引越しおもと Q&A FAQ

引越しおもと Q&A FAQ

引越しおもとについて

Q 引越しおもとに向いているおもとはありますか?

A おもと自体が、万年青と書き、万年、青々としている常緑の縁起物です。徳川家康公が江戸城入城の際に、まず3鉢の万年青を入れ、床の間に飾ったという故事や、室町時代からの池坊でも、お正月のお花、お祝いのお花として用いられます。そういったことからも、どんな万年青も、引越し万年青に向いていると思います。

私たち豊明園では、1000種以上あるとも言われる万年青の中でも、

丈夫なこと

縁起の良い名前

この2点を考えて、引越しおもとをお勧めしています。お多福、新生殿、大黒殿、瑞泉、縞獅子、嶺雲、福宝殿などです。

Q お花屋さんで、おもとは正月にしかないといわれました。なぜですか?

A 万年青は、多くのお花屋さんでは、お正月前の生け花のときしか入ってきません。江戸時代以前より、お正月の生け花として使われてきました。

万年青は、常緑であることから、その人や家が常に繁栄することを願う植物でした。

また、赤い実がなることや、若葉、新葉を古い葉が包むように育つことから、子孫繁栄、代々家が続くことを願う植物でした。

万年青の生け花

おもと生け花 京古流

Q 引越しおもとの中で、玄関用、リビング用、床の間用などはありますか?

A 私たちは特にそういったことは考えていません。しいて言うなら、その中でも日の強い場所では葉肉の厚い羅紗をお勧めしたりすることはあります。

もし、玄関でも、床の間や寝室、おトイレなど日があまり当たらない場所で育てたい方は、1週間暗い場所(万年青が植物として光合成があまりできない場所)に置いたら、2-3週間は明るい半日蔭の場所に置くなどの場所替え(ローテーション)をすると、元気に育ってくれます。

万年青の置き場所

万年青の置き場所 鬼門とは?

 

Q 植え替えは必要ですか?

A 数年後に必要です。豊明園では、引越しおもとは1~3年は植え替えなくてもよいようにして、お送りしています。その後、鉢がパンパンになった、万年青が大きくなったなどの様々な理由で、植え替えは必要です。

豊明園で一緒にやることもできますし、簡単なので以下のリンクを参照しながらホームセンターの用土で植え替えできます。

植え替えについて

豊明園で買っていただいたものでないものを植え替えしてほしいとき、一鉢2000円(送料別)かかります。2020.6.27時点 変更あります。

動画解説【万年青のQ&A】引越しおもとについて 植え替えは必要?向く品種は?玄関やリビング用のおもと?お花屋さんで万年青を買うには?

【万年青の豊明園】【Good Fortune OMOTO Q&A】

Q 万年青に寿命はありますか?

A 名前の通り、万年生きます。管理さえよければ、常緑の多年草なので、いくらでも長生きします。

万年青は1~3年生を苗、4年生以降を親と呼びます。

50年物のおもと 万年青の寿命