蒀即萬年青 妄仚様に中国における万年青をまとめていただきました 大発見!!!!!

最初から最後まですべて大発見

万年青は中国では7000年以上の鉢植えの歴史の大本だった

蒀即萬年青

蒀即萬年青,在中華文化中歷史悠久,河姆渡新石器遺址,約7000年前的第四文化層上發掘出兩枚刻花陶片,出土一枚陶片上刻了五片大葉的植物,不管是型態細節都是萬年青的特徵。此為中華盆栽之濫觴。

英訳

蒀 is Evergreen(OMOTO) and has a long history in Chinese culture. At the Hemudu Neolithic site, two carved pottery pieces were excavated on the fourth cultural layer about 7,000 years ago. One pottery piece was unearthed with five large leaves of plants. The details of the form are the characteristics of Evergreen. This is the origin of Chinese potted plants.

和訳

蒀は万年青であり、中国文化で長い歴史があります。ヘムドゥ新石器時代の遺跡(河姆渡遺跡)では、約7,000年前に4つ目の文化層に2つの彫刻が施された陶器が発掘されました。 1つの陶器の作品は、5つの大きな植物の葉で発掘されました。フォルムのディテールは万年青の特徴です。これが中国の鉢植えの原点です。

河姆渡遺跡 ヘムドゥ新石器時代の遺跡

長江下流の新石器時代中期、紀元前5000年頃の稲作が明らかな農耕遺跡。長江文明の中心遺跡として重要。

 河姆渡(かぼと)遺跡は、長江の下流域の杭州湾南岸の沖積低地に位置する稲作農業(水稲)を基盤とした紀元前5000年頃~3300年頃(約8000~5000年前)新石器時代中期の遺跡であり、大量の稲籾、稲殻、籾殻などが平均して20~50cmにわたって堆積し、最も堆積の厚いところでは1mに達していた。1970年代に行われたこの発掘で、長江下流域に稲作の起源をもとめる説が強まった。現在では長江中流域の湖南省彭頭山遺跡から、河姆渡文化よりも古い、紀元前7000~6000年頃に遡る栽培種の稲が出土し、長江中流域稲作起源説が強まっている。<竹内康浩『中国王朝の源流を探る』世界史リブレット95 2010 山川出版社 p.17-18>

稲作農業の起源

重要なことは、長江下流域で河姆渡遺跡で稲作農業が発達した前5000~4000年という時期は、華北において仰韶文化が栄えていた時期と同時期であり、そちらはヒエ・アワを中心とした畑作農業であったことである。これによって、従来は黄河流域の仰韶を中心とした黄河文明が中国文明の源流として強調されてきたが、それとは別に、稲作農業を基盤として発展した長江文明の存在が明らかになった。最近では黄河流域の文化と長江流域の文化をあわせて中国文明として捉えられるようになっている。<NHK 世界四大文明展『中国文明展』2000年による>

 

 

古い文学にも、万年青は登場する

在文學中西晉左思的《蜀都赋》中就有“郁葐蒕以翠微”而這個指的是覆盆子和萬年青,代指茂盛如雲霧般生長在山壑間。

英訳

In the literature of the Western Jin Zuo Si’s “Shu Du Fu”, there is “Yu Ping Lian Yi Cui Wei” and this refers to raspberry and OMOTO(Evergreen), which refers to the luxuriant growth in the mountains and gully like clouds.

和訳

西晉左思の「蜀都赋 / 周杜福」の文学には「郁葐蒕以翠微 / 玉平蓮一翠偉」があり、これはラズベリーと万年青を指し、山と雲のようなガリーの豊かな成長を指します。

万年青(おもと)の別名は?意味は?

漢方での万年青

而在中藥醫典上萬年青也可作為清熱藥的中藥材使用,在《本草新編》記載將萬年青的根莖和葉作為藥用,可有強心利尿、清熱解毒、涼血止血的功效,藥性為苦、甘、寒,有小毒。可用於防治白喉、白喉引起的心肌炎、咽喉腫痛、以及小便不利等疾病。不過萬年青有一定的毒性,會產生洋地黃苷樣作用。

英訳
In the Traditional Chinese Medicine Code, OMOTO can also be used as a Chinese medicinal material for clearing away heat. It is recorded in the “New Edition of Materia Medica” that the rhizomes and leaves of OMOTO are used for medicinal purposes. It is bitter, sweet, cold, and slightly poisonous. It can be used to prevent and treat diphtheria, myocarditis(心筋炎) caused by diphtheria, sore throat, and poor urination. However, OMOTO has a certain degree of toxicity and can produce digitoxin-like effects.

