キフツゲートコートガーデン イギリス

イギリス、イングランドグロスターシャー州コッツウォルズチッピング・カムデン(Chipping Campden)にキフツゲートコートガーデンがあります。

Kiftsgate Court Gardens さんのHP     http://www.kiftsgate.co.uk/home

全部で110枚の写真です。

キフツゲートの位置

ロンドン中心から車で2時間、150キロほどの距離にあります。

 

イギリス中西部、コッツウォルズ地方のKiftsgate Court Gardens

前回のヒドコート・マナー・ガーデンのすぐ隣にあり、寮としてすんでいたヒドコートから歩いていきました。30分弱、地元の道を歩きながらいきました。

 

蜂蜜色のコッツウォルズストーン。ハニーストーンとも呼ばれ、文字通りはちみつ色をしています。ライムストーン(石灰石)

 

 

 

 

実語教 寺子屋教育

○江戸時代の教育は世界に冠たるものであった。その教育が近代日本を創った!
区分 内容・解説
実語教・解説 底本は菊池所蔵の整版本。大本。赤茶色表紙。題簽剥落。
副題簽に「五堪忍」とあって、「争」「色」「奢」「欲」 「冨」の各項目について3行ずつ説明がある。
扉には「実語教/童子教/東都 仙鶴堂寿梓」、巻末の 刊記には「文化十一甲戌年正月発行/御江戸通油町北川 中程/地本問屋 鶴屋喜右衛門寿梓」とある。
本文上欄には、「江戸名所神社仏閣大概略縁起并図」が 掲載されている。
本文は漢文に返り点と読み仮名を付けている。ここでは、 初めに読み下し、次に漢文のみ(白文)、最後に仮名書 きで読み方を示すこととする。仮名遣いは原文通り。
実語教・仮名文編 山高きが故に貴(たつと)からず。
樹(き)有るを以て貴しとす。
人肥へたるが故に貴からず。
智有るを以て貴しとす。
富は是(これ)一生の財(ざい)。
身滅すれば即ち共に滅す。
智は是万代(ばんだい)の財(たから)。
命(いのち)終れば即ち随つて行く。
玉磨かざれば光無し。
光無きをば石瓦(いしかわら)とす。
人学ばざれば智無し。
智無きを愚人とす。
倉の内の財(ざい)は朽つること有り。
身の内の才(ざい)は朽つること無し。
千両の金(こがね)を積むと雖も、
一日(いちにち)の学には如(し)かず。
兄弟(けうだい)、常に合はず。
慈悲を兄弟(きやうだい)とす。
財物(ざいもつ)、永く存せず。
才智を財物とす。
四大(しだい)、日々に衰へ、
心神(しんしん)、夜々(やや)に暗し。
幼(いとけな)き時、勤め学ばずんば、
老ひて後、恨み悔ゆると雖も、
尚(なを)所益(しよゑき)有ること無し。
故(かるがゆへ)に書を読んで倦むこと勿(なか)れ。
学文に怠(をこた)る時勿れ。
眠(ねぶ)りを除ひて通夜(よもすがら)誦(じゆ)せよ。
飢へを忍んで終日(ひねもす)習へ。
師に会ふと雖も、学ばずんば、
徒(いたづら)に市人(いちびと)に向ふが如し。
習ひ読むと雖も、復さざれば、
只隣(となり)の財(たから)を計(かぞ)ふるが如し。
君子は智者を愛す。
小人は福人(ふくじん)を愛す。
冨貴(ふうき)の家に入(い)ると雖も、
財(ざい)無き人の為には、
猶(なを)霜の下の花の如し。
貧賤の門(かど)を出づると雖も、
智有る人の為には、
宛(あたか)も泥中(でいちう)の蓮(はちす)の如し。
父母は天地の如く、
師君は日月(じつげつ)の如し。
親族は譬(たと)へば葦(あし)の如し。
夫妻は猶(なを)瓦(かはら)の如し。
父母には朝夕(てうせき)に孝せよ。
師君には昼夜に仕へよ。
友に交はつて諍(あらそ)ふ事なかれ。
己(おのれ)が兄には礼敬(れいけい)を尽くし、
己(おのれ)が弟(をとゝ)には愛顧を致せ。
人として智無きは、
木石に異ならず。
人として孝無きは、
畜生に異ならず。
三学の友に交はらずんば、
何ぞ七覚の林に遊ばん。
四等(しとう)の船に乗らずんば、
誰(たれ)か八苦の海を渡らん。
八正(はつしやう)の道は広しと雖も、
十悪の人は往(ゆ)かず。
無為(むゐ)の都は楽しむと雖も、
放逸の輩(ともがら)は遊ばず。
老いを敬ふことは父母の如し。
幼(いとけな)きを愛することは子弟の如し。
我、他人を敬(うやま)へば、
他人亦(また)我を敬ふ。
己(おのれ)人の親を敬へば、
人亦(また)己(おのれ)が親を敬ふ。
己(おのれ)が身を達せんと欲せば、
先づ他人を達せしめよ。
他人の愁いを見ては、
即ち自(みづか)ら共に患(うれ)ふべし。
他人の喜(よろこ)びを聞いては、
則ち自ら共に悦ぶべし。
善を見ては速(すみ)やかに行(をこな)へ。
悪を見ては忽(たちま)ち避(さ)け。
悪を好む者は禍(わざはひ)を招き、
譬へば響きの音に応ずるが如し。
宛(あたか)も身に影の随(したが)ふが如し。
善を修する者は福を蒙(こうむ)る。
冨めりと雖も貧しきを忘ることなかれ。
或ひは始め冨みて終はり貧しく、
貴(たつと)しと雖も賤(いや)しきを忘るゝことなかれ。
或ひは先に貴く終(のち)に賤し。
それ習ひ難く忘れ易きは、
音声(をんじやう)の浮才。
又学び易(やす)く忘れ難きは、
書筆の博芸。
但し食有れば法有り。
亦(また)身有れば命有り。
猶(なを)農業を忘れざれ。
必ず学文を廃することなかれ。
故(かるがゆへ)に末代の学者、
先づ此(この)書を案ずべし。
是(これ)学問の始め、
身終はるまで忘失することなかれ。
実語教・漢文編 山高故不貴 以有樹為貴
人肥故不貴 以有智為貴
富是一生財 身滅即共滅
智是万代財 命終即随行
玉不磨無光 無光為石瓦
人不学無智 無智為愚人
倉内財有朽 身内才無朽
雖積千両金 不如一日学
兄弟常不合 慈悲為兄弟
財物永不存 才智為財物
四大日々衰 心神夜々暗
幼時不勤学 老後雖恨悔
尚無有所益 故読書勿倦
学文勿怠時 除眠通夜誦
忍飢終日習 雖会師不学
徒如向市人 雖習読不復
只如計隣財 君子愛智者
小人愛福人 雖入冨貴家
為無財人者 猶如霜下花
雖出貧賤門 為有智人者
宛如泥中蓮 父母如天地
師君如日月 親族譬如葦
夫妻猶如瓦 父母孝朝夕
師君仕昼夜 交友勿諍事
己兄尽礼敬 己弟致愛顧
人而無智者 不異於木石
人而無孝者 不異於畜生
不交三学友 何遊七覚林
不乗四等船 誰渡八苦海
八正道雖広 十悪人不往
無為都雖楽 放逸輩不遊
敬老如父母 愛幼如子弟
我敬他人者 他人亦敬我
己敬人親者 人亦敬己親
欲達己身者 先令達他人
見他人之愁 即自共可患
聞他人之喜 則自共可悦
見善者速行 見悪者忽避
好悪者招禍 譬如響応音
宛如随身影 修善者蒙福
雖冨勿忘貧 或始冨終貧
雖貴勿忘賤 或先貴後賤
夫難習易忘 音声之浮才
又易学難忘 書筆之博芸
但有食有法 亦有身有命
猶不忘農業 必莫廃学文
故末代学者 先可案此書
是学問之始 身終勿忘失

