王 将 (おうしょう)

分類    薄葉系統  剣葉系
作出年代    昭和20年頃
登録    昭和34年
作出者   不詳(愛知県)
命名者   河原井武(東京都)
登録者   河原井武(東京都)

王 将(おうしょう) 5年生 鉢3.8号
剣葉系の小型種。濃紺緑色で葉は厚葉の浮き地で雅糸竜、本剣、鈴虫剣、熨斗葉を現す品種。羅紗系統および縞甲系統の中間的の品。採光・肥料は普通。芋を切ると若返り本芸の出がおそくなる。性質は強健で培養しやすい品種。

王 将(おうしょう) 5年生 鉢3.8号

玉宝錦 (ぎょくほうにしき)

分類    薄葉系統  剣葉系
作出年代  不明
登録    昭和年
作出者     (兵庫県)
命名者    (愛知県)
登録者    日本萬年青連合会

剣葉系統の中型種。淡い緑の荒れ地に、二面竜、雅糸竜、本剣、鈴虫剣などの芸を現します。葉は腰折れで本剣と広い葉を交互に現す。性質は丈夫で作りやすい品種。近年縞のある木は少なくなり。覆輪だけの木が多い。

緑色の葉に黄色い縞柄を見せる美しい品種

 

最近では特に「玉宝錦の縞」は見かけなくなってきました。

玉宝錦(ぎょくほうにしき)2年生 濃緑色の葉に雅糸竜、剣葉、流れるような葉美しい、縞柄が抜けると濃緑色の葉が一段と美しさが増す美麗品、丈夫な品種

玉麒麟 (たまきりん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和年
作出者    不詳
命名者    沢田松太郎(愛知県)
登録者

玉麒麟(たまきりん) 7年生 鉢4.0号

濃紺緑色で葉巾広く二面竜、高竜、熨斗葉、本剣、鈴虫剣を現します。
黄白色の覆輪を現します。羅紗系統の中ではボリュウムのある種類。
性質は強健で作りやすい品種です。

玉麒麟(たまきりん) 3年生

玉麒麟(たまきりん) 3年生

華陽 (かよう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和40年頃
登録    平成2年
作出者    不詳
命名者    小野金策  (岐阜県)
登録者    小野金策  (岐阜県)

福岡県の伊藤八郎氏が買い出し、「大江実生」として長い間注目されてきた中型種である。艶消しの地合いは柔らかく、濃緑色の地色と純白の深い覆輪は、彫りの深い雅糸竜を一段と強調して見せる。腰折れ、折下げが良く、首元太く、葉幅を引いた総雅糸竜の葉と剣葉を現し、左右均整のとれた姿は堂々として力強い。性質は強健だが、子上げは少なく、芋吹きによって殖やす。採光、施肥ともに普通。

華陽(かよう) 芋吹き 1年生濃緑色の柚子肌地に白い覆輪を見せる。

濃緑色の葉は艶けしの地、堀の深い雅糸竜・剣葉に覆輪を見せます。
力強い葉姿が特徴性質は強健。

貫雪 (かんせつ)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和30年代
登録    昭和50年
作出者    山下勝明 (愛知県)
命名者    石川勘重 (愛知県)
登録者    石川勘重・山下勝明  (愛知県)

中型種。厚い地合いにはやや艶があり、紺性が強く特異であり、葉先は鋭く、葉幅は3㎝内外。腰折れ良く、また葉重ねが良い。左右の葉繰りは均整がとれ、その葉姿から一見して本種であることが分かるほど印象深いものがある。純白の総雅糸竜の葉はボリュウムがあり、積雪の白さに似ていることに、命名の由来があつたのであろう。性質は強健だが、子上げはよくないので、芋吹きによって殖やす。採光・施肥ともに普通。

貫雪  鉢3.5号   芋吹きから2年まだ熨斗芸と覆輪だけの状態

華宝 (かほう) 

分類    羅紗系統
作出年代  不明
登録    昭和30年
作出者    不詳
命名者    服部弘(京都府)
登録者    服部弘(京都府)

