らしい万年青彫刻

赤い実をたっぷりとたたえる

三代将軍 徳川家光公の命によって幕府直轄工事として寛永11年(1634)から21年(1644)までの期間をかけて権現造り様式で建てられた。

 

「離留」とはなんだろう?出雲国風土記(733)

 

出雲国風土記 薬用植物一覧と 延喜式 典薬寮式(出雲国年料雑物)の比較

 

出雲国風土記』(いずものくにふどき)は、出雲国風土記。編纂が命じられたのは和銅6年(713年)5月、元明天皇によるが、天平5年(733年2月30日に完成し、聖武天皇に奏上されたといわれている(異説あり[要追加記述])。「国引き神話」を始めとして出雲に伝わる神話などが記載され、記紀神話とは異なる伝承が残されている。現存する風土記の中で一番完本に近い。

構成

総記、意宇・島根・秋鹿・楯縫・出雲・神門・飯石・仁多・大原の各郡の条、巻末条から構成されている。

各郡の条には現存する他の風土記にはない神社リストがある。神祇官に登録されている神社とされていないものに分けられ、社格順に並べられていると推察される(島根郡を除く)。

自然の地形の項ではその地形の様子と特産品の情報が記されている。

真ん中に「離留」離楼草とある これはリル?リロと読む??

 

りる と離留は読むようです。

植物の名称 シュロソウ

 

リル リロ と万年青の関係

古代の万年青を調べると、藜蘆 リロ レイロ リル という字がでてきます。

当てている字は違いますが、読みは同じことから、リル/リロといった音に、中国の漢字を当てていった歴史の名残かとも思いました。

1400-1500年代 室町時代(中期から後期)の辞書には藜蘆と書いて、ルビをヲモトとふっています。

1603 イエズス会の日本語ポルトガル辞典(日葡辞書)は藜蘆、リロにヲモトと当てています。万年青はこの時代はヲモト/リロ/リルなど様々な呼び名があった??

池坊の資料 万年青を藜蘆 藜芦と表記することがある 1811 室町時代もそうだったという説も

 

 

 

 

 

おにのやがら 続断

植物の名称 シュロソウ

離留 リル

 

奈良時代はオモトのことをリルと呼んでいた、となれば今までの多くの学説がひっくり返ります。

おもと彫刻 一覧