和訳

漢方では、万年青は熱を取り除くための漢方薬としても使用できます。「本草新編 / 新薬マテリアメディカ」では、万年青の根茎と葉が薬用に使用されていることが記録されています。万年青は、心臓と利尿を高め、熱と解毒作用を取り除き、血液を冷やして出血を止める効果があります。苦くて、甘く、冷たく、少し有毒です。ジフテリア、ジフテリアに起因する心筋炎、喉の痛み、排尿不良の予防と治療に使用できます。ただし、万年青にはある程度の毒性があり、ジギトキシンのような効果をもたらす可能性があります。

※『本草新編』は『本草秘録』とも呼称される。清代の陳士鐸によって著された。宮集、商集、角集、徴集、羽集の5巻によって構成される。

※清 中国とモンゴルを支配した最後の統一王朝。1616年 – 1912年

※ジギトキシン 背が高く釣鐘状の花を穂のように咲かせるジキタリスからとれるジギトキシン(Digitoxin)は、強心配糖体の一つである。心不全、心房性不整脈患者に適用される。アガサ・クリスティの『死との約束』ではジギタリスを用いた殺人が行われる。

細胞膜に存在するNa+/K+ATPaseを阻害することにより心筋細胞内のカルシウムイオン濃度を増加させ、心筋の収縮力を増大させる(陽性変力作用)。

カルシウム注射薬およびスキサメトニウムとの併用は禁忌。重大な副作用としてジギタリス中毒(強心配糖体を参照)。

※ジフテリア ジフテリア菌の感染によって起こる、主として呼吸器の粘膜が冒される感染症。菌の繁殖部位により、咽頭 (いんとう) ジフテリア・喉頭 (こうとう) ジフテリア・鼻ジフテリアなどの病型がある。心筋や末梢 (まっしょう) 神経が冒されることもある。感染症予防法の2類感染症の一。小児がかかりやすいが、予防接種の普及で減少。日本では三種混合ワクチン(DPTワクチン)、二種混合ワクチン(DTワクチン)に含まれている。定期接種の普及している国では症例は稀だがそうでない国では流行がある。

ジフテリア菌の発見は1883年。エミール・フォン・ベーリングと北里柴三郎血清療法を開発。その功績でベーリングは第1回ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

 

到了明清時期

英訳

To the Ming and Qing dynasties

和訳

明・清王朝へ

《靖江寶卷》中有話:「錢氏說『老太師,不能空口去說白話,把禮儀帶了去。』這遭就配了千兩金子千兩銀,珍珠瑪瑙亮晶晶,綾羅綢緞廿四匹,康桃安棗十二斤。再加上——茶花對果一槓擔,又用四支萬年青。」後文又有「二人來到東書廳一看,金漆旺旺,地下放光。天井駁得四瀉水,磨磚鋪地一樣平。金魚缸中來戲水,荷花缸上畫麒麟。牆邊栽個虎耳草,盆景栽個萬年青。」

英訳

There is a saying in “Jingjiang Treasure Scroll”: “Qian said, “Old lady, you can’t speak the vernacular without talking, and take the etiquette.” This time, it was matched with a thousand taels of gold and a thousand silver, pearl agate, shiny pearls, and silk and silk. Four horses, 12 catties of Kangtao and Anzao. In addition-Camellia to fruit and a pole load, and four perennials / OMOTO.” Later, “The two came to the East Book Hall to see it. The golden lacquer is flourishing, and they are placed underground. Light. The patio is flooded with water, and the floor is as flat as polished bricks. Play in the goldfish tank, and draw a unicorn on the lotus tank. A saxifrage is planted on the wall, and a bonsai is planted with Evergreen / OMOTO.”

和訳
「Jingjiang Treasure Scroll / 靖江寶卷」には格言があります。「銭氏は、「おばあさん、話せずに方言を話すことはできません。エチケットを取ることはできません。」今回は、何千もの金の尾と千の銀、真珠の瑪瑙、光沢のある真珠、絹と絹にマッチしました。馬4頭、カンタオとアンザオの12匹の猫。果物と棒に加えてツバキ、そして4つの万年青。」その後、「2匹が東書堂にやって来て、黄金の絵の具が繁栄し、地下に置かれました。ライト。パティオは水で満たされ、床は磨かれたレンガのように平らです。金魚の水槽で遊んで、蓮の水槽にユニコーンを描きます。壁にはサキシマゲが植えられ、盆栽には万年青が植えられています。」

證明了萬年青已在民間作為節氣觀賞植物

英訳

It proves that Evergreen / OMOTO has been used as an ornamental plant for solar terms in the folk

和訳

万年青が民俗の太陽用語の観賞植物として使用されていることを証明します

中国最後の統一王朝、清と万年青の関係

且在清朝時因國號的關係。

英訳

And in the Qing Dynasty because of the relationship of the country name.

