第75回日本おもと名品展 2020.11.19 木

第75回 日本おもと名品展 ご案内 基本情報

日時 2020年11月19日(木) 9:00~12:00

場所 刈谷氏産業振興センター(愛知県刈谷市相生町1丁目1番地6)

主催・主管 公益財団法人日本おもと協会

後援 農林水産省 栃の葉書房 NHK出版 徳川記念財団 ほか

入場無料

 

おもと展示会案内 2020年度とそれ以前

 

第75回 日本おもと名品展 (2020年 愛知県刈谷 全国大会)

第75回 日本おもと名品展 ひな壇入賞木

順不同

趣味の山野草賞 琴治 ことじ

 

万田発酵賞 旭翠 きょくすい

 

 

大淵銀器賞 華厳 けごん

華厳 けごん 上から

農林水産省生産局長賞 力和 りきわ

 

国際花と緑の博覧会記念協会会長賞 剣 つるぎ

 

伝統園藝出版賞 富国錦 ふこくにしき

園芸ジャパン賞 和楽 わらく

愛楽園賞 錦麒麟 きんきりん

日本おもと協会会長賞

内閣総理大臣賞 白虎丸 びゃっこまる

刈谷市議会議長賞 盧山 ろざん

 

NHK出版賞

臥牛獅子 がぎゅうじし

 

アサヒビール賞 聖雲殿 せいうんでん

 

八天堂賞 鸞山 らんざん

 

磐梯広報社賞 玉楼 ぎょくろう

 

短冊家和楽 瑞泉 ずいせん

 

農林水産大臣賞 双天 そうてん

刈谷市長賞 残雪 ざんせつ

 

徳川賞 楼蘭 ろうらん

 

日本おもと業者組合賞 玄峻 げんしゅん

 

 

 

 

 

 

第73回 日本おもと名品展

日時 2018年11月17日 13:00~17:00

18日 9:00~14:00

場所 東京上野グリーンクラブ(東京都台東区上野公園3-42)

主催 公益財団法人日本おもと協会

後援 文化庁 NHK出版 徳川財団 ほか

入場無料

 

おもとの日本最大級の展示会です。

全国から力作が集まりますので、是非お出かけください!

第73回 日本おもと名品展

 

 

宿泊のお知らせ

公益財団法人日本おもと協会

第73回 日本おもと名品展 (全国大会)の宿泊係の豊明園です。

ホテル水月の宿泊は、協会がもっている宿泊数が埋まりました。

11/6時点で、新宿に、サンメンバーズ東京新宿に16日 は1名、

17日(土)は10名宿泊がありますので、11/9 金曜日 午前中まででしたら受け付けております。 無くなり次第終了。

 

 

 

2020.10月 第94回三河おもと名品展について

第94回三河おもと名品展2020.10/24-25 案内 

 

今まで見つかっている古くからの万年青彫刻 北から

栃木 日光東照宮

埼玉 妻沼聖天山歓喜院

埼玉 三峰神社

東京 上野東照宮

静岡 久能山東照宮 1617年元和3年)徳川家康の命で建立

愛知 六所神社  (1636年徳川家光の命で建立

京都 北野天満宮 慶長12年(1607年)に建立

北野天満宮 地主神社 末社 大門社

福岡 英彦山神宮  元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

約400年前からのおもとの彫刻について

国宝妻沼聖天山歓喜院 – のおもと彫刻

日光東照宮の眠り猫を彫った、左甚五郎の彫刻があることでも有名

上野東照宮のおもと彫刻

江戸のおもと彫刻 三峰神社 – 豊明園

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社のおもと彫刻

家康がなくなったとき最初に建てられた久能山東照宮のおもと彫刻

非常に古い歴史のある福岡 英彦山神宮のおもと彫刻

京都 北野天満宮摂社 地主神社 おもとの彫刻 2つ

京都 北野天満宮 末社 大門社 おもとの彫刻

おもと彫刻 日光東照宮 ( ガーデニング ) – おもと日記 

日光東照宮 おもと彫刻 ( ガーデニング ) – おもと日記 

身延山久遠寺

古事記、万葉集などに万年青、もしくはれいろとしてのっているものを見つけた方は是非お知らせください。源氏物語や伊勢物語など日本が世界に誇る文学の中や絵巻物の中にもありましたらお教えください!

