五万石 (ごまんごく)

分類    獅子系統
作出年代  昭和47年
登録    昭和59年
作出者   豊明園
命名者   水野淳蔵(豊明園2代)
登録者   水野淳蔵(豊明園2代)
作出地   愛知県

 

五万石 (ごまんごく) 鉢3.8号 7年生 鉢の作者は中里五代  東城山一角作錬込みの技法に椎朱の倣作、しゃ変の技術を見せる。

高級獅子では、「四君子」「玉姫」など芸の強いものが主だが、本種は優美さが特徴。ゆったりと丸く巻く姿。葉はきめ細かく艶があり、昇る雅糸竜は繊細で、特に「絹雅糸竜」と呼ばれている。成長するにつれ絹雅糸竜が輝き、絹を纏った様な姿になるのは育てていて楽しい。やや小型で肥料はすくなく、主に芋吹きで殖やす希少種。

五万石 (ごまんごく) 鉢3.3号 1年生

五万石 (ごまんごく) 鉢3.5号 3年生 葉はゆったりと丸く巻く。

獅子系中型種、巻き方はゆったりと丸く巻く。地合いはきめが細かく艶があります。葉芸は甲竜の他に玉竜、剣葉を現し、特徴は絹雅糸と呼ばれる、葉全面に覆う繊細な雅糸竜の美しさを見せます。芸が激しく縞甲竜タイプの獅子といえるが、姿がまとまっていて愛くるしい。白い覆輪が深く、総雅糸竜が葉全面を覆うので華やかなイメージが強く、識別しやすい獅子。繁殖は芋吹きで殖やします。日光は中、肥料は少なめにします。

 

翠峰 (すいほう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和30年代
登録    昭和46年
作出者   豊明園
命名者   水野淳蔵(豊明園2代)
登録者   水野淳蔵(豊明園2代)
作出地   愛知県翠峰 (すいほう) 鉢3.8号 立ち葉でどっしりした葉姿を現す強健品種。
紺地が強い葉は地肉があり力強く丈夫な品種。繁殖はおもに芋吹き

翠峰(すいほう) 5年生 鉢 4号 濃紺緑色の葉は 葉巾広く首太で重量感に溢れています。

華厳 (けごん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和39年
登録    昭和58年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   小田耕治 (愛知県)
登録者    華厳推奨会(愛知県)
作出地    愛知県(豊明園)

 

華厳(けごん) 5年生 3.5号 昭和30年代に作出した品種で「華厳型」と呼ばれるほど大きなひとつの特徴を持った銘品である。葉先が尖り、葉繰り特に良く襟組みの美しさがきわだち、浮き地の総雅糸竜は見事です。性質は強健で作りやすい。繁殖は良いほうです。

華厳(けごん) 1年生 3.3号 1年目の苗より総雅糸竜を見せます。

華厳(けごん) 2年生 3.3号華厳(けごん) 6年生 3.8号 葉数多く、重層的な姿は自然と「華厳」の名を連想させる。細葉に総雅糸竜を葉先まで現した葉は厚く、1年に出る葉は4枚から6枚と葉繰りがとても良い。中立ち葉で葉数の多い姿は襟組み良く、美しい扇を広げたよう。性質は強健なので、採光、肥料ともに強めにして肥料きれなく育てることで葉数が多くなる。繁殖は芋吹きが多い。

 

家康 (いえやす)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和43年
登録    平成  4年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者    水野淳蔵・水野正輝
作出地    愛知県(豊明園)

家康(いえやす) 3.3号鉢 3年生雅糸竜を現し葉肉厚くなる。

家康(いえやす) 3.3号鉢 1年生芋吹き 葉先は丸葉で芋が硬いため繁殖は芋吹き、若いうちから雅糸竜を見せます

家康(いえやす) 3.8号鉢 4年生 日陰作りの作品、葉幅4cm内外の広い葉に、元から先まで白覆輪を掛け、緻密な雅糸竜を葉いっぱいに現す威風堂々とした力強い姿。羅紗のなかでは少し大型、羽を広げた鷲のような勇壮さがある。地合いは柚子肌で、性質は強健、採光、肥料ともに強くて良い。繁殖は芋吹きが主で、未だに数が少なく、棚入れに希望者も多い。

 

愛国殿(あいこくでん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和5年
登録    昭和9年
作出者   不詳
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者  水野淳治郎 (豊明園初代)
作出地   愛知県