和訳
清朝には国名の関係から。

中国最後の統一王朝、清と万年青の関係

清 1616年 – 1912年

萬年青同“萬年清”,有萬年大清之意,所以特別受清皇室及貴族的喜愛。而華北地區寒冷冬日僅一色雪白,庭園中草木凋零,所以常在室內擺設萬年青,全年長青且又有大紅果實妝點下是顯得特別喜氣。

英訳
Wannianqing is the same as “Wannianqing”, meaning Wannianqing, so it is especially loved by the Qing royal family and nobles. In North China, the color is only white in cold winter days, and the plants in the garden are withered. Therefore, the evergreens / OMOTO are often displayed indoors. They are always green all year round and decorated with red fruits.

和訳
万年青は万年清代が続くを意味する「万年清」と同じで、特に清王家や貴族に愛されています。中国北部では、寒い冬の日は白く、庭の植物は枯れてしまうため、万年青は室内に展示されることが多く、一年中緑で、赤い果実で飾られています。

萬年永清

第七十六代衍聖公の万年青のように万年、清代が栄えるように願った写真

第七十六代衍聖公 孔令貽,照片中他身旁一盆霓裳萬年青

英訳

Kong Lingyi, the 76th generation of Yan Sheng Gong, in the photo is a pot of neon clothes beside him

和訳
写真のヤンシェンゴンの76世代であるコングリンジーは、写真の横にある虹のように美しい万年青の盆栽の一鉢です

※霓裳 《「霓」は虹のこと》 虹のように美しい裳 (も) 。

 

清の宮殿に飾られる宝石で作られた万年青

在清宮中常有造辦處所製,或大臣進貢的寶石盆景,其中主題就有萬年青,通常是以桶狀盆來發揮,”一桶萬年青“寓意清朝”一統萬年“

英訳
In the Qing palace, there are often gem bonsais made by places or tributes from ministers. Among them, the theme is Evergreen / OMOTO, which is usually played in a barrel-shaped basin. “A bucket of Evergreen / OMOTO” means the Qing Dynasty’s “dominance for thousands of years.”

和訳
清の宮殿には、場所や大臣からの賛辞によって作られた宝石の盆栽がよくあります。その中で、テーマは万年青で、通常は樽型の盆鉢。「ひと桶の万年青」とは、清朝の「数千年の支配」を意味します。

一統萬年

寶符國瑞掛屏

有御詩一首

靈草恒青冬夏鮮,謂當有水洼其邊

文征畫合梓材語,惟曰保民欲萬年

戊戌嘉平之吉

英訳

Baofu Guorui Hanging Screen

There is a poem

Lingcao is always green in winter and summer, and it is said that there should be puddles beside it

Wenzheng painting combined with Zicaiyu, but it is said that the people will be saved for thousands of years

Jiapingzhiji

和訳

Baofu Guorui掛け軸

詩があります

靈草(万年青)は冬と夏は常に緑で、横に水たまりがあるはずだと言われています

深センの絵画とジカイユを組み合わせたものですが、人々は何千年もの間救われると言われています

ジャーピンジジ??

戊戌嘉平之吉 戊戌という干支

 

皇帝と万年青

嘉慶帝身旁炕桌上一盆“一統萬年“

英訳

There is a pot on the table next to Emperor Jiaqing, “Ten Thousand Years of Unity”

和訳

嘉清皇帝の隣のテーブルには「万年の統一」という万年青の鉢があります。

 

緙絲紅子萬年青

英訳
Kesi Hongzi Evergreen / OMOTO

鈞窯方盆裡的山石、靈芝、萬年青

万年青(おもと)の別名は?意味は?

