久能山東照宮のおもと

 久能山東照宮

徳川家康が平和な世の中が永く続くよう願って
江戸城入城の際一番最初におもと三鉢を抱えて
入城したという故事にもあるように、
おもとは開運、魔除けの縁起物です

400年前のおもとを愛でる

国宝久能山東照宮社殿 静岡県静岡市駿河区にある国宝久能山東照宮。現存する全国100社を超える東照宮の中で最も古い歴史をもち、かつて東照大権現として崇められた徳川家康公を祀る神社です。創建は1617年。当時最高の技術と芸術を持って造営され、極彩色の豪華絢爛な彫刻が社殿・楼門・神楽殿など建造物を飾り、14の建造物が国の重要文化財に指定されています。中でも本殿・石の間・拝殿が一体となった権現造りの社殿は2010年に国宝に指定されました。

おもと彫刻配置図 神殿の一番重要な場所におもとの彫刻があるという事は、

徳川家康とおもととの関係がとても深かったことが伺えます。

 

配置図 A  拝殿長押しの右。おもとと黒松の組み合わせ 拝殿正面を裏からみています。

 

配置図 B 拝殿長押しの中央。黄金覆輪実付きおもと 拝殿正面を裏からみています。おもとの彫刻、「司馬温公の甕割り」の図の裏面にあります。徳川家康公から見ると真正面におもとの彫刻があります。影で支えるように、表とは違うおもと彫刻がサイドは松とおもとですが、正面はおもとが2株家康がおもとを大切にしていたのもこの美しい実をたたえたおもと彫刻を見ればわかります。

配置図 C 石の間の左右に1対。石の間右側。やや立ち葉性のおもと。

石の間のおもと 徳川家康公から見ると左側におもとの彫刻おもとが大事にされていたことが分かります。

配置図 D 石の間左側。たわわに実った親株 石の間のおもと徳川家康公から見ると右側におもとの彫刻石の間は、神の世界(本殿)と人間の世界(拝殿)をつなぐ重要な空間であり、この部屋を中心として諸祭典が行われます。

配置図 E  社殿を囲む玉垣腰。ここだけ黄色い実のおもと。黒松・小鳥とともに

国宝に指定された社殿の透塀に彫られたおもと金色の実が付いている今の黄金宝か?このおもと彫刻だけ外から拝見できます。