実語教終

実語教・沿革 ■山高きが故に貴からず、樹あるを以て貴しとなす。人肥えたるが故に貴からず、智あるを以て貴しとなすといふ文句を冒頭として、児童のために教訓の事を説きたる「実語教」は、 「庭訓往来」、「女今川」などの類と共に、明治維新前には、寺小屋にて児童のための教科書として盛に用ひられたものであつた。
■その作者は護命僧正であると伝へられて居る。

護命僧正は南都元興寺に居つた高僧で、嵯峨天皇の弘仁七年に僧都となり、仁明天皇の承和光年に年八十五にして亡くなられた。平仮名のいろははこの護命僧正が作られたと」言はれて居るが、 「実語教」がこの護命僧正の作であるかどうかは明瞭でない。或は護命僧正よりもつと後の僧侶の手になつたものかも知れぬ。
■しかしながら、「実語教」の書が古くから世に行はれて居つたといふことは 長門本の「平家物語」の中に『山法師の習へる山高故不貴とはかやうのことを申すベき』とあるにても知られる。又同じく「平家物語」の中に源三位頼政が山門(叡山)と南都とをかたらひたるに山門が 忽ち心変りせしを南都の法師が憤慨して「座主経」一巻、「実語教」一巻を作りてこれを根本中堂に送つた。
■さうしてその「実語教」といふのは『おりべはいつたんの宝、身滅すれば則ち共に破る、 恥はこれ万代のきず、命終れども共に滅することなし、欲はこれ一生の恥、恥なきをもて愚人とす、四大日日に衰へ、三たふ夜々くらし、云云』とありて、戯れに「実語教」の文句に傲ひて叡山の僧侶を 罵倒したものである。
■稍々後になりて鎌倉時代の末期無住法師の「雑談集」にも『箱根山中葦河宿にて或旅人実語教を誦して曰ふ、山高きが故に不貴、飯大なるを以て為貴云云、家主とりあへず誦して曰ふ、 人肥えたるが故に不貴、以賃多為貴と、互に入興して飯大にして賃多くしたりけるといへり云云』との笑談が載せてある。これ等の事例によりて見るも、「実語教」の一事は鎌倉時代の末期には既に広く世 に行はれて居つたものと思はれる

■実語といふ文字は「法華経」を始として、「涅槃経」、「金剛経」、「大般若経」などにも出て居るもので、それが仏教の経典に本づきたることは疑を容れぬことである。従つて「実語教」が僧侶の手になりたること  も事実に近いものとすべきである。しかしながら、当時行はれたる儒教の所説をも採用して、初学のものに適切の教訓を説きたるもので、しかもその書が近代に至るまで、庶民教育の根本をなして居つたことを考ふれば、  我邦の精紳文化の発展の跡を顧みて、この「実語教」の如きはまことに尊重すべきものであると言はねばならぬ。よりて私はここに新にその意義を解釈して、これを現代の人人に提供し、少なくとも現に家庭の主人たる  母親若しくは将来に於て母親たるべき人人に対して、この書を一読あらむことを要求する。

その他 ■二宮金次郎が勉強したと云われる教材の中に「実語教」が含まれて居ます。
金次郎も学んだ実語教の教科書

 

 

 

