オモトの分類について ユリ科? スズラン科? キジカクシ科?

オモトは現在キジカクシ科(アスパラガス科)

今までの本にはユリ科やスズラン科として分類されていましたが、

現在キジカクシ科(アスパラガス科)に分類されています。

愛知県名古屋市 熱田神宮そば 鰻の蓬莱軒にて

見た目の特徴ではアスパラガスとの共通点は見当たらないが、進化の過程で分かれてきたと思うと面白い

オモトは従来は「ユリ科」

オモトの科は、従来の植物学では「ユリ科」に分類されていましたが、15年春、「日本花名鑑刊行会」が発行された『日本花名鑑③』では、「スズラン科」に属するということになっています。最新の栃の葉書房山野草図鑑~~では「キジカクシ科」に分類されています。

なぜこのように私たちが愛してやまないおもとの科がころころ変わってしまうのでしょうか?

地中海東部原産のアスパラガス。和名はオランダキジカクシ

 

ユリ科について

ユリ科という科はもともととても雑多なくくりで、「単子葉類(種からの葉が双葉(2枚葉)でなく、1枚葉ででるもの)の中で、一般的に、花被片は、外片3個、内片3個、計6個の花弁状の披片を持ち、6本の雄蕊子房上位などの特徴を持つもの」となっており、これはほとんど単子葉植物の基本です。そのため、非常に多くの属・種を含むグループで、人為的分類群であり、はっきり分からないものをここに分類していました。そういったことから、ユリ科の分類は、学者の間でも議論が長くありました。そのため、分類体系が新しくなるに従い、ユリ科の中の植物は大きくグループが変わりました。

今までの分類について

今までの分類は、主に花や葉の形など、人が直感的に分かる分類をしていましたので分かり易く、今でも、教科書や市販の植物図鑑等でよく使われます。古くから学説が変わり、その目の付けどころで、科や属などが少しづつ変わっていくことがありました。

今の分類について

1990年代以降、DNA解析によってどの種とどの種がどこで分かれて進化したのかが分かるようになり、今までの見た目の分類から、DNAを元にした分類に変わっていきました。このため、おもとはユリ科に属していたものが、スズラン科、そして、キジカクシ科(現在の科)へと変わっていったのでした。

植物の分類体系では、国、県、市、町、村、番地と同じように、大きな順に、「門」「綱」「目」「科」「属」「種」(オモトの分類を参照)という割り振りがきめられていますが、ユリ科は「科」だけでなく、その上の「目」まで変化しています。多くの植物の趣味人にとってユリ科の大改革とも解体ともいっていいほどの衝撃でした。

オモトの分類

遺伝子(DNA)分類の(APG III)を元にして

: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : スズラン亜科 Nolinoideae
: オモト属 Rohdea
: オモト R. japonica
学名
Rohdea japonica (Thunb.) Roth

 

キジカクシ科って何?

今回オモトが属するキジカクシ科は、クサスギカズラ科、アスパラガス科とも呼ばれ、かつてはユリ科に含められていた300種ほどの科です。分類の変更で、旧ユリ科から、オモト属だけでなく、ハラン属、スズラン属、ギボウシ属、ヒアシンス属など多くの属が編入され、多くの人がまだまだ慣れない分類になっています。

DNAで分類ができるようになり、ユリ科からキジカクシ科に変わったオモトだけでなく、園芸界に大きな衝撃がありましたが、新しい視点として今までの分類と比較していくのも面白いですね。

APGⅡでは別科とされていたが、Ⅲで同科とされた植物(一例)

ギボウシ類

ユリ科→リュウゼツラン科(APGⅡ)→キジカクシ科(APGⅢ)

ジャノヒゲ

ユリ科→スズラン科(APGⅡ)→キジカクシ科(APGⅢ)

ツルボ

ユリ科→ヒヤシンス科(APGⅡ)→キジカクシ科(APGⅢ)

世界の植物園ではAPGⅡでもきちんと分類されている、ということでAPGⅡで分類している植物園(エディンバラ植物園など)も

分類 (APGⅢ)とは?

