万年青の育て方 

万年青の育て方は、簡単です。日本の、明るい木洩れ日の入る林に広く自生しているので、その環境を作ってあげましょう。

日当たり

・日当たりは、明るい日陰。直射日光は、朝日だけなら問題ないです。直射日光が当たる場所では、よしづ、すだれなどの日よけをして陰を作ってあげます。

 

肥料

・肥料はほんのちょっと。葉は年に2~4枚しかでないので、(1万倍などの)ごく薄い肥料を春から秋の生長期に少しづつあげてください。有機肥料、化学肥料どちらでもよいです。

 

水やり

・水やりは独特で、春と秋はたっぷりと上げてください。冬と真夏は休眠といって生長が止まるので、水のあげすぎにご注意ください。春しっかり、夏は控える、秋しっかり、冬控える、という感じです。

基本的には、乾いたらやる。春と秋は乾く少し手前、というイメージでしょうか。

水をやるときはたっぷりと。底から滝のように水がでてこれば良し!

植え替え

・植え替えは春と秋のエアコンがいらない時期にやります。床の間や家の中で飾るために私たちプロは砂利で植えていますが、土でも問題ありません。1~2年に一度は植え替えをすると元気になります。

 

赤い実

・万年青は生け花の池坊ではお正月の花で、真っ赤の美しい実をつけます。江戸時代からの品種改良の歴史で、赤い実が付かない品種もありますが、葉の長さが15cm以上あれば実はつきます。

 

●動画解説 【2分でわかる、万年青の育て方!】日当たり、肥料、水やり、植え替え、赤い実【万年青の豊明園】How to grow OMOTO

 

おもとの育て方 完全版

1年間のおもとの育て方

https://houmeien.co.jp/omoto-sodatekata 初めての方へ 万年青の育て方

 

おもと 動画

おもと 動画 Youtube

【お客様からのご質問】夏場のみずやりについて

【万年青の豊明園】【HOW TO WATER IN SUMMER】水やりの目安 水の乾きと万年青の反応

●【NHK趣味の園芸 大江戸花競(くら)べ 外伝「涼を呼ぶ 斑(ふ)入り植物」】万年青編

【万年青の豊明園】【Variegated plant, OMOTO】

 

【万年青の育て方】豊明園の水やりのタイミング 真夏のカリカリの苔

【万年青の豊明園】【Timing of mid-summer watering OMOTO Look at the moss】

【万年青の育て方】おもとの置き場所 細長い葉がでるのはなぜ?徒長 日の強さで万年青はどう変化するのか

【万年青の豊明園】【Spindly Growth】

↑葉の長さが同じで、細い葉がでるのは肥料不足か、品種の特徴です。

 

大ニュース!安野モヨコ先生『オモトとわたしと自粛中』

引越しおもと、お祝いおもと 是非ご覧になってください!素晴らしいです!!【万年青の豊明園】【Anno Moyoko OMOTO COVID-19】

【万年青の品種紹介】【黄金宝 おうごんたから】黄金の実を持つおもと、家康に愛された黄金宝

【万年青の豊明園】 【OUGON-TAKARA Golden Fruit OMOTO】

 

 

 

 

 

 

 

【万年青の育て方】40℃になる真夏の水やり 豊明園の場合

【万年青の豊明園】【How to water OMOTO when it is hot 40°C】40℃はトラブルです。水やりは控えましょう

 

【万年青の植え替え 道具】コテの使い方、美しい水苔とコテを使うメリット、コテの種類

【万年青の豊明園】【How to use KOTE, OMOTO Iron】

 

【万年青の育て方】なぜワラ灰アク水を万年青にかけるのか?その理由と効果 花咲か爺さんの灰、窒素リン酸カリ 植物三大栄養素 アルカリ性

【Why we pour lye on OMOTO】【万年青豊明園】

【ポンプの使い方】出にくくなった時の見るべきポイント 電源、延長コード、ノズルの蓮口、水が汚れていないか

【万年青の豊明園】【How to use Pump】

 

 

【万年青の花言葉とその理由】それぞれどんな由来があるのか?長寿・長命・永遠の繁栄・母性の愛・崇高な精神

【万年青の豊明園】【OMOTO Flower Language】

 

 

 

【English Garden Tour】イングリッシュガーデン、ヒドコートマナーガーデンをご紹介

【Hidcote Manor Garden in UK】【万年青の豊明園】

 

【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由⑤上級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why do seniors kill OMOTO?】

 

 

【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由④初心者・中級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why Beginners and Intermediates kill OMOTO?】

【万年青の育て方】8月の注意点 ホースの水、芯の水、調子が悪いときの植え替え

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in August】

 

【夏の万年青の豊明園】豊明園の、園の風景です。夏の一日。

【A day of summer at OMOTO Houmeien】【OMOTO Master Houmeien】【Garden tour】

 

●動画解説 【万年青の柄】【曙柄 アケボノ 中透け】について 一年の色の変化、曙柄の出し方、注意点、価格と相場、品種について

【万年青の豊明園】【What is Akebono・Sun Rise Color?】

●【万年青のふやし方】おもとの株分け・割り子の方法

ランセット【万年青の豊明園】【Propagation : How to multiply OMOTO by Division】

【開運の引越しおもと】徳川家康公の開運のシンボル、花言葉、種類、育て方、植え替えについて

【万年青の豊明園】【Lucky Plants OMOTO】

 

 

【万年青の用土】万年青の育て方 土、赤玉土、砂利の特徴 水やり、肥料持ち、病害虫 美術品のおもと

【万年青の豊明園】【Difference between Soil and Gravel】

【万年青の種類】大葉、中葉、小葉とは?羅紗、薄葉って何?

【万年青の豊明園】【OMOTO 3 major groups】大葉羅紗、千代田、千代田羅紗、獅子、羅紗獅子、胡麻、胡麻羅紗、一文字、羅紗、縞甲竜

【万年青の育て方】万年青の実生の鉢上げ、植え替え 苗床、獅子の根も獅子、置き場所、注意点

【万年青の豊明園】【How to plant OMOTO seedlings】

【交配してふた月後の万年青の実付き】育て方、失敗の原因、実の詳細 交配からふた月以上たった後の実の状態

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting 2 months later】

 

【交配してひと月後の実付き】実付きのよいもの、悪いもの 最初の交配からひと月以上たち、交配がほぼ終わり

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting a month later】

お客様の質問から【葉芸の変化って何?】羅紗の魅力 白雲閣の葉芸の変化、1年生から7年生

【万年青の豊明園】【What is “Change of Hagei”?】【Hakuunn-kaku】

徳川家康公の万年青 六所神社の万年青彫刻

 

Youtube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の水やりは何時に?どんな気温で?水やりしたほうが良いですか? お客様からのQ&A 

夏の水やりは何時に?どんな気温で?水やりしたほうが良いですか?

お客様からのご質問 夏場の水やりについて に回答します

新生殿を買っていただいたお客様からのご質問

>同封のおもと栽培の仕方を改めて読んでいたところ「基本的に夏の日中は灌水しないこと」となっているのですが、具体的に何時頃(もしくは気温)が水やりに適しているのでしょうか。いつも大体9時くらいに水やりをしていますが、遅くなってしまう日もありますし、9時でも夏場はすでにジリジリ暑い日もあります。

引越しおもとを買っていただいた方に、1枚の万年青の育て方のチラシを差し上げていますが、そちらを見てのご質問でした。

まず、なぜ夏の日中に灌水、水やりをしてはいけないのでしょうか?

それは、水やりをした水がすぐに夏の強い日差しや、気温で暖まり、鉢の中が煮えたようになってしまうからです。鉢の中に水分が多いほど、煮えたようになり、根を傷めてしまうためです。
逆に、鉢が適度に乾いていれば根を傷めません。
しかし、湿度が低かったり、完全に乾いていると水切れを起こして葉がフニャフニャにになり、葉焼けなども起こりますので気を付けてください。

では、いつ水をやったほうが良いのか?