おもと 動画 Youtube

おもと 動画 Youtube

 

 

 

 

【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由④初心者・中級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why Beginners and Intermediates kill OMOTO?】

【万年青の育て方】8月の注意点 ホースの水、芯の水、調子が悪いときの植え替え

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in August】

 

【夏の万年青の豊明園】豊明園の、園の風景です。夏の一日。

【A day of summer at OMOTO Houmeien】【OMOTO Master Houmeien】【Garden tour】

 

●動画解説 【万年青の柄】【曙柄 アケボノ 中透け】について 一年の色の変化、曙柄の出し方、注意点、価格と相場、品種について

【万年青の豊明園】【What is Akebono・Sun Rise Color?】

●【万年青のふやし方】おもとの株分け・割り子の方法

ランセット【万年青の豊明園】【Propagation : How to multiply OMOTO by Division】

【開運の引越しおもと】徳川家康公の開運のシンボル、花言葉、種類、育て方、植え替えについて

【万年青の豊明園】【Lucky Plants OMOTO】

 

 

【万年青の用土】万年青の育て方 土、赤玉土、砂利の特徴 水やり、肥料持ち、病害虫 美術品のおもと

【万年青の豊明園】【Difference between Soil and Gravel】

【万年青の種類】大葉、中葉、小葉とは?羅紗、薄葉って何?

【万年青の豊明園】【OMOTO 3 major groups】大葉羅紗、千代田、千代田羅紗、獅子、羅紗獅子、胡麻、胡麻羅紗、一文字、羅紗、縞甲竜

【万年青の育て方】万年青の実生の鉢上げ、植え替え 苗床、獅子の根も獅子、置き場所、注意点

【万年青の豊明園】【How to plant OMOTO seedlings】

【交配してふた月後の万年青の実付き】育て方、失敗の原因、実の詳細 交配からふた月以上たった後の実の状態

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting 2 months later】

 

【交配してひと月後の実付き】実付きのよいもの、悪いもの 最初の交配からひと月以上たち、交配がほぼ終わり

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting a month later】

お客様の質問から【葉芸の変化って何?】羅紗の魅力 白雲閣の葉芸の変化、1年生から7年生

【万年青の豊明園】【What is “Change of Hagei”?】【Hakuunn-kaku】

徳川家康公の万年青 六所神社の万年青彫刻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

ついついやってしまう失敗

前の記事 万年青が枯れる原因、理由と枯らさない方法

植物を好きな方で、植物を枯らしたことがない人はいない

万年青は日本に自生している植物で、かつ、万年、青いという名前の通り、常緑の多年草、寿命も樹木と同じほど長いです。なので、枯れないと思われている方もいらっしゃいますが、そこは植物、生き物にはいつか死があります。人による、枯れる理由を15年お客様と自分の万年青たちをみて、いくつか傾向があるのでご紹介します。

創業120年を超えるノウハウを持った私たちでも万年青を枯らすこともありますし、50年、80年と万年青を趣味にしている大ベテランや長老でも枯らしたことがあります。植物を好きな方で、植物を枯らしたことがない人はいない、これもまた事実。是非、枯れたことから何かを学んでいきたいと思います。

初心者の枯らす理由

初心者の枯らす理由は、やはり右も左もわからないこと。丈夫な品種を選んでも、水やりのタイミング、肥料のタイミング、植え替え、置き場所など、万年青に最適な場所が、自分のお棚のどこなのかがまずわからないからです。私たちもこのHP上に多くの情報、いろんなケースを載せて紹介していますが、お客様の場所、日当たり、風通し、万年青の状態はどれも違います。えいやとやってみて、1年育てばだんだんと勘がついてきて、ここまではよいな、と分かります。

ベテランも初めての場所では初心者と同じ

では、賞を取るような30年以上のベテランが新しい場所に引越して、最初からうまくできるか、というと、全く違います。基本はできているのでそこそこの出来にはなりますが、今までの場所のようには、まずうまくいきません。どんなに上手な人でも、その場所に少しづつ合わせて最適化していきます。

私たち万年青の豊明園も、初代の頃は愛知県のJR岡崎駅のすぐ近くで商売をしていましたが、今の場所に豊明園2代目3代目が引越してきて、一年目は葉が焼けるわ冬は寒くて凍るわで大変だったそうです。そういった失敗をへて、ひよけから風当たり、置き場所を少しづつ変えてきました。

 2-3年目の初心者の枯らす理由

限界を見極めようとする、気候の違い

おもとを一年育ててみるとだんだんと分かってくるので、もう一歩肥料を多く置いてより上手に作ろう、という考えもでてきます。水やりももっと葉をださせたいということで、水も多くなったり、様々に万年青の限界を知ろうと思います。ここで枯らしたり、根腐れなどを経験して、これ以上はだめかもと分かってきます。

