引越しおもと・天福の霊草

『天福の霊草、引越しおもと』の由来

 

慶弔十一年、徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って三種のオモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ばれて、千代田城に真っ先に持ち込まれ床の間に飾り入城したと伝えられています。
その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」であるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残りをとどめています。
(天福とは天から賜る幸い、天与の幸福、祝事、建築、転居に「吉」であるという)

約400年前からのおもとの彫刻について

江戸時代の神社にも、おもとの彫刻があります。その土地の平安や繁栄を祈ったのでしょうか
おもとの彫刻 
栃木県 日光東照宮 
埼玉県 妻沼聖天山歓喜院  徳川家康によって再興されたが、寛文10年(1670年)の妻沼の大火で焼失した。現存する聖天堂(本殿)は、享保から宝暦年間(18世紀半ば)にかけて再建された
埼玉県 三峰神社
東京都 上野東照宮 慶安4年(1651年)家康の孫である徳川家光が改築したもの
静岡県 久能山東照宮    1617年元和3年)徳川家康の命で建立 家康がなく  なったとき最初に建てられた
愛知県  六所神社1636年徳川家光の命で建立 徳川家康がお宮参りをした

 

京都府 北野天満宮  慶長12年(1607年)に建立
 平岡八幡宮 江戸時代末期に画工・綾戸鐘次郎藤原之信 花の天井画
福岡県 英彦山神宮 元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

おもとの虫 

おもとの害虫 カイガラムシ

カイガラムシはオモトの葉の養分を吸収し弱らせます。カイガラムシが発生すると、蟻が寄ってきます。又スス病という黒い幕を張ります。

 カイガラムシ

蜜を分泌するのでアリがやって来ます。又アリが他のオモトにもうつします

カイガラムシは硬い甲羅に覆われています

カイガラムシ

暖かい地方では3月~10月に発生、孵化します。大きくなる前に(幼虫の内にハブラシや硬い筆で取り除く) 農薬散布通風が悪いと発生しやすい。通風の良い場所に移動。

病虫害防除

病害虫の種類と発生は万年青は他の植物と比較してもそれほど多いものではない。しかし油断していると被害に遭うため、定期的な薬剤散布は欠かすことが出来ない。動物と違って一度被害に遭うと元の状態に戻すことは不可能となるため、薬剤散布は予防的な意味の作業といえる。

○マラソン乳剤   2000倍
○スミチオン乳剤  1000倍
◎スプラサイド乳剤 1000倍
◎カルホス乳剤   1000倍

などの薬剤に展着剤を加えますと効果的です。7~10日おきに数回連続して散布します。薬剤は同一のものを使うと免疫ができて効能通りの薬効は得られないため、数種類の薬剤を交互に散布することが効果的です。

◎オルトランDX粒剤の場合は4号鉢に1gを目安(浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、植物全体を害虫から守る効果が持続します。)

カイガラムシ
カイガラ蜜を分泌するのでアリがやって来ます。又アリが他のオモトにもうつします。
農薬散布
朝夕の涼しい時に散布してください。葉の表、裏側を丁寧に散布。
農薬散布をする時は一揆に全体を散布します。夏の場合散布する時は夕方、気温が下がってから。
(半日くらい雨が降らない天候の時に散布してください。)
虫に抗体ができますので農薬を時々かえること。
農薬は説明書をよく読んで希釈倍数を確認すること。

 

万年青の管理 

万年青のお棚 春から秋までの管理

おもと自作棚について 6月下旬の写真 
単管パイプを使った自作棚
上は人が頭がつかえないぐらい、よしづ一枚を引き、春から秋11月終わりごろまでそのまま雨よけはせず、雨にはそのまま当てます。
単管パイプならほとんど工具要らずで自作できます。棚の上と下で日の強さを加減したり、午後から建物の陰になるようにします。
少し広くなると、場所ごとに日の当たる長さも違ってくるので、
羅紗や縞甲、太陽などは強め、獅子は中間千代田、大葉は少し弱め
で薄い葉の焼きやすい物は気を付けます。おもとは強いので、なれれば千代田でも羅紗のとなりでも十分育ちます。
棚の中から日が良く射す、明るいお棚

