NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

元祖日本のビザールプランツ!万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号こぼれ話

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の育て方を紹介しています。日本に自生している植物ですが、自生地では明るい林の下に生えていることが多いです。その環境に街中で近付けるために、日陰になるような場所に置いたり、用土を水はけをよくしたり、肥料を少なくしたりして育てます。そんな育て方のコツを短くまとめて紹介してあります。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

 

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

NHK趣味の園芸さんのネット記事に紹介されました。以下からリンク先に飛べます。みんなの趣味の園芸さんのHPです。

おもと鉢の世界~連載「ディーププランツ入門」12月号こぼれ話

 

私たち万年青の豊明園は、NHK趣味の園芸の11-12月号の【ディーププランツ入門】にて、万年青を紹介させていただきました。その際のこぼれ話として、本に紹介しきれなかった部分をネット上で紹介してくださっています。

万年青の、【胴返し】という鉢の美しさ、面白さだったり、古い鉢、現代鉢の魅力が伝われば幸いです。

 

NHK趣味の園芸 11月号 2020.10.21発売 ディーププランツ入門 万年青1

 

 

 

おもと 岡崎 豊明園

2021年1月1日 牛年 福包と牛

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

豊明園の正月

第一温室夜間も天窓は少し開けた状態で管理しています。外の外気温と同じです、最低0℃、最高6℃。温室内は横窓が少し開けてあります。葉が垂れないようにするため。垂れたオモトは棚の下へ置きます。

 

おもと 棚

豊明園の第二温室

夜間も天窓を少し開けた状態で管理しています。温室の中は外気温と同じ状態です。

豊明園外培養所

豊明園2代目水野淳蔵

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。

引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。
 
豊明園2代目
26年2月20日永眠
水野淳蔵(幸三) 大正11年11月19日
日本おもと連合会理事長の職を2期6年にわたって務めました
水野淳蔵が理事長職に至った間の業績としは
おもと界功労者の表彰制度
おもと業者組合の結成
日本おもと連合会会員の4千5百人突破などがあります
昭和47年にはヨーロツパへ花卉園芸の視察団の一員としてオランダ・西ドイツ・スイス・フランス・イギリス各国の園芸業者、園芸試験場や庭園・生花市場などを国の代表として視察しました。
昭和53年にはまだ国交が樹立していない中国へ、日中愛蘭萬盆栽協会の第一次友好訪中団として視察いたしました。
豊明園2代目として100年の歴史をつくってきました
たづさわった万年青
五万石(ごまんごく)・四君子(しくんし)・白鶴(はくつる)・瑞雲海(ずいうんかい)
太陽(たいよう)・丹渓(たんけい)・旭洋(きょくよう)・光陽(こうよう)
金龍閣(きんりゅうかく)・翠峰(すいほう)・白麟(はくりん)
家康(いえやす)・華厳(けごん)・豊明海(ほうめいかい)・瑞豊殿(ずいほうでん)
寿岳(じゅがく)・金鳳(きんぽう)豊旗(とよはた)
命名権の仮登録制度受付番号1番は長春閣(ちょうしゅんかく)
おもと本を発行
根岸松の図(ねぎしまつのず)物語(平成14年発行)
おもとの歴史(平成16年発行)・を出版しました
寿岳(じゅがく)
胡麻斑系堂々とした葉姿
イメージ 1

伊賀八幡宮 愛知県 岡崎市

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。

 

伊賀八幡宮  国の重要文化財

場所 愛知県岡崎市伊賀町東郷中86
松平家〔徳川家の祖〕の子孫繁栄の守護神 『氏の神』として創建なされた神社です。
豊明園から25分の場所に国の重要文化財、伊賀八幡宮があります。
神橋と随神門

随神門
神域の守り神、随神様が門の両側に配置されております。随神様が安置する随神門

さざれ石
本殿、幣殿、拝殿     国の重要文化財
本殿は慶長年間に徳川家康公によって造営されたもので、幣殿、拝殿は寛永十三年に三代将軍家光公によって増設された。すべて国の重要文化財である。現在の社殿は、寛永13年(1636)三代将軍家光公の命令で、岡崎城主本田忠利公が奉公となって、幕府作事方、御大工鈴木長次が造営しました。慶長16年(1611)に家康公が健立した本殿に幣殿・拝殿を連結して権現造りとしました。