 万年青栽培は毎年一年生

また、一年目と次の年で気候が変わっていく年があります。万年青栽培は毎年一年生という格言もある通り、気候が変わればベストな水やりや肥料も変わっていきます。夏の暑さ、梅雨や長雨、冬の寒さ、風、季節外れの高温など、毎年異常気象の昨今です。どれも、一番良いものを目指さず、7分目、8分目を目指してやりすぎに注意して作れば、上手にいくでしょう。

中級者

酸いも甘いもわかってきます。万年青をよく作る楽しさも味わい、また、万年青がうまく作れなかったり、もしかすると倒してしまう悲しさ、悔しさも味わうでしょう。ですが、失敗の経験から、ここまでやってはだめかなという基準もできてきます。

ここまでくると、枯れる前兆、根が傷む前兆をかすかに捉えれるようになります。植物の「これはやめてくれ~!」というサインをキャッチできるようになって、対策ができます(たいていは私たちが何かをやり過ぎているのでそれを減らしたり、やめたりします)。

 好きな品種は強い?弱い?

初心者の時もそうですが、自分の好きな品種が弱い品種ですと難しくなります。日本に自生している万年青の品種の90%は丈夫ですが、いくつか水やりや肥料は控えめにした方が良いものもあります。中級者になりますと自分の好きな品種をやってみたいと難しい品種にチャレンジすることもあるでしょう。丈夫な品種、枯れにくい品種ならOK!弱い品種ですと今までのように思ったようにいかず、失敗することがあります。

 品種に合わせたお棚作り

自分の集める品種が強いのか弱いのか、ということを経験すると、万年青によって自分の棚や水やり、仕事の合間に世話ができるかなどがよくわかってきて、ある人は自分のお棚でよくできる品種をそろえるようになったり、お棚の中でも日当たりの良いところにこの品種、悪いところはこの品種と場所分けもできてきます。

逆に、特に丈夫といわれる品種でも、自分の棚だとなぜかできない、また、弱い品種と聞くのに、自分の棚ではなぜかできる、ということがあります。これこそ、棚に合わせて品種を考える面白さです。

ちょっと長くなりそうなので、上級者のからす理由はまた別に用意します。

初級者、中級者のまとめ

初心者はまずは基本通りにやってみましょう。ベテランでも初心者でも、初めての場所はえいやとやってみないとわかりません。

小さな失敗、大きな失敗をすることで万年青の限界が分かるようになります。

気候は毎年違うので、万年青栽培は毎年一年生です。

自分の好きな品種は一般的に、弱いのか、強いのかを知りましょう。

強いもの、弱いものでも、自分のお棚に合う合わないがありますので心得ておきましょう。

 

●動画解説 【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由④初心者・中級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why Beginners and Intermediates kill OMOTO?】

 

今まで、万年青が枯れてしまう理由、枯らさないためには、ということで、肥料、水やり、薬害や、初心者さん、中級者さんだからこそやってしまう失敗についてみてきました。それぞれ動画がありますので、興味のある方は見てみてください。

今回は、初心者さん、中級者さんの失敗の原因の次、上級者さんの失敗の原因についてご紹介します。

上級者

中級者、上級者になれば、自分のお棚で殖えた万年青も多くなります。どんなお棚でも、どんな品種でも、自分のお棚で殖えた万年青は枯らしにくいです。私たち豊明園でも、枯らしてしまうときは、新しく他所の棚から買い付けをしたときに枯らすことがあります。逆に自分のお棚では、万年青の豊明園伝統のスパルタ作りで私たちの辛い水やり、薄い肥料に慣らしてあるので枯らすことはありません。

なので、上級者になれば、もうちょっとやそっとのことでは枯らさないと思うでしょう。

昔の方法に固執

今まで自分のお棚で枯らしていない、うまくいっているからこそ、逆に昔の方法に固執してしまって、失敗することがあります。ここ10年ほどの気候の変化によって、昔の水やり、肥料などのベストの時期ややり方も変化していますが、ベテランさんほど昔との変化が大きく、対応しずらくなっています。万年青の状態、気候をみながら軌道修正していきますが、昔からの手癖をかえるのは簡単ではありません。やはりここでも万年青栽培は毎年一年生ですね。

じゃあそんなときはどうするか?