北海道から沖縄まで私たちは万年青をお送りしているので、いつという時間ではなく、気温でご説明したいと思います。気温は30℃以下の早朝か夕方にやっていただいた方がよいです。
この夏の暑さですと、夕方の水やりで鉢を冷やして万年青や植物は楽をします。
現在、8月の私たちは夕方、2~5日に1回のペースで現在水やりをしていますが、北海道でも沖縄でも、環境が変わるので、まずは基本に立ち返ってよく乾いたら水やりをしてください。
私たちの真夏の水やり https://youtu.be/0Oy59_qO0GM
 

また、苔付きの土は初めてですがやや土の状態が見えにくいので、水やりのこつなどありましたらご教示いただけましたら幸いです。

表面に苔が張ってある場合の水やりは?
カリカリになってから水をやっても大丈夫です。
私たちがどれだけカリカリになってから水をやっているのかを別に動画で取ってありますので参照してください。 https://houmeien.co.jp/?p=7873#i-7
苔をめくって、下の土の状態をみてから水やりをしてもよいですね。
それでも、カリカリでずっと置いておくと水が少なすぎるので、

夏場の簡単な水やりの目安

・水が少なすぎる 葉がふにゃふにゃに ここまで乾かしてはダメです。
・水が少ない   葉は少し垂れる、中はよく乾いている 葉先がだんだんと焼けてくる、白い部分の葉焼けもしやすい
・水がちょうどよい 土、苔もしっかり乾く 適度に葉が垂れる(新生殿などの羅紗では葉が厚いのでほとんど垂れません)
・水が多い    水をやるときに、土や苔がしっかりと乾いていない
・水が多すぎる  植え替えの時に水が多すぎて根が腐っている ここまで水が多いのは良くないです。
万年青の根は水だけでなく、酸素も吸っています。完全に乾くとスルメの様になってしまいますが、適度に乾き、酸素が良く吸える、と根も水を求めてぐんぐん伸びていきます
8月の万年青の育て方 https://houmeien.co.jp/?p=5326

涼しくなったら

秋の涼しい気候、最高気温が32℃を切るようになるとだんだんと生長期に入ります。
そうしましたら、根が、秋の根、秋の葉のために水を欲しがりますので、乾きが真夏より早くなると思います。乾かし過ぎず、水を上げてください。

まとめ

・真夏は、日中に水やりをすると鉢の中が煮えてしまいます。
・30℃以下になったときに、早朝か夕方、夜に水を上げてください。
・根は良く乾けば、その分水を求めて伸びていくので、水の上げ過ぎに注意してください。
・秋になり、最高気温が32℃を切ると、生長期にはいるので、真夏より乾かし過ぎず、適度に水を上げてください。

●動画解説 【お客様からのご質問】夏場のみずやりについて

【万年青の豊明園】【HOW TO WATER IN SUMMER】水やりの目安 水の乾きと万年青の反応

1年間のおもとの育て方

おもとの育て方 基本集

おもとは日本の林に広く自生している植物ですので基本を押さえれば大変育てやすい植物です。特に注意する点として日陰で年に数枚葉をだし生育するので日光や肥料の与えすぎないことをおさえましょう。

NHK趣味の園芸さん2019.10月号に協力、掲載した、豊明園監修の万年青の育て方を元に紹介しています。

動画解説 【万年青の育て方・年間管理】

万年青の生長期、休眠期、自生地から、水やり、肥料、病害虫、植え替え、置き場が決まります【万年青の豊明園】【OMOTO Calendar and Management】

 

・生育サイクル

春から初夏と秋の25-30度のころが最もよく生育する。

真夏は暑さで休眠することがあるので注意。冬は12月上旬から2月まで休眠

・置き場

年間を通して、遮光ネットの下などの半日陰で栽培。4月下旬~11月半ばまでは遮光をやや強めにし、葉焼けの防止。(自生地は木洩れ日のあたる明るい林床)

日光に当てすぎると葉が堅くなり、葉焼けを起こすことも。

逆に、暗すぎると葉が徒長して、生育が悪くなり、葉の変化も出にくくなる

常にそよ風程度の適度な風が吹いていると徒長しにくい

・水やり

基本は乾いたら水やり。よく生育する4月中旬から6月末までは乾く少し前に水を与える。

冬、真夏は休眠するので、水のやりすぎに注意

用土がしっかりと乾いてから水を与えるのがコツ。根も水だけでなく、空気を欲しがっている。

・肥料

万年青は年に葉を3-4枚育てるだけなので、多くの肥料は不要。

2月中旬-5月下旬。9月下旬-10月下旬に固形の有機肥料を少量づつ。

時期をずらしながら置肥。

 

 

栽培暦 (関東平野部)

栽培暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状態 休眠---- 生育----------ーー----休眠ー生育ーーーーーーーー休眠ーーーーー

………………………………………………….開花…青実ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー赤実-ー

置き場 霜の当たらない半日蔭ーー風通しよい半日蔭(遮光強め)----------霜のあたらない半日蔭
日よけ 不要or昼前後に軽く遮光・直射を避ける。(朝日は問題ない)----・不要or昼前後に軽く遮光
水やり 乾いたらーーーーーーー乾く前にーーーーーーーしっかり乾いてから・乾く前にーーー乾いたらーー

20-30度が生長期なので、そのときはしっかりと水やり

それ以下、それ以上だと、だんだんと水の吸い上げが悪くなるのでそこに注意して観察します

肥料        有機肥料ーーーーーーーーー          有機ーーーーーー

水やり同様、生長期に肥料を置きます。暑すぎると根の肥料焼けの原因に。

病害虫

消毒

       スリップスーーーーーーーーーー          スリップス

スリップスは新芽を食べるので、新芽の時期にでる。スリップス、アザミウマに効くオルトランを

……………………………赤星病----------       赤星病ーーーーーーー

万年青の生長期は病気も虫も生長期。消毒のため、殺菌剤を中心に、[殺虫剤(虫が病気を媒介、豊明園では虫を見つけたらやるぐらい)]を月に1回ほど。赤星病の出る時期は月に2回前後。

植え替え      植え替え、株分けーーー               同ーーーーーーーー

※愛知県から関東平野部基準で作成しましたので地域により温度差をご考慮ください。

段組みが変になる場合

生育状態とからめて考える

まず、生長期と休眠期があります。

生長期と休眠期 水やり、肥料

最高気温が18℃以下になるとだんだんと冬支度で休眠に入り始めます。

夏は、最高気温が33℃以上になるとだんだんと生長が止まっていきます。そうなので、昔は豊明園のある愛知県岡崎も夏場の生長が止まることはありませんでしたが、最近のように40℃を超えるような気温ですとさすがに生長が止まります。その時は、水も吸い上げないので、水やりを減らします。(室内や、高地、東北、北海道などの夏が適温の場所では、夏も成長を続ける場所もあります。)

この時期に万年青がいらないと言っているのに水を上げると、根腐れを起こす原因になります。

生長期はどんどん水を上げて、根と葉をグングン伸ばしましょう。まず2月に根が動き出し、万年青の乾きが早くなるのが合図です。肥料も欲しがります。

8月か9月にも、吸い上げがまた復活するときがありますが、秋の生長のための秋根が伸びる時期なので、そこを見極めます。生育環境とその年の気候で大きく違うので、注意します。

生長期と病害虫、消毒

万年青の生長期は、害虫、病気の生長期!?でもあります。万年青の葉をなめるスリップスや葉を食べる虫の予防、赤星病などの病気は生長期に活発になりますので、消毒は生長期に多くなると思います。真夏の休眠期は同じように病気、虫も暑い??ようで、消毒頻度は少ないです。また、薬害が怖いので気をつけます。農薬を使う前に読もう!

植え替えはいつ?