葉長10㎝、葉幅4㎝内外の大型種。濃緑色の浮き地に白い覆輪を掛ける。当才、2才の頃は、剣葉系統を思わせるやや葉肉の薄い地であるが、芸を始める頃より葉肉を増して、鈴虫剣、本剣、甲竜、雅糸竜、と多彩な芸を現す。性質は強健で採光は強く、肥料は普通に、繁殖は良い。

華宝 2年生 濃緑色の広い葉に二面竜・剣葉・熨斗葉を見せてきました。性質は強、肥料強め。

華宝 3年生

玉堂 (ぎょくどう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和58年
作出者    不詳
命名者    牧野博  (埼玉県)
登録者    牧野博  (埼玉県)

中型種。地合いは硬くやや艶があり、濃緑色の地色を持っている。葉幅は広くなり、葉先の鋭さに特徴があり、黄色みを帯びた覆輪は非常に深くかかる。首元から直線的に伸びる葉は特徴的であり、一層力強い葉姿を作り出している。熨斗葉、剣葉、鈴虫剣など多芸な芸を見せる。性質は強健だが、子上は少なく、芋吹きで繁殖する。採光、施肥ともに普通。『玉堂』の銘は、繊細重視の画家、川合玉堂から採ったものもので、その画風に似て明確な形がある。

玉堂(ぎょくどう) 5年生 鉢 3.5号
濃緑色の地に黄色み帯びた覆輪がかかる。葉姿は中立ち葉で美しく、熨斗葉・剣葉・鈴虫剣など見せる。性質は強健で作りやすい品種。

玉堂(ぎょくどう) 6年生 鉢 3.8号
上の写真から一年後の姿

 

一宝  (いっぽう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和22年頃
登録    昭和30年
作出者    白水某 (愛知県)
命名者    田中富太郎 (愛知県)
登録者    田中富太郎 (愛知県)

一宝(いっぽう) 4年生 鉢 3.8号 広葉に黄白色の大覆輪を見せる、葉の中央に二面の竜も現します。柔らかい艶消し地の地肌、性質は中、人気品種。

一宝(いっぽう) 1年生 鉢3.3号  芋吹き苗濃緑色の丸葉型で縁に白覆輪を見せます。

一宝(いっぽう) 5年生 3.8号鉢。

錦秀の松 (きんしゅうのまつ)

分類    薄葉系統  中型 
作出年代  昭和50年頃 
登録    
作出者   不詳
命名者   
登録者   

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 7年生 丈夫で作り易い、実付きも良い、露地植えにも。引越し祝い・お祝いおもとに最適。

濃緑色の葉に白斑を現す。株立ちになりやすい。
性質は強健で作りやすい品種です。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 11月13日の写真 少し色づく寒さが近づくと変わり始めます。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 12月8日 赤く色づく 種の緑色の部分は深紅の色に変わり、白黄色の部分は薄橙色に変わる。

 

錦秀の松(きんしゅうのまつ)

 

錦秀の松(きんしゅうのまつ)  3年生

錦秀の松(きんしゅうのまつ)  4年生

富士 (ふじ)

分類   実親系統 千代田斑
作出年代 昭和53年
登録   昭和年
作出者  佐藤栄一郎 (静岡県)
命名者
登録者  日本萬年青実生研究会

松谷千代田(広瀬9号)×友染大宝の交配により昭和53年誕生 富士1号(ふじいちごう)と言う名で呼ばれていたものを改名『富士』になる。 6年生 鉢 6.0号

千代田斑の出る確率が高い。59年瑞松、松栄が生える。羅紗千代田を作るオス・メス木に最適。他の千代田親より根が太い、性質は強、肥料強め。

富士(ふじ) 2年生 鉢 5.0号
交配例 『富士1号』×『竜爪』で昭和59年に「松栄」「瑞松」「岳松」を生やす。たれ葉で葉全体に櫛目の雅糸竜を見せ、葉の中に二面竜も見せる。

富士×竜松 生え2才