習慣を変える

手癖はなかなか変えれない、ということについて。初心者さんなら、水やりの時間や肥料のタイミングなどは毎回考えてやっているので今の気候に合わせれますが、5年、10年過ぎると習慣になっているので、自動的にこの時間なら水やり、この時期に遮光ネットをかけて、防風ネットをかけて、肥料をやってと体が動いてしまいます。それ自体はいいことなのですが、気候がここまで変わると逆にその経験が邪魔をしてしまいます。

例えば、最近、夏の暑さがひどくなってきていますが、昔と同じ水やりでは多すぎたり、昔は夏の休眠期がなかったのに、今は休眠するおもとがでてきたり、5月の日よけも、今までは1枚で良かったものが、日差しが強くなってきて、2枚は必要になってきたりといった気候と管理の変化です。

用土、鉢を変える

また、手癖や自分の万年青の育て方の習慣はなかなか変えられないし、ストレスになるので、用土や鉢を変えて、今までの水やりのまま、水持ちのよいものから悪いものにしたり、肥料のもちのよいものから悪い用土に変えたり、鉢を通気のよいものに変えるなど、そちらを変えていった方が、ベテランさんには手癖、習慣はそのままで、気候に対応しやすいでしょう。

 希少種、超レア、歴史保存種、難しい品種

自分のお棚に合う品種だけをやれば失敗しないものを、日本に数本しかないものや、超希少種(希少種は性質が弱いので希少種になっているものもある)、歴史保存種など難しいものを育てたくなります。育てたことのある栽培者がいない、つまり説明書のない万年青を、万年青と話しながら(!?)育てていくのはやっぱり面白い。その挑戦の面白さは万年青を始めた初心者さんと面白さは同じかもしれませんね。

また、人によっては、これを自分で育て、殖やさないと万年青界にとって大きな損失だ!と大げさに考えてプレッシャーで調子を崩してしまう人も。大袈裟ですが、希少種で素晴らしい品種ほどこれはあり、過去の文献には最高の品種や、みんなが待ち望んだ新品種が1本も増えずに、、という記事は多く見つけることができます。

 高級品 気に入ったもの

高級品は希少価値が高いので、値段も高いですが、同じく説明書がないので難しいです。高級品の魔力で、高いと思うとついつい水やりも多く、肥料も多くなり失敗してしまうことがあります。これは、100万円などの高級品ではなくても、自分のお棚の一番高いものや、一番気に入っている品種も同じく、水やり、肥料が多くなってしまいます。ベテランになればなるほどこの心理を分かっていて、大好きな品種なのに、わざと横目でしかみないようにして、可愛がり過ぎないようにします。

 

上級者 まとめ

自分で増やしていったおもとは枯れない

自分のお棚で、気候がどう変化しているのか知って、水やりなどの習慣を変えるか、用土、鉢などの万年青の環境を変えて、気候に対応しましょう

高級品、気に入ったものは絶対に水やり、肥料を忘れないので、あえてスパルタ作りを意識しましょう。

ゆくゆくは、日本に自分しかもっていない、説明書のない万年青を、万年青と直接話をしながら、作り上げてみましょう。

 

他の植物をやっている人

他の植物の育て方の癖

他の植物をやっている(いた)人は、それぞれの植物の育て方の癖を持っています。盆栽ですと、夏の朝晩の水やりだったり、菊ですと、暦通りの育て方、伝統園芸の古典ラン(東洋ラン、富貴蘭、セッコクなど)をされる方は水やりの頻度が少ない、施設で夏や冬の管理が必要な海外の植物、ランですと温度管理など様々です。

万年青と他の植物の育て方で違うところ

ほとんどの場合、やはり植物の勘所を押さえてらっしゃるので、万年青もぐんぐん育っていきます。また、その植物で用土などの資材に凝った方ですと、すぐに自分のお棚にあった、かつ、自分の水やりに合った用土、鉢、などを揃えて上手に育てられます。

風通しなどの環境で一概には言えないのは分かった上で、ここで、万年青の育て方が他と違うところを紹介します。

盆栽の場合

盆栽ですと、夏の朝晩の水やりが万年青の育て方と違うところかもしれません。盆栽のように浅い鉢に、細い根の多い樹木を育てているので、水切れは致命傷になってしまいます。逆に、万年青は真夏に休眠をして水やりを減らすこともあるので、育て方が全く逆です。