おもとの豊明園

http://houmeien.co.jp

家康公とおもとのふるさと 岡崎

万年青の表土に【水苔】をのせる メリットデメリット

今回は、万年青の表土に【水苔】をのせる メリットデメリット についてお話します。

万年青の鉢植えの方法は、用土に土、砂利を使ったり、苔で巻いて植えたりと様々です。

万年青の趣味者は多くが砂利で植えて、水苔を表土に置くと思いますが、その水苔のメリットデメリットについて考えてみます。

 

水苔をのせるメリット

表土が乾きにくい

強い風、寒い風が吹く冬は砂利だけですと、表土が非常に乾きやすいです。また、生長期、新根のでる春や秋のそよ風と根が水を吸うことでも表土が乾きやすく、その時に表土が乾くと新根が止まってしまいます。そのため、表土の乾燥を防ぎ、特に新根を下すために水苔をのせます。

肥料が効きやすい

砂利よりも水苔の方が水を含むので、玉肥えをのせて水をやると、砂利の場合よりよく肥料分がでます。そのため、肥料が少量で良く効きます。

鑑賞のため

美しい水苔で飾り、化粧として載せます。

 

水苔をのせるデメリット

夏場に蒸れる

特に、水苔を厚くのせていると、真夏の高温多湿になったときに蒸れ、首元から病気、傷みが入ることがあります。首元は新根が出ることろなので一番弱く、真夏はそこだけ水苔を離したり、水苔を取ってしまう方もいらっしゃいます。

ここ最近の夏の異常気象に対応するように、傷みを防ぐため、水苔を富士砂などの水分で色の変わる用土に変える方もいらっしゃいます。

 

万年青の表土に水苔をのせるメリットデメリット まとめ

メリットは、

表土を乾きにくくして、春秋の生長期、新根が発根しやすくするため、伸びやすくするため

肥料の効きをよくするため

デメリットは、

真夏の高温多湿では、首元からの蒸れに注意します。

 

それぞれのメリットデメリットを考えながら、ご自分のお棚に合った万年青の植え方を考えてみてください。

 

おもとの植え替え 完全版(仮)

水苔について 乾燥水苔の戻し方

水苔の育て方

万年青の展示会への出品・鑑賞のポイント

おもとの植え替え コテ・さじの使い方

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

水苔の販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年青 実がならない

赤い実がつかないのはなぜ?

おもとを持っている人から赤い実をつけたいのだけどどうしたら、という相談をよく受けます。

万年青の実がならない理由は3つ

赤い実をつけるための交配については、「交配~実生の楽しみ」も参照してください。花は咲くのに実が付かない。交配したが実が付かない、なぜでしようか。

「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」などがかんがえられます。

もともと実の付かない品種

品種によつて花芽は上がるが実が付かない品種もあります。3.5号以下の小型おもと、特に羅紗系統ではまず実は付きません。原種に近い大葉や実親などの大型のものほど実は付きやすいです。相性もあり、相性のよくないオス木の花粉を受粉させようとしても付かないことがあります。

 

まだ実を成らせる力がない

リン酸肥料がきき過ぎているとまだ若く力のない時に花芽が出てくることがあります。この場合実が付かないか、付いても途中で腐ってしまいます。まずは日をしっかり採り、丈夫な木に育てることが一番です。初花や花芽が小さい場合は思い切って切除すれば来年は大きな花芽が上がり、実が付きやすくなります。

原因

木が若すぎる まだ力がない 肥料が少ない、体が小さいなど

もし花があがり、実がついても、途中でくさってしまうこともあります。

力がないので、来年なら10粒実がつくものも、1~2粒になり、木自体が小さくなってしまうことも。

木を充実させ来年大きな実を付けるために

おもとの花芽

おもとの木を充実させるため花芽を切り取る事もします。花穂の軸の部分にランセットや刃物などを使い少し切り(三割り)あとは手で押さえ取る。

おもとの花芽

交配すれば多くが実を付けますが、この時期花芽の方へ栄養が取られ木を充実させるために切り取ります。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

