おもと鉢

七々子古鉢

外形 約13.7cm時代ついている
※古鉢は古く歴史の有る鉢です。使ってあるものが殆どで状態がさまざまです。小さなキズ、入、汚れ、ホツ等がある場合がございます。

楽焼は天正年間(約400年前)に始まる日本独特の焼き物です。楽焼は《急熱急冷》という特殊な焼成方法をとります。急熱急冷だから、鉢に細かな 微細な穴ができ、通気を良くしています おもと自体、非常に歴史のあるものですが、常に新しく子供を産んでそれを楽しんでいるのでぱっとみは時代を感じられないこともあるかと思います。この古鉢は一目で古さがわかるわかりやすさと、当時の作家のタッチがわかる七々子の表情が魅力です。

形に違和感を持った人もいるかと思います。現代のおもと鉢というと、もっと胴すぼまりで、このようなぽってりとした胴の鉢はみるのも初めての方もいらっしゃるでしょうか。万年青の歴史にも載っていますが、江戸時代の鉢はこのような鉢も使われていて、今のおもとにもぴたっと合います。実は非常に伝統的で、歴史のある鉢。

万年青の鉢は江戸時代の浮世絵にものってきますが、時代の最先端の人が使ってきた鉢なので、いろいろなものが使われていますその中で楽焼の今の形に落ち着いたというのも面白いですし、今またもう一度歴史を振り返って、この七々子古鉢のような丸胴鉢や瀬戸焼、伊万里焼の鉢に合うのかも試してみると楽しいですね。奇抜な鉢を試すのもまた一興。その中でもこの鉢はおもとと抜群に相性がいいので、ぜひ一度手に取ってみてください。

古今輪 (一文字)系統

特異な葉型  一文字系

「地球宝」や「日月星」に代表される葉が樋のような葉形のグループを一文字系と呼びます。実生で作出することができず、すべて「一文字」を祖先とした根変わりにて選別されています。

一文字(古今輪)

日月星(覆輪)   地球宝(図柄) 旭光宝(図柄羅紗地)

地球錦(図柄・覆輪抜け・裏芸)

朝陽(虎柄)

天錦章(縞柄)

暁(羅紗地)

銀月(雪白覆輪)

鯱(覆輪抜け・裏芸)

富士の雪 (虎柄)

富士の図 (図柄)

 

阿波日月 (大覆輪) 阿波の白虎(虎柄) 阿波日月の図(図柄) 天朝鶴(超大覆輪)

11/2 万年青栽培記録

11/2 万年青栽培記録

 

11/2 晴れ 昼間は短時間だけ日よけをします

朝から明日から始まる三河おもと名品展の準備で大忙し

井戸水をしっかり、中の空気が完全に変わるように時間をかけて水やり 外棚、第一、第二温室

 

温度が下がって、湿度も低くなっているので、乾くものは非常に早く乾くようになっています

まだほとんどの地域で大丈夫ですが、これから寒くなってくると強風、寒風で葉の特に白い部分、薄い部分を焼いてしまう方がいらっしゃいますので、気をつけてください

私どもが一番気を付けるのは2月の寒い時期ですが、乾燥した風が吹き出すと風の通り道にある薄葉、大葉は気を付けてみていきます

 

 

この土日 11/3-4は大会のため、これからのご注文の発送は月曜以降になるかと思います。急のご入用の際はお電話ください。可能であれば対応したいと思います。

 

92回も続くこの大会は日本では最古、最長のおもと大会です。世界を見渡してもないでしょう。是非遊びにきてください。

 

 

引越しおもと おもと販売更新しました。

 

 

 

 

 

おもとの豊明園

冬の寒さ対策

おもと 12月 岡崎市 豊明園

寒さ対策 

西面はよしずを立て掛け、風除け、上はビニールを張り霜よけ、寒い日にはオモトが少し凍ります。

12月末 豊明園第一温室 不織布で覆ってあります。(大葉・薄葉系)葉が垂れないように保護しています。

 

おもと 1月 岡崎市 雪

大寒波が来ていますね。
おもとは寒さに強く、数回凍るくらいなら全く問題ありません。
(自然のおもとは霜にあたっても元気です)ですが、凍ったおもとに直射日光が当たって、一気に温度があがると組織が壊れてしまいます。
凍って葉の色がどす黒くなったら、なるべく暗い場所でゆっくり解凍(?)しましょう、また、霜に当たらないようにネットを張ったり、
温室の中でも、一枚新聞紙をのせておくだけで凍るのが防げます。
豊明園では、この時期(1月から)はしっかりと凍らせて、
強い木を作るようにしています。
スパルタ作りです。
この時期に甘い作りをすると、夏の暑さに耐えられないようになってしまいます。
おもと 凍る
寒さが続くと葉の色が変わります。急に暖かい場所に移動しないこと。
同じ場所に置いて管理すれば元の葉色にもどります。
12月末頃になると気温も下がりオモトの活性も弱くなります。根からの吸い上げも弱くなり葉が全体に垂れてきます。又灌水すると葉は元気になり立ってきます。寒さが厳しくなると葉が寝たり立ったりと繰り返すと元気がなくなります。
支柱オモトをで支えして、葉が垂れるのを防ぎます。
オモトを新聞紙で巻く。中に湿度がこもり葉が安定します。

おもと美人

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す

江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した
おもとの花言葉
厳しい冬でも常緑なことから
「永遠の繁栄 「長寿
心をこめた贈り物に最適のおもと

