病害虫対策 農薬散布

農薬で適応品目の中におもとは見かけたことがないので自己責任でお願いします。
趣味家の間でよく聞く薬や一般的な農薬の扱い方についてご説明いたします。

農薬の種類

殺菌剤
治療薬としてベンレート ダコニールあたりが良く使われているかと思います。
また、
予防薬としてはマンネブダイセン ・ ジマンダイセン 等

殺虫剤
オルトラン ・ スミチオン 等

展着剤
アプローチBI 等、(除草剤向けの物も販売されていますそれらは濃度が濃いので勿論厳禁。)
どれでもいいですが計量の簡便さのために一般向けには倍率が低い物がおすすめ(1000倍以下が良10000倍は少量の計量に難あり)

使用法

上の名指ししたものなら一種類ずつ混和して使用できるかと思います。(例えば殺菌剤ベンレート殺虫剤オルトラン粉剤展着剤アプローチBIを一度に混和・散布)
希釈は水を入れてから農薬を混和していくとよいでしょう。
散布の際は温度が高く日光も強い日ですと薬害が心配です、朝夕の低温時や出来れば曇りの涼しい日に散布されるとよいでしょう。
葉の裏からかけ残しの無い様に全体にくまなく散布してください。
周辺に植物等あれば保菌の可能性がありますそれらも一斉に防除しましょう。

数鉢ならスプレーでも可能ですが散布対象の量により適した薬剤散布機をお選びください。
殺菌剤の治療薬は一般的に植物体内に菌が侵入している場合でも効果的に殺菌し体外の菌に対しても一定の効果がある。
予防薬は一般的に植物体内の菌には無力ですが雨等に強く長い間菌の侵入を防ぐことができる。
散布間隔は2週から4週間毎を行ってください。冬は基本的には病害虫が活動できないので無加温ならば必要ありませんし、淘汰できれば基本的には必要ありません。
希釈濃度について
例えば1000倍は1Lの水に1cc(粉剤なら1グラム)の濃度で混和せよとの意味で500倍なら1Lに2ccです。
計量にスポイトを使用する際3種の液剤を計量するならばスポイトは3本用意し乾いたスポイトで正確に計量しましょう、原液で接触されると効果や薬害に注意

使用機材は次回も安全で正確な散布ができるようよく洗浄し大切に保管しましょう。

注意事項

希釈倍数を厳守。その倍率で効果が高いことを十分に検証されているのでそれ以上は薬害(植物・散布者含め)を誘発させる率を高めるのみと考えてください。
風が強い日は人や洗濯ものに掛かる恐れがあるので散布しない。
農薬は使い切る量を作る事、残った薬液は下水や溝に流さない。

虎柄 Tora-gara 万年青の葉芸

葉芸 虎柄 品種(児玉残雪)

葉のところどころにあらわれた白又は乳白色の大小さまざまな形の柄模様をいいます。
虎柄は気温や太陽光線の採り方により現れたり、消えたりします。
安定的に虎柄を現わすには、芽出し以後、太陽光を充分に採ると
色が鮮明になります。

 

虎柄の品種
中葉系統 富士の雪・朝陽・帽子の虎・白牡丹
大葉系統 米若残雪・児玉残雪・高千穂

 

万年青 品種紹介
おもと品種 羅紗
おもと品種 薄葉・大葉
万年青の葉芸

 

 

 

縞 シマ 万年青の柄 shima

縞 シマ 万年青の柄 shima

葉芸 縞柄 品種(錦麒麟)
葉の本の所から葉の先端まで幾つかの線のことを縞と言います。
縞は年により細かく均一に現れたり、消えたり、又太い縞柄に変わったり毎年変化して変わりやすい物です。
安定的に均一に縞柄の現れる商品は価値が高いです。

 

縞柄の品種
小葉系統 福錦・長生宝・力和の縞・新生宝
獅子系統 縞獅子・縞獅子竜のり・鶴の舞
中葉系統 錦麒麟
大葉系統 五大州・秋津島・旭光殿

葉芸 縞柄
葉の本の所から葉の先端まで幾つかの線のことを縞と言います。

 