花は上がったが実が付かない時 時期

 

成熟していないオシベ(左)は白く、成熟したオシベ(右)は葯が開き、黄色い花粉が見える。黄色の花粉をオシヘ゛に受粉させる。

万年青の花 受粉ができていない

8割は受粉ができていないこと原因です。外に置いてあるおもとでは虫が少ないと受粉しません。虫の少ない都市部では受粉してあげます。柔らかい筆でメシベから蜜がでたときに撫でてください。また受粉させるときにオシベの花粉が成熟していなかった。もしくは古すぎて受精能力がなかったというオシベの問題や、メシベの蜜が出ていないときに受粉させようとしたメシベの成熟の時期を間違えていた場合があります。受粉させるときにメシベを傷つけてしまうと実がならなくなるので気をつけます。

原因

虫がいない、少ない

人がやっているが、♂の花粉が古い、早い、悪い/♀の蜜が出ていない、出た後につける

めしべの柱頭を傷つけている

花粉を付けた後に水をかけて流してしまう

おもとの花、受粉体制が整うと、メシベの先端に蜜が出る。蜜の出ているときに受粉させる。写真 5月17日

メシベが膨らみ始めています。 20日間前後で受粉したことがわかります。  写真 6月8日

おもと竜爪(りゅうそう)実付きの良い品種です、この木は下の部分しか実が膨らみません。原因 木に力がないため実の付きを制御している。交配が出来なかったため。交配時期に乾燥しすぎた。6月8日

力ダルマ 力ダルマ2鉢、良く見ると花芽に変化があります。同じ兄弟木で右は結実しています。左は失敗。交配時の相性により結実しなかったと思われます。写真6月18日

 

大象観 (たいぞうかん) 9月20日 実にも縞柄が見えます。

 

おもとの実が爆ぜる

イメージ 3
実がはぜています。長雨のあと強い日に当てると爆ぜやすい。9月初めから10月末まで気を付けること。

 

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 11月13日の写真 少し色づく寒さが近づくと変わり始めます。

赤い実が付いたら実を撫でてみるのも楽しみなひとつ。

品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ) 写真12月8日 寒さにあたり実が深紅の色に近づく。虫や人の手で上手に赤い実がついたおもと

万年青の実の付け方

おもとの実をつけるには

おもとの花 実の付け方

 

簡単な実を付ける方法と、赤い実がつかない理由について動画で解説しました。

簡単な実を付ける方法は、虫などで自然に付ける方法と柔らかい筆と使う方法を紹介しています。

赤い実がつかない理由は、実がつかない品種、相性があること、また実を成らせる力がないこと、受粉ができていないことが考えられます。

 

 

 

 

 

赤い実がつかないのはなぜ?

赤い実がつかないのはなぜ?

おもとを持っている人から赤い実をつけたいのだけどどうしたらいいでしょうか?、という相談をよく受けます。結論から申し上げますと、万年青の実がならない理由は3つあります。「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」です。

では、一つづつ見ていきましょう。

錦秀の松(きんしゅうのまつ) 実 8月7日の写真 この時期、実の色は葉の色と同じ。

 

もともと実の付かない品種

一番簡単な見分け方は、1枚の葉の長さが20cm以下は実が付かない、ということです。3.5号以下の小型おもと、特に羅紗系統ではまず実は付きません。原種に近い大葉や実親などの大型のものほど実は付きやすいです。

新生殿 羅紗系の中でも大型のおもとなので、花芽はあがりますが、結実せず、実がなりません。

獅子系は実が付くものも多いですが、くるくるとした葉を伸ばして、葉の長さが20cm以上になれば実はつくでしょう。

仙寿の舞 葉が長くなってくると、実がつきます。

※例外で小さいものでもつくものはありますが、ごく少数です。

まだ実を成らせる力がない

葉の長さが20cm以上あるのに実が付かないことがあります。その場合、まだその木に実を成らせるだけの力がないことが考えられます。万年青の実をつける、ということは、人間の出産と同じで、体力をとても消耗するものなので、万年青の栄養を貯めている、万年青の芋がしっかりと充実しないと、実がなりません。