基本は春と秋です。植え替えにはメリットデメリットがありますので、時期を選びましょう。

動画解説 植え替えのメリットデメリット

真夏の植え替えは傷むことがあるので、気をつけましょう。

気温が20-25℃ほどの高い方が、植え替えの刺激で新根が出やすいですが、それ以上高くなると用土の変化、環境の変化で万年青を疲れさせる、傷ませる原因にもなるので気をつけましょう。

豊明園では、夏以外は植え替えをしていますが、冬場は寒くて新根の出が悪い、もしくは、出ないので活着に時間がかかります。

春と秋の人も気候が良いとき、(エアコンや暖房を使わない時期)がよいので、その時期にしましょう。

生育期と置き場、日よけ

まず、万年青の自生地は、明るい林床が一番生長がよいです。直射日光が当たっても葉色は悪くなりますが生育しますし、暗い場所も生育します。ですが、ベストは朝日が入り、明るい木洩れ日が一日中あるある程度の水はけのよい場所がベストです。

そんな自生地を思い浮かべて置き場と日よけをします。自生地では万年青は移動できませんが、人間が管理することで、よい環境を作ってあげます。

生育期は場所と日よけで朝日は当たり、午後からは建物の陰になるようにします。

冬場は木陰のように、霜が当たらない方が元気に育ちます。

 

梅雨、台風、霜など

梅雨

長雨に注意。豊明園では1日ほどは当てますが、雨に長く当たりすぎると病気がでやすい。ビニールをひいて、雨よけします。

台風時

ものが飛んでくる、とばされるので、室内か、しっかりとした囲いをする、飛ばないようにくくり付けておく

台風前と台風後の対策

真夏

もし室内に管理される場合、冷房、扇風機の風が直接当たらない場所へ。外に出すときはよく慣らす

人が暑いと思うので、ついつい水をやりすぎてしまう。ここが一番の失敗するところ。真夏の水のやりすぎ→根腐れ。万年青の生長をみて、止まってきだしたら、水やりをへらす。数があると難しいのが、若いものや強い木は夏も葉が生長するので、それらだけは水を少し多めに。

冬の霜

当ててもよいが葉色が薄くなる。豊明園ではなるべく数回だけあてるように管理している。当たりすぎると弱いものは淘汰されていく。

実際、慣らせば-30度までOKだが、まずは軒下などが安全。

冬の強風、寒風

葉焼けの原因。葉焼け春から秋日光による葉焼けと、冬前後強風、寒風による葉焼けがある。乾燥した風が葉の水分を奪い、葉先、縁が焼ける。

風よけで防げる。

暖房

外で育ているが、冬、寒いのは万年青によくないと室内に入れる方がいらっしゃいます。あまりここで温室育ちをさせると木が弱くなり、夏に弱くなる。暖房が効いた部屋より、少し寒い、外の空気に近い方が春の伸びはよい。

逆に、常に室内なら問題はありません。直接風があたると乾燥して葉が焼けるので気を付けましょう。

次の記事 万年青の育て方 完全版

おもとの育て方 完全版

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

万年青の本 始めよう!伝統園芸 万年青 人気品種と育て方

おもとの育て方 4月 岡崎市

万年青の育て方 トラブル編 根上がり 根止まり 春から秋の生長期

水苔の育て方

 

 

おもとの置き場所 細長い葉がでるのはなぜ?徒長葉

おもとの置き場所 細長い葉がでるのはなぜ?

日が弱いと徒長してしまう

夏場のお客様からの質問で多いものが、細長い葉がでてしまう、というものです。細長い葉ってなんだろう、とよくよく聞いてみると、去年の葉は葉巾が広かったのに、今年は葉が細く、ひょろひょろとした葉しか出ない、なぜだろう?という質問でした。

この問題の一番多い原因は、日が弱いので徒長してしまった、ことです。日が弱いと万年青が光を求めて上に上に伸びようとして、もやしの様に伸びて徒長してしまいます。

 

置き場所、日当たりの実験

私たちが趣味の山野草さんで【伝統園芸 万年青】の本を書いたときに、実験をしましたのでご紹介します。

まず結果を見てみましょう。

写真のように、6/15まで同じようにお多福を育てました。年数、根や葉の数、状態がほぼ同じものを揃えました。

 

こちらを、左から、日の強い場所、中間、一日に1時間ほどしか日の当たらない日の弱い場所にそれぞれ置き、約ひと月半育てました。

7/24、約ひと月半後の状態がこの写真です。

左から、日の強い場所、中間、日の弱い場所。

これだけみると右側の日の弱い方が大きくなっていていいじゃないか、と思われるかもしれませんが、今回はそうかもしれません。

ですが、右の万年青のように、陽が弱いと光を集めようと葉肉も薄く幅広の葉を出し、上に伸びるふわっとした柔らかいおもとになってしまっています。金属を薄く広く伸ばすイメージでしょうか。葉肉が薄くなった分、強い風や虫などにも弱くなりますが、もやしのようにひょろひょろでなければ、ある程度は問題ないですね。

日の強いところ、中ぐらいの日の強さではあまり変わらないですが、葉が厚く、緑も濃く、短く横に伸びているのが分かると思います。

 

お次は瑞泉です。

こちらは、右が日をしっかりと取った株、左は日が弱いので

細く上に伸びる葉しか出てきていません。

今回は、葉だけでなく根も見てみましょう。

根を見ても、右は日がしっかりと当たっているので光合成も盛んで、水の吸い上げのために根張りまで良くなっていますが、

左の日の弱い方は、日が弱いため水の吸い上げもそこまで必要なく、根張りも弱くなっています。根自体もそこまで必要ないということですね。

日が弱いと、どうしても上に細い葉がでてしまうことが分かると思います。また、日が強いと、葉の長さは短く、葉幅は広くなります。今の場所で日は十分ということで、むやみに葉を伸ばさなくなります。

これよりもっと日が強くなると葉焼けをしてしまいますし、左の日の弱いものよりもっと日が弱いと、最終的にはもやしの様に緑も白に近くなり、薄い緑でもっとひょろひょろの葉になっていきます。

 

おもとは明るい日陰が好きな植物ですが、完全な真っ暗ではやはり植物なので光合成ができず育ちませんし、直射日光が一日中当たると、日が強すぎて弱ってしまうので、皆さまのお棚で、また部屋の中の出窓で、万年青に良い場所を探してあげてください。

 

実験 矢筈獅子

矢筈獅子の実験

こちらも左が日が強く、右が日が弱い場所でひと月半育てました。

どれも順調に伸びています。

左側の日当たりの良いもの、真ん中の日当たりの普通のものは、がちっとした作に。右側の日が弱いと、葉自体の色が薄くなることがあります。

陽が強いと葉肉厚くなり、葉幅が狭くなり、緑と矢筈柄の境がはっきりとします。また、獅子の巻きは弱光の方がよいです

 

実験 瑞泉

瑞泉も同じ実験をしてみました。

下葉は同じように枯れてきています。

葉の伸びはどれもいいですが、右の日が弱いものは緑も薄く、徒長気味に伸びています。

日が強いと、子も出やすく、葉色も緑が濃くなります。

 

 

実験の場所の紹介

左の置き場所

外棚(屋外の棚)で、日中陽当たり良好。

夏は75%遮光

風通しよい

肥料は多めに

 

作りやすいおもと

羅紗、縞甲竜系統など葉の厚いもの

柄物ははっきりと現れる

 

 

 

真ん中の置き場所

温室内で午前中75%遮光、午後日陰

風通し普通

肥料は普通

 

作りやすいおもと

薄葉、大葉

柄物もはっきりと現れる

 

 

 

右の置き場所

室内の窓際で西日が1時間ほどの陽当たり

風通し悪い

日が少なく消化できないので肥料は少なめに

夜間に外に出せれば尚よし

 

作りやすいおもと

薄葉や大葉の葉の薄いもの

柄がぼやけることがある

 

実験の場所の紹介

一番左側に置いてあった 日の強い場所 外棚

外棚は陽が強いので、どれも葉が厚く覆輪も深くなり、がっちりとした姿になっています。水の乾きは一番早く、1~3日に1回程度の水遣り。

 

真ん中に置いてあったのは、温室の中

正午からの日は入らない、明るい日影になります。

この場所はどの品種でも作りやすく、管理も楽。柄も秋になればしっかりと固定してきます。

 

 

 

こちらは、写真の右側においてあった

室内で、西日が1時間だけあたる場所で育てていました。

室内では、他と比べて陽当たりが弱いので、お多福は徒長気味に。矢筈獅子では葉幅が広くなりますが薄い葉に。できることならもう少し陽の当たる南側、東側に置けると良くなります。締め切ることも多かったので葉数の少ないものもありますが、夜間は外に出したり、昼間に締め切らず風を通すことで葉数も多くなり 良い作になるでしょう。水も多すぎたようで、3日から10日に1回の水遣りで良いです。

 

ご自分のお棚環境はいかがでしょうか?名作者さんもすべてがよい環境のお棚ではありません。それぞれの棚の特徴を掴んで、おもとの魅力を引き出してあげましょう。

 

まとめ おもとの置き場所 細長い葉がでるのはなぜ?

