大雪山 (だいせつざん)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和31年
登録    昭和33年
発見者   不詳(千葉県)
命名者   山口菊喜久一郎(東京都)
登録者   大山実(東京都)

「都の城」に図斑が現れたもの。濃緑色の葉一面に純白で大きい図を全面に現れ、所々に緑色の水玉模様が残る。図の冴えは良い、葉長60cm、葉幅6㎝内外、立ち葉性で雄大な品物。大雪山の山口性から根変わりして葉が少し厚くなり龍巻状の葉形になり図が絞り込む「竜巻性」、「佐野性」、「七夕性」などさまざまなずの特徴があり培養意欲をかきたてるものがあります。 性質は強健で作りやすい品種です。

「都の城」に雪白の図が入る品種。濃緑色の葉に図を全面に現した物、立ち葉で雄大な品物。大雪山の中に七夕性・山口性・佐野性など色々な図の特徴の物があります。性質は強健で作りやすい品種です。図が時には抜ける場合もあります。

大雪山 2年生

大観 (たいかん)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和32年
登録    昭和40年
発見者   平見修造  (新潟県)
命名者   久保徳一  (鹿児島県)
登録者   日本おもと協会

葉肉の厚い「都の城」に、白く鮮明な覆輪が現れて紺性の強い葉を縁取り、その中に無数に広がる吹雪状の打ち込みず、純白で大きい流れ図等が現れる。葉長60㎝、葉幅6㎝内外。立ち葉性である。「大観」には、雪白な図が特徴の小原性、図量の多い源平性、源平性から根変わりした秀宝大観など各種の血統があり、人気が高い。性質は強健である。子上げも良い。日差しは遮光ネット越に当てると良い。

葉肉の厚い『都の城』に吹雪状の打ち込み図や純白な大きな流れ図をみせる。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。実付き良く繁殖良い強健品種。 

葉肉の厚い『都の城』に吹雪状の打ち込み図や純白な大きな流れ図をみせる。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。実付き良く繁殖良い強健品種。

太陽殿の図 (たいようでんのず) 

分類    大葉系統 覆輪系 虎
発見年度    平成元年
登録    平成6年
発見者   別府哲朗 (宮崎県)
命名者   別府哲朗 (宮崎県)
登録者   別府哲朗 (宮崎県)

「太陽殿」に鮮明な図斑が現れたもの。濃緑色の葉に黄白色の大覆輪が幅広く葉先まで深く現れる。光沢のある葉に流れるような図や、雪白に冴える打ち込み図があらわれる。葉長50㎝、葉幅8㎝内外でやや立ち葉。原木が「太陽殿」なのでそだてやすく子上げも良い。採光は遮光ネット越しに充分とる。

  「太陽殿の図」 1年生苗濃緑色の葉に黄色い深覆輪をあらわし打ち込みの図柄を見せる。性質は強健繁殖良い。

聖紀の誉 (せいきのほまれ)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和38年頃
登録    昭和40年
発見者   不詳(千葉県)
命名者   榎本敏一(神奈川県)
登録者   榎本敏一(神奈川県)宮崎市太郎(東京都)

『五大高嶺』に図が現れたもの。葉長45cm、葉幅6㎝内外で葉先にかけて少しふくらみがある。紺性の強い照りのある地合いで葉肉厚く、白い深覆輪を現す。図は流れるように大きく入るものから星状や大小さまざまな形となって葉全面に現れる。図性に良否があり、図性の良い物は人気も高い。性質は強健で子上げも良く、作り易いとても美しい木。

流れるような図と星のような散りばめた図

図の面白さは、毎年確実に綺麗になるという保証がないところ。毎年同じ木で賞がとれることはなかなかありませんし、いきなり今年素晴らしい図になったということもあります。性の良い物なら、初心者でもビギナーズラックがあります。この変化が面白くて、ベテランの上作者さんほど、好んで挑戦している品種です。賞を狙うなら、一枠(10鉢)良い物を揃えたいですね。

紫雲楽 (しうんらく)

分類    大葉系統   中型
発見年度  昭和60年頃
登録    平成8年
発見者   不詳
命名者   熊谷半一 (新潟県)
登録者   熊谷半一・熊谷涼子 (新潟県)

「長寿楽」の実生に図が現れたもので、独特の変化をする葉芸、稀に出る角のよぅな葉は、大葉系の中では特異な中型種。絞り•捻りも出る。葉先は尖り、薄い葉は雪白の図が多く入る。陽を多めに採つたほぅが図の冴えが良く、芸が良くなる。性質は強健◦肥料は少なめに。繁殖良い。

大きく虎のように出る図や、細かく打ち込むように出る図がより華やかに見せてくれる。葉の中では異質図性特に美しく、特徴である絞りもあり数も少なく楽しみ、これは全国大会入賞木の系統。

長寿楽の血を引くので、角のような葉や尖った葉を見せる。ひねりも見せ、龍巻都の図にも似た独特の姿に。図が葉を引っ張るような感じでひねりをみせる。実生長寿系の他にない独特の姿 面白さがある。