TRIADプログラム 日米英園芸交換留学 豊明園2017年度参加

万年青の豊明園は2017年度研修生として参加

万年青の豊明園 水野がこのプログラムに参加しました。
このTRIADプログラムに万年青の豊明園は2017年度研修生として参加しました。
2017年4月から2018年4月までの13か月弱、園芸交換留学生をしていました。

研修目的

おもとを海外に紹介すること、海外の万年青の調査、海外に散っていった万年青の文献、資料、陶器の調査、それらを深め、万年青の歴史、文化の研究に寄与すること

TRIAD 私の活動 紹介

月刊誌 趣味の山野草 おもと記事 大象観 アメリカのおもと

薬草、和漢方としての万年青 薬効 藜蘆は万年青? レイロ リロ 日本の淡路島奇跡の星の植物園 研修中にてこの記事を書きました

TRIADプログラムは、

TRIADプログラムは、アメリカ、フィデリティ財団の支援のもと、世界の造園・園芸界をリードする三つの庭園・公園エリア(アメリカ・ロングウッドガーデン、イギリス・ヒドコートガーデン、そして淡路)が、連携・交流してこれからの各国の造園・園芸界を担う人材を実践的に育成していこうとする挑戦的プログラムです。

プログラムの概要

本プログラムは、アメリカ合衆国のフィデリティ財団のスポンサーシップのもと、日米英各国が育んできた園芸技術を相互に交流させ、各国の園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与することを目的として、淡路(本校および夢舞台温室)、ロングウドガーデン(アメリカ、デュポン財団)、ヒドコートガーデン(イギリス、ナショナル・トラスト)の三者が相互に研修生を交換する研修プログラムです。

かねてよりさまざまなNPO活動に積極的支援を行ってきたフィデリティ財団が、各国の園芸文化の継承発展に関心を持ち、同じアメリカ合衆国のロングウッドガーデンと協議を進めていく中で三者の交換研修生プログラムとして立ち上がったものです。

研修期間を一年として、日米英各国の研修生が三カ国で4ヶ月(日本人研修生のみ日本での研修期間は5ヶ月となります)ずつ、各国を代表するような庭園・公園で園芸技術等の指導を受ける実践的な研修プログラムで、それにかかる費用についても本プログラムの提案者であるフィデリティ財団の全面的な財政支援が行われるため、教育効果的にも、研修生の経済面でも非常に優れた研修プログラムとなっています。

1.目 的

日米英各国が育んできた園芸技術を相互に交流させ、各国の園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与する。

2.プログラム運営主体

日本側の運営主体である「日米英景観園芸交換研修プログラム運営委員会」(事務局:兵庫県立淡路景観園芸学校)が、アメリカ合衆国のロングウッドガーデンおよびイギリスのヒドコートガーデンと連携して共同で行う。

財政面では、フィデリティ財団が支援を行う。

3.研修生の定員

2名/各国・年

4.交換研修生の研修先

・日本:淡路夢舞台温室(日本での研修期間中の実務研修はここが中心となります)、兵庫県淡路景観園芸学校 など

・アメリカ合衆国:ロングウッドガーデンおよびその関係機関

・イギリス:ヒドコート、スタワーヘッド、ボドナント、マウント・スチュワートの英国ナショナルトラストが所有する英国屈指の4つの伝統的な庭園

5.交換研修期間

全体の期間を一年間とし、4ヶ月ずつ上記の研修先での研修を行う。
具体的なローテーションの計画は以下のとおり。
(年度によって、ローテーション順が変わることがあります。)

研修生派遣元 5月~8月の研修地 9月~12月の研修地 1月~4月の研修地
日本からの研修生 日本(4月開始) イギリス アメリカ
アメリカからの研修生 イギリス アメリカ 日 本
イギリスからの研修生 アメリカ 日 本 イギリス

6.研修内容

各国の庭園・公園が準備する植物ディスプレイ技術、病虫害防除技術、植物研究、公園・庭園マネジメント等に関するカリキュラムを受講する。

一部、研修生の希望により分野を選択して学習するカリキュラムも含まれる。

研修生は各国で毎月成績評価を受けるとともに、最終的に修了研究あるいは制作を行い、それらの成果評価により研修プログラム修了を認定される。

7.研修生へ支援されるもの

・フィデリティ財団からの支援により研修生には、渡航費(日本→アメリカ→イギリス→日本)、研修に必要な被服、道具類、研修先での基礎的な生活費(約150,000円/月[レート変動による支給額の変動あり])等が支給される。
・海外での研修先の宿舎は各庭園・公園で用意される。
・日本での研修期間中は、兵庫県立淡路景観園芸学校(兵庫県立大学淡路キャンパス)の寮室が用意される。
(8.に示すように兵庫県立大学研修生として入寮するので寮の部屋代は無料。ただし、寮での食費・光熱費 等は各自負担。)
・研修に必要なヘルメット、園芸用具、作業着が用意される。