愛玉殿も新生殿も大勲も、日が強いので覆輪はとても深い、もともと棚入れ時から覆輪の深い系統を選んで棚入れしているので、より作っていく楽しみがあります。
棚の横
横に板を引き、その上に金枠を下にもおもと、時間帯によっては棚下にもしっかりと日が射す。冬場、霜が降りるようになってから、
いわひばをこの下に入れ、ビニールを被せて冬眠させる。おもともそうしてもいいかもしれません。
素晴らしい太陽の深覆輪
ここまで深くなります。手前にのっているのは、ワラ灰の使ったあとの袋、もったいないので置いているそうですが、その下に根が良く集まっています。
桑炭の中にも良く根が入っていますが、カリ分を求めてでしょうか

ワラ灰

豊明園では特に、夏と冬のおもとが休眠する時期にあげています。
これから8月にかけてと、冬、12月から2月です。おもとの成長が止まっている時にやっています。芋が締まり、葉がしっかりとします。

液肥

成長期にやっています。今も天気の良い日に薄~い液肥をやっています。3000~8000倍です。夏場は濃いものや、遣りすぎはよくないので、濃さに気を付けます。

日光東照宮 万年青彫刻 栃木県

世界遺産 日光東照宮 

徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材
引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が
旧社務所(現在は美術館)この奥に現在の社務所があります。2013年7月

おもと彫刻 

おもとを蛙股の中に描かれています

世界遺産 日光東照宮 

 徳川家康公が祀られている日光東照宮を尋ねる。おもと彫刻の取材、引越しおもとの由来に基づき、日光東照宮におもとの彫刻が沢山あります。
おもと彫刻   竹・梅・萬年青
おもと彫刻を見ると実が付いている彫刻が多いです。昔は実付きおもとを大事にしていたことが分かります。

世界遺産 日光東照宮 引越しおもとの由来に基づき、陽明門 におもとの彫刻が

陽明門
おもとの彫刻
陽明門
おもとの彫刻 日光東照宮にはおもとの彫刻が31あります。
柱の左に万年青 金の覆輪にたわわな実
金の覆輪に万年青の実
万年青 歴史彫刻

10/17-19 万年青栽培記録

水苔 ニュージーランド 3キロ 4A 最高級品 入りました

大葉、引越しおもと、実生、薄葉のページを更新しました

 

 

10/17-19 万年青栽培記録

10/17-18 なし

日がまれに強いことがあるので、日よけはその都度

10/19 高くて22-23℃

朝 薄い竹酢液(200-300Lの甕にキャップ1-2杯)を水やり代わりに

夕方16時よりベンレート、オルトランの1000倍で消毒

豊明園に昔からあるおもとなら消毒をしなくても大丈夫ですが、

仕入れで外から入ってくるこの時期は消毒を特に気を付けてします。

 

 

おもとの豊明園

 

英彦山神宮 万年青彫刻 福岡県

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す

江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した

おもとの花言葉
厳しい冬でも常緑なことから
「永遠の繁栄 「長寿
心をこめた贈り物に最適のおもと

英彦山神宮(ひこさんじんぐう)
九州、福岡県田川郡添田町の英彦山にある神宮にいってきました、霧がでて、神々しい雰囲気です

奉幣殿

英彦山神宮(ひこさんじんぐう) 日子山神社 400年前(1616年)の万年青彫刻
福岡 英彦山神宮  元和2年(1616年) – 細川忠興による再建 入母屋造り、こけら葺き
伊勢神宮の天照大神の御子(日の御子)から日子山神宮と言われていた。819年、嵯峨天皇が日子山を「彦山」に改めたとされる。
万年青が正面にある神社は珍しい 国指定の重要文化財にもなっている古来よりの霊山です。