APG (Angiosperm Phylogeny Group 被子植物系統グループ) とは、植物を葉の形などの見た目で分類をするのではなく、DNAを解析して分類していく植物学者の団体である。「APG分類体系」とも呼ばれ、1998年に登場し、2回改訂されているのでAPGⅢ。最新の分類法とされていて、この分類法に従い、オモトはユリ科からキジカクシ科に変更した。

万年青 力和の話

おもと 力和(りきわ)

羅紗の大人気品種、力和について
お客様からお便りを頂いたのでご紹介します。
この品種の魅力は、力和でしか味わえない芸、丸葉の可愛らしい姿、その変化と、たくさんあります。
杉山力蔵氏と岡田和吉氏が共有したため、『力和実生』と呼ばれ
親しまれていた。昭和48年に待望の覆輪が完成。実生時代から常に人気で、三河地方では当時100万円以上の値が付いて、喧嘩するほどの奪い合いだったそうです(豊明園2代目談)。
今回、お客様から力和についてお便りをいただいたので紹介します。この方はこの力和でちょうど5鉢目になります。

今回注文の入門品種2-9の力和は、芸が優れている品です。薄縞ということですが、写真が暗く、全体に極薄い縞が入っているのか、部分的に細い縞が入っているのか不詳でした。

記憶では、ホ–ムぺ-ジのトップを飾った品ですから悪い筈がありません。デモのように斑がちょっと入っている様に見えます。

実生の写真を見ていると、力和が恋しくなります(一番最初にポケットカラ-で印象に残ったのが①お多福の図②力和③玉堂④楼蘭⑤瑞泉でした)。青でも良いです。現在、4鉢ありますが(覆輪1、縞1、青2)この芸に優るものは、そうそうありません。

実は、昨日、隣のペットショップの店主(蘭全般、イワヒバが好き。現在は、山つつじの大株の盆栽に専念中。写真はプロ級、八ッセルを使っている←25年前私が指南しました)とカメラ好きの友人に、おもとを色々見せました。

結果は、1位:大葉千代田の株立ち(実2)、2位:獅子の花実生(至芸に近い)、3位:福の光(子3本)、4位:力和(青)でした。

判断基準は、「写真の被写体としてどうか」でした。株立ちと至芸の、バランスと迫力が写真家のおめがねに止まったようです。盛んに羅紗をアピ―ルしたのですが、宝石のようだなと言ってくれたのですが小さいだけに反応が今一でした。錦鉢は興味がありました。

その中で、なんと力和の青を見た時、これすごいな!と反応しました。同じ力和でも、覆輪、縞には芸が出ているのに反応今一です。訳を聞いたら、単純明快です。女性の神秘を感じる、青の方が生々しいとのこと。蘭の花も(唇弁に)似たようなところがあります。(笑い)

ということで、そういえば力和の薄縞があったな!となった訳です。たまたま、おもと連絡で50年愛される、おもとに力和が入っていたのも何かの縁です。

以上です。一部を抜粋し、少しお客様に直して頂きました。このお客様のおもとにかける愛情や、情熱は素晴らしいです。また、つりや書道でもテレビや雑誌に紹介されたりと、プロ級の腕前で、栽培やおもとの研究も並々ではなく、またそういったものもご紹介していきたいです。

万年青 力和(りきわ)

おもとの耐寒性

 