8.研修生が負担するもの

・日本人研修生選抜面接試験に関する旅費・宿泊費等
・現住所から研修開始場所まで、研修終了地(国内)から自宅までの交通費
・日本での研修期間中の兵庫県立大学研修員としての研修料(18,100円/月(4月~8月の5ヶ月分)*平成29年8月時点。研修料は、大学の規程改正等により改定されることがあります。)
・日常生活費、個人的な旅費等で、支給される生活費を上回る経費

以 上

参考

ロングウッドガーデン

この庭園は、アメリカ、ペンシルバニア州にある世界で有数のディスプレイ庭園。実業家で慈善家のピエール・デュポン氏が、1906年、自然あふれる古い森の樹木が木材用に伐採されるところを保護するために買い取り、世界に誇れる庭園を造り始めた。 歴史的に有名な観光地に囲まれたブランディワインバレー地方に位置し、約400haの敷地は、1.8haのコンサーバトリーとイタリアンガーデン、ローズガーデン等20のガーデンで構成されており、四季折々の植物が楽しめるだけではなく、一年を通して、コンサート、様々なパフォーマンス、噴水ショーなどさまざまなイベントが楽しめる。
美しい庭園管理はもちろんのこと、オリジナル植物育種もさかんに行われ、コンサーバトリーのディスプレイ技術、展示植物の仕立て技術は世界一という評価を得ている。
また、教育・研究部門も持ち、教育システムは園芸技術だけでなく、パブリックコミュニケーションや植物情報部門まで多岐にわたっている。

 
イメージ 2

-25℃の極寒でおもとを外で育てているロングウッドガーデンより

温室内の椿
研究棟では、土壌検査もしていて、葉が黄色くなっている椿があるので調査してほしいと温室から頼まれたのでサンプリング 簡単な調査は研究室で、精密なものは研究機関に送って調査してもらいます
ロングウッドの教育について
ロングウッドガーデンは1967年から本格的に教育に力を入れ、今では世界で活躍する数千ものインターナショナルインターンや米国内の生徒を受け入れています。それは、創設者のPierre S. du Pontの願いでもありました。1940年にデュポン社を引退したのち、このロングウッドガーデンだけでなく、学校、職業訓練校など多くの学校をつくり、また多大な寄付をしてきました。
2年でうまくすれば学位もとれるプロフェッショナルガーデナーインターン
米国インターン
インターナショナルインターン
TRIADプログラム
これらは、寮といくらかの手当て、共有の車やコンピューターがあり、非常に快適です
や高校生の半年以上のインターン、子供教室やボーイスカウト、サマーキャンプ、学校の体験学習、講習会や植物、生花や写真などの教室、インターネット上の教室などです。

万年青 病害虫対策 アメリカ ロングウッドガーデンズの場合

ヒドコートマナーガーデン 自然保護団体ナショナル・トラスト

イギリス、コッツワルド地方にあるイングリッシュガーデンの一つ。 20世紀初頭の築造で、アメリカ生まれの園芸家によって作られた。25の異なる庭園を生垣で区分しながらつないだ構成をもち、庭は箱型生垣のほか、シデ、イチイ、石壁が使われ、多様な特徴やテーマを有する一連の戸外の「空間」という形態をとっており、コテージガーデンの集大成といわれる。1948年から、自然保護団体ナショナル・トラストによって管理されている。

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」

広大な土採り跡地の自然を回復するプロジェクトとして誕生した「淡路夢舞台」のシンボル施設である奇跡の星の植物館は、自然の素晴らしさ・美しさを五感で体感すると同時に、21世紀の共生のライフスタイルを提案する感動空間創造実験型植物館として、2000年に誕生した。自然の美しさ・巧妙さを五感で体感する『五感軸』と、花・緑と共生する生活空間、都市の緑化を提案する『共生軸』を大きなテーマとし、珍しい植物を単に展示するのではなく、明確なテーマとメッセージをもった展示を進めている。特に、古来からの日本人の自然を生かした心配りの細やかさ、住まいの美しさ、文化の豊かさを「ガーデンルネサンス」として提唱している。