寺小屋社中さまより

イギリス ヒドコートマナーガーデン Garden tour イングリッシュガーデン 2017.4.24

私のイギリスの記録です。2017.4.24

イメージ 1
national trust ヒドコット(ヒドコート)マナーガーデン
National Trust ナショナルトラスト
英国の公益社団法人(NPOのようなもの)で120年前からの自国の文化を自分たちで守る運動。
歴史的価値のある自然や城、庭園が
貴族などの持ち主が税金を払えず維持できなくなり
荒廃していくことが多く、この団体が土地ごと、城ごと買い取ったり、借りたりしてイギリスの文化を守ろうとしています。
今現在、
775マイル(1マイル1.6キロとして)1240キロの海岸線
248,000 ヘクタールの土地
500を超える英国の歴史に残る城、庭園、建物、街並み(町ごと!)、公園
と普通では考えられない規模の活動をしていて、
公益団体の税制の優遇をうけながら、
ほぼすべて寄付で賄われています。
面白いのが、寄付も月5.4ポンド(7~800円ほど)で、
500以上のナショナルトラストの施設に無料で入れて

 

また、リタイヤした人たちは週に約半日近くのボランティアを庭園などですることで同じように他の施設にも入れます。
1000㎞以上の海岸線の清掃もボランティアによって行われます。
これらの寄付とボランティアを組織して
イギリスの文化財を守り、また、自国の職人の
手作りの品を500それぞれの城や庭園などで売っています。
ガラス細工、陶磁器、バックなどの布製品、写真など工芸品や料理 (どの施設もカフェがあって紅茶、ケーキやランチが楽しめます)
工芸品や料理はイギリス人にとっても少し高めだそうですが、皆さん寄付と思って払っているのだそう ちなみに、ボランティアをしている人はボランティアカードがあり、多くの施設で2割引きほどで買い物、飲食ができます。

私は、万年青を世界に広めるために、また、海外での万年青や、日本の伝統園芸をしるために、イギリスに少しだけいたことがあります。

そこで、約4万枚ほどの写真をとりましたので、少し紹介できたらと思います。

Garden tour ガーデンツアー風に、写真でご紹介していきます。

【English Garden Tour】イングリッシュガーデン、ヒドコートマナーガーデンをご紹介

【Hidcote Manor Garden in UK】【万年青の豊明園】

 

 

 

今回ご紹介する、ヒドコートマナーガーデンは、イギリスのコッツヲルド地方にある、ロンドンから北西へ車で2時間 90マイル ≒150キロの距離の、いわゆるイングリッシュガーデンです。

特徴は、25のテーマをもつ庭園を生垣、石垣、壁などで区切ってあるところが面白い特徴です。石の門や、生垣の門をくぐっていくごとに、また、角を曲がるごとに、全く新しい雰囲気の庭園が造られ、次はどんなテーマの庭園なんだろうと、新しい宝箱を開けていくように楽しめる庭園です。

園主のローレンス・ジョンストンはプラントハンターでもあり、

世界中の植物がみることができ、シンボルであるレバノンの杉や、日本のヤツデ、サクラソウ、椿、ホスタ ギボウシ、モクレンなど。日本原産だったり、日本原産のものをヨーロッパが改良したものを多く見ることができます。

この日の写真は、すべて2017.4.24のものです。イギリスでは、ジューンブライドと言って、花が一番美しく、晴れの多い6月に結婚式をあげると幸せになれるといわれています。これはイングリッシュガーデン、お庭巡りをするのもその時期がベスト。この時にいったある日は、晴れ間もありますが、曇りになったり、小雨がふったり、ヒョウや雪も降る、天気のすべてを一日で味わうような、変わった天気でした。イギリスの天気は変わりやすいといいますが、その通りでした。

ジューンブライド(June bride)とは? どんな由来・意味があるの?

ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのこと。意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。

 

ジューンブライド(June bride)となる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。

 

この私のイギリス研修には、奇跡の星の植物館という淡路島にある先進的な植物園の館長である辻本プロデューサー、フィデリティ財団、ナショナルトラスト、公益社団法人日本おもと協会三河支部 など多くの方の支援を受け、行かせてもらえることができました。

多くの方のご恩返しを、万年青を通して出来たらと思い、このYoutubuもやっています。

 

イメージ 2
national trust  ヒドコートマナーハウス
中にプラントハンターでもあった、園主のローレンス・ジョンストンの紹介があります。
ここはスタッフの事務所もあり、研修生が泊まれるようにもなっています。
 
20世紀のイギリスを代表する庭園ヒドコート・マナー・ガーデン。アメリカ人の ローレンス・ジョンストンがイギリスのケンブリッジ大学卒業後に、母と共に ヒドコート・マナーに移り住み、独学で造園を学び、40年の歳月をかけて完成させました。このガーデンの特徴は、直線と曲線を組み合わせた生け垣で敷地を区切って小庭園を20種類以上も造っていることです。これらの小庭園はコテージ・ガーデンと呼ばれ、イギリスのガーデニング界に大きな影響を与えました。生け垣の外からでは中の様子が見えず、足を踏み入れた瞬間に別世界が広がる、面白い演出が施されています。
日本の庭園もお庭ごとに別世界になるよう
工夫された庭園もおおくあり
みな考えることは同じなのだなぁと面白いです。
 
 
 
National Trust ナショナルトラスト
この団体は多くの人の寄付で賄われていますがその人たちはできるだけ自然に近く、昔のままで庭園が残るように、維持されるようにと願っています。なので、殺虫剤や殺菌剤を極力使わず管理しようとしています。害虫は手で一つづつ殺していきます。
それでも限界があるので、ダニなどの害虫を食べる天敵の卵を買って管理したりしています。
 
また、庭園ででる生ごみはすべてたい肥に、植物の花がらや雑草などもたい肥にして(バラや一部の雑草、病気のあるものは燃やします)木の枝などもチップにして自然に返します。
 
イギリスでも珍しいですが、ベジタリアンはガーデナーに多いです。お肉は一切食べない人から、チーズや卵はOKという人までいろいろ。スーパーには鳥が丸のまま売っていて、(小さいので500円ほど) こういったものをみるとベジタリアンになるのもわかります。
日本ではお肉がとてもきれいにされていて、絶対に元の動物を想像させないので安心!?魚は高く、野菜、お酒は安いように感じます。