その年に細長い葉がでるのは昨年より日が弱く、徒長している証拠

日が弱いとき、光を集めようと葉肉も薄く細長い葉になり、葉の色は薄くなります。獅子系は日が弱い方が巻きが良いです。

日が強いと、葉肉厚く、がっちりとした葉になり、葉の色は濃いです。羅紗系は芸が良く出るでしょう。根張りもよくなり、乾きも早いでしょう。子も出やすいです。

日が強すぎると葉の色は逆に薄くなっていき、焼けてしまいます。

日が弱すぎると、もやしの様に徒長した細長い葉、緑ではなく白っぽい葉がでてきます。

 

●動画解説【万年青の育て方】おもとの置き場所 細長い葉がでるのはなぜ?徒長 日の強さで万年青はどう変化するのか

【万年青の豊明園】【Spindly Growth】

↑葉の長さが同じで、細い葉がでるのは肥料不足か、品種の特徴です。

 

 

万年青は日陰植物なのか?美術木と朝日の直射日光

引越しおもと 方位 鬼門の北東に万年青を置く!?日陰植物の万年青にぴったり

おもと 置き場所 棚

おもとの日よけ

1年間のおもとの育て方

万年青の植え替え

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

引越しおもと・お祝いおもと  高級贈答

京都 瑞巌山 圓光寺(円光寺) | 基本情報 | 苔と新緑、紅葉 | 万年青と徳川家康公 | 円山応挙 奔龍庭 十牛之庭

おもと 花隈城築城の際の鬼門の楠 450年前

万年青が枯れる原因、理由②水のやり過ぎ 枯れないようにするための方法、対策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもとの育て方 8月 岡崎市

万 年青 夏 岡崎市 豊明園 8月の栽培管理

 

気温と地域で変わる休眠期・水やり

気温と地域 休眠期との関係

暑い地域 最低気温が25℃以上

8月は暑さが一番強く、また長く続く月です。太平洋側でも特に暑い場所では8月は常に最高気温35℃以上、最低気温も25℃から下がらない地域もあるでしょう。このような地域ではほとんどの万年青が夏の休眠期に入ってしまい、葉や根の生長を止めてしまいます。生長せずに呼吸だけをしている状態なので、水も生長期と比べると頻度が少なく、肥料も切ってしまう方がほとんど。盆栽では真夏は朝晩水をかけて、という方もいらっしゃるようですが、万年青は休眠期に入っているので水をやっても吸い上げず、蒸れ、水のやり過ぎによる根腐れの原因になってしまいます。

ここで注意しているのが、真夏でも元気のよいもの、若いものは生長を止めない鉢があること。休眠期に入っている鉢とまだ生長している鉢では水の乾きがかなり違ってくるので、どちらに合わせるのかが肝。休眠期に合わせると水が少なく生長を止めてしまいますし、生長期の鉢に合わせると休眠期は秋の植え替えの際には根はかなり腐っているでしょう。一鉢づつ水やりができればベストですが、生長しているものを揃えてそちらだけは水の乾きを丁寧に見ていくことがいいのではないでしょうか。

 

涼しい地域

逆に、昼間は同じように暑くなっても、夜間はエアコンを入れなくても大丈夫という地域もあると思います。そういった地域では夜間の気温が万年青の生長期のベストな気温になっています。生長しているうちは夕方しっかりと水やりをして、根、葉の生長を止めないようにしましょう。そういった地域ではついつい肥料が多くなりがちで、肥料で根を傷めることがあります。昼間はかなり暑くなるようでしたら、肥料も控えめにしていった方が安全です。

 

休眠期と温度、湿度

気象庁の過去の気象データから、東京8月の日の最低気温24.18℃最高気温31.56℃、平均気温は27.34℃(2015-2019の5年平均)、暑いときは、最高気温が1995年33.7℃、2010年33.5℃のような特に暑い年もありました。また、湿度は79.2%と80%の湿度があります。

岡崎では、

降水量
(mm)
平均気温
(℃)
日最高気温
(℃)
日最低気温
(℃)
平均風速
(m/s)
日照時間
(時間)
128.1 27.0 32.3 23.0 1.5 206.4

 

私たちの外棚、温室では風が止まるときがあり、そんな時は40℃にもなるほど高温になり、おもとより先に人が参ってしまいます。また、湿度も100%近い過ごしにくい日が多くなります。

万年青は、経験則になりますが、気温が30℃を超えだすと、かつ、湿度が85%を超えてくるとだんだんと休眠期に入るような気がしています。気温が高くても湿度が低かったり(冬、春の乾燥した日の日差しの強い日)、湿度が高くても気温は低い梅雨のようなときは万年青は動きやすいです。高温と多湿の両方揃うことで、万年青は休眠期に入るようです。また、最低気温が25℃以上の日が続くと万年青にもよくないように感じます。

生長していない、休眠期に入ったと思ったら、まず水やりを控えめにしてください。

 

8月3日 日差し、よしづで調整しています。

気温が上昇して、真夏日や熱帯夜になりますと、オモトは成育が停滞して、休眠状態になります。この時期はできるだけ涼しい環境にして管理します。

 

8/20からの気候の変化

ここから、真夏のただ暑い時期から、秋へ変化していきます。8/20前後を境に、だんだんと根の吸い上げもよくなり、新根、根毛も活発になり、乾きがよくなります。この時期から乾かせすぎると新根の動き、根の動きが悪くなるので気をつけます。

病虫害も、季節の変わり目で出始めます。まだ目に見えて変化、被害はありませんが、ここで消毒をしておかないと、9月に大きな被害になるので、殺菌剤、殺虫剤をしておきます。

 

潅水

8月24日 オモトの抜き水、鉢底から水がでるまで。

夕方の潅水になります。月の前半は渇き気味にして管理します。15日をすぎると少し気候がかわり渇き具合が早くなります。

40℃を超えるような真夏の水やり 実際

暑さ、日差しが最高潮の8月。2020年の8月はとんでもない暑さで、お盆前後は外気温が40℃という日が1週間ほど続いています。そんな時の私たちの水やりは実際どうなのか?についてお答えします。

温室の水やり

2020.8.15時点で、温室内は約2日から3日空けて、水やりをしています。8/1にワラ灰の灰汁水、ここは5日ほどあけて、8/7にスーパー1とマルチケーミンの混合液で、両方1万倍ほど薄めたものをやり、2日あけて8/10にワラ灰、3日空けて、8/14にまたワラ灰をかけています。

外棚の水やり

外棚は風が温室内より通るので、涼しいとき、雨や曇りのとき以外は1~2日ほどの間隔でやっています。8/1にワラ灰、1日空けて8/3にワラ灰、2日空けて8/6に井戸水、2日空けて、8/9に井戸水、ここから特に暑くなり、1日空けて、8/11振り水といって、葉や表面を湿らす程度の軽い水やりをして、しっかりした水やりを一日伸ばして、8/12に竹酢液の1万倍、8/13に振り水をして、8/14にワラ灰をしています。

どんなことを考えて水やりをするかしないかを決めているのか

万年青の水やりの基本は、良く乾いたら水をやる、です。あげた水がまだ残っているようならやらない方がいいですし、その日の昼間に水切れが起きるなら朝や前日の夕方に水やりをした方がよいですね。

万年青の豊明園では、大鉢の20㎝を超える鉢の、7~8号鉢の大葉、実親から、7㎝ほどのティーカップより小さい2.5号の鉢までそれぞれです。水切れで葉がフニャフニャになってはいけないので、良く乾くものをみて水やりをして、大きな鉢は水やりを飛ばしたり、鉢の用土をより乾くものにして、水やりのタイミングをみています。

水やりと気温、湿度

私たちの8月の水やりの間隔を見ていただくと、暑さで人間は水をやりたくなるのですが、外気温が40℃になっても数日あけて水やりをしているのが分かると思います。特に私たち愛知県岡崎市が湿度も高く、そのために水やりの間隔も遠くしています。日本の多くの場所では、この高温多湿の多湿になるので、水のやりすぎに注意します。

水やりと根落ち、芋

水やりはなるべく夏は辛く、水を少なくしていった方が秋の植え替えの際、根落ちが少ないので、干からびないように、また、しょうがのような芋に栄養と水も貯蔵できることを考えて水やりをしています。

40℃にもなる真夏の水やり まとめ

万年青の豊明園では、8月の暑い日でも、数日間隔をあけて水やりをしています。

自分のお棚の良く乾く万年青が、水切れでフニャフニャにならないように、水やりをしています。

温度は高いですが、湿度も高いので、水やりの間隔をあけています。

万年青は芋に水分も貯蔵しているので、乾きに強いです。

●動画解説【万年青の育て方】40℃になる真夏の水やり 豊明園の場合

【万年青の豊明園】【How to water OMOTO when it is hot 40°C】40℃はトラブルです。水やりは控えましょう

 

 

夕方の水やり

暑い時期では、朝の水やりの水が、昼間の日差しで暖まり、鉢の中が煮えてしまうことがあります。そんな場合は、早朝の5時ぐらいに水をやり、日が強くなる8時までには水がしっかりと切れているようにしたり、夕方に水をやって、逆に鉢の温度をさげてやることもよいと思います。

雨をあてるか?