おもと美人

江戸時代から万年青と美人はよく合います。おもと美人画を見たことのある人も多いでしょう。華のある獅子を、短冊家の吉祥鉢に植えて

万年青の花言葉が、【長寿】と【永遠の繁栄】なので、長寿の祝い、結婚式、新築、引越し、お正月と祝い事に用いられます。

天福の霊草として、いけばなでは使われています。

おもとをもつ美人図

おもとの人気運動で宣伝に使っていました。

そこまでして品種を愛した豊明園初代

おもと 6月 愛知県 岡崎市

おもとの状態 岡崎市  豊明園

 

豊明園の外棚
雨に当てて管理しています。
雨の後天気になり気温が上昇すると古葉の色が変わりやすいです。
また弱いおもとはこの時に淘汰されます。

 

薄葉系
柔らかい新芽が伸びてきました。朝3時間ほど陽にあて虎柄をはっきりさせます。
葉先が赤くなる場合、今まで3、4月頃陽を当てすぎで赤くなります。症状は1月後にあらわれます。昔と今では気温と太陽光の強さが変わり早めに日陰にします。おもと棚に立ち太陽光に背中から当たり首下が暑くなれば日陰にします、又鉢の縁を手でさわり熱くなっていないか見ます。
国宝錦(こくほうにしき)
3,4年生 親木になると古葉が自然に赤くなり落ちます。赤い葉は無理に取らないこと、気になる場合はハサミで切り取ります。自然に簡単に取れるまでまちます。

おもとの葉落ち

この時期に入ると気温湿度が高めになり、根っ子が上の方より出てきて葉を破り下葉は赤くなります。
深植えにすると葉落ちする場合が多い。多湿状態にしても葉落ちしやすい。涼しく風通しの良い場所に置けば防げます。
だんだんと25℃~30℃の病原菌も繁殖しやすい季節になってきました。湿度70%以上では病原菌は活発に動いてきます。
消毒をしたり、風通しをよくして湿度があがりすぎないように、
じめじめしないように気をつけましょう。

おもとの葉落ち

新葉が出てきて楽しい時期になりました。又新根や子供もこの時期です。腰がはって太くなると下葉が変色しておちます。
この葉の色具合ではまだむしり取るのは早いです、もう少し葉元まで色づいてから取り除きます、気になる方は葉の変わった部分だけハサミで切り取ります。
(右側から子供がのぞいています、新根も全体に出始めています)
新生殿(しんせいでん)
3年目の新生殿、下葉が落ち始め自然になります、生理現象。
豊明園 外棚  6時20分の状態

おもとの用土 パミス 軽石

おもとの用土 パミス 軽石

私たちは底砂をパミスの大、中間にパミスの中と朝明砂・矢作砂などの川砂を混ぜたもの、上に川砂、パミスの小、黒い富士砂などを使っています。(品種などで多少変えています。)

パミスは多孔質でかつ、排水がよいので、園芸で使われます。有名なもので栃木県鹿沼市から産出し盆栽等に使われる鹿沼土。私たちが使っているものはある程度の固さがあるパミスで、数年おもとの用土として使っていても微塵がでることがほとんどありません。ですが、採掘場から豊明園まで運んでもらうまでにパミス同士がこすれて微塵がでます。

袋から出したときはなかなかの微塵の量

微塵を取り除くために水で一度洗い

何回か甕の水にくぐらせるとたくさんの微塵で水が濁ります

干します

よく乾かします。

乾いた後、箱に入れて保存しておきます。私たちはすぐに使ってしまいますが、洗ったものを数年かけて使われる方はしっかり乾かしてください。保存の際にコケ、カビを防ぎます。

 

軽石の良いところは

保水性、排水性が高く、多孔質なので川砂と比べても保肥性もあります。軽いのでおもとの鉢が軽くなり、扱いやすく、使いやすいです。大葉などの鉢の大きなものでは特に楽です。微塵も使っていても出にくく、長期で使えます。

私たちは秋の植え替えの際、水やりが多すぎてよく根が落ちているときはパミスの割合を減らして(例パミス4 川砂6)、川砂を増やします。逆に、水が少なかった場合は、パミスの割合を増やし(例パミス6 川砂4)、川砂を減らします。

川砂だけで植えたほうが芸がしまってよくできますが、その分乾きも早く、繊細な水やりが必要です。

 

軽石(かるいし、pumice、パミス)とは、火山砕屑物の一種で、塊状で多孔質のもののうち淡色のもの。浮石(ふせき)あるいは浮岩(ふがん)ともいう。 ウィキペディアより

 

 

豊明園

9/2-3 栽培記録

9/2-3 栽培記録

9/2 水やらず

9/3 台風前の準備

水も切って、台風に備えます

早朝に土砂降りで外棚はしっかりを水を含む 温室は水やりなし

植え替えしたものは乾きやすいのでチェック、水やりは同じくなし

晴天だが、明日の台風に備え、防風ネットをして、外棚のいくつかのおもとは温室に入れました。遮光ネットは羅紗の日のほしいもの以外は2重にして

 

豊明園

8/25 栽培記録

 

8/25 栽培記録

今日は蒸し暑い日

夕方、甕に水をためてワラ灰を入れ、

外棚はふり水

温室はしっかりと水やり

日の向きが変わり、真夏は西日をよけるのに苦労していたが、西日よけはかなり楽に

40℃近かった暑さも過ぎ、おもと、鉢をアップしました。

おもと

豊明園