 

レッドボーダー

 

National Trust ナショナルトラスト
wiki
ナショナル・トラスト (National Trust) とは、歴史的建築物の保護を目的として英国において設立されたボランティア団体。正式名称は歴史的名所や自然的景勝地のためのナショナル・トラスト (National Trust for Places of Historic Interest or Natural Beauty)。
ナショナル・トラストは設立の目的として「国民の利益のために、美しく、あるいは歴史的に意味のある土地や資産を永久に保存するよう促すこと、土地については、実行可能な限り、その土地本来の要素や特徴、動植物の生態を保存すること、そしてこの目的のために、資産の所有者から歴史的建造物や景勝地の寄贈を受け、獲得した土地や建物などの資産を国民の利用と楽しみのために信託財産として保持すること」を定めており[1]、単なる環境保護ではなく、歴史的建造物や景勝地国民の遺産として保持することで、愛国心や国民の一体感といったナショナル・アイデンティティを形成・強化することを意義としている[1]
本組織による保護活動が著名となったことから、同様の趣旨を持って活動する運動、あるいは理念そのものを「ナショナル・トラスト」と呼ぶこともある。同団体は2015年現在、424万人の会員と6万人超のボランティアが支える英国最大の自然保護団体となっている[2]

 

ヒドコート・マナー・ガーデン(Hidcote Manor Garden)は、イギリス、コッツワルド地方にある、いわゆるイギリス式庭園・イングリッシュガーデンの一つ。 イギリスのヒッドコットバートリムという小さな村の郊外に位置している。

ヒドコート・マナー・ガーデンは、1907年にアメリカ生まれでパリ育ちのイギリス陸軍軍人だったローレンス・ジョンストンが、退役後の定住地としてテューダー朝時代のマナーハウスを改装した際に、ジョンストンの知己であった園芸家ノーラ・リンゼイの助力によって造営された。ジョンストンは自分の死後にリンゼイに庭園を贈与するつもりだったが、先にリンゼイが逝去したため、1948年に自然保護団体ナショナルトラストに寄贈され、以来同財団によって管理されている。

ヒドコート・マナー・ガーデンはアーツ・アンド・クラフツ庭園のスタイルを継承し、総面積10エイカーの敷地を直線と曲線を組み合わせた生垣で区分し、25の異なる庭園をつないだ構成をもつ[1]。それぞれの庭は基本的にイギリスのコテッジ・ガーデンをイメージさせるが、フランス庭園の要素やジョンストンのプラント・ハンターとしての成果である外来種の植物を積極的に導入した点で、従来のアーツ・アンド・クラフツ庭園と異なる[1]。 庭は箱型生垣のほか、シデ、イチイ、石壁が使われ、多様な特徴やテーマを有する一連の戸外の「空間」という形態をとっており、コテージガーデンの集大成といわれる。 各区画の間には開放的な芝地である「シアター・ローン」や、長い眺望軸線を兼ねた「ロング・ウォーク」など、変化に富んだ視覚が楽しめる遊歩道が配置されている。

ヒドコート・マナー・ガーデンの特徴のひとつとして、生垣の上半分を整形的に刈り、下半分を全て刈り取った竹馬庭園(stilt garden)と呼ばれる剪定法がある。目の高さからは隣の区画は見えないが、足下が開放されているために閉塞感がなく、同時に向こうの区画への期待感を高める効果がある

イメージ 1
イギリス人の花好き
イングリッシュガーデンと花を贈る文化
 
 
バラの愛、情熱や、月桂樹の栄光のような花言葉と同じように
 
日本人も万葉集の古来より花や植物に思いを託して自分の恋心や秘めた思いを伝えてきました。
世界中にどこでも花言葉と似た文化があり、みな植物が好きで、言葉にできない思いをのせて花、植物を贈ってきました。
おもとを贈り、その人の長寿を願ったり、引っ越した先の無事を祈ったり、その家の繁栄を望んだりするのと同じです。

 

 

冬は寒く、多くの植物が枯れてしまうので、こういったムロ?が作ってある。ここで、挿し木や苗をつくったり、冬の寒さで枯れてしまうものの避難場所になっている。

 

さすが貴族!というテニスコート

温室もある

イギリスの日本庭園 おもと

イメージ 1

イギリスの日本庭園

左の半島を砂浜に、先端の灯籠を灯台に見立て海を表現しています
ツゲや、イギリスにあるツゲの仲間を使って日本庭園にあるような剪定を目指しています
日本文化がとても人気で、ボランティアで掃除にきています

イメージ 1

イメージ 1

レッドボーダー
ヒドコート イギリス
赤を基本とした一つの小さめのガーデン
ヒドコートは27のテーマのガーデンがあります

 

イメージ 1
イギリスのガーデニング、植物好きと
日本のおもと好き
日本人が玄関先におもとを植えたり、育てたりして縁起を担いだり魔よけをするように、クリスマスホーリー(西洋柊)も聖なる木として垣根などいたるところで使われます
 
日本でおもとが正月の花として華道家元の池坊で使われるように、クリスマスには西洋柊が使われます。クリスマスホーリー(西洋柊)の名のとおりですねヒイラギのとげがキリストの受難を連想させ、キリストの冠もヒイラギで作られています。

また、両方とも寒い冬が来ても常緑で驚異の生命力、永遠の繁栄を予感させる植物としても愛され、使われています。日本でもイギリスでも、寒い冬に多くの植物が枯れていく中、常緑で力強い緑をみせ、同じように赤い実をつけるこの万年青とクリスマスホーリーは神聖な植物です。
おもと の西洋名は Japanese sacred lilyで
日本の聖なるユリで名前にも聖なると入っています。