縞は面白く、縞から覆輪に変わるもの、縞覆輪に変わるものがあります。

また、千代田系や白斑も、縞柄のようになります。

親が縞であれば、子がどんなに青に見えてもぱっと突然縞柄がでてくることがあります。

縞も、白縞、黄縞。銀縞、かすれ縞とよび、縞柄の中に虹のように縞柄を見ていくこともあります。

新芽の時期は新しい縞柄をみせてくれる時期。毎年、その変化を楽しみます。

 

万年青の柄 覆輪 ふくりん Fukurin

万年青の柄 覆輪 ふくりん Fukurin

葉芸 覆輪 品種(太陽殿)
葉の縁取りのことで黄白色又は乳白色又は白色になる部分を言います。ほかに濃緑色のものがあります。
覆輪が深く入る物を深覆輪、浅く入る物を糸覆輪と呼んでいます。

覆輪品種
羅紗系統 お多福・愛国殿・富貴殿・大納言・大黒殿・力和
薄葉系統 満月・一文字・日月星・暁・阿波日月・旭峰
大葉系統 太陽殿・加治木高嶺・大勲・蓮香・金峰山

ほぼすべての品種に覆輪が回っているので、もちろん天光冠、太陽、琴宝、愛玉殿など、覆輪に他の芸をもちます。

外輪山(がいりんざん) 7月28日撮影
曙柄があざやかに現われ葉の縁には覆輪が回る。

 

満月(まんげつ)
濃緑色の葉の縁にまわる白い部分を覆輪と言います。白覆輪

 

 

葉芸 覆輪 品種(都の城)
葉の縁取りのことで乳白色又は白色になる部分を言います。
濃紺緑色の葉、地合いは厚く白い覆輪をかける。よく生花に使われます。

 

多くの品種が、もとは実生や1本のものから殖えてきています。その間に、だんだんと覆輪の深くなるもの、逆に、覆輪の浅くなるものがあります。品種に歴史があればあるほど、深覆輪の系統といった、同じ品種の中でよいものがでてきます。

また、多くの品種の覆輪は、日の強さが関係していて、日が強いと覆輪は深くなります。萬年青は日陰を好む植物ですが、多くの趣味者が日をなるべく取りたいと考えているのは、日を強くすることで、覆輪が深くなり、作や見栄えが違ってくるからです。

 

 

 

 

万年青の青葉

青葉

読み
あおば、あおっぱ

意味
葉に柄が現れず葉が緑色の事。
芸(葉の形状としての芸)の有無は問わない。

 

万年青の青葉

万年青の青葉は、自然の万年青がそうなので軽く見る方もいらっしゃいますが、名前の通り、万年、青々としている、その青です。

野生、自生地へ万年青を見に行きますと、さまざまな青葉を見ることができます。山の頂上付近や尾根付近で見かけることや、道の脇で見かけることができます。万年青は鹿に食べられないので、鹿害の多い山では、万年青や鹿に食べられないものが残ります。ギボウシなどと同じ、Shade plant(シェイドプランツ 日陰を好む植物)なので、日陰にあることが多いです。一日中、陽にあたるような場所では、葉は厚くなりますが、色が薄緑になり、ちらちらと陽が当たる日陰が一番青が良くさえ、健康的な色を見せてくれます。

初代天皇や、生け花最古の流派、池坊が好むように、池坊では真っ青の大象観を使います。700年前、徒然草で言われるように、日本人は満開の桜も楽しむが、咲く前のつぼみや、散った後の花びらに風情を感じてきました。お茶の千利休では、無駄な装飾を一切なくした、黒のお茶碗を尊びました。

私たちが普段意識していない日本人の美意識の中に、幽玄やわび、さびといった感覚がありますが、万年青の青葉には、それらに通じる静かな美があります。