ロングウッドガーデン

Nippon Lily
Rohdea japonica
アメリカ、それも一番のガーデンと言われるロングウッドガーデンでおもとを発見しました!!
Lily family ユリ科 となっていますが、今はアスパラガス科になっていて、時代を感じます。
少なくとも1993年からありました。
ロングウッドガーデン 温室を外からみる、朝は雪がありました。
とても巨大な温室でバラの部屋、ランの部屋、熱帯やバナナ、ヤシ、盆栽など多くの種類の温室があります。
おもとは万年青と書き、その常緑が永遠に続くかのように栄えていったので、万年、青々と栄えるという意味で、万年青と書きます。
おもとの花言葉は
一番は冬でも常緑なことから
「永遠の繁栄 「長寿
そこから派生して、
「長寿」「崇高な精神」「長命」「母性の愛」「相続」
心をこめた贈り物に最適のおもと
ロングウッドガーデン
上の写真の左側がFountain Garden 噴水の庭 になっていて、この建物の彫刻から、前の庭で噴水をします。デュポンは若くから庭つくりを愛していましたが、科学や技術、芸術にも興味が深かったです。20才前後にフィラデルフィアでみた噴水ショーにみせられ、温室の中にも大小様々な噴水があります。
ロングウッドガーデン独特の噴水の庭を抜けると、木立になっていて、奥にとても美しい濃緑がみえます。
なんとおもとの群生が!!!
嬉しさで足がふるえました。遠くから見えていて、どきどきしながら近づいていきましたが、アメリカで一番嬉しい時です。

おもとの耐寒性

この日は0~5度ほど。それでも濃緑のおもとの葉はつやつやとしていて、正月を祝う赤い実は真っ赤に色づきます。少し前の-20℃の寒波でもへっちゃらで、今までの寒さに強いという考えを改めて、寒さに非常に強い、とおもいました。
日本庭園と同じように、常緑の木の下におもとを植えたり、石の脇に植えてあるのをみて、面白いなと思いました。この写真のおもとは直接霜が当たる場所ですが、青々としています。この寒さでも元気に青い葉と赤い実を見せてくれるので、神聖で、天福の霊草といわれたのかもしれません。
石とおもとは石の永遠に変わらないことと、おもとの代々栄えながらも永遠にかわらないことを掛けている、非常に縁起の良い取り合わせです。
こちらは常緑の木の下で
実生でも増えているようで、いくつかこのグループの外にもおもとがありました。このグループは何種類か株が混ざっているようで、広葉のものと、細葉のもの、葉の長い短いがありました。
アウトドアガーデン 外の庭でこれほど大群落をつくっているのはおもとだけで、なぜこれほどまで愛されているのか、考えると、アメリカでも鹿害が非常に問題になっていて、植えたチューリップがすべて鹿に食べられたり、若木や他の植物が食べられたりと困っています。ハンターがわざわざ道をとめて狩りをする日があるぐらい、問題になっていますが、おもとは昔から薬にもなっていたように、毒をもっていますので、鹿はたべません。淡路島や広島の島でも鹿害のある場所ではおもとだけが残るということがありますが、鹿に食べられない、電気柵や高いフェンス、堀をつくる必要がないのは非常に楽で、ありがたいことです。
輝く赤い実
ありがたい
歴史を感じさせるおもとのラベル
Rohdea japonicaの文字が光ります
2018年2月7日 アメリカ研修にて

錦鉢 小菊の魅力

dav

錦鉢 小菊の魅力

小菊は菊を鉢の胴にあしらった柄で、古くからの歴史があります。中国の故事に菊の露をすって不老長寿といえるほど生き永らえた仙人の話にあるように、長寿を代表する柄で、無病息災、邪気払いなどの意味を持ち、花言葉は高貴。天皇および皇室の紋になっています。花の形が太陽に似るので、花の中でも最も位の高い花とされています。

おもとの鉢には、地の黒にこの小菊をさりげなく使った柄が多いですが、大輪の菊や、乱菊、菊水のような菊が水に浮いている柄、菊尽くしで鉢を埋め尽くしたものまで様々な文様があります。

あっさりとして、上手におもとを引き立ててくれる小菊は展示会はもちろん、自宅での観賞用にも喜ばれる柄です。

 

 

豊明園

 

第18回萬風展記念帳 (まんぷうてんきねんちょう)

萬風展出品全作品を収録。

2018年(平成30年)3/3-4、東京・上野グリーンクラブにて行われた第18回萬風展の記念帖です。

185ページ 出品点数252点+(招待作品32点)、第72回日本おもと名品展(広島全国大会)54点、第11回萬遊会145点 実生頒布会特選品
を全てオールカラーで掲載しました。
また出品者によるコメントも掲載  平成30年(2018)8月発売

https://www.houmeien.co.jp/ec/html/products/detail/2820