イギリスの園芸文化とプラントハンター おもとの柄 ヒドコートマナーガーデン キフツゲートガーデン

イメージ 1

イメージ 2

イギリス キフツゲート

イメージ 3

イメージ 4

イギリス ヒドコート マナーガーデン
マナー は荘園 領地 お屋敷といった意味でmanor と書きます。マナーがいいとは音が似ています。

イギリスは園芸の盛んな国ですがイングリッシュガーデンなど、もともとは貴族の趣味で世界の植物、おもとなど、珍しい植物をもっていることが貴族のステータスでした
自分のガーデン 庭があり、不思議で、珍しい植物でもてなすことで、お客様ゲストをお迎えしたり、自慢し合いたいだから、プラントハンターが活躍したり、貴族自身が植物好きで自身がプラントハンターになることも

イギリスだけでなく、東洋と同じで一番最初、古くは薬草園、野菜園 ハーベシャスガーデン、ベジタブルガーデンが大本にあったようです。食べること、薬になることが大事なのはどこも同じですね。おもとが5000年前から薬として
大切にされるのも分かります。

イメージ 1

イメージ 2

キフツゲート
ヒドコートから歩いて15分

イメージ 1

キフツゲート イギリス

イメージ 2

キフツゲート ガーデン

 

イメージ 1

オックスフォード

鬼門について

万年青とは関係なく、鬼門についてのお話を集めたいです。

万年青を鬼門に置くとよい、置かなければいけないといわれる。

石清水八幡宮 御社殿の北東の角が石垣から切ってあり、鬼門封じとなっている。桃山時代から江戸の徳川家光公の時代に造られた。

京の都の鬼門に比叡山延暦寺、裏鬼門に石清水八幡宮(多くの万年青彫刻あり)

江戸の鬼門

深谷城の鬼門守護、鬼門除けに瑠璃光寺、末広稲荷、富士浅間神社、三高院

 

皆様の街の鬼門にまつわるお話をお聞かせください!

TRIADプログラム 日米英園芸交換留学 豊明園2017年度参加

万年青の豊明園は2017年度研修生として参加

万年青の豊明園 水野がこのプログラムに参加しました。
このTRIADプログラムに万年青の豊明園は2017年度研修生として参加しました。
2017年4月から2018年4月までの13か月弱、園芸交換留学生をしていました。

研修目的

おもとを海外に紹介すること、海外の万年青の調査、海外に散っていった万年青の文献、資料、陶器の調査、それらを深め、万年青の歴史、文化の研究に寄与すること

TRIAD 私の活動 紹介

月刊誌 趣味の山野草 おもと記事 大象観 アメリカのおもと

薬草、和漢方としての万年青 薬効 藜蘆は万年青? レイロ リロ 日本の淡路島奇跡の星の植物園 研修中にてこの記事を書きました

TRIADプログラムは、

TRIADプログラムは、アメリカ、フィデリティ財団の支援のもと、世界の造園・園芸界をリードする三つの庭園・公園エリア(アメリカ・ロングウッドガーデン、イギリス・ヒドコートガーデン、そして淡路)が、連携・交流してこれからの各国の造園・園芸界を担う人材を実践的に育成していこうとする挑戦的プログラムです。

プログラムの概要

本プログラムは、アメリカ合衆国のフィデリティ財団のスポンサーシップのもと、日米英各国が育んできた園芸技術を相互に交流させ、各国の園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与することを目的として、淡路(本校および夢舞台温室)、ロングウドガーデン(アメリカ、デュポン財団)、ヒドコートガーデン(イギリス、ナショナル・トラスト)の三者が相互に研修生を交換する研修プログラムです。

かねてよりさまざまなNPO活動に積極的支援を行ってきたフィデリティ財団が、各国の園芸文化の継承発展に関心を持ち、同じアメリカ合衆国のロングウッドガーデンと協議を進めていく中で三者の交換研修生プログラムとして立ち上がったものです。

研修期間を一年として、日米英各国の研修生が三カ国で4ヶ月(日本人研修生のみ日本での研修期間は5ヶ月となります)ずつ、各国を代表するような庭園・公園で園芸技術等の指導を受ける実践的な研修プログラムで、それにかかる費用についても本プログラムの提案者であるフィデリティ財団の全面的な財政支援が行われるため、教育効果的にも、研修生の経済面でも非常に優れた研修プログラムとなっています。

1.目 的

日米英各国が育んできた園芸技術を相互に交流させ、各国の園芸技術のさらなる深化を担う人材を育成し、その発展に寄与する。

2.プログラム運営主体

日本側の運営主体である「日米英景観園芸交換研修プログラム運営委員会」(事務局:兵庫県立淡路景観園芸学校)が、アメリカ合衆国のロングウッドガーデンおよびイギリスのヒドコートガーデンと連携して共同で行う。

財政面では、フィデリティ財団が支援を行う。

3.研修生の定員

2名/各国・年

4.交換研修生の研修先

・日本:淡路夢舞台温室(日本での研修期間中の実務研修はここが中心となります)、兵庫県淡路景観園芸学校 など

・アメリカ合衆国:ロングウッドガーデンおよびその関係機関

・イギリス:ヒドコート、スタワーヘッド、ボドナント、マウント・スチュワートの英国ナショナルトラストが所有する英国屈指の4つの伝統的な庭園

5.交換研修期間

全体の期間を一年間とし、4ヶ月ずつ上記の研修先での研修を行う。
具体的なローテーションの計画は以下のとおり。
(年度によって、ローテーション順が変わることがあります。)

研修生派遣元 5月~8月の研修地 9月~12月の研修地 1月~4月の研修地
日本からの研修生 日本(4月開始) イギリス アメリカ
アメリカからの研修生 イギリス アメリカ 日 本
イギリスからの研修生 アメリカ 日 本 イギリス