8月の雨で、どしゃ降り、大雨、長雨は少しは万年青に当てますが、あとはビニールを引いて、長く雨に当てすぎないようにします。小雨でしたら、一日中当てることもあります。

雨はしっかりと鉢の中の水、空気が入れ替わるので、私たちは大切にしています。

採光

8月12日 よしづやダイオネットで遮光

日光は朝のうちほんのひとときだけあたるようにし午前8時頃までにはよしづやダイオネットなどて日覆いをします。日差しの強い場合は2重にする場合もあります。

逆に、冷夏や雨がちの夏では、日を良く採ってやりましょう。そんな年では万年青は日照不足になり、徒長の原因になってしまいます。

8月25日 福の光(ふくのひかり)採光の仕方で柄の出方がかわる。

通風

8月13日 ダイオネットで遮光、窓を全開して通風をはかる。

強い日差しをさえぎっても、オモト棚に風が通らなくなってしまったのでは、なんにもなりません。遮光と相まって、通風の効果が上がるように配慮し、真夏を涼しくしてやります。

施肥

アク水 ワラ灰

夕方の潅水時に灰汁水を混ぜてやります。月4回程度行います。

液肥、微量要素、竹酢液

極々薄い2万倍ほどの液肥・スーパー1や、微量要素のマルチケーミン、竹酢液も月に2度ほど行います。

液肥はその年の気候によって回数を減らしたり、増やしたりします。濃度は薄いままです。

オモト病害虫の予防と駆除

8月25日 農薬散布。葉の表・裏側・前面に霧状に散布、付着させます。

高温多湿が、オモトにとって致命傷といわれる青にえ・芋腐りと根おちの原因になります。オモトの栽培棚を涼しくしてやることや、鉢を渇き気味にすること。また灰汁水を与えることが芋腐れや根おちをさせないためにのなによりの予防法です。

まず、薬で抑えるより、健康的につくることで、健全に生長。肥料が多い、水が多すぎる、と夏の暑さや病気に弱くなってしまいます。

 

下葉の変化

8月

8月14日 下葉の葉色ががわる、新根が出て葉を破っているため赤く葉が変わります。

 

 

8月10日 芋吹き、元気よく新根が伸びています、砂から持ち上がってしまいました。植え替えして直します。

 

万年青の実

8月11日 BO10 実が大きくなり、実にも縞柄がわかります。

8月28日 種が膨らみ、皮が破れる。日照が強いと表皮が堅くなりその時、雨などがふり湿度が高まると、中の種が膨らみ皮が破れます。8月中頃から雨に当てないようにすると防げます。

 

実生について

8月24日 千代田実生 柄がよくわかります。

 

8月27日 実生、はきり分かるようになり選別します。

 

おもとの生長

8月12日 元気にしています。白い粒はカリ分の補給

8月26日 雨上がり

 

植え替えについて

植え替えのベストな時期は春と秋の生長期の少し前です。

なぜ少し前かというと、植え替えをすると万年青が新しい用土に慣れるまでに時間がかかり、その分、生長を止めてしまします。

8月はさすがに早すぎるので一般のお客様にはおススメしていません。秋の植え替えなら、9月の彼岸か、最近の暑さを考慮して10月ごろがよいでしょう。

豊明園では万年青の数が多いので8月終わりから秋の植え替えを始めます。植え替えの刺激で秋の新根が降り始め、下葉が非常に落ちやすくなります。その代わり、9-10月の秋の生長期には根も十分あるので、生長もしっかりとします。

植え替えは、美術木で葉数のあるものは展示会の直前、数日~1週間前がベスト。

若木など新根が降りやすく、また、多少葉が落ちたところですぐに新しい葉がでてくるものでは生長期に入るところか、少し前に植え替えしてもよいです。ですが、一番安心で、安全策なのは春、秋の生長期。

 

冷夏の場合

私たち万年青の豊明園の愛知県岡崎市では、夏は9割は暑さと湿度、風が止まることへの対応ですが、極まれに冷夏も訪れます。そんなときはまず日照も足りないので、日よけのタイミングも変わってきます。よく日に当て、健康的に育てること。また、肥料も涼しいのでやりたくなると思いますが、やりすぎず、ごく薄い1万倍以上の肥料を、日の良く出た日に。もしかすると、夕方の水やりにしなくても朝の水やりで対応できてしまうかもしれません。普段は万年青の休眠期を気をつけますが、夏中生長する場合は、水を切らさないようにしましょう。風が通るようなら、扇風機なども無駄になります。

いきなりガラっといつもの暑さに戻るといけないので、肥料のやり過ぎは気をつけましょう。

 

8月の万年青の育て方 注意点

7月に同じ。 万年青の育て方 7月 おもとの採光・水やり・通風

ホースの水、薬害、肥料のやり過ぎ。この8月の注意点に書いてない注意したいことも書いてあります。

8月の育て方で、失敗するもとは、夏の暑さ、直射日光の強さと気温の高さという環境です。

夏の暑さ ホースの水、鉢の中の水

夏の暑さで、ホースの水が熱くなっていて、それを万年青にかけて傷めてしまう、また、万年青にかけた水が熱い日差し、高い気温で鉢の中で高温になってしまい、鉢が煮えてしまうことがあります。

ホースの水は、水やりをする前にしっかりと水を出して、冷えた水になっているのを確認することで、問題ありません。

水やりの水が鉢にたまり、その水が煮えてしまうのを避けるために、暑い昼間や、その前に水をやるのは控えます。本当の早朝5時や、夕方、夜に水やりをして、日差し、直射日光が当たる前に水がしっかりと切れているようにしましょう。ここでしっかりと水が切れているというのは、カラカラに乾燥させる、という意味ではなく、適度な水の量、という意味です。

液肥、薬剤は使い切る

極々薄い液肥などをやられる方は、温度の高さですぐに腐っていきます。傷んだ水を上げるとやはり万年青によくないので、液肥は使い切って、きれいに洗います。また、農薬、他のものも、夏場は特に使い切り、清潔にすることを心がけます。盲点なのは、ホースの中に液肥などが残っていること。液肥をやったホースは、綺麗な水で流しておきましょう。じょうろなども同じ。

芯の水

同じく、水やりに関わることですが、万年青によっては、水をやったあとに、葉の芯に水がたまるものがあります。そういったものでは、夏の暑さで芯の水が熱くなり、新芽が傷む、病気になることがあります。水をやったあとに芯の水を筆やティッシュペーパーで取り除くことや、水やりの時に葉や、芯に水がたまらないように鉢の用土にだけかけることで防げます。水やりの時の注意点の他にも、強い直射日光が芯に当たるのを防ぐために遮光をする、建物の陰におく、風を通して、涼しい場所にすることもお勧めです。

