肥料の時期 肥料と用土、水遣り

 

 

 

新生殿(しんせいでん)

鉢の手前にみえるのが肥料です。置き肥え 玉肥

万年青の肥料と時期

秋肥え、寒肥え、肥料

おもとは他の植物と比べて年に出る葉数が1~4枚ほど、つまり肥料はとても少なくても育つ植物です。ゆっくり成長し、長く生きます。肥料を多くやったところで葉数が倍になる事はありませんが、葉は大きくなります。肥料焼けや肥料傷みもあります。逆に、少なければ葉数は少なく、小さくなってしまいます。

最初は安全に少なく、少なくやっていた肥料も、生長が、やはりゆっくりなので、少しづつ多くなっていくのは自然なことです。傷まないぎりぎりのところまで肥料をやれればいいですが、毎年気候は違って、暑過ぎたり、雨が多過ぎたりすると、ぎりぎりの肥料では悪影響がある事も。昔から言われていることですが、肥料も8分目。上作者は7分、6分を信条にしている人も。

天光冠(てんこうかん)1個づつ置きます。

肥料の一番の時期は梅の咲くころ、桜の咲くころ。愛知県では2月、3~4月がいい時期です。たとえば、梅の時期に2個、桜の時期に3個です。1度に数を置くと強いことがありますので、2月に1個、15~20日ごとに1個づつ増やしていくのもいいでしょう。

最近は気温が上がり、夏が暑くなってきました。昭和の頃は梅雨前まで肥料をやっていましたが、今は5月に、下手をすると4月に30度になる日があります。暑い時、かつ、湿度の高い時に肥料を増やすのは傷む元なので、30度になる前には肥料を置き終えていたいです。そうなので、昔より肥料を早く置くようになりました。  また、肥料は約3週間で中の肥料成分は出てしまうので、梅、桜の時期に置いた肥料は、私どもは夏中置いたままです。

秋肥え、寒肥えといいますが、秋から冬に肥を置くことがあります。よほど強い肥料でなければ傷むことはないので、私どもも小さな置き肥料をやっています。様々な考えがあるので、一つの意見として私どもは化学肥料はなかなか難しいと思っています。有機肥料を主として、液肥も有機肥料をやっています。

液肥も昔は100倍など濃い肥料を鉢の縁にやり、1時間後に水で流すようにして肥料をやったり、様々な方法で肥料をやりました。

私どもは3000倍~1万倍の肥料を梅の時期から1~3週間に1回やっています。薄い肥料を回数やる、濃い肥料で肥料あたりにならないように、と考えています。苔をのせると、肥料は効きやすいです

おもとの強さ

おもとに、強健品種や弱い、中ぐらいと書いてあります。これは、採光や肥料、水遣りで荒く扱っても大丈夫なものと、気持ち目を掛けてほしいものといった意味合いがあります。

特に強健品種では、肥料に強いというものがあります。丈夫な新生殿やお多福などは肥料にも強いので、そのお棚でぎりぎりの肥料の量をみるには新生殿やお多福に肥料をやって確かめます。

中~弱い品種では、採光も少し弱め、肥料もまずは最低線から安全にやっていけばよいでしょう。似た品種である程度分かっていれば、最低線以上でも大丈夫でしょう。

万年青の肥料と用土

肥料は、用土によっても効きが違います。苔があると肥料は染み出しやすいですし、赤玉や土けのある用土、保水、保肥のある用土では少ない肥料で良く効きます。土やプランターで大葉が大きくなってしまうのも、肥料をよく保つので、よく効いて大きくなっていきます。

私どもは川砂の矢作砂が半分、軽石のパミスが半分で、表面は富士砂です。川砂はほとんど肥料を持たず、パミスはもち、富士砂ももちはあまりよくないので肥料はあまり含みません。

水遣りが多い人も、肥料が良く溶けだし、肥料が良く効きます。春から夏にかけ多く水をやるのは水をほしがるだけでなく、水をやることで置き肥料も溶けださせて生長をそくします。