6.研修内容

各国の庭園・公園が準備する植物ディスプレイ技術、病虫害防除技術、植物研究、公園・庭園マネジメント等に関するカリキュラムを受講する。

一部、研修生の希望により分野を選択して学習するカリキュラムも含まれる。

研修生は各国で毎月成績評価を受けるとともに、最終的に修了研究あるいは制作を行い、それらの成果評価により研修プログラム修了を認定される。

7.研修生へ支援されるもの

・フィデリティ財団からの支援により研修生には、渡航費(日本→アメリカ→イギリス→日本)、研修に必要な被服、道具類、研修先での基礎的な生活費(約150,000円/月[レート変動による支給額の変動あり])等が支給される。
・海外での研修先の宿舎は各庭園・公園で用意される。
・日本での研修期間中は、兵庫県立淡路景観園芸学校(兵庫県立大学淡路キャンパス)の寮室が用意される。
(8.に示すように兵庫県立大学研修生として入寮するので寮の部屋代は無料。ただし、寮での食費・光熱費 等は各自負担。)
・研修に必要なヘルメット、園芸用具、作業着が用意される。

8.研修生が負担するもの

・日本人研修生選抜面接試験に関する旅費・宿泊費等
・現住所から研修開始場所まで、研修終了地(国内)から自宅までの交通費
・日本での研修期間中の兵庫県立大学研修員としての研修料(18,100円/月(4月~8月の5ヶ月分)*平成29年8月時点。研修料は、大学の規程改正等により改定されることがあります。)
・日常生活費、個人的な旅費等で、支給される生活費を上回る経費

以 上

参考

ロングウッドガーデン

この庭園は、アメリカ、ペンシルバニア州にある世界で有数のディスプレイ庭園。実業家で慈善家のピエール・デュポン氏が、1906年、自然あふれる古い森の樹木が木材用に伐採されるところを保護するために買い取り、世界に誇れる庭園を造り始めた。 歴史的に有名な観光地に囲まれたブランディワインバレー地方に位置し、約400haの敷地は、1.8haのコンサーバトリーとイタリアンガーデン、ローズガーデン等20のガーデンで構成されており、四季折々の植物が楽しめるだけではなく、一年を通して、コンサート、様々なパフォーマンス、噴水ショーなどさまざまなイベントが楽しめる。
美しい庭園管理はもちろんのこと、オリジナル植物育種もさかんに行われ、コンサーバトリーのディスプレイ技術、展示植物の仕立て技術は世界一という評価を得ている。
また、教育・研究部門も持ち、教育システムは園芸技術だけでなく、パブリックコミュニケーションや植物情報部門まで多岐にわたっている。

 
イメージ 2

-25℃の極寒でおもとを外で育てているロングウッドガーデンより

温室内の椿
研究棟では、土壌検査もしていて、葉が黄色くなっている椿があるので調査してほしいと温室から頼まれたのでサンプリング 簡単な調査は研究室で、精密なものは研究機関に送って調査してもらいます
ロングウッドの教育について
ロングウッドガーデンは1967年から本格的に教育に力を入れ、今では世界で活躍する数千ものインターナショナルインターンや米国内の生徒を受け入れています。それは、創設者のPierre S. du Pontの願いでもありました。1940年にデュポン社を引退したのち、このロングウッドガーデンだけでなく、学校、職業訓練校など多くの学校をつくり、また多大な寄付をしてきました。
2年でうまくすれば学位もとれるプロフェッショナルガーデナーインターン
米国インターン
インターナショナルインターン
TRIADプログラム
これらは、寮といくらかの手当て、共有の車やコンピューターがあり、非常に快適です
や高校生の半年以上のインターン、子供教室やボーイスカウト、サマーキャンプ、学校の体験学習、講習会や植物、生花や写真などの教室、インターネット上の教室などです。

万年青 病害虫対策 アメリカ ロングウッドガーデンズの場合

ヒドコートマナーガーデン 自然保護団体ナショナル・トラスト

イギリス、コッツワルド地方にあるイングリッシュガーデンの一つ。 20世紀初頭の築造で、アメリカ生まれの園芸家によって作られた。25の異なる庭園を生垣で区分しながらつないだ構成をもち、庭は箱型生垣のほか、シデ、イチイ、石壁が使われ、多様な特徴やテーマを有する一連の戸外の「空間」という形態をとっており、コテージガーデンの集大成といわれる。1948年から、自然保護団体ナショナル・トラストによって管理されている。

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」

広大な土採り跡地の自然を回復するプロジェクトとして誕生した「淡路夢舞台」のシンボル施設である奇跡の星の植物館は、自然の素晴らしさ・美しさを五感で体感すると同時に、21世紀の共生のライフスタイルを提案する感動空間創造実験型植物館として、2000年に誕生した。自然の美しさ・巧妙さを五感で体感する『五感軸』と、花・緑と共生する生活空間、都市の緑化を提案する『共生軸』を大きなテーマとし、珍しい植物を単に展示するのではなく、明確なテーマとメッセージをもった展示を進めている。特に、古来からの日本人の自然を生かした心配りの細やかさ、住まいの美しさ、文化の豊かさを「ガーデンルネサンス」として提唱している。

兵庫県立淡路景観園芸学校

兵庫県が阪神・淡路大震災の復興事業のひとつとして、1999年に設立したこれまでにない新しいスタイルを持った学校。阪神・淡路大震災の教訓として得た「人と自然の共生する社会の実現」を植物を通じて行う「景観園芸」の世界への発信とその担い手育成を行う機関として「専門職大学院課程」「園芸療法課程」「生涯学習課程」の三つの課程を擁し、造園・園芸に関する専門家、園芸療法の専門家の育成と市民ボランティアの育成をあわせて行っている。
キャンパスはそれ自体が一つの大きな庭園となっており、実習フィールドとなるだけではなく、多くの一般庭園見学者の自由な見学を受け入れている。

万年青の寿命

万年青の寿命

引越しおもとや趣味の方にも、万年青って寿命はどのくらいですか?とよく聞かれるので、お答えします。

Q 万年青に寿命はありますか?

