趣味の山野草 2021年3月号 社会のためにはお医者様より植木屋さん?明石の殿様の万年青 江戸残雪・宗碩の虎

趣味の山野草  2021年 4月号

栃の葉書房が出版する、趣味の山野草です。
掲載ページ 94~95
社会のためにはお医者様より植木屋さん?

明石の殿様の万年青

江戸残雪・宗碩の虎が
カラーの美しい写真で載っています。
税込み定価 ¥1100 書店やネットでお求め下さい

 

趣味の山野草

 

 

 

社会のためにはお医者様より植木屋さん? 明石の殿様の万年青 江戸残雪・宗碩の虎

 

江戸時代の日本の園芸文化の高さに驚きます。

万年青を愛した先人は手の届かないくらい進んだ文化を持っていました。

 

宗碩の虎 宗石の虎 そうせきのとら

 

山野草Q&A P111 万年青の植え替えはいつ頃、どのように?万年青の基本的な管理方法は?

 

今回は、Q&Aで万年青の質問にもお答えしました。

 

 

 

江戸時代の幕府薬草園に万年青  |  尾張藩御深井御薬園とおもと  |  月刊誌・趣味の山野草掲載 栃の葉書房

月刊誌 趣味の山野草 おもと記事 大象観 アメリカのおもと

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

万年青の月刊連載紹介 豊明園 月刊誌<趣味の山野草>

第63回 鹿児島県おもと美術品評会 2015年 薩摩おもと 月刊誌・趣味の山野草掲載記事

育てる調べる山野草2525種 万年青について豊明園監修

園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

園芸おもとニュース 17   2008/3/16

メディア掲載履歴:育てる調べる山野草2525種 2008年4月栃の葉書房発行 万年青について豊明園監修

育てる調べる山野草2525種
2008年4月発行
栃の葉書房が出版する、
カラーの美しい写真が載った山野草のバイブル。
おもとも3ページ載っております。
全512ページ 定価 ¥3.000
おもとの一年の管理の仕方など、分かりやすく解説してあります。
多種多様な薄葉から大葉、羅紗まで
棚に入れたい代表品種が載っています。

 

関連記事

春のおもとを楽しむ会 日本農業新聞 2007/4/27掲載 社団法人おもと協会 三河支部 

岡崎市 市政だより2008 第7回 おもとを楽しむ会の案内の記事

中日新聞 朝刊に、三河おもと同好会の第8回 おもとを楽しむ会の記事が掲載されました 2009年4月19日(日)

JAあいち三河の広報誌 KONにちは!おもとを楽しむ会の記事掲載 2009 4月 vol.121

公益社団法人 日本おもと協会 三河支部について

三河 おもとを楽しむ会 2019年4月20、21日

実生の研究 2018 8月 実生会 会報

 

万年青について

新居には真っ先に神棚、仏壇、万年青 スピリチュアル幸運百科 江原啓之著 主婦と生活社

TRIADプログラム 日米英園芸交換留学 豊明園2017年度参加

 

趣味の山野草 2008年 4月号 第62回日本おもと名品展の特別賞 豊明園記事掲載

園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

園芸おもとニュース16   2008/3/13

メディア掲載履歴:趣味の山野草 2008年 4月号 豊明園記事掲載

趣味の山野草  2008年 4月号
栃の葉書房が出版する、趣味の山野草です。
掲載ページ 86~87
第62回日本おもと名品展の特別賞が
カラーの美しい写真で載っています。
定価 ¥1.000 書店でお求め下さい

内閣総理大臣賞・社団法人日本おもと協会賞 鸞山(らんざん)

内閣総理大臣賞・社団法人日本おもと協会賞
鸞山(らんざん)   関根 將男
白い総雅糸竜の美しい品種

文部科学大臣賞
富国殿(ふこくでん)  泉 俊夫
襟組みの美しさ、芸の厳しさが際立つ

農林水産大臣賞
地球宝(ちきゅうほう)   白木 善男
葉全体の図が華やかな品種

潮来市長賞
龍巻都の図(たつまきみやこのず)  杉本 重雄
竜巻のように捻る葉に美しい図が全面に散る

潮来市議会議長賞
聖光都の図(せいこうみやこのず)  林 敬一
素直な葉一面に図が出た大株立ちの迫力ある作品

 

 

 

1712年 出島の三学者・ケンペル【廻国奇観】におもと 文字のみ Engelbert Kämpfer 1712 Amoenitatum exoticarum politico-physico-medicarum fasciculi

エンゲルベルト・ケンペルEngelbert Kämpfer, 現代ドイツ語読みではエンゲルベアト・ケンプファー、1651年9月16日 – 1716年11月2日)は、ドイツ北部レムゴー出身の医師、博物学者。ヨーロッパにおいて日本を初めて体系的に記述した『日本誌』の原著者として知られる。出島の三学者の一人。

1690年から1692年(元禄3年〜5年)日本がまだ鎖国の時代、長崎の出島にオランダ商館医として来日した「出島の三学者」。

日本の事をヨーロッパに紹介した学者たち、ケンペル、ツュンペリー、シーボルト。

1695年に12年ぶりにヨーロッパへ戻り、1712年、ようやく『廻国奇観』(Amoenitates Exoticae)と題する本の出版にこぎつけた。この本についてケンペルは前文の中で、「想像で書いた事は一つもない。ただ新事実や今まで不明だった事のみを書いた」と宣言している。この本の大部分はペルシアについて書かれており、日本の記述は一部のみであった。『廻国奇観』の執筆と同時期に『日本誌』の草稿である「今日の日本」(Heutiges Japan)の執筆にも取り組んでいたが、1716年11月2日、ケンペルはその出版を見ることなく死去した。

 

 

 

同志社大学のデジタルアーカイブ へはこちらから

このP785ページから786にかけて、Kiro Rirjo Omotto として記載されています。本文は解読できず、、

 

 

この絵が1806年にヨーロッパで書かれた万年青。

 

 

イエズス会の日葡辞書など、古い万年青の記述について

 

1603年 イエズス会の日葡辞書

1603年にイエズス会がキリシタン宣教師のために長崎で刊行した日葡辞書(日本語、ポルトガル語の辞書)には藜蘆、リロにヲモトと当てています。

1603年刊行の辞書なので、その当時の言葉の音(オン)や使われていたのかなどが分かります。

中日新聞 世界で4冊目の日葡辞書をブラジルで発見

室町時代の辞書より 藜蘆(万年青)

資料は国会図書館より

饅頭屋節用集

室町時代末期と言われる 奈良の菓子商で歌人・歌学者でもあった饅頭屋宗二(林逸1498~1581)が刊行した書物。唐宋の詩文や節用集などがある。

雑字類書

レイロと書いて万年青とよむ 室町時代中期

室町時代の辞書は節用書、類書といわれ、イロハ順で書かれる。万年青はヲモトという表記になるので、ヲを探します。

節用集 室町時代

室町時代は1336-1590(戦国時代まで含めると)

 

これら室町時代の辞書には藜蘆にヲモトとしてしかルビがふっていないため、藜蘆は万年青を指すと考えています。

藜蘆など多くの薬草や植物の「漢字」が中国から入ってくる際、非常に困ったと思います。薬草の知識、植物の知識、中国語の知識、日本のそれぞれの地域の言葉などすべてがそろわないと中国ではこの植物だけど日本では違った、や日本にはその植物がなかった、場所場所で名前が違った、ということがありうるからです。