豊明殿 (ほうめいでん)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和初期
登録    昭和9年
作出者   山本歌吉 (愛知県幡豆郡)
命名者   榊原純平 (愛知県知多郡)
登録者   水野淳治郎 (豊明園初代)

羅紗地系。中型種。葉は淡い緑色で白の覆輪が深くかかる。葉の中ほどで折り下げのある木で、葉芸は背の低い甲竜、二面竜、雅糸竜をあらわし、熨斗葉も出す。性質は丈夫で作りやすい。

瑞兆 (ずいちょう)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和14年頃
登録      昭和18年
作出者   山本兼三郎 (愛知県)
命名者   水野淳治郎(愛知県)
登録者   沢田松太郎(愛知県)

瑞兆(ずいちょう) 4年生 鉢 3.5号

紺性の強い地合いは柚肌の代表品種二面竜、折熨斗葉を見せる。
柚肌と色合いを楽しむ品種性質は少し弱く肥料を少なめにする。

羅紗地系の小型種。濃紺緑色の葉は柚子肌地で、他に類を見ない粗れ地。葉芸は熨斗葉、二面竜を現す。地合いに特徴のある代表品種。性質はやや弱く、繁殖は良い。

瑞鳳の図 (ずいほうのず)

分類    薄葉系統  胡麻斑
発見年度  昭和2年
登録    昭和 年
発見者   (愛知県)
命名者   水野淳治郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

瑞鳳の図(ずいほうのず)6年生 鉢 5.0号 『瑞鳳』に鮮明な図のはいるもの。葉長15㎝、葉幅4㎝内外。緑色の葉に胡麻斑を見せ、葉の所々に白い図柄を見せ、葉先は丸みを持ち白い覆輪をかける。性質は並、希少品種。

日光を強く採ると白色の胡麻斑が鮮明になります。

春光閣 (しゅんこうかく)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和42年
登録    昭和年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者

春光閣(しゅんこうかく) 5年生 鉢 4.0号

濃緑色の葉に深い純白の深覆輪を見せます。立ち葉で襟組み良い品種。子上げ良く作り易い。

黄金鳳 (こがねほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和 年
作出者  (愛知県三河吉田)
命名者   沢田松太郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

胡麻斑系の中型種。葉長15㎝、葉幅3㎝内外。葉肉はやや薄く、垂れぎみになる。黄色の鮮明な胡麻斑を散りばめ、これを黄色みがかった大覆輪が縁どり、たいへん美しい品種。葉芸は甲竜、シカミ竜を現す。性質は丈夫で、繁殖は普通。昭和10年頃愛知県三河地方で生えたもので、豊明園初代水野淳治郎が見つけ出し、愛知県半田市の沢田松太郎氏が求めて命名する。

白麟 (はくりん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和年
作出者    (愛知県三河)
命名者    水野淳治郎 (愛知県)
登録者     日本萬年青連合会

白麟(はくりん) 4年生 鉢 3.8号  葉長13㎝、葉幅5㎝内外。白い粉を吹いたような濃紺緑色の地に白覆輪で覆う。滑らかな感じの地合い。幅広でありながら葉先は急に尖る。高い甲竜、熨斗葉、本剣、鈴虫剣を現す多芸品。剣葉は多く出るが、片繰りになることがない、採光は強め、施肥を弱めにする。性質は少し弱い品種。

昭和10年頃、大分県中津市の浜野義次氏が数本繁殖していた実生。

天祐冠 (てんゆうかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和23年頃
登録    昭和年
作出者     (愛知県)
命名者    水野淳蔵 (愛知県)
登録者  

天祐冠(てんゆうかん) 6年生 鉢 3.5号

葉長7㎝、葉幅1.7㎝内外。細葉の中型種。二筋の高い竜は葉先まで伸び、葉先で跳ね返る。折り葉の竜頭は粗い波をうつ。葉面にこんにゃく玉の表のような凹みがあり、地質は堅い感じ、葉先は尖らず、白い覆輪が鮮明である。中立ち葉。

