熨斗葉(のしば)

江戸時代からのおもと  

品種 折熨斗 (おりのし)

この万年青が折熨斗芸の元になっているおもとです。中型ですが、きちんと折熨斗の芸が見えると思います。

古くは、天皇陛下お買い上げの万年青として、折熨斗縞(折熨斗に縞の入ったもの)とお多福が記録が残っており、由緒あるおもとです。この折熨斗も今の現役で実親として使えるだけでなく、価格はそこまでではないですが、今では非常に稀少な江戸万年青としても人気です。折熨斗芸は雅糸龍と比べて、繊細なイメージがあります。折熨斗芸がメインの品種も、数がそんなにあるわけではないので、集めていくと面白いでしょう。     熨斗芸を見せる品種 『翠峰』 『幽谷錦』 『天人冠 』

力和も熨斗芸も含めた多彩な芸をみせます。

熨斗葉(のしば)  品種 幽谷錦(ゆうこくにしき)
葉の縁が元から葉先にかけて祝儀に使う折熨斗のような形の葉を言う。熨斗芸とも言う。

熨斗葉(のしば)  品種 幽谷錦(ゆうこくにしき)
葉の両側の縁が熨斗を折ったように折れているもの。熨斗芸とも言う。
 

 

 

しかみ

しかみ  品種 国の花(くにのはな)
葉の葉脈に添って凹凸の見える葉。(全体に現われています)
しわのよる葉、地肌が荒れて見えます

群雀(ぐんじゃく)

群雀

読み
ぐんじゃく

別名
雀(すずめ)

意味
葉の先端にできるくちばし状の盛り上がり。
基本は純白ですが弱く触ったり強光に当てると茶色くなる。

群雀(ぐんじゃく)  品種 玉雀(たますずめ)
葉の先端に白く雀のくちばし状のように見える葉。
成長すると小さくなります。

白い雀はだんだんと茶色くなっていきます。(陽を摂りすぎると)

雀の白いところにティッシュなどを巻くことで正月にきれいで、大きな雀を見ることができます。

裏雅糸竜(うらがしりゆう)

裏雅糸竜(うらがしりゅう)  品種 金龍閣(きんりゅうかく)
葉裏に雅糸竜を見せる葉。多くの人がびっくりしてしまうこの芸。

葉の裏側の芸は、この裏雅糸龍や裏玉竜、また、逆鉾(さかほこ)も葉の裏に芸がでます。これら、葉の裏の芸が特徴の品種を大きくまとめて、裏芸品種と呼んでいます。万年青の芸は表に現れるものという常識を打ち破ったおもとたちです。

特にこの金龍閣は芸が強く、裏雅糸龍の代表品種です。強すぎて、葉の表がほとんど、もしくは、全く見えません。芸の力強さが特徴のこの品種は、裏玉竜も現し、迫力満点です。裏玉竜は雅糸龍の中にみえる、こぶのようなものです。もちろん、病気ではありません。

万年青の芸の奥行きの深さを感じられるおもと。非常に珍しいですが、ぜひ楽しんでください。

 

裏雅糸竜(うらがしりゅう)  品種 金龍閣
葉裏に雅糸竜(甲竜が筋状にいくつも現われる葉)を見せる葉。

稚葉(ちば)

稚葉(ちば)    品種 新生殿(しんせいでん)
葉繰りの最初に出る短い葉。本葉と本葉の境にでる短い葉。

この稚葉は、大葉から小葉まで、すべてのおもとででます。葉繰りの終わりに出る葉、ともいえます。他の本葉とは明らかに大きさが違うので、すぐにわかると思います。葉が2年、3年とたまってくると、間に稚葉が確認できるので、この木は何年葉がついてるね、とわかります。

裏竜(うらりゆう)

品種逆鉾(さかほこ)

葉裏の基部に甲竜が現われる形の葉を言う。
逆鉾の場合甲竜と鉾を現します。
特徴の現われやすい代表的品種逆鉾 阿波日月・環城楽の図など

小波葉(さざなみば)

葉の縁や甲竜が小さな波形になっている形のこと。「びり」とも言う。

葉の縁や甲竜にも現われる細かい波がいくつもウェーブする模様。ビリとも言う。
特徴の現われやすい代表的品種 天人冠・九重錦など

 

獅子葉(ししば)

  品種 鶴の舞(つるのまい)
葉先が葉裏に沿ってカールした葉をいう。カールの仕方によって丸く巻く丸巻きと、巻き方が角ばって巻く角巻きがある

おもとの獅子の歴史は古く、江戸時代から獅子は存在します。玉獅子参照    http://www.houmeien.co.jp/newpage211.htm

広く植物を見渡しても、ただ葉の巻くという種類だけでおもとほど品種があり、多種多様な巻き、芸、変化と面白みのある植物はないでしょう。伸ばせば30センチはあるんじゃないかという獅子、玉獅子のようにゆったり優雅に巻く獅子、四君子のように強く激しい巻きを魅せるもの、五万石のように巻きに繊細な絹雅糸龍をみせるものなど、品種ごとにみていくほど、より面白さは増します。

始めてみる方は、水忘れてるよ!病気じゃないの?盆栽みたいに針金でわざわざ巻いているんでしょ!?なんてことも言われる獅子葉。もちろん水はしっかりやっていますし、病気ではありません。おもとは自然のままを楽しみますので、針金も使いません。自然にこのように葉が巻いていく様子は神秘的でもあります。

おもとは一葉の中に森羅万象を現すの言葉通り、獅子を現す獅子系統。気品のある巻き、芸を是非楽しんでみてください。

代表品種 四君子 五万石 縞獅子龍のり