万年青にはどの鉢が一番か?

黒鉢、プラ鉢、素焼き鉢の特徴と育て方

 

こんにちは、万年青の豊明園です。

今回は、お客様からのご質問、どんな鉢が万年青には一番良いのか、についてお答えします。

結論

結論は、黒鉢が一番よくできるが、どの鉢でも良く出来る!結局は、水やりや用土次第、という身も蓋もない答えになってしまいます。

私たちが、なぜ黒鉢が一番と考えているのか、万年青愛好家によく使われる黒鉢、プラ鉢と、素焼き鉢の特徴をご紹介します。

黒鉢、プラ鉢と、素焼き鉢の特徴

まず、それぞれの鉢はこの表のような特徴になっています。

鉢を、水持ち、排水性、通気性、根張り、観賞価値という点で比べてみました。

 

水持ち

水持ちはプラ鉢が一番持ちます。プラスチックなので、側面からは水、空気を通しません。鉢によっては、底の穴が数多く空いていて、水はけがよいものもあります。

黒鉢、素焼き鉢は、鉢自体が水を吸います。バケツの中に鉢を入れると、鉢から空気が何時間も細かく出てきますが、微細な空気の通り道があるからです。そのため、鉢の中の水が多ければ鉢が吸収し、鉢の中が乾燥すれば鉢の水分が出てきます。木造建築が、湿度のある時には木が吸い、乾燥したときには木から水がでてくるのと同じです。黒鉢、素焼き鉢は、100%ではないですが、湿度を上手にコントロールしてくれます。

排水性

排水性を考えると、黒鉢は鉢の底が大きく穴が開いているのですっと水が抜けます。素焼き鉢は底の穴が小さいことも多く、排水性は黒鉢が一番です。プラ鉢は鉢底の穴や形によります。穴が多いと排水性はよいです。水がたまる場所がないように作られていれば、水はけよく、水は腐りません。

通気性

素焼き鉢が抜群によいでしょう。空気を良く通します。長く育てているとアオミドロのようなものが付くことがありますが、見つけたら取り除いた方がよいです。

黒鉢は見た目とは違い、こちらも非常に通気性が高いです。1200℃で真っ赤になるまで焼き、そこから一気に水の中に入れるので、非常に細かなヒビが入り、そこが空気の通り道になっています。400年前、千利休さんたちが作り上げた楽焼という製法で、強度は全く問題ありません。実際にどのように焼いているかも動画がありますので、興味のある方はどうぞ。

※動画 リンク

プラ鉢は鉢の側面の通気性は望めません。そのため、ハンダコテなどで穴をあけ、側面の通気性を求める方もいらっしゃいます。

 

根張り

これは使う人によります。それぞれの特徴を良く知って、用土、水やりによってどれも抜群の根張りを達成できます。黒鉢、素焼き鉢は側面で空気、水が出入りするので、側面にびっしりと根が張ることが多いです。プラ鉢も、側面は空気の通り道でもあるので、同じく側面に根を張ります。

 

鑑賞価値

こちらは、江戸時代から使われていた黒鉢に一日の長があります。黒鉢の高さと横幅は同じで、胴返しと呼ばれていますが、非常に美しい姿を見せてくれます。黒も万年青の渋い魅力を引き立たせるのにぴったりで、毎日家の中に入れて黒鉢に植わった四君子を見ながら、お酒が呑みたいです。

プラ鉢は丈夫で、落としても割れません。今は非常に安価なものもでてきて、気軽に使えます。二重鉢にするため、一回り大きな鉢をかぶせることもしやすいです。

素焼き鉢は、実親などの実の付く大きな鉢で使われることがあります。6号、直径18cm以上の大きな鉢では、鉢の中心がなかなか乾かず、そこから根が傷むことがあります。黒鉢や素焼き鉢にすることで水はけよくよく乾き、根の環境が良くなります。重いのが欠点でしょうか。

 

育てる時に注意すること

黒鉢、素焼き鉢は最初の使い始め2週間から1か月は、万年青ではなく、鉢が水を吸います。そのため、使う1日前、出来たら3日前には水たっぷりのバケツの中に入れて、鉢に水を吸わせた方が良く出来ます。

私たちは芋吹きや実親、大葉など、少ししか素焼き鉢を使っていません。水はけのよさなど良い点も多いのですが、やはり数が多くなると軽い黒鉢やプラ鉢の方が扱いやすいです。

プラ鉢は種類が豊富過ぎて私たちはすべて使ったことがありませんが、中に線が入り水はけを良くしたものや、鉢の底にしっかりを穴が開き、水はけのよいもの、水が底に留まって腐らないものを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

プラ鉢は水が持ちやすいので、水が多すぎて根が傷むのを気を付けて、水やり、用土を選びましょう。

黒鉢は万年青のために江戸時代から使ってきた鉢です。万年青作りや、万年青を鑑賞して楽しむには最高、最適の鉢です。使い始めに鉢が水を吸うので気を付けてください。

素焼き鉢はよく乾くので、用土、水苔との相性を考えてください。肥料が多いと、アオミドロが湧きやすいので気を付けてください。

 

どの鉢でも名作者に成れます。自分のお棚環境、水やりの頻度も考えながら、鉢を選んでも楽しいですね。

 

 

 

 

●動画解説 【万年青の鉢】プラ鉢、黒鉢、素焼き鉢、どれで植え替える?特徴と育て方の注意点

【万年青の豊明園】【Repot pot OMOTO】水持ち、排水性、通気性、根張り、観賞価値