A 名前の通り、万年生きます。管理さえよければ、常緑の多年草なのでいくらでも長生きします。

引越しおもとQ&A

昭和の本の中には、30年前後の寿命

と書かれているものもありますが、30年たったら老衰のように枯れてゆくものではありません。

実際に、以下の写真は20-30年以上たっているという万年青です。

獅子と根岸の松です。老いてますます元気ですね。

 

50年の万年青

この富士の雪は50年はたっていそうな木

この縞甲も、50年近くになるでしょうか。

お客様が、30年の寿命というのは本当か?と50年近くにわたって調べたもので、すべて一株からできました。時に伸びすぎたものが割れてしまい、それらは別に増えていきましたが、実際の地植えならもっと大きな群落になっていたでしょう。鉢植えなので、場所が制限されますね。

淡路島 諭鶴羽神社(ゆずるはじんじゃ)

淡路島 諭鶴羽神社(ゆずるはじんじゃ)

万年青の群落

この淡路島では鹿の食害がひどいですが、葉に少し毒をもつ万年青は、鹿の食害にやられず、逆に周りの競合する植物が食べられてしまうので、万年青だけ残り、清々しています。

Longwood Gardens アメリカ、フィラデルフィアの庭園の中のおもと

    1993年から、約30年地植えで育っている。庭に植えた日まで記録してあり、1993年5/25に植えられたことまでわかるので、30年物。いくつか、実生からなのか、根変りなのかわからないが、葉性の異なるものもある。

フィラデルフィアフラワーショー

イメージ 1
植物とアート
フィラデルフィアフラワーショーにいってきました!
こんな風に植物を使えるのかと感心。
今まで出会ったことのないようなデザインや植物、作品に会うことができました。
イメージ 2
さすがアメリカサイズ!今年のテーマは水だったので、噴水やジャングルの泉、沼、食虫植物の池、ボート!?や枯山水、サボテンの荒野などの逆に水を意識した作品や、屋根に降った水や庭の水の排水をテーマにした作品などこちらの庭園会社が工夫を凝らして、デザインします。テーマの水について考えさせられる面白い作品ばかり。

 

芋の寿命

↓お多福の立派な芋 10年以上たっているか

万年青の寿命は万年ある、といっても、それは他の植物と同じで、最初の姿のままではありません。葉や根は2~4年で、芋は4~8年で寿命が来ます。葉は黄色くなり枯れていき、根や芋も腐っていきます。芋にも日があたっていたり、肥料、水やりが適切だと芋は上の写真のように残りますが、栽培品では稀です。多くは、子や親の形が整わないのでここまでになる前に割子や芋吹きをして、割っていき、整理してしまうからです。

この木でも、この芋より古い芋が寿命でなくなっているので、正確な年は割り出せません。木の年輪のようなものがないので、口伝が頼りです。

万年青は上に伸びる

木のように幹が太くなることがなく、上に上にと(自然界なら横に)伸びてゆきます。年輪はないのですが、芋の長さで年がひとまずわかります。ですが、上の芋の寿命の話のように、寿命の前に芋切や台きり、割子なので分けてしまうことが多いので、親木を見ても、7年目を芋切した木か、70年目を芋切した木が見分けはつきません。万年青の年の証拠を示すのは非常に難しい、、、

 

万年青の苗、子と親

万年青は1~3年生を苗や子、4年生以降を親と呼びます。親は特にその品種の本芸を現していたり、葉数が充実していることで親と呼んでいます。

多くの万年青は、4-5年で子が出始めるので、7年もたつと株立ちになっているでしょう。

4代続く家のおもと

お客様で代々、引越しおもと、お祝いおもとで子へと万年青を受け継いでおられるお客様がいますが、そこにある万年青は120年以上たっています。しかし、最初の大本の親、最初の1本目の親はどれかわからなくなっています。それでも100年をこす群落には変わりありません。

 

万年青の寿命は非常に長く、名前の通り、万年の寿命ということはわかっていただけたでしょうか?

 

動画解説【万年青のQ&A】万年青に寿命はあるの?葉と根と芋の寿命 文献には30年の寿命?

【万年青の豊明園】【How long is the life of OMOTO?】

 

 

万年青 病害虫対策 アメリカ ロングウッドガーデンズの場合

萬年青の相撲字 お客様から投稿いただきました

お客様に相撲字で万年青の品種を書いていただきました。

豊明園所蔵の銘鑑(番付)も、様々な方の手書きや印刷で味のあるものがあります。

都獅子(みやこじし)の記事の中の番付

このパソコン全盛の時代に、こういった手書きは面白さがありますね。

 

今が旬の🌺「朱墨」花盛り!イメージ!

 

神察男様に書いていただきました。素晴らしい力作ありがとうございます。

豊明園では、こういった万年青に関すること、文化を広げていきたいと考えています。万年青の仲間と地域や世界中の万年青の寺社仏閣を訪れて古い万年青彫刻などを探したり、地域ごとの引っ越しおもとやお祝い万年青、安産祈願の万年青の贈答など、地域に残る古い万年青の逸話も探して残していこうとしております。

 

神察男様のコメントもご紹介します。

「萬年青」→おもと が!
相撲字で字画が!増えると
更に!「萬年青」が活きて来ます。
私のお気に入り「鶴麒麟」「錦麒麟」
そして! 「鳳凰」 「駿河富士」
どれも!素晴らしい!「字画」です。

JA愛知36名の方がお棚見学にみえました

JA愛知36名の方がお棚見学にみえました。

皆さん植物好きなので、非常に熱心にきいてみえます。

青い服が園主・三代目水野雅章。

日本に自生する万年青の育て方や、赤い実の付け方を解説中

 

 

陽気もよく、楽しいお棚見学会になりました。

 

室内での万年青の解説も大盛況。立ち見までして頂いてありがとうございました。

 

天気がよいので、久しぶりでネットを一枚ひきました。

江戸時代からの家康の万年青をみたり、現代の豊明園作出のまだ世に出ていない万年青を見てもらったりと和やかに見学していただきました。

 

 

 

豊明園では、このように団体様のお棚見学も受け付けております。

気になった方はご連絡ください。

日本の国旗の赤い丸は太陽?万年青の赤い実?