兵庫県立淡路景観園芸学校

兵庫県が阪神・淡路大震災の復興事業のひとつとして、1999年に設立したこれまでにない新しいスタイルを持った学校。阪神・淡路大震災の教訓として得た「人と自然の共生する社会の実現」を植物を通じて行う「景観園芸」の世界への発信とその担い手育成を行う機関として「専門職大学院課程」「園芸療法課程」「生涯学習課程」の三つの課程を擁し、造園・園芸に関する専門家、園芸療法の専門家の育成と市民ボランティアの育成をあわせて行っている。
キャンパスはそれ自体が一つの大きな庭園となっており、実習フィールドとなるだけではなく、多くの一般庭園見学者の自由な見学を受け入れている。

愛知県岡崎市の 万年青の豊明園への 交通案内 

豊明園へのお車での案内 東名高速道路 岡崎ICから

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
また、このブログやYoutube、HPなどからおもとをやってみたいと
カタログの請求やお問い合わせが世界中から増えています
と、いうことで、岡崎の豊明園まで訪ねてきてくださる方も
増えてきました。機会ありましたら是非遊びに来てください^^
飛行機で空港からならバスや電車で岡崎駅まで
電車や新幹線なら岡崎駅まで

タクシーで15分ほど、1000-1500円かと思います。

お車での、豊明園への道案内
東名高速道路・岡崎ICから、国道1号線に交差する
県道26号線(岡崎環状線)を南へ(光が丘、上地方面)
約10~15分ほどで、羽根町鰻池(はねちょううなぎいけ)の信号に
右には、IPCわんわん動物園、コスモジャパン(パチンコ)があります。
ここを右に曲がるとすぐです。
ここまで2車線 信号機のところで3車線です。
羽根町鰻池(はねちょううなぎいけ)の信号
信号手前で3車線になり、右折→
信号を越えてしまうと、右手に車検のコバック、左手にはイエローハットがあります。

 

坂をくだったところです。

坂を下った右側

右側の家が豊明園です。

ここを右に入ります。入り口

豊明園の看板

イメージ 1
豊明園
中入口

 

緊急事態宣言 解除を受けて 店頭販売の再開

●店頭販売での営業を再開させていただきます。
ご来店の際は事前のお電話、マスクの着用をお願いします。

●通販業務は通常営業を行いますが運送会社の各営業所等での都合で荷物の遅延が突発的に発生する可能性がございます。 引っ越しされる際などは、余裕をもって手元に届く日時指定の設定をお願いします。

 

弊園では小物以外はヤマト運輸に配達をお願いしております。
ヤマト運輸の遅延状況等を確認するURLをご紹介します。
商品発送時集荷を受けたタイミングでお客様にお届け予定のメールが送信され、メールから日時変更等も可能です。
その際はおもとを痛めないためにもお早めにお受け取り下さい。

<災害による配達遅延について>
現在一部地域では、ご指定の日時や場所にお届けができない可能性がございます。
配達遅延エリアを確認
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/chien/chien_hp.html

<よくあるご質問・お問い合わせ>
https://c-faq.kuronekoyamato.co.jp/app/answers/list/c/2
<ご注意>
・交通事情等により予定通りにお届けできない場合があります。
・一部離島などの地域においては予定通りにお届けできない場合があります。

ヤマト運輸2020年 お知らせ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_2020.html

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/2020/covid-19/

 

2020.4.17時点

新型コロナウイルスの感染拡大防止を巡り緊急事態宣言の対象を全国に拡大したことを受け、通販業務は通常通り営業をいたしますが店頭販売につきましては完全休業を決定いたしました。
HP上での販売に力を入れていきますので、これからもご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

万年青(おもと) 買取サービス  大切な万年青を、次の世代に

大切な万年青を、次の世代に

あなたの家族が大切に育ててきた万年青。

きっと今の状態になるまで、

長い年月をかけて管理されたご苦労とどりょくがあったことでしょう。

その大切な万年青を、次の世代に受け継ぐお手伝いをさせてください。

 