肥料の時期 肥料と用土、水遣り、 おもとの強さ

名束高嶺 (なつかたかね) 長束高嶺

分類   大葉系統 覆輪柄
作出年代 明治15年頃
登録   昭和年
作出者   (鹿児島県)
命名者   (鹿児島県)
登録者  日本萬年青連合会

名束高嶺(なつかたかね) 別名 長束高嶺

明治の初めごろまで、現在大龍小学校のある所に長束巌氏の屋敷がありました。長束正家の子孫で、巌氏は斉彬公の小姓をされ、生産奉公福役となられた家柄です。

葉長50~60㎝、葉幅8㎝内外。姿は端麗で濃紺緑色の葉は光沢ある絹地で紺地強く白い大覆輪をかける。葉先は少し尖り葉縁は波を打っています。

加治木高嶺 (かじきたかね)

分類   大葉系統 覆輪柄  江戸おもと
作出年代 万治年間
登録   昭和40年
作出者  (鹿児島県)
命名者  (鹿児島県)
登録者  日本萬年青連合会

万治年間にできたもので、「御殿高嶺」「御屋敷高嶺」が本名でした。島津家の家宝でたいせつにされていた品です。明治30年ごろ、加治木町下浜の船問屋森山まん右衛門の旅館に旅人が置き去ったものを、法元勘次郎が譲り受けて培養していました。加治木町から一般に広まつたので「加治木高嶺」が本名のようになってしまったものです。大木で葉長は60㎝前後。葉は粉緑色を帯びた艶消し地のあれ地で、葉肉があり、紺地深く、葉先は鋭く立ち葉で。白い覆輪が幅広く深く葉元まではいる品種。性質は中。

名前は加治木町の地名から。葉長は60㎝を超えるかという大木で、白く深い覆輪は見事。「加治木高嶺」の中でも特に覆輪の深いものを『御殿加治木』と呼ばれます。

天旭宝 (てんきょくほう)

分類    大葉系統 図物
発見年度    不詳
登録    未登録
発見者   不詳(千葉県)
命名者   宮崎市太郎(東京都)
登録者   天旭宝(てんきょくほう) 鉢7.0号 8年生

「聖紀の誉」の根変わり品種。打ち込みの図が現れ美しい。白い大柄の図や絞った打ち込み図がはっきり現れる。丈夫で作りやすい品種。

天旭宝(てんきょくほう)

葉長45cm、葉幅6㎝内外で葉先にかけて少しふくらみがある。紺性の強い照りのある地合いで葉肉厚く、白い深覆輪を現す。図は絞り図、打ち込み図、流れ図などはっきり現す。

天旭宝(てんきょくほう)

五大州』縞覆輪→『五大高嶺』縞のない覆輪だけの物→『聖紀の誉』図が現れる→『天旭宝』図性の良い物

大雪山 (だいせつざん)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和31年
登録    昭和33年
発見者   不詳(千葉県)
命名者   山口菊喜久一郎(東京都)
登録者   大山実(東京都)

「都の城」に図斑が現れたもの。濃緑色の葉一面に純白で大きい図を全面に現れ、所々に緑色の水玉模様が残る。図の冴えは良い、葉長60cm、葉幅6㎝内外、立ち葉性で雄大な品物。大雪山の山口性から根変わりして葉が少し厚くなり龍巻状の葉形になり図が絞り込む「竜巻性」、「佐野性」、「七夕性」などさまざまなずの特徴があり培養意欲をかきたてるものがあります。 性質は強健で作りやすい品種です。

「都の城」に雪白の図が入る品種。濃緑色の葉に図を全面に現した物、立ち葉で雄大な品物。大雪山の中に七夕性・山口性・佐野性など色々な図の特徴の物があります。性質は強健で作りやすい品種です。図が時には抜ける場合もあります。

大雪山 2年生

大観 (たいかん)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和32年
登録    昭和40年
発見者   平見修造  (新潟県)
命名者   久保徳一  (鹿児島県)
登録者   日本おもと協会

葉肉の厚い「都の城」に、白く鮮明な覆輪が現れて紺性の強い葉を縁取り、その中に無数に広がる吹雪状の打ち込みず、純白で大きい流れ図等が現れる。葉長60㎝、葉幅6㎝内外。立ち葉性である。「大観」には、雪白な図が特徴の小原性、図量の多い源平性、源平性から根変わりした秀宝大観など各種の血統があり、人気が高い。性質は強健である。子上げも良い。日差しは遮光ネット越に当てると良い。

葉肉の厚い『都の城』に吹雪状の打ち込み図や純白な大きな流れ図をみせる。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。実付き良く繁殖良い強健品種。 