羅紗系統 中型種
濃緑色で、葉先尖り襟組み良い葉は均整がとれ見栄えがする
採光・肥料は強め丈夫で作りやすい。

昭和9年に水野淳治郎が「愛玉殿」「愛国殿」「愛晃殿」の三品種を登録し、「三愛」のふれこみで人気が急上昇、確固たる地位を築いた。三品種に共通することは片繰りしない端正な。葉姿である。

 三河の蘭萬   昭和八年八月弐五日 掲載記事

萬年青の珍貴品 愛國殿天下無比の好評

去る日萬年青界の巨頭水野淳治郎氏を岡崎驛前の自宅に訪ふて棚を視る。屈指の栽培家だけあって多数貴品あるも一本として見悪きはなく立派な作榮である。就中一種小型にして羅紗地の縞覆輪に葉繰り至て見事に二十枚を有し貴品多数のなか抜群たる優美なること恰も群れ雀中え鶴の立てるが如き感があった。直に園主水野氏に對し該種の品名及系統を問ふに之れ即ち愛國殿の珍稀品である。
水野氏曰く核種は羅紗の覇王と謂て憚らさざるものと信し最近手に入れた稀品で御承知の通り近来羅紗物の呼聲高く羅紗物観賞時代は遠からんことと思う。明治十五年頃彼の天光龍と云ふ貴品が整理公債一萬二千圓(正金一萬圓相富)にて取引せられたることがあると萬界の長老石川六兵衛などがよく御承知の事であるが丁度比愛國殿が天光龍に等しく愈々羅紗物時代となり二,三年後には必ずや一萬圓突破の聲を聞くものと信じ譲り受けたので棚に納まるを得たるは全く天祐と喜んで居る次第で愛晃殿。愛玉殿。愛國殿此の三種を三勇士と稱し居り其の第一位である。
一度水野氏の見込みを付け愛培せられたる品は必ずや人気の昇騰は従来斯界者の知ることで過去の形跡と該品の優美なる点等よりして遠からず最高稀品として取引せらる時期あるを聞く。

三河の蘭萬    昭和八年八月弐五日 掲載記事

三河吉田の萬年青陳列 土用會

三河幡豆郡吉田町の同好者主催三河園囈組合後援の土用會は八月五日吉田町料亭千丈館に於て開催せられたり。
出席者は遠く東京の鈴木菊三郎氏、島村氏、浜松の石田要次郎氏、小林常吉氏、九州の伊藤八郎氏、愛知縣下に於ては大日本萬年青聯合會長石川三之助を始め三河園囈組合副組長畔柳善蔵氏、其他一流の同好者合いして百余名に達す暑中のことにて来會者は早朝より参集夫々設けの台上に出品物を陳列、出品の主なるは輝鳳冠、玉獅子、日月星、實生等何れも人気高く盛に取引行はる。正午中食萬界の巨頭水野氏より印入タオルの寄贈あり尚全町屈指の紅裙数名の給仕に一入熱を加え何所も扇の白波を立て遂に歌う聲、舞う音も聞く取引も此間間断なく行われ極めて盛會に益々好况気分を示し午后四時盛會裡に散會したり。

当時の取引価格

地球宝 奴吹き48円  玉獅子虎 二歳6枚葉50円 輝鳳冠吹二枚 25円

根岸の松 七枚葉12円 日月星 二歳四枚葉 15円 玉獅子吹二枚 15円

金紫殿 吹二枚30円  長寿楽二代吹き二枚45円  地球宝割子七枚50円

 

 

愛玉殿(あいぎょくでん) aigyokuden

 

 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和5年
登録    昭和9年
作出者   手島岩次郎(愛知県西尾市)
命名者   水野淳治郎(豊明園初代)
登録者   水野淳治郎(豊明園初代)
作出地   愛知県西尾市

入門者価格で、高級品と遜色ない芸を味わえる。芸の「愛玉殿」姿の「愛国殿」二面竜の「愛晃殿」と『三愛』として親しまれる。中型で葉幅ある葉に、若いうちは熨斗葉、後に雅糸竜を現し折り下げよい重厚感ある品種。紺性強く、性質は強健。採光、肥料ともに強め。繁殖は芋吹き、子上げともに良い。

愛玉殿(あいぎょくでん)  芋吹き苗の1年生 お多福のような可愛い丸葉ばかりがでることも多い 若苗から育て上げたい

 