その理由は、万年青と盆栽で、鉢と植物の大きさの違いを見ればよくわかります。万年青の方が、植物に対して鉢が大きく、その分、水も保つので、盆栽の方が万年青を楽しむとき、夏に水やりが多くなりすぎてしまうことがあります。夏の高温と休眠期は、万年青を枯らす原因 水やり に詳しいので省略しますが、万年青の年中を通して枯らす原因の1位が夏場の水のやり過ぎなので、夏場の水やりさえ気をつければ、皆さん展示会でも上位に入っている方も多いです。

 

菊の場合

日本の伝統園芸の海外の人気

菊は日本の伝統園芸でも特に海外の方に人気があります。私がアメリカに研修にいたときにこぞって日本の菊栽培をアメリカの人が真似をして、またアメリカ式に楽しんでいました。盆栽や、他の日本の伝統園芸は今、海外で非常に人気が高まっています。

菊の育て方 短日植物と暦

菊は特に暦を大切にされるお客様が多いです。短日植物である菊は、暦、太陽の日の長さを感じ取って秋に花を咲かします。なので、暦通りに作業をしていくと素晴らしいものができるように【江戸時代から!】マニュアルができているので、皆様暦通りに育てていきたいのです。

逆に、万年青は観葉植物、葉を見る植物で、花や実も楽しみますが、多くの人にとって葉がメイン。なので、昭和のころの万年青の育て方の本をみて育てていると、今の気温の高さや環境の変化に対応できずに、万年青では失敗してしまいます。

その年の気候、特に現在の夏の暑さに対応して、今の管理を臨機応変にすることで、上手に万年青を育て上げることができます。特にきっかりとした性格の方が多いので、気候に対応してコンスタントに良作、最上作へとステップアップしやすいです。

伝統園芸のランの場合

富貴蘭、セッコクですと水苔巻きが主流なので、水持ちは非常に良い。したがって、水やりの頻度も少ないです。また、東洋ランでは水持ちの良い用土を用い、遮光をしっかりとするので、やはり水やりの頻度は少ないです。

万年青栽培で一番失敗する、夏の水のやり過ぎで失敗される方は本当に少ない。なので、両方育てる方も今は特に多くなってきました。盆栽、菊は日を欲しがりますが、これらの伝統園芸では日よけネット、遮光ネットを使うのでそれらも代用でき、同じ場所で育てられます。

水持ちがいいので、水やりの頻度が少ないため、夏には失敗しませんが、逆に、春秋の新根の伸びるころの水やりも少ないため、新根が降りにくいことがあるかもしれません。そこに注意するぐらいですね。冬、富貴蘭では完全にカラカラにすることもあるでしょう。万年青はそこまでしてしまうと水切れによる葉焼けが起こるので、そこを気をつけます。

海外の植物の場合

今、非常に多くなっていますね。植物マニアの方で、特に凝った方ですと施設もプロ並みのものを揃えて楽しんでいる方も多いでしょう。温度管理、湿度管理にシビアなもの、夏に水を切ってしまうもの、など日本とは全く違う場所の自生地に合わせて環境から作りこんでいくので、非常に丁寧に事前準備をされます。自分の棚に合うのか、育てられるのかがよくわかっている方も多く、自生地 はこのような場所ですよと言えば、すぐに準備ができます。万年青の場合は日本に自生しているのでそこまでシビアな温室管理は必要ありませんので、あとは育てている植物との環境の相性になってくると思います。

 

 

 

前の記事 万年青が枯れる原因、理由と枯らさない方法

万年青が枯れる原因、理由②水のやり過ぎ 枯れないようにするための方法、対策

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

万年青のトラブル編  豊明園リンク集

万年青 葉枯れ おもとの葉色が変わる  

万年青の葉落ち 自然の葉落ち

万年青が枯れる原因   

万年青の病害虫 病気、虫について リンク集

 