葉長40cm、葉幅7㎝内外の中型種。「長寿楽」の実生に図が現れたものであるため、独特の角のような葉が出ることもある。図性は雪白で、編み目図も出るが、冴えてくると純白の絞り図とひねりが出て「龍巻都の図」のような姿になる。性質は強健で殖えも良いが、施肥は少なめに長く継続させるような与え方が良い。採光は、やや強めにしたほうが、図の冴えが良くなる。一度この大柄の図を見た人は、棚入れして栽培したくなる。

黎明 (れいめい)

分類    大葉系統 曙系
作出年代     昭和56年
登録    平成8年
作出者   渡辺勲 (愛知県)
命名者   大塚竹彦 (埼玉県)
登録者   軽部常之 (東京都)

曙虎の現れる羅紗系の先駆けといえる。左右に大きく広げた葉姿は優雅に折下げ、大きく現れる曙虎は見る人を引き付けてしまう。非常に強健で、虎斑も現れやすい。子上げも良く作り易いので、一度は手掛けてみたい品種である。

 葉先尖る広葉で紺覆輪に縁取られた白黄色の 曙柄は非常に美しく、見飽きることがない。

桜岳錦 (おうがくにしき)

分類   大葉系統 縞柄
作出年代 昭和60年
登録   平成18年
作出者  渋谷茂夫 (鹿児島県)
命名者  有村實一 (鹿児島県)
登録者  有村實一 (鹿児島県)

 

昭和60年鹿児島県にて、大葉羅紗系の「大錦」と曙系の「白鶴殿」の交配により生まれる。「達磨」は本種と実兄弟である。本種は作出者の名前から長い間『渋谷実生』と呼ばれていたが平成18年に登録され命名されました。姿は葉幅が広く立ち葉で葉肉も厚く覆輪と黄白色の縞を現し力強い葉姿となる。比較的縞柄の狂いも少なく、繁殖力も旺盛で作り易い初心者の方にもお勧めの品種です。株立ちに仕上げると一層本種の魅力が増す。採光は遮光ネツト越しに、肥料は普通で良い。

少し丸葉型の受け葉

薩摩大王 (さつまだいおう)

分類    大葉系統 曙系
作出年代     昭和
登録    平成24年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者

大葉系の中では大型になるが、首元はガッシリして太く、立ち葉性で、葉先はやや丸みがあり、紺性が強く光沢がある葉に白い覆輪を見せる。数多い曙系の中でも特に紺性が一段と冴え、力強い美しさは抜群である。性質は強健で育てやすく、曙虎は暗みやすいので、採光は十分強めにする。

薩摩大王(さつまだいおう) 覆輪は葉先にかけて薄くなる。

凱旋 (がいせん)

分類   大葉系統 縞柄  江戸おもと
作出年代 明治28年頃
登録   昭和40年
作出者  中村弥早太郎(鹿児島県)
命名者  中村弥早太郎(鹿児島県)
登録者  日本萬年青連合会

 

大葉縞柄おもとの代表格。ズバッと大柄にはいる棒縞は、他の縞ものにはない豪快な魅力 があり、縞ものの至高の品。広葉で受け葉、丸みのある葉姿は、その縞柄の魅力を生かしている。葉長50㎝、葉幅12㎝内外。性質は強健。採光、肥料は強め。子上げも良いが、人気で品数が少ないため需要が供給を大きく上回っている。

棒縞:大きく入る縞荷  櫛目縞:櫛の目のように入る細かな縞柄

凱旋(がいせん) 6年生 鉢 6.0号
大葉系統の縞物を代表する品種で日露戦争祝勝会にあやかって命名された。葉肉が厚く濃緑色の艶消しの地合いにに白覆輪をかけ、黄白色の棒縞が美しく現われ、又刷け縞も入り美しく見せます。受け葉で葉巾が広く丸いのが特徴。性質は強健で子上も良い、実付きも良い。

棒縞:大きく入る縞荷  櫛目縞:櫛の目のように入る細かな縞柄

旭光殿 (きょくこうでん)

分類   大葉系統 縞柄
作出年代 大正7年頃
登録   昭和 年
作出者  永吉新八郎 (鹿児島県)
命名者  米山慶助 (鹿児島県)
登録者

 

親木で葉長40~50㎝、葉幅8㎝内外。「凱旋」に似ているが、覆輪はやや広い、葉は基部から葉先に自然に尖る。葉面の光沢、紺性特に良い。刷毛縞で良くできたときは、黄色、白色。乳白色の三色を現す。特徴武町の永吉新八郎氏が「凱旋」の種子をまいて作出されたものを迫氏が譲り受けて「凱旋」と称したので、当時の趣味者は「迫凱旋」と呼びました。昭和29年米山慶助氏が中間一平氏より買って「旭光殿」と改名して池田享氏へ譲ったものです。「凱旋」と異なるところは刷毛縞が棒縞の間に入るので区別できます。葉型は「小久保高嶺」とよく似ています。