リン酸肥料がよく効いているとまだ若く力のない時に花芽が出てくることがあります。この場合、でてきた花が途中で腐ってしまう、また、実はなんとかなったが、お正月の赤い実になる前に途中で腐ってしまいます。6月に花芽が出て受粉して、12月のお正月に成熟して赤い実になる万年青の実は、半年以上、実に栄養を送り続けています。どれだけ万年青の体力が必要かわかると思います。

花が出てくる6月前後の作業ですが、和多志たち万年青の豊明園では、体が小さいのに花が来たり実がついても、思い切って切除します。そうすると、来年は大きな花芽が上がり、実が付きやすくなります。

まだ実を成らせる力がない の 対処法は、

肥料をしっかりとやり、元気に育てる。万年青の成長はゆっくりなので、じっくりと木の勢いがつくまで待ちます。焦って肥料をやり過ぎてしまうと根芋を傷めてしまうので、まず待つことが大事です。

 

万年青の花の 受粉ができていない

受粉ができていないことが原因で、実がなりません。外に置いてあるおもとでは虫が少ないと受粉しません。虫の少ない都市部では人が受粉してあげます。

柔らかい筆でメシベから蜜がでたときに、おしべとめしべを撫でてください。受粉させるときには、オシベの花粉がちゃんと成熟していて、メシベの蜜が出ていることが大切です。こちらは詳しく説明すると何時間にもなるので、万年青の交配、受粉ということで記事、動画を説明欄に張っておきます。

 

おもとの交配

 

おもとの花、受粉体制が整うと、メシベの先端に蜜が出る。蜜の出ているときに受粉させる。写真 5月17日

メシベが膨らみ始めています。 20日間前後で受粉したことがわかります。  写真 6月8日

 

また、万年青同士の相性もあり、どんなに受粉をしても、血が近すぎたり、相性の悪いものがあるので、他の品種を交配してみると良いでしょう。

 

おもと竜爪(りゅうそう)実付きの良い品種です、この木は下の部分しか実が膨らみません。原因 木に力がないため実の付きを制御している。交配が出来なかったため。交配時期に乾燥しすぎた。6月8日

力ダルマ 力ダルマ2鉢、良く見ると花芽に変化があります。同じ兄弟木で右は結実しています。左は失敗。交配時の相性により結実しなかったと思われます。写真6月18日

 

まとめ

万年青の実が付かない原因は、「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」

葉の長さが20cm以下のものは「もともと実の付かない品種」です。

木が小さい、まだ若いと「まだ実を成らせる力がない」です。肥料をあげて、じっくりと大きくしましょう。

虫が少なかったり、おしべとめしべの「受粉が出来ていない」と実は成りません。

 

●動画解説 【万年青の赤い実が成らない理由3つ】「もともと実の付かない品種」「まだ実を成らせる力がない」「受粉が出来ていない」

【万年青の豊明園】【Why OMOTO does not bear fruit??】

 

 

 

 

 

 

大象観 (たいぞうかん) 9月20日 実にも縞柄が見えます。

 

 

 

万年青の実の付け方

おもとの実をつけるには

おもとの花 実の付け方

簡単な実を付ける方法と、赤い実がつかない理由について動画で解説しました。

簡単な実を付ける方法は、虫などで自然に付ける方法と柔らかい筆と使う方法を紹介しています。

 

大統領 (だいとうりょう)

分類    大葉系統
作出年代
登録
作出者
命名者
登録者

大統領。大統領の虎と呼ぶ地域もあるが、この覆輪の広葉に、虎を現すものを大統領と古くから鹿児島でいわれている。本州にある大統領の虎は似ているが、甲竜が昇り、葉肉が厚い別物。

大葉の中でも広い葉で、大きくなる。立葉に覆輪をかけ、葉も少しだが波打つ。日を良く採ることで、真っ白の白虎が現れ、大きく表れる大虎、星を散りばめたように現れる星虎は古くからの万年青の美しさを感じさせる。