 
拝殿正面に、素晴らしいおもとの彫刻があります。
堂々とした葉姿に、赤い実が美しいですね。

堂々とした400年前、江戸最初期の万年青彫刻
この奉幣殿は久能山東照宮より1年前の建立
いくつか虫食いが見られる それもまた自然の姿

宮司さん曰く、常に変わらぬ「青葉」で永遠に続くと云う意味相だそうです、わざと虫に食われた葉を再現しています。古来より伝わる英彦山神宮のように、おもとの彫刻のある寺社仏閣が全国にあると思います。それぞれ、永遠に続く青葉だったり、土地を治める、といったことからおもとを彫ってあります。もしお近くにおもとの彫刻のある寺社仏閣ございましたら、是非ともご連絡ください。おもとのより深い歴史が分かってくるはずです。

万年青の万年、青々としている姿が、
この英彦山神宮の精神を現している

上宮への鳥居

登山コースにもなっていまして、装備のしっかりしたひとが上がっていく姿も、職員さんがいうには、8月には石段を駆け上がって登るイベントもあるとか
ケーブルカー
英彦山神宮の奉幣殿までは石段を登るか、このケーブルカーでいけます。ここまで車で来れるので、登山や石段はちょっと、、という人も大丈夫です。
英彦山神宮 案内図
境内のおもと
昨年少し崩れたようですが、また新しく芽吹いてきました。
英彦山神宮 日子山神宮 400年前(1616年)の万年青彫刻
九州、福岡県田川郡添田町の英彦山にある神社
江戸時代には42万世帯の檀家をもち、古くから修験道の山として栄えています。
登山としても多くの方がきていました。また車でもケーブルカーで写真の奉幣殿までほぼ石段を登らずにいけます。20段ほど、1-2分で着けます。
パワースポットと言われているそうですが、山全体が神聖な空気に包まれ、心があらわれるようです。
この町が田川郡といいますが、元々、鷹の羽という里の名前が変化したそうで、天照大神の子が鷹の姿でこの山に降り立ったことから、奉幣殿でも鷹を祀ってあります。

六所神社 万年青彫刻 愛知県

おもとは万年青と書き、万年の繁栄を現す

江戸時代を始めるにあたり、徳川家康公が万年青3鉢をその身にたずさえ、最初に江戸城に入城し、床の間に飾り繁栄を祈願した

徳川家康がお宮参りをした 

岡崎・六所神社にも、おもとの彫刻がありました。 三代将軍家光が社殿を再建しました。六所神社 安産の神様として祈願をする人が多いです。 

愛知県岡崎市明大寺町耳取44   豊明園から車で15分の場所

楼門  重要文化財 貞享5年(1688年)
松平氏(徳川)発祥の地松平郷の六所神社より祭神の勧請を受けて創建したものです。徳川家康の産十神として江戸幕府の厚い保護を受けました。石段は家康の命日にちなんで17段で作られています。昔は五万石以上の大名しかこの石段より上に上がれなかったそうです。

楼門 重要文化財
貞享5年(1688年)楼門は4大将軍家綱が寄進したものといわれています。

三代将軍家光公の御真筆の『六所大明神』御額

松平氏が三河入国以来、代々崇敬厚く天文11年(1542)12月26日岡崎城にて竹千代君(徳川家康公)ご誕生の折には産土神としてご拝礼になった。
拝殿 重要文化財
寛永11年(1634年)三代将軍家光公が再建したものです。
寛永11年から13年(1634~36)にかけて、御普請奉行本多伊勢守と神主大竹大膳久次により社殿および神供所をご造営されました。この時に本殿、幣殿、拝殿を連結し華麗な彩色を施した権現造の社殿が完成。彫刻や色彩が華やかです。
幣殿
幣殿の中央右上に彫物のおもと
金覆輪のおもとに赤い実を付けている万年青彫刻。すこし葉が波うっています。

神供所 重要文化財
寛永11年(1634年)

神供所 重要文化財 右から2番目の位置に蛙股の中に2株のおもとが彫られていました。
万年青の歴史

白雲閣 (はくうんかく)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和25年
登録    昭和46年
作出者    橋本庄松 (愛知県)
命名者     安井勝太郎(愛知県)
登録者    安井勝太郎(愛知県)