また、芯に溜まるのが、水以外にも、液肥、薬剤などがあるので特に注意します。

夏の植え替えのしにくさが、手遅れになることも

この時期は、何か変だな、と思っても植え替えしにくいのも難点の一つです。春や秋なら、何かおかしいと思ったときにすぐに植え替えをして、芋根、用土の状態も調べることができます。夏場がそれが躊躇してしまいます。何も状態が悪くなく、ただ葉が黄色くなっているだけで植え替えをして、下葉がもっと葉が落ちる、ということを避けるためですが、ここは直観に従って、おかしいと思ったら植え替えや、根芋のチェックをして、調べることをお勧めします。調べてみて、結局状態がよいなら、その万年青が数枚、葉を落とすだけで自分の経験になります。やはり水が多くて根が傷んでいるなど原因が分かれば、それからの水やり、環境などを変えて、よくすることができます。

 

8月の育て方 注意点のまとめ

・ホースの水をしっかり確認すること

・直射日光や日が強くなる前に、鉢の水がきちんと切れていること

・液肥、薬剤は使ったら、使い切る事

・葉の芯に溜まった水、液肥、薬剤に注意すること

・夏場の植え替えは、葉が数枚落ちるリスクと天秤にかけて、大事になる前に躊躇なくすること。

 

●動画解説 【万年青の育て方】8月の注意点 ホースの水、芯の水、調子が悪いときの植え替え

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in August】

 

●動画解説 【万年青の育て方】8月の管理の基本 植え替えは×、万年青の休眠期、8/20 日よけ、病害虫、冷夏

【万年青の豊明園】【How to Grow OMOTO in August】

次の記事 万年青の育て方 季節の管理について

おもと春の管理

万年青の育て方 3月 オモトの採光・植え替え・種まき

万年青の育て方 4月 おもとの採光・肥料・芋吹き

万年青の育て方 5月 万年青の採光・肥料・交配

万年青の育て方 葉焼け オモトの日焼け

万年青の種まき おもとの繁殖 3月種まき

 

おもと夏の管理

おもとの育て方 6月 万年青の採光・水やり・肥料

万年青の育て方 7月 おもとの採光・水やり・通風

万年青の育て方 8月 オモトの採光・水やり・通風

万年青の置き場所  6月 自作棚

万年青 の育て方 夏から秋の管理       オモト・採光・水やり・根っ子

夏の栽培 注意点 芯の水が煮える オモト直射日光

 

おもと秋の管理 

万年青の育て方 9月  万年青の採光・水やり・肥料・台風

おもとの育て方 10月  おもとの採光・水やり・通風・展示会

万年青の育て方 11月  11月オモト・採光・施肥・根っ子

岡崎 万年青の根っ子      10月の根っ子

万年青の管理  水苔・植え替え

 

おもと冬の管理 

万年青の育て方 12月岡崎 オモト潅水・採光・防風・防寒

万年青の育て方 1月 岡崎 オモトの実・寒さ対策

万年青の育て方 2月 岡崎 オモト冬の管理・根・肥料・水やり

冬の寒さ対策       12月凍る場合の寒さ対策

おもとの耐寒性      アメリカ・ロングウッドガーデン

おもとの耐寒性      寒さに強い植物

 

 

万年青の実の生長

交配してひと月後の万年青の実

ここで、はっきりと交配が成功したのか、失敗したのかがわかります。

成功したものはそのまま順調にいくでしょう。失敗したものは、自分の交配のやり方、時期、道具などがうまくいってないのか、相性がよくなかったのか、考えてみます。

私たち万年青の豊明園でも、100年近く交配をしていますが、ばっちりのものもあれば、完全な失敗もあります。花芽が実にならなければ、来年も花芽が上がる事があります。

実をつけてしまうと体力を大きく消耗するので毎年実がつくことは難しいですが、実が付かなければ、来年の楽しみがあります。今から交配の相手を考えて楽しみましょう。

●動画解説 【交配してひと月後の実付き】実付きのよいもの、悪いもの 最初の交配からひと月以上たち、交配がほぼ終わり

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting a month later】

 

 

 

交配して2月後の万年青の実

2020/7/23時点 ふた月後の万年青の実の様子を紹介します。

先月の1と月後の万年青の実付から、どのように変化したでしょうか。

もう実はかなり膨らみ、しっかりとしてきました。

5月から6月の交配の時の花から、2か月でここまで実になります。

大きさはまだまだ大きくなります。

育て方のポイント、気を付けること

他の万年青と同じく、乾いたら水をやる

肥料は7月で30℃を超えてきているので、やらない。ごく薄い液肥をたまに上げるぐらいでよい。

基本通りですが、まれに、水が多すぎる、日が強すぎると

実が急激に膨らみ過ぎて、実の皮が割れてしまうことがあります。

水が多くて生長しすぎる、日が強くて皮が堅くなりすぎるためです。

 

実に縞がはっきりとでてくるものもある。

地植えの場合

そのままでよい。

この時期の失敗の原因

ここまでこれば、9割がた成功です。もう安心してよいです。

夏場、暑すぎて根芋が傷み、実だけが倒れる、

また、肥料が今まで多すぎて、実だけ倒れることがあります。

暑すぎて倒れてしまうのは、暑いのに水のやり過ぎが原因です。

肥料は春までの肥料が原因

 

●動画解説 【交配してふた月後の万年青の実付き】育て方、失敗の原因、実の詳細 交配からふた月以上たった後の実の状態

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting 2 months later】

 
オモトの実
実が膨らみ大きくなる時期です。
長雨に当てないように管理したのが良いです。
イメージ 3
オモトの実8月22日
実が膨らみ大きくなる時期です。長雨に当てないように管理したのが良いです。
 
イメージ 4
白斑の実
実にも柄が現れます。江戸時代は実を観賞して楽しむ文化がありました。
 
 
イメージ 5
胡麻斑の実
若い実は色艶が美しい。

 

8月7日 オモト『錦秀の松』の実

 

11月13日 オモト『錦秀の松』の実

12月8日 オモト『錦秀の松』寒さにあたり色づく

 

 

◆万年青の実親販売

https://www.houmeien.co.jp/ec/html/pr…

●万年青の交配用 ホセ https://www.houmeien.co.jp/ec/html/pr…

 

次の記事 万年青の実をつけるには?

おもとの実をつけるには

 

万年青の実の付け方

 

万年青 実がならない

 

おもとの交配

おもとの育て方 交配・実生

万年青 実がならない

おもとの花 実の付け方

万年青の実の付け方

万年青の種まき

おもとの育て方 交配・実生

 

 

 

 

おもと 置き場所 棚

お棚紹介 お棚工夫

三河のお棚紹介 自作のお棚、始められて2年2ヶ月、35鉢前後おもとが集まりました。

お棚
羅紗系と千代田羅紗、千代田、獅子を楽しんでおられます。おもとを置いてある下の網は100均で、通風がしっかりとれる、後ろにダイオネット、前はすだれ。
お棚も、最初は手近にある材料を使って作れば、5000円もかからずに、工夫好きの方ならお金をかけずにお棚は出来ます。
ひもで途中まで陽射しに合わせて
すだれをおろして、遮光具合を変えれます。横からの風通しはよいようにしてあります。
カーポートに取り付けたよしず
お棚から見て10時の方向から日が昇り、4時、5時の方向に日が落ちます。真昼からは家の陰になりますが、それでも昼ごろに入ってくる強い陽射しを避けるために左側のよしずを、昼から陰になる場所は、ここ最近の夏の暑さに適した場所です。周りの立地を考えて、一番よい日の位置を選ばれました。
以前のおもとの本には、南側の場所が最適となっていますが、温暖化した現在の気候では春までは首が太くなり、根も張りよいのですが、強すぎる日による葉焼けが心配なので、しっかりとした遮光と、風通しが以前よりも必要になってきました。
こういった家や生け垣などで西日除け、正午の強い陽射しを除けれる場所が適地になりつつあります。
※福島以北ではそこまで強い陽射しを遮光しなくても良いようです。太平洋側は気を付けます。
カーポートなので、愛車の横に車が入るとちょうどこういった形になります。
平日はお仕事をされているので、午前中の柔らかい日がしっかりと入ります
朝も6時に置き、車を移動させ、東からの朝日を当てて。
金枠用に作ったわけではないそうですが、ちょうど金枠がすっぽり入ります。
金枠は強い風が急にふいても問題なく、オモトが倒れてまた植え替えということにもならないので便利です。また、ねこなどがいたずらもしにくいです。