大葉の雄大さ、ゆったりとした時の流れを感じさせてくれる極希少種。

大統領の本場、鹿児島の作だが、大株立ちの大迫力の作。この木で葉長約40cm。50センチ前後まで大きくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもと鉢 楽鉢

 楽鉢の樂しみ

『古於茂と那よせ』(こおもとなよせ)天保3年(1832年)

『古於茂と那よせ』(こおもとなよせ)天保3年(1832年)現在のおもと鉢とは形状が異なる。江戸時代のカラフルな色彩感覚がうかがえる。  幕臣水野忠暁が選び、絵師関根雲停に描かせた。

現在「おもと鉢」とよばれる楽焼鉢は享保年間(1716~1736年)に幕府御 家人、永島次郎太郎墨林が「縁付」という現在のおもと鉢の原型となる鉢を作らせ「白鳄」「黒鳄」と呼んだのが始まりといわれています。しかし、天保3年(1832年)に描かれた『古於茂と那よせ』を見ると、その鉢は有田焼か九谷焼のようで、染付あり金權手ありで、形も丸形、六角形、八角 形とさまざまで、まだ楽焼鉢ではなさそうです。おもとを植えるのに楽焼鉢が主として用いられるようになったのはどうやら京都を中心に「こおもと」が大流行した明治初期前後からではないかと思われます。明治18年に肴舎篠常五郎が出版した『萬年青圖譜』には「万年青盆」を初め「京黒鳄」や「京黒楽」に絵付けした鉢があり、さらには「太鼓胴鉢」も見られます。

イメージ 2
江戸時代に大きく開花した古典園芸の鉢
「菊花唐草文朝顔鉢」  11.8㎝

金生樹譜別録(天保中頃)「カネのなる木」 万年青の京くろらくが載っている。

現在の万年青鉢の原形が、天保中期にはすでにできていた。天保[文政の後、弘化の前。 1831年から1845年 この時代の天皇は仁孝天皇。江戸幕府将軍は第11代徳川家斉、第12代徳川家慶。]

萬年青部著者 長生舎主人序   天保四年刋(1833年)

現在でも楽鉢は盛んに生産され、さまざまに絵付けされた美しい錦鉢を手にすることができます。形状は基本的には鉢の高さと直径が同じになる「胴返し」という形になっていますが、「縄縁」「太鼓胴」「龍足」など造型に凝った鉢もあり、まるで美術品のようです。おもと専門店や展示会場などで販売されており、目移りするほど多彩な鉢が並んでいます。価格帯もさまざまで、有名な絵付け師の描いた錦鉢は数が少ないこともあり、一際人気があります。ご自分のおもとを引き立てるような錦鉢に植え付け、鉢合わせを楽しみ、おもとの格調をより引き出すことが、育てるから飾る(観賞する)までのおもと愛好の幅の広さともいえます。

古鉢の素晴らしさ

五彩八重菊紋白鍔鉢 江戸後期 3.5号

扇面古代絵巻図鉢 3.8号

太鼓胴藤蔓花絵鉢 江戸後期 5.3号

楽鉢•錦鉢には骨董的価値を持つ古鉢があります。現在製造されている楽鉢にも秀逸な作品は数多くありますが、明治から昭和初期にかけて作られた古鉢には、現代鉢にはない古さ•時代乗りがあり、その落ち着いた雰囲気はおもととの相性も良く大変好まれます。現存する数にも限りがあり、非常に貴重ですので、機会に恵まれたなら是非入手しておきたい逸品です。

希有な逸品揃い 古鉢

おもと鉢は黒地に金の縁•足が基本です。真新しい鉢を見ればわかり ますが、艶があり眩しいくらいに金色が光っています。この真新しい鉢 におもとを植えると溌剌と若々しい印象を与え、おもと本来の歴史と重みを感じる落ち着いた作品には仕上がりません。少なくとも数年は使い込み鉢自体に落ち着きのある雰囲気を出させたいものです。

そこで、最近人気なのが、昭和初期以前に作られた古鉢。時代乗りや鉢の持つ雰囲気はいうことなしですが、現代にはない個性的な形や美しい絵付け•色彩が特徴です。現存する数も限られていることから、入手は非常に困難です。値段も少々張りますが、見かけたら是非入手しておきたいものです。