白雲閣(はくうんかく) 6年生 鉢3.8号

葉長7cm、葉幅3㎝内外の中型種。腰折れが低く、平葉型で、熨斗葉、本剣、棒葉、葉面溢れるばかりの総雅糸竜を見せる。濃紺地に純白の鮮明な覆輪をかける。葉面を純白な糊に覆われた姿は魅力的である。少し芋が柔らかいので、肥料は少なめが良い。子出し良く、繁殖は良い。

白雲閣(はくうんかく) 6年生 鉢3.8号 白い深覆輪に雅糸竜を現し葉の折下げ襟組みが良い。性質は強健で作りやすい。

万年青 力和の話

おもと 力和(りきわ)

羅紗の大人気品種、力和について
お客様からお便りを頂いたのでご紹介します。
この品種の魅力は、力和でしか味わえない芸、丸葉の可愛らしい姿、その変化と、たくさんあります。
杉山力蔵氏と岡田和吉氏が共有したため、『力和実生』と呼ばれ
親しまれていた。昭和48年に待望の覆輪が完成。実生時代から常に人気で、三河地方では当時100万円以上の値が付いて、喧嘩するほどの奪い合いだったそうです(豊明園2代目談)。
今回、お客様から力和についてお便りをいただいたので紹介します。この方はこの力和でちょうど5鉢目になります。

今回注文の入門品種2-9の力和は、芸が優れている品です。薄縞ということですが、写真が暗く、全体に極薄い縞が入っているのか、部分的に細い縞が入っているのか不詳でした。

記憶では、ホ–ムぺ-ジのトップを飾った品ですから悪い筈がありません。デモのように斑がちょっと入っている様に見えます。

実生の写真を見ていると、力和が恋しくなります(一番最初にポケットカラ-で印象に残ったのが①お多福の図②力和③玉堂④楼蘭⑤瑞泉でした)。青でも良いです。現在、4鉢ありますが(覆輪1、縞1、青2)この芸に優るものは、そうそうありません。

実は、昨日、隣のペットショップの店主(蘭全般、イワヒバが好き。現在は、山つつじの大株の盆栽に専念中。写真はプロ級、八ッセルを使っている←25年前私が指南しました)とカメラ好きの友人に、おもとを色々見せました。

結果は、1位:大葉千代田の株立ち(実2)、2位:獅子の花実生(至芸に近い)、3位:福の光(子3本)、4位:力和(青)でした。

判断基準は、「写真の被写体としてどうか」でした。株立ちと至芸の、バランスと迫力が写真家のおめがねに止まったようです。盛んに羅紗をアピ―ルしたのですが、宝石のようだなと言ってくれたのですが小さいだけに反応が今一でした。錦鉢は興味がありました。

その中で、なんと力和の青を見た時、これすごいな!と反応しました。同じ力和でも、覆輪、縞には芸が出ているのに反応今一です。訳を聞いたら、単純明快です。女性の神秘を感じる、青の方が生々しいとのこと。蘭の花も(唇弁に)似たようなところがあります。(笑い)

ということで、そういえば力和の薄縞があったな!となった訳です。たまたま、おもと連絡で50年愛される、おもとに力和が入っていたのも何かの縁です。

以上です。一部を抜粋し、少しお客様に直して頂きました。このお客様のおもとにかける愛情や、情熱は素晴らしいです。また、つりや書道でもテレビや雑誌に紹介されたりと、プロ級の腕前で、栽培やおもとの研究も並々ではなく、またそういったものもご紹介していきたいです。

万年青 力和(りきわ)

万年青の葉芸

omoto
おもと葉芸の変化 力和 (りきわ)

 

力和 (りきわ) 3.3号鉢 1年目 芋吹き苗 広葉に薄い覆輪を見せる。

力和 (りきわ) 3.3号鉢 2年目 少し覆輪も深くなり葉肉も厚くなります。

力和 (りきわ) 3.5号鉢 3年目
雅糸竜が葉全体に現われ本芸を見せ始める。

力和 (りきわ) 3.8号鉢 5年目 葉芸を現し、特徴を全体に現す。

力和 来歴