図柄 (ずがら)

   万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 図柄 (ずがら)

品種 天旭宝(てんきょくほう)
縁の葉の中に白い大小の柄が混ざる白い斑ことを、図柄と言います。
図柄の形はさまざまで、木目の形や網目の形又図柄が流れるように入ったり星の様に見えたりとさまざまな形で見える物です。図柄は白く鮮明に入った物ほど価値が高いです。

葉芸 図柄  品種 残雪(ざんせつ)

境のはっきりとしたモザイク状の白い斑。柄は毎年変わる。絞りを現すことも。

絞り (しぼり)図があることで、葉が絞ったようによじれること。

葉芸 図柄  品種 残雪(ざんせつ)

図(ず)白い大小の斑点状の斑が葉の基部から葉先にかけて現れるもので、この斑が現れると値打ちが数倍、数十倍となり大変喜ばれるが、遺伝性のないキメラ斑である。斑の形状によって木目状に入る木目図、網目状に入る網目図、大小の図が流れるようにつながった流れ図、雪白の図が打ち込まれたように凹凸となった打ち込み図など変化に富んでいる。雪白なものほど上質で、品種によっては血統(性)がある『地球宝』『根岸松の図』『お多福の図』『家宝都の図』など多くの品種がある。

葉芸 図柄  品種 家宝都の図(かほうみやこのず)

図柄の品種
小葉系統 玉雀の図お多福の図長生殿の図寿
獅子系統 輪波獅子
中葉系統 世界の図富士の図雪中の松地球宝根岸松の図
大葉系統 聖紀の誉大観大雪山天旭宝家宝都の図聖光都の図

紺覆輪 (こんふくりん)

万年青の葉芸 斑の種類(柄)


葉芸   紺覆輪(こんふくりん)・青覆輪(あおふくりん)

葉の縁が濃緑色に縁取った物を言う。縞や覆輪が変化してなります。

葉芸   中透け(なかすけ)
葉の中部分が黄色又は白色に抜けている状態を言う。縞が変化しておこります。

葉芸   紺覆輪(こんふくりん)・青覆輪(あおふくりん)
葉の縁が濃緑色に縁取った物を言う。縞や覆輪が変化してなります。通常、紺覆輪と呼ばれ、葉の縁を青く縁どっている斑のこと。

打ち込み柄 (うちこみがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸  打ち込み柄(うちこみがら)・打ち込み斑 品種(三光の松)
細かく斑点のように流れた斑このような物を千代田斑とも言う。
葉の縁、濃紺緑色の部分を青覆輪(紺覆輪)とも言う。

通常、千代田斑と呼ばれている斑の中でも、根岸斑とほとんど同じ斑模様ながら、白地と線状の青斑が凹凸となっているためこの名があり、根岸斑より鮮明どが高く美しい。千代田系に見られる斑で遺伝性がある。

 

葉芸  打ち込み斑(うちこみふ)
品種(三光の松)

半柄 (はんがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   半柄(はんがら)・半白柄(はんぱくがら) 

品種  錦麒麟(きんきりん)
葉の片側半分が黄色や白くなったものを『半白柄』とも言う。縞や覆輪が変化して葉の片側半分が黄色や白に抜き取ったように入る斑。

半柄  品種 縞柄のおもとにおこりやすい。

葉芸   半柄(はんがら) 品種  錦麒麟(きんきりん)
葉の片側半分が黄色や白くなったものを『半白柄』とも言う。
縞や覆輪が変化してなります。

胡麻斑柄 (ごまふがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   柄 胡麻斑(ごまふ) 

品種  (鳳)
葉一面に散りばめられたようなこまかくて小さな白又は黄色い斑模様をいう。

葉芸   柄 胡麻斑(ごまふ) 品種 錦明鳳 (きんめいほう)
黄色や白の小さな斑点状の斑が葉全面に入るもので、胡麻を散りばめられたようなこまかくて小さく入ることからこの名がある。この系統の多くは、後ろに『鳳』の字が付けられている物が多い。

胡麻斑 品種
羅紗系統 寿岳萬寿鳳
薄葉系統 錦明鳳天司鳳・金剛錦

 

 

駿河柄 (するががら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 駿河柄(するががら) 

品種 駿河富士(するがふじ) 9月撮影
濃緑色の葉に白色のちり斑を現す。涼しい場所で管理すると鮮やかさが増す。

 

葉芸 駿河柄 品種 駿河富士(するがふじ) 12月撮影
濃緑色の葉全体に雪白の虎斑が散りばみ美しい。

白斑柄 (しらふがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   白斑(しらふ)

品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ)

葉の色が薄緑色で細かい霧を吹いたような物を言う。

葉芸   白斑(しらふ)
葉の色が薄緑色で細かい霧を吹いたような物を言う。品種 虎額宝(こがくほう)

葉芸   白斑(しらふ)  品種 瀬戸の松(せとのまつ)

根岸斑、打ち込み斑と同様で、よく似ているが冴えや鮮明度に欠けて、やや濁りのある斑という印象となる。根岸斑、打ち込み斑より遺伝性が強く、獅子系など多くの実生品種が作出されている。『美鳳』 『金城の松』などがある。

砂子柄 (すなごがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 砂子柄 (すなごがら)

品種 砂子獅子(すなごしし)
葉の縁から中央の緑に混ざるまでの白い斑ことを、砂子斑と言います。
白と緑の斑が交じり合い砂を散りばめたように見える物です。

葉芸 砂子柄 品種 砂子獅子(すなごしし)

淡い緑色の葉の縁に砂子斑が現れる

葉芸 砂子柄 品種 阿賀野川(あがのがわ) 

白っぽい葉の中央部は帯状の青があり、白地の部分に向けて細かい青砂を吹きかけたように入る斑。『錦王雀』など群雀系の品種に多い。

 

砂子柄の品種
小葉系統 玉雀・錦王雀・瑞雲海豊年雀白鶴楊貴妃
獅子系統 砂子獅子
中葉系統 錦昇龍大王雀
大葉系統 阿賀野川出水の光江戸川

矢筈柄 (やはずがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 矢筈柄 (やはずがら)

品種 矢筈晃明獅子(やはずこうめいしし)
葉の表側は緑の葉に白い柄を見せる。葉の裏側に矢羽根の柄を現します。品種によりはっきりと矢羽根の柄をみせない物もあります。出芽の時は黄色の柄で日光を当てて管理すると白くなります。

葉芸 矢筈柄 品種 錦孔雀(きんくじゃく) 8月撮影

葉芸 矢筈柄 品種 関白(かんぱく) 8月撮影

春から午前中5時間採光した状態。出芽が純白。

矢羽根のように虎が現れることからこの名がある。

 

矢筈柄の品種
薄葉系統 関白白蝶・白鷹・錦孔雀雪雷・牡丹実生
獅子系統 矢筈獅子獅子の花神楽獅子春雪

中葉系統 関白
大葉系統 白世界・荻島錦

高隈柄 (たかくまがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   柄 高隈斑(たかくまふ)

品種 太白山(たいはくざん) 別名本高隈
葉の中部分に白い虎模様の斑をいう。

 

葉芸   柄 高隈斑(たかくまふ) 品種 鷲高隈(わしたかくま)
出芽の時期は薄黄白色から 段々と左の純白の白に変わります。
7月から9月末にかけて

 

高隈斑 品種
大葉系統 高隈・鷲高隈大白山