植え付けたおもととの相性も抜群で展示会等では一際目を引く作品になることでしょう。

立湧文様楽鉢 明治時代 4号

松竹梅に鳥図鉢 明治時代 4.7号

古鉢・短冊屋五柳鉢 3.5号

桜花御所車図楽鉢 21.5㎝ 明治時代後期作

春の麗らかな桜咲く日の御所車という晴れやかな情景を描いている。五色の幕も亀甲や唐草、立湧といった吉祥柄を組み合わせたもので全体が明るい雰囲気に仕上がる。現代の名作家布施覚氏もこの鉢を写して春と秋の御所車を完成させている。東京の有名な歯医者さんが豊明園2代目淳蔵と仲が良く、特別に分けて頂いたもの。この古鉢が特徴的なのは金継ぎです。日本ではものを大切にする文化がありますが、割れてもこうして大事に使ってゆくことで鉢の価値もまた高いものだったのでしょう。

割れた器を修復するだけでなく、以前よりも価値のある味わい深いものにしてくれる金継ぎ。物を大事にする日本の文化として残していきたいです

三色雲富士龍図楽鉢   直径14.4㎝ 高さ 13.7㎝ 大正前後

三色の雲の中を黄金の龍が翔ける様子を描いたもの。迫力のある爪、隆々とした脚、赤い腹、大きな口からは咆哮が聞こえてきそうなほどである。金の鱗や角も丁寧に細かく描いてある。

昭和三年に新潟の石油王中野忠太郎氏に1万円にて譲渡された有名な写真ですが、その時の記念の写真と龍の構図をほぼ同じに破れ亀甲が三色の雲と対応するように描かれています。これらからこの出来ごとの前後か、鉢の状態からもう少し古いものではないかと考えられています。

米1俵10円60銭

鋏あとは足についていて、意匠にくぼみがつかないようにしている。

 

光陽(こうよう) 霰青海波短冊模様鉢 4.5号

 

万年青の鉢について リンク

おもと鉢 楽鉢

おもとの鉢について 縁足金

おもと 鉢 作り方

錦鉢 七々子

おもと鉢  七々子鉢

万年青鉢 布施鉢

おもと鉢  利山・手島

おもと鉢 利山

おもと鉢作家 禅艸道 渡邉一水

万年青鉢 一角楽鉢 

万年青鉢 短冊屋 和楽

万年青鉢 龍山

万年青鉢の文様 菱(ひし)

錦鉢 小菊の魅力

錦鉢にプラ鉢を入れて使いたい方

鉢販売

 

 

万年青の錦鉢

万年青を見ていると、時に美しい鉢にも目を奪われます。盆栽と同じで、盆という鉢と、栽という植物、鉢と植物の調和も含めて鑑賞しています。

特に江戸時代の万年青は、庶民から将軍、大名まで楽しみました。大名が遊ぶ万年青や、将軍に献上する万年青の鉢が粗末なものでは格好がつかないので、当時一流の作家がつき、素晴らしい作品が残っています。

その名残りで、現代も展示をする際は万年青にドレスコードのような規定があり、プラスチック鉢や茶鉢ではなく、錦鉢で着飾って皆様に見ていただくようになっています。

また、この鉢が日本では発達したことで、外の花壇では見逃してしまうような細かな万年青の変化を、床の間や家の中で鉢を手に取って、至近距離で見ることで小さな変化を発見でき、独特な万年青文化の土壌になりました。万年青好きな愛知県豊橋の大名は万年青をカゴで肌身離さず持ち歩き、万年青を抱いて寝た、という逸話が残るのも、この鉢の発達あればこそです。

まとめ

・万年青だけでなく、錦鉢や、鉢との調和も楽しんでください。

・将軍、大名が楽しんだことで、万年青では特に鉢も重視する万年青の世界があります。

・江戸時代に万年青の鉢植えを床の間など家の中で楽しんだことで、突然変異が発見されやすく、急速な発展をとげました。

 

 

抹茶茶碗でも有名な楽焼、薩摩焼、有田焼、瀬戸焼など様々に制作されます。