日本の国旗の赤い丸は太陽?万年青の赤い実?

日本国旗の意味

正式名称:日章旗 にっしょうき

英訳名称:Rising Sun Flag

通称日の丸とも呼ばれる日本の国旗は、英訳でもわかるように、太陽を象徴しているといわれています。

初代神武天皇は東征の時に生駒山で敗北するが、「私は日の神の子孫として日に向かって(東に向かって)戦うのはよくない、日を背にして(西に向かって)戦おう」と言って熊野(または伊勢)に迂回して近畿地方の征服を成し遂げた。第10代崇神天皇は、宮廷内に祀られていた天照大神を宮廷外で祀るようになり、第11代垂仁天皇の在位時に初代斎宮・倭姫命によって伊勢に鎮座した。伊勢神宮の祭祀は、未婚の内親王(女性皇族)を天照大神の御杖代(みつえしろ、神の意を受ける依代)として斎王を立てるようになった。

聖徳太子中国 隋の皇帝・煬帝へに宛てた書簡に、「日出る処の天子~」と書いていますが、日本は古くから太陽を信仰していることが明らかです。また、このころ国号を「日本」としたことから、対外的にも「ヒノモト」つまり「日が昇る国」であると宣言したのです。日本の最高神が天照大御神(あまてらすおおみかみ)であることが太陽信仰の最大の理由です。

 

日本国旗はいつごろから使われる?

文献には、797年(延暦16年)の『続日本紀』にある記述が最初

高松塚古墳やキトラ古墳などを見ると太陽を象徴する色は金色、月を象徴する色は銀色として描かれており、平安時代までは赤地に金色が日章旗だったと考えられています。

 

錦の御旗と日章旗

平安時代末期、天皇の旗である錦の御旗、赤地に金色の旗を掲げ平家が、

対して、白地に赤色の旗を掲げ、源氏が戦に応じ、勝利。その後の武家政権から、白地に赤の旗を掲げるようになりました。

 

赤い丸は万年青の実?

こういった定説がありますが、また、この赤い実は万年青の赤い実のことではないか?という説もあります。

初代天皇 神武天皇は万年青を大切にしていた?

まず、初代天皇の神武天皇は、日本を統一する際、万年青を左手に持って統一した、また、万年青ととても大切にした、という話が九州に残っています。古く、その時代は万年青は薬草であり、霊草と考えられていました。寒く、葉が枯れ落ちる冬にも万年青は青々として、お正月には真っ赤な実をつけることから、天福の霊草として伝わっています。また、中国の皇帝もそうだったように、万年青のように、万年青の霊力にあやかって、万年の繁栄を願って、万年青を飾る風習があります。

太陽の色は何色?金色?黄色?

高松塚古墳やキトラ古墳では、太陽は金色に描かれています。また、他の国でも、太陽は金色か黄色で描かれているものは多く、赤は珍しいそうです。

ですが、これは「日出る処の天子~」と聖徳太子がいうように、朝日の色かもしれませんね。

源氏の日章旗とは?

では、源氏の日章旗の赤は何なのでしょうか。やはり朝日の色でしょうか。そうかもしれませんね。

ですが、源頼朝の書いた『吾妻鏡』『東鑑』は万年青の品種にあります。

 

まとめ

今のままでは証拠が少ないですね。これから歴史を調べて、解き明かしていこうと思います。

 

 

江戸時代 新潟 越後の絵師 行田魁庵(なめたかいあん)

江戸時代の越後出身の絵師、行田魁庵(なめたかいあん)

行田魁庵の四季屏風と江戸時代に生まれたおもと

左・永島            鉢 江戸~明治期

中・日月星   鉢 江戸~明治期

右・根岸の松  鉢 江戸時代

 

新潟市指定文化財「新潟入船之図」を描いた江戸時代から明治7年の人

行田魁庵は、文化九(1812)年、古町通神明町(現、古町通一番町)の神明宮の神官の子として生まれました。幼いころから画を新潟の志賀北洋三条(三条市)の行田雲濤に学び、京都に出て山本梅逸に学びました。嘉永四(1851)年に帰郷し、神職のかたわら画の制作を続け、明治七(1874)年に他界しています。

 

新潟市指定文化財「新潟入船之図」は、和紙に風景を描いたもので、面面の寸法は縦150センチメートル、横85センチメートルです。画面左下に「明治四年辛未 冬十二月写 魁庵正隆」と記されています。掛け軸にされており、その箱書きには「新潟入船之図」と記されています。 遠景に佐渡・粟島を配し、はるか遠くから新潟を目指してやって来た北前船三隻が、湊口で帆を下ろして停泊している光景を描いています。三隻の舳先に黒く垂れる「下がり」は、湊へ入る船が儀礼に垂らす習慣でした。三隻の手前に浮かぶ小舟、浜辺の漁師がこの画を動きのあるものにしています。画面下半の描写は細かく、当時の光景をよく伝えています。  この画は松崎の小島家の所蔵である。魁庵の画では外に、嘉永四年作の絹本墨彩「白梅図」が、川村奉行関係資料として市文化財に指定されています。指定:市町村
種別:有形文化財(絵画)
員数:1幅
時代:明治4年
所有者・管理者:個人蔵
指定年月日:昭和51年11月2日

 

南画(なんが)とは、中国南宗画の影響を受けた日本固有の絵画様式で、文人画(ぶんじんが)とも呼ばれます。漢詩文の素養のある人々に支持され、江戸中期から明治にかけて発展しました。