葉肉の厚い『都の城』に吹雪状の打ち込み図や純白な大きな流れ図をみせる。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。実付き良く繁殖良い強健品種。

太陽殿の図 (たいようでんのず) 

分類    大葉系統 覆輪系 虎
発見年度    平成元年
登録    平成6年
発見者   別府哲朗 (宮崎県)
命名者   別府哲朗 (宮崎県)
登録者   別府哲朗 (宮崎県)

「太陽殿」に鮮明な図斑が現れたもの。濃緑色の葉に黄白色の大覆輪が幅広く葉先まで深く現れる。光沢のある葉に流れるような図や、雪白に冴える打ち込み図があらわれる。葉長50㎝、葉幅8㎝内外でやや立ち葉。原木が「太陽殿」なのでそだてやすく子上げも良い。採光は遮光ネット越しに充分とる。

  「太陽殿の図」 1年生苗濃緑色の葉に黄色い深覆輪をあらわし打ち込みの図柄を見せる。性質は強健繁殖良い。

聖紀の誉 (せいきのほまれ)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和38年頃
登録    昭和40年
発見者   不詳(千葉県)
命名者   榎本敏一(神奈川県)
登録者   榎本敏一(神奈川県)宮崎市太郎(東京都)

『五大高嶺』に図が現れたもの。葉長45cm、葉幅6㎝内外で葉先にかけて少しふくらみがある。紺性の強い照りのある地合いで葉肉厚く、白い深覆輪を現す。図は流れるように大きく入るものから星状や大小さまざまな形となって葉全面に現れる。図性に良否があり、図性の良い物は人気も高い。性質は強健で子上げも良く、作り易いとても美しい木。

流れるような図と星のような散りばめた図

図の面白さは、毎年確実に綺麗になるという保証がないところ。毎年同じ木で賞がとれることはなかなかありませんし、いきなり今年素晴らしい図になったということもあります。性の良い物なら、初心者でもビギナーズラックがあります。この変化が面白くて、ベテランの上作者さんほど、好んで挑戦している品種です。賞を狙うなら、一枠(10鉢)良い物を揃えたいですね。

紫雲楽 (しうんらく)

分類    大葉系統   中型
発見年度  昭和60年頃
登録    平成8年
発見者   不詳
命名者   熊谷半一 (新潟県)
登録者   熊谷半一・熊谷涼子 (新潟県)

「長寿楽」の実生に図が現れたもので、独特の変化をする葉芸、稀に出る角のよぅな葉は、大葉系の中では特異な中型種。絞り•捻りも出る。葉先は尖り、薄い葉は雪白の図が多く入る。陽を多めに採つたほぅが図の冴えが良く、芸が良くなる。性質は強健◦肥料は少なめに。繁殖良い。

大きく虎のように出る図や、細かく打ち込むように出る図がより華やかに見せてくれる。葉の中では異質図性特に美しく、特徴である絞りもあり数も少なく楽しみ、これは全国大会入賞木の系統。

長寿楽の血を引くので、角のような葉や尖った葉を見せる。ひねりも見せ、龍巻都の図にも似た独特の姿に。図が葉を引っ張るような感じでひねりをみせる。実生長寿系の他にない独特の姿 面白さがある。

葉長40cm、葉幅7㎝内外の中型種。「長寿楽」の実生に図が現れたものであるため、独特の角のような葉が出ることもある。図性は雪白で、編み目図も出るが、冴えてくると純白の絞り図とひねりが出て「龍巻都の図」のような姿になる。性質は強健で殖えも良いが、施肥は少なめに長く継続させるような与え方が良い。採光は、やや強めにしたほうが、図の冴えが良くなる。一度この大柄の図を見た人は、棚入れして栽培したくなる。

黎明 (れいめい)

分類    大葉系統 曙系
作出年代     昭和56年
登録    平成8年
作出者   渡辺勲 (愛知県)
命名者   大塚竹彦 (埼玉県)
登録者   軽部常之 (東京都)

曙虎の現れる羅紗系の先駆けといえる。左右に大きく広げた葉姿は優雅に折下げ、大きく現れる曙虎は見る人を引き付けてしまう。非常に強健で、虎斑も現れやすい。子上げも良く作り易いので、一度は手掛けてみたい品種である。

 葉先尖る広葉で紺覆輪に縁取られた白黄色の 曙柄は非常に美しく、見飽きることがない。