長楽殿 (ちょうらくでん)

分類    羅紗系統
作出年代  大正初期
登録    昭和8年
作出者    (愛知県三河)
命名者    水野淳治郎 (愛知県)
登録者     (愛知県)

長楽殿(ちょうらくでん) 4年生 鉢4.0号   羅紗地系。中型種。葉は淡い緑色で粗れた地合い。葉芸は甲竜、二面竜、雅糸竜、跳ね竜、本剣、鈴虫剣、熨斗葉など、羅紗系オモトの出す芸のすべてを出し、特色ある品種。性質は丈夫で繁殖も良い。

おもとの葉芸 鈴虫剣 品種(長楽殿)

長楽殿(ちょうらくでん) 中型種。淡い緑の荒れた地合いをもち、甲竜、本剣、鈴虫剣、跳ね竜など羅紗芸のすべてを見せます。独特の品種。性質は丈夫で作りやすい。

出雲錦 (いずもにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和35年頃
登録    昭和年
作出者    小島栄太郎 (愛知県)
命名者  水野淳蔵(愛知県)吉田善亮(山口県)服部弘(京都府)
登録者      (県)

出雲錦(いずもにしき) 4年生 鉢 3.3号 羅紗地系。小型種。葉は濃緑色の柚子肌の地合い。白の深覆輪をかけ糊をひく。葉芸は熨斗葉、本剣、鈴虫剣を出し、雅糸竜を現す。容姿は端麗で気品がある。性質繁殖は普通。昭和35年、愛知県幡豆郡の 小島栄太郎氏が作出。奥谷守松氏を通じて、当時、三光園に勤務の万仙園主・多賀弘氏が譲り受け、のち、島根県簸川郡の高橋氏が育成。昭和42年頃までに7本増殖。たまたま訪問した豊明園主・水野淳蔵がその全部を買い求め、帰途京都三光園に立ち寄ったところ、同園主服部弘氏と山口県厚狭郡の吉田善亮氏の目にとまり、分譲。その場で命名される。

出雲錦(いずもにしき) 2年生 鉢3.0号 濃緑色の葉で地合いは艶消し地で細葉型。折熨斗竜や剣葉を現します。若木のうちに腰を太らせるのが特に大切である。性質は強健で繁殖特に良く作りやすい。施肥は強め。小型品種。

雲伯 (うんぱく)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和年代
登録    昭和年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者

鋭い葉に剣葉と黄白色の盛り上がる総雅糸竜が折り熨斗の様に葉先まで昇る若いうちは少し乱れるが、作を重ねるごとにおちついてくる。柚子肌の地合いは非常に評価が高く、芸の奥深さが詰まっている。

 

雲伯(うんぱく) 胡麻縞柄美しく、雲伯らしい強い芸を現し始めました。鋭い葉先、剣葉がきりりとした魅力をだしている。地合いのよさ芸の面白みでは他を圧倒します細かな胡麻縞が楽しみな木。

雲伯(うんぱく) 地合いを楽しむ品種。割り子1~2才このころから鋭い葉姿をみせる。地合いも秋が深くなるにつれ良くなってくる。

雲伯(うんぱく) 小型羅紗系。羅紗系の魅力は、その芸の深みにあります。小さな姿の中に、人智をこえた芸をみせます。この芸をどれだけ引き出せるかが、この羅紗系の面白さともいえます。雲伯は芸の面白みでは一級品です。一つとして同じ葉はなく、毎年楽しませてくれます完全覆輪がでて、これから一気に盛り上がりそうな有望株。

幻の『雲伯』深い覆輪が完成したらなくなってしまいました。『雲伯』は胡麻斑を含んでおり少し芋が柔らかいので肥料を控えめにして栽培すると良いでしょう。