素晴らしい芸全国大会でも毎年愛玉殿は素晴らしい作品がでます。新生殿と同じく、羅紗の入門品種でありながら、これ以上の羅紗品種はないでしょう。羅紗が好きであればある程、基本の愛玉殿に立ち返って楽しむ方が多いです。

がちっと小型にできた毎年、日をしっかりと良く採ることで葉が徒長せず、詰まってできている日が良くとれているので芸が素晴らしい毎年気候は変わっても、肥料は6~8分目、日だけはしっかりと

三河の萬蘭
昭和八年八月弐拾五日発行園芸記事より
出世した『愛玉殿』
昔の金星人気に次ぐか?
愛玉殿は羅紗地に深覆輪。シカミ強く剣を生し加わるに雪白の甲龍ある雄姿の逸品である。該種は曩に本紙於て報導したるが交接實生にして實生家の名聲高き三河幡豆郡西尾市手島岩次郎氏の棚に生まれ富貴殿と命名せられ三河交接實生研究會発行の銘鑑に別席上位にありて手島氏は我子の如く愛培せられつっありしも萬界の巨頭岡崎駅前水野淳治郎氏の懇望による譲ることとなり水野豊明園の棚に入るや忽ち人気上昇したるにある。 水野氏は萬界の偉人にして目先高く羅紗物の人気を豫測し譲り受けられたりと聞く。 きに昨今羅紗物の望人日々に増加し好況気分を示すに至る。去る明治三十七年四、五月頃無地物の金星五〇圓位にて取引ありたるも 八年の一月頃は三百圓以上に上昇し 年の秋は一躍千二百圓に昇騰したることありと、其當時萬界の巨頭として天下に鳴らした元矢作町の島現今安城町の山本新三郎氏は三河碧南より千五百圓にて買はれたるを京都の人萬界の巨頭大辻久五郎氏十一月上旬に至り耳にし態々出張山本新三郎氏に對し千七百圓迄買い進みたるも山本新三郎氏頑として應じなかったので流石の大辻氏も譲り受くるを得ず帰京せらりたりと。山本新三郎氏は該金星を増殖すべく翌春芋を切て吹したるに都合よく奴に発芽し下子を千二百圓に賣り上吹きを千五百圓にて水野氏の紹介によりて賓飯郡御油町の紺屋へ賣り計弐千七百圓の作得を収められたりときく。 今の羅紗物上向の情勢より見て或は金星の人気上昇の如く状況を観測せらるるものありて愛玉殿の呼び聲益々高きを聞く。

 

 

 

 

 

 

萬年青の歴史より 江戸、明治のおもとの名前 楊貴妃

萬年青の歴史より 江戸、明治のおもとの名前

おもとの名前はどれも縁起のよい名前が多いですが、江戸、明治の頃の名前は特に特徴を捉えたものが多く、残雪(大きな葉に図がのるのを残雪に見立てた)や、福包(福を包み込むような丸い葉)、水菜虎(水菜のような葉に虎が現れる)など、名前を見ただけでワクワクしてきます。100年、200年と時がたつにつれ、万年青の中でも流行があり、多くの江戸おもと、明治おもとは絶種となっていますが、名前をみてどんなものかを想像しています。

この楊貴妃は、豊明園にて昭和55年作出、平成27年登録の新しい木ですが、明治14年の名鑑にも名前があります。現在の楊貴妃とは全く関係はなく、このときの楊貴妃はすでに絶種になっているので、名前としては2代目になります。いい名前はたとえ品種が絶えようとも、何度も使われていきます。

萬年青の歴史より

 

 

豊明園

 

 

 

月刊誌 趣味の山野草 おもと記事 大象観 アメリカのおもと

月刊誌 趣味の山野草 おもと記事 大象観 アメリカのおもと

 

月刊誌、趣味の山野草で4Pの連載をしています。

江戸時代から生け花、鑑賞用とたくさんの人に愛されてきた大象観についてと、

アメリカで非常に人気のあるシャンテクリアガーデンの万年青について

 

 

 

豊明園

 

新商品の検索の仕方

新商品の検索の仕方

豊明園販売HPのトップページには8点しか新しい商品はみることができません。

豊明園販売HPのトップページ https://www.houmeien.co.jp/ec/html/

そこで、下の赤い矢印の虫眼鏡(検索)をクリック!

 

 

次に下のようなページになりますが、赤い矢印を押すと、

  • おすすめ順
  • 新着順
  • 価格が高い順
  • 価格が安い順

となるので、新着順をクリックしてください