買取・売却が必要ならまずご連絡ください。写真の添付もあるため、LINEやメールのやりとりを推奨しております。

@919afzmj

0564-51-4714 omoto@houmeien.co.jp

万年青の豊明園、代表の水野です。弊社は「日本の園芸文化の最高峰といわれる万年青を世界中に」をテーマに、万年青の販売や、講演などのお仕事をしております。
私がこの仕事を始めたきっかけは、学生時代に豊明園三代目である父の背中をみたことにあります。日本中を万年青のために飛び回り、お客様に万年青という趣味を通じて癒しや、ゆったりした時間を遊んでもらう。長い時間をかけて万年青を育て上げていく。こうした文化を守りたいと思い、万年青を生業にすることを決めました。
私にとって、万年青は仕事でもあり生涯の趣味でもあります。非常に残念ではありますが、私の仲間である盆栽愛好者さんが亡くなることを何度も目にしてきました。そうした中で枯れていく万年青も多くあります。そうした万年青を守りたいと思い、買取を始めました。

万年青の豊明園 水野豊隆

愛知県岡崎市羽根町鰻池165

 

 

買取実績

神戸Sさま

神戸のSさまから買取をいたしました。長く大切に育てられたお父様がなくなったためのご依頼でした。羅紗、獅子、鉢、本など

岡崎Mさま

岡崎市のMさまから買取いたしました。ご主人がご高齢になられたために、一部を手放ししたいとのご依頼でした。ご主人の意向をもとに、一部の買取をいたしました。大葉、実親、羅紗など

赤穂市 Oさま

青森市のKさまから買取のご依頼をいただきました。ご主人が亡くなられたためのご依頼でした。万年青に加え、鉢やジョウロ、ランセット(万年青専用小型ナイフ)などの道具についても買取いたしました。

 

 

このようなことでお悩みの方へ

入院した

万年青を大切に、日々管理されていた方が入院され、管理できずに3日以上たった場合。万年青も生き物です。例えば夏場に水やりをされない場合、3日で枯れてしまう場合もございますので、どうぞご相談ください。

家族が亡くなった

万年青を大切にしていたご家族が亡くなり管理する方がいらっしゃらなくなった。そのような時は大切な万年青を次世代につなぐために (枯らさないために) 、ご相談ください。万年青は水を切らすと枯れ、価値がなくなってしまいます。

万年青を買い換えたい

歳をとって、管理する万年青の本数を減らしたい。数の多い万年青の管理が体力的に難しくなった、などの需要はございませんか。大切な万年青を査定し、出来るだけ高価で買取致します。

安心して万年青が売れる理由

各地の競りへの参加

万年青の競りなどは全国で開催れております。弊社では競り場に参加をし、販売を行うことができます。

プロによる手入れ

100年以上万年青を生産・管理・販売してきた弊社の技術により、丁寧に仕上げて販売する仕組みがあります。一流の万年青に戻し、販売が行えます。

海外販売

弊社では検疫などを行い、海外に販売するノウハウもございます。信頼できる海外の業者に販売し、楽しんでいただきます。

買取対象

万年青

小さいものから大きいものまで、どんなものでも一度ご相談ください。

万年青道具

長年使われてきた道具も専門知識を持って再生すればまだまだ使えます。

万年青鉢

軒下に転がっている鉢も使えます。昔は安かったものも、職人さんの減少で高騰しています。

庭おもと

庭や畑に長く埋まる万年青も大切な資産です。一度ご相談ください。

花台

万年青を飾る台も大切な道具です。大切に買取します。

万年青の売却・買取の申し込みの流れ

買取・売却希望の万年青の、
1 買取希望の万年青の全体がわかる写真
2 万年青単体の写真
をお撮りになり、LINEでお送りください。お急ぎの場合、0564-51-4714でも承ります。(電話は出張中などに対応がむずかしい場合がございます。)

お問い合わせをいただきましたら、LINE、メールなどで見積もりをお送りいたします。

ご連絡をいただいた後、4営業日以内にこちらからお電話もしくはメールにて連絡いたします。簡単な見積もり結果と、訪問などの日程について調整いたします。

万年青買取 対象エリア

現在対象エリアは全国拡大中です。
※ 少人数での対応となりますので、エリア内でも対応が難しい場合がございます。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、line、メール、電話で承っております。ご都合の良い方法でご選択ください。
買取が必要ならまずご連絡ください。写真・動画の添付もあるため、LINEやメールでのやりとりを推奨しております。

@919afzmj

0564-51-4714 omoto@houmeien.co.jp

 

万年青の魅力を届ける活動

日本の万年青文化を若い世代に、世界に伝えています。
フォローをいただければ幸いです。

EUへ万年青の出荷

長い長い検疫を終えて、EUへ万年青を出荷。

日本国内だけでなく、海外にも日本の素晴らしい文化である伝統園芸・万年青を知ってもらうため、楽しんでもらうために出荷しております。