後ろから(北側から)の雨にも対応できるように簡易ビニールを作成、たためます。

冬場、日を取るために作られたお棚。風除けのネットも、現在はおもとの道具入れに

先ほどのお棚に入っていたおもと用土。これだけ作ってあれば、ほぼすべての植え替えが出来ます。大、中、富士砂、立派な木の板を台にして

収納もばっちりねこよけ

金枠などの入れる枠がなく、そのまま置いてあるだけの場合、稀にネコに遊ばれてしまう事があります。ねこは可愛いのですが、こういうときは厄介です。豊明園では竹酢液を散布、また濃い物を温室の出入り口に散布することで防いでいます。

水遣り、薬剤散布道具
普通の水遣りと、
竹酢や微量要素、自作の液肥などを薄めてじょろで
ダコニールやダイセンなど殺菌剤を噴霧器で
大量に要らないのでスポイトなどがあるとちょうどうまく希釈出来ます
お棚を作る時に、日と同じくらい大事なのが、水ができるかどうか、いくつか皆さんのお棚の場所候補があっても、水遣りが出来なければおもとができません。
お客様も近くに水場があるこのカーポートが一番の場所に、水場、水道が近くにない場合は、長いホースで水を持ってくる、近くに水甕を置き、そこに水をためて、古くからのお客様では、水甕を地面にある程度埋め、転倒防止と、地熱で冷やしている方もおられます。
温室のある方はすぐにおもとを置く場所がありますが、なかなか最初から完璧に用具、場所が揃っている方はいません。皆さんご自分の環境に合った工夫で、
おもと置き場を自作されています。
おもとはまた日は要りますが、基本的に日陰植物なので、家の南側なら遮光を、家の北側ならそのままでも作れます。最初の一鉢から3鉢なら場所を選びませんが、10鉢、数10鉢となると少し考えるとよい場所が見つかります。今までの本には100鉢以上のお棚ばかりが取り上げられ、10鉢から50鉢のお棚について手が届いていませんでした。そんな参考になればと取材を許可して頂きました。
本当に有難うございます。
イメージ 7
鉢かけかざり
当日飛び入りで展示して下さいました
ちょっとしたスペースでおもとを楽しむにはぴったりの鉢かけ
ハンガーなどを丁寧に細工し、鉢がずれないようにしています
日の当たる場所へ動かすことも、日陰や風通しの良い場所に動かす事も簡単に出来、鉢の乾きも良いです。
楊枝を挿し、鉢の乾きをみています
微妙な乾き具合、湿り気をみて、鉢の中の湿気を想像します
力和は一番小さな7㎝の鉢で管理
より小型に作る事を楽しんでおられます
小型の中の芸の魅力については教えられることが多いです

おもとの育て方 7月 岡崎市

 

 

 万年青 夏 愛知県岡崎市 豊明園 栽培管理

 

2019年7月3日 豊明園第一温室 温室内は3日目の換水で管理しています。

アク水(灰汁)も換水時に行います。

夏の作の基本 7月編

水やり

7月中の水やりは暑さのせいで難しいです。30℃以下で、寒冷紗などの日よけで直射日光が当たらなければ、乾けばしっかりと水をやれば、葉はまだまだグングン伸びていきます。

35℃を超えるような日や地域もあると思います。そうなれば、なるべく水をやり過ぎないようにします。万年青によっては、夏の暑さで休眠をして、水の吸い上げが極端に落ちるものがあります。そういった万年青ではよく乾いてから水をやらないと、根腐れのもとになってしまいます。

人間と同じで、空腹になったらご飯を食べれば健康ですが、お腹一杯なのにまだご飯を食べて、それが何日も続けば病気になってしまいます。同じように、良く乾いてから水をやらないと根腐れになるので気をつけましょう。

 

直射日光もつよいので、昼中の水やりは避けた方がよいでしょう。上げた水が、直射日光で熱をもち、根を傷める原因になります。豊明園では、夕方の水やりか、まだ日も上がらない早朝の水やりにして、昼中の直射日光の強いときには水がよく乾いているようにします。

振り水 パラ水

名前の通り、軽くふっただけの水や、ぱらっとかけただけの水のことです。真夏になると暑さから水やりの判断が難しいときも出てきます。今よりも朝やった方がよいかな、夕方やった方が良いかなと迷ってしまうときに振り水だけにして、表面、首元にさっと水をかけ、半日、一日水やりを伸ばします。水の多すぎを防ぐ一つの方法です。

 

日よけ 採光

万年青は半日陰を好む日陰植物です。明るい日陰が一番手間がかからずに育てることができます。西日も朝日がしっかりとれれば、さえぎっても大丈夫です。

豊明園 外棚
ダイオネット目が粗い市松模様で通風がよく丈夫、シルバーなので太陽光線を熱に変えず反射し、万年青の苦手な夏場でも涼しい日陰が得られます。2段にしてます。

市松約1.6cm目 遮光率40~50% 暑くなりダイオネットを購入される方が多く見えます。50m。1mから切り売りもしています。

 

太陽(たいよう)7月16日下葉が枯れ始めました。

羅紗などの芸の強いもの、虎や矢筈、図などの柄物はある程度しっかりと日にあててやると芸はよりよく、柄はより冴えます。朝日をよくとることで柄の反応はよいです。

ここは塩梅(あんばい)なのですが、日が強すぎると凝ってくるといって、葉が厚く、堅くなりすぎて葉の伸びが悪くなります。また、獅子などは葉が厚くなりすぎて、巻きが悪くなるので、ご自分のお棚にあった、よい採光を、その年の気候と相談しながら調整しましょう。

おもと棚
家の東面にそつて作ってあります。棚は木製、パイプは3本

おもと棚
家の東面にそつて作ってあります。日が当たると遮光ネットを張ります。傾斜があります。又長雨が当る場合ビニールもセットしてあります。

置き場

日よけとかぶりますが、直射日光が昼間から夕方まで当たらない場所がベスト。

風がよく通る場所ならよくできます。

暑さ対策
扇風機は首ふりさせず一定の方向に向け風を送ります。風の流れを作ります。

 

肥料 アク水 微量要素 竹酢液

置き肥は豊明園では一番遅くて6月初めで終わります。豊明園のある愛知県岡崎市では、5月ぐらいから30℃を超える日があるので、そうなったら肥料当たりが怖いです。

そうなので、7月は置き肥はなし。春から初夏に置いた置き肥は豊明園ではそのままです。カスがでるので、取り除いてもよいでしょう。

その代わり、天気の良い日にごく薄い液肥 スーパー1を10000倍でやります。

また、微量要素 竹酢液も1万倍でやります。アク水もやりますが、これらは混ぜない方がよいです。

消毒 病害虫

月に2度前後、殺菌剤を散布します。殺虫剤は0-1回、虫の様子を見ながら。この時期は高温になるので、高温や直射日光による薬害が出やすいので注意。

植え替え

この時期はしません。暑さで葉が落ちやすいのと、植え替えて突然枯れるものもあるので、気をつけます。もし、どうしても植え替えをしなければならないときは、植え替えた後はしっかりとした日陰でいつも以上に気温、日光によく慣らしてから、棚に戻します。

 

 

7月26日 豊明園第一温室

2019年7月3日 豊明園第一温室 引越しおもと・江戸万年青の展示

2019年7月9日 豊明園 外展示棚

7月3日 よしづ・ダイオネットで遮光

 

7月11日 豊明園第二温室 全開

南日本では本格的な梅雨期です。オモトが高温多湿のため休眠に入り真夏です。できるだけ乾燥気味に管理します。風通しの良くしておきます。

 

潅水  水の管理

7月 水温が高くなるので、よしづをのせて管理しています。

 

ホースの水が熱湯になるので、気をつけます。水を出す時には、しっかりと水が冷たいことを確認してから上げるようにします。

豊明園では、夏場は夕方の水やりが多くなるので、ホースの中が熱湯になり、危険です。同じように、マンションのコンクリートの上のホースなどは気をつけます。

7月22日 つまようじと富士砂の色の変わり具合を見て換水時をきめます。

まだ天候が安定せず、みずやりのいちばんむつかしい時期です。その日の天候と、鉢の乾湿によって判断します。温度と湿度の高い日は、水を控えて渇き気味にしておきます。しかし晴れた日はたっぷりと水をやります。高温情報が出るころの潅水は夕方にきりかえます。

7月22日 重さで水分量を記録 テストしています。

採光

7月11日 豊明園 外棚 日差しがきつく早朝よりダイオネットを張る。

梅雨明けとともに日差しが強くなりますから、採光は朝のうち2時間くらいで充分です。あとはよしずやダイオネットなどで日覆いをします。

7月26日 豊明園 外棚 雨上がりの朝7時

雨上がりの際、葉の芯に水がたまっていて、そこに強い日光があたり、水が煮えてしまうことがあります。

 

7月3日 太陽殿の虎(たいようでんのとら)虎柄の系統はなるべく採光の時間を長くとる。この場所は9時30分まで直射の場所で管理。採光時間は4時間30分。

通風

7月15日 扇風機で通風

この時期は「風でオモトをつくる」とまでいわれています。できるだけ風の通るようにし、オモトが蒸れないように涼しくしてやります。風通しの悪い場所では、オモトに赤星病やカイガラムシがつきやすくなります。また芋が蒸れて傷んだりもします。

施肥

7月29日 アク水(灰汁)潅水時に行います。

肥料は置き肥えは中止します。液肥はごく薄いものを月に2回ほど、灰汁(わら灰)をうすめて換水するときに混ぜておこないます。

病害虫の予防と駆除

高温多湿が病害虫にとっては最適な条件になり、オモトにつく害虫のすべてが、最も活発に活動する時期です。オモトにしょうじょうが出ていない場合でも予防の農薬散布が必要です。おもに出る病気は赤星病、害虫はスリップス・カイガラムシ・ナメクジなど。薬剤散布する場合薬剤はそれぞれ薄め方が異なりますから、注意書をよく読んで、濃度をまちがえないようにしてください。

7月8日 実が膨らみ始めています。実にも縞柄がわかるようになってきました。

 

7月9日 新芽が勢いよく伸びています。

7月16日 おもと根の状態 

35℃を越える暑い時期、新根が勢い良く伸びています。今回鉢から抜いたおもとに根落ちがなく安心しました。
水遣りの間隔を注意しワラ灰や竹酢液を定期的に使用しています。

7月21日 新生殿(しんせいでん)新根や根毛も沢山出ています。細く黒い根は落ちます。又3年葉は新根が葉を割っているため右下の葉は落ちます。植え替えしない場合は葉が持つこともあります。

7月21日 おもとの根っこ左のおもと、3年前の根っこは黒い色をしていますが、次根の先は白色の根っこになっています。これは前作者から用土が変わって元気な根っこになっています。中・右のおもとはパミスと矢作砂の混合植えです。白くきれいな根っこになっています。根っこの色も用土により色が変わります。

7月22日 縞獅子の根っ子、元気に伸びています。子供が出てきたので下葉の色が変わってきています。

 

7月24日 愛玉殿(あいぎょくでん)の芋吹き 葉がしっかりしてきました。

7月26日 今年の芋吹き苗

 

7月5日 3月に種まきして葉がでてきました。

7月17日 実生、柄がはっきりわかる。

 

7月30日実生の鉢上げ

夏の作の注意点

水やりのホース

ホースの水が熱湯になるので、気をつけます。水を出す時には、しっかりと水が冷たいことを確認してから上げるようにします。

豊明園では、夏場は夕方の水やりが多くなるので、ホースの中が熱湯になり、危険です。同じように、マンションのコンクリートの上のホースなどは気をつけます。

熱湯をかけると1~数日で万年青はとろけてしまいます。

雨上がりの後の日

雨上がりの後、空気も綺麗になり、日光の光線も強くなっています。

葉の芯に水がたまっていて、そこに強い日光があたり、水が煮えてしまうことがあります。葉の芯に、熱湯ができることになって万年青を傷めることになるので気をつけます。私たちは雨から日がでたらすぐに日よけネットを引くようにしていますが、お仕事で外に出られている方は、ネットを引いてから朝出ていくようにしましょう。

扇風機で通風

夏の暑さから、太平洋側では扇風機を回すお棚も増えてきました。(電気代も強で24時間24円、弱で24時間12円 参考値、各位調べてください。)

この時に、直接万年青に風が当たるとそこだけ乾燥し、水切れによる葉焼けが起こることがあります。葉の白い覆輪や虎、図がなりやすいので注意。

私たち豊明園では、お棚下に当てたり、万年青の横に風の通り道ができるようにして、万年青に扇風機の風が直接当たらないようにしています。

風が止まってしまう場所や、蒸れる場所では病害虫も出やすく、根も蒸れて落ちやすくなります。

おもとの実生   洗面所において生育状態を見ています。

置き肥 液肥など

肥料をやる場合、7月では気温が30℃を超えていることも多いでしょう。肥料当たりが出始める頃です。私たちは肥料の置き肥はもうやらずに、ごく薄い1万倍ほどの液肥を2週間に1-2回やります。35℃になってきたら頻度を低く。

豊明園では、置肥はそのままにしておきます。カスが出やすいので、夏前に置肥を撤去するのもありだと思います。

逆に、ワラ灰、微量要素、竹酢液を定期的にやります。

病害虫の防除と薬害

この時期、病害虫も非常に活発に動きます。万年青を食害する虫は多くないですが、スリップスなどにやられないように殺虫剤を、

病気も出ることがありますので、殺菌剤をやるとよいでしょう。

ここで、薬剤散布の注意点!生長期と暑い時期の薬剤散布では薬害は出やすいです。日が強いとき、気温が高いとき、に薬害が出て生長障害、奇形がありますので気をつけます。

また、雨がすぐに降るときは薬剤が流れて意味がなくなったり、風が強く、風下に洗濯物、車、人などがあるときは思いもよらない被害になることがありますので、気をつけましょう。

柄が出ない

こればっかりは諦めないといけないときがあります。その年の気候で、曙、虎、図、矢筈などが出にくい年、出やすい年があります。

また、図や虎の一部では、完全に消えてしまうものもあります。これらも、諦めずにやっていると子にひょっこり現れることもあるので、一年、柄が悪くても気にしないようにしましょう。

曙、虎、矢筈などは、絶対に柄がでるものがあるので、一年だめでも、来年は作場の日当たり、肥料を改良していけば、必ず柄は戻ります。

白雀(しろすずめ)この時期になると自然に下葉が枯れてきます。新しい葉と変わります。おもとの生理現象。白い部分は午前中の採光を強めて管理すると白さが鮮やかになります。

 

【万年青の育て方】7月の管理の基本 水やりと30-35℃、乾きと休眠、振り水、日よけと柄、病害虫、植え替え

【万年青の豊明園】【How to Grow OMOTO in July】

【万年青の育て方】7月の注意点 ホースの水、芯の水、扇風機の風、肥料、薬害

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in July】

 

 

 

 

万年青の育て方 トラブル編 根上がり 根止まり 春から秋の生長期

万年青の育て方 トラブル編 根上がり

春から秋の生長期には、根と葉が伸びていきます。

根上がり

万年青の根は下に伸びるものですが、石にぶつかり根が上がってくることや、獅子のように根も巻き、上に昇ってくる根が苔から顔を出すことがあります。

表土の上からでる根のことを根上がりといいます。

これは自然なのでそのままでもよいですが、気になる人は苔や砂をかぶせてやったり、その部分だけ植えなおして砂の中に入れる方もいらっしゃいます。

根止まり

新根が乾燥して、根の成長がとまることを根止まりといいます。

新根でも、古い根の枝根でも、根を成長させてこそ新葉がよく育ちます。

植え替えがなかなかしてもらえず、新根がでてもすぐに乾くような状態ではすぐ根止まりしてしまうので、根上がりと同じように、苔や砂を足して、新根が根止まりしないようにしましょう。GWから秋までは新根がよく伸びるので、よく注意してみてみましょう。

おもと新生殿(しんせいでん) 首元を見ると新根が出ています。このまま置くと根止まりします

 

おもと新生殿(しんせいでん) 少し荒目の富士砂で根元が隠れるまでかぶせます。(細かいと飛びやすい、中粒使用)

 

動画解説 【万年青の育て方 トラブル編 春から夏】葉焼け、根止り、根上り、スリップスについて【万年青の豊明園】