おもとの相場、値段

イメージ 3
明治・大正の元老 山県有朋の別荘 無鄰菴 
山県有朋(やまがた ありとも)
素晴らしいお庭
おもとと深いかかわりのあった、山縣有光男爵が昭和3年頃、豊明園にご来遊されています。
山縣有朋公爵の孫で、オモトをこよなく愛好された方です。
根岸松の図物語
先日、海外からお客様が来日され、おもとを鑑賞されました。
太陽、光陽、萬陽、新生殿、剣舞、玉姫や獅子の面白い実生、
千代田系など、ぱっとみて美しい物、綺麗なものが人気なようでした。
白鶴、白鷹、瑞雲海など古くとも、今は珍しい、美しい木に関心がありました。
おもとの相場 おもとの値段
http://www.houmeien.co.jp/DSC092061.jpg
都の城(みやこのじょう) 3年生 鉢 6.0号
作出者  (県) 作出年度 不明
登録者 日本萬年青連合会
おもとの値段は、主に需要と供給で決まっていきます。数の少ない物は高く、多い物は安くなっていきます。
そうなので、数の多い、上の「都の城」のようなものはおもとの中でも価格は安くなっていきます。
羅紗でも、「瑞泉」や「福宝殿」は良く殖える木なので、価格は安く買えます。
「瑞泉」は昔は100万円しましたが、段々と数が増えるうちに、今の値段に落ち着いてきました。
古い木でも、「瑞泉」のように人気のあるものは値段が付きますが、多くの品種が値段も付かず、忘れ去られた木もあります。
品種自体に人気がないと、殖えても値段が付かないからです。逆に、この「瑞泉」や、「新生殿」、「お多福」、「玉輝冠」などの古くからある木で、落ち着いた入門者用の値段になっている物は
安くなってもやはり人気があります。安くなっても人気のある木というものは、
品種自体の価値が高く、その値段以上の芸を見せてくれると思います。また、そんな人気のある品種は、誰でも、初心者でもわかり易い特徴をもっていて、初心者でも見分けが付く品種がほとんどです。
大抵の木は、やはり数が殖えていくので、最初は1000万円などの値が付いていても、だんだんと需要と供給の関係で買い安い値段になっていきます。
人気があると、値は下がりにくく、おもとの大旦那が現れる事で今までより上がることもあります。
※富国錦の大旦那の話(始めよう、万年青に載っています)
また、少し難しい木や、図もの、などは値段の変化が少なかったり、その時の相場に左右されるものもあります。
「地球宝」や「残雪」などは、図物で、図の良い物は以前よりずっと高くなっているものもあります。図物景気のようなものもあり、少し下がったかな、と思うと、それを狙っていたかのように図性のよいものを買いあさる方もいて、値がまた上がっていきます。
上手な方では、10倍から100倍ほどにして儲けられる方もいます。
おもとには多くの品種があるので、大きな大葉系の人気、美しい、綺麗な薄葉系の人気、渋い羅紗系の人気や、大型羅紗系の人気など大きな流行があります。
太陽の人気で、今は縞甲系、錦麒麟系が値が上がってきています。
獅子系は今よい品種物でも実生も安いので、買いですね。
図物も全体に良い系統が安いです。
どの木でも、その木との出会いは一期一会。その木を逃せばそれ以上の木は何10年も見つからないということもざらにあります。惚れた木との出会いを大切にしてください。
安くても良い木がおもとには沢山あるので、好きな品種を楽しまれるのが一番です。
おもとの相場流行

おもとに相場があるのか、といわれることがあります。おもとの値段についてはその品種がもっている品位、風格、品質に加え、数の少なさ、希少価値といったもの、時代時代の流行もあります。
もちろん、同じ品種、例えば新生殿の苗にしても、特上苗なのか、中苗、小苗なのか、苗自体の大きさや根芋、葉きずの状態、覆輪や今までの作や作者によって500円のものから6000円のものまで、かなり大きく違ってきます。(2000~5000円か)

時代の流行は皆さんの好みで決まっていきますが、特に新しく始められる方がどんなものが好きなのか、ということでも流行の変化を感じることができます。

品位、風格、品質はそのおもとの経緯や丈夫さ、芸の独自性や面白さ、姿や形の美しさなど本質的なことなので変ることはありませんが、希少性は意外と変化していきます。

変化していくとは、例えば、昔は沢山あった愛国殿や愛玉殿、麟晃冠などの品種が値段の安さや流行の変わり目などで数が少なくなっていき、いざその品種の良さに気付く新しい人が出て欲しい人が増えてきますと、需要は大きいが数が少ないということで値が大きく上がっていきます。

また、おもとは数に限りのある世界ですので、自分で希少価値を出すこともできます。買占めです。ある人は愛玉殿を日本中から数千本と買い占めて、自分で処分してしまいました。そうしましたら数が少なくなった愛玉殿がまた見直され、
値も10倍ほどになったと聞いています。好きな品種がまだ100~200本と数が少ないと分かれば、50~100本買い占めてしまえば大きく相場が動いていきます。
ある人は小さな株式市場ですね、なんていったりします。

買占めという言葉を聞くとなんかあくどいことをやっているな?なんて思われるかもしれませんが、事実は真逆で、その品種の素晴らしさに気付いてほしい、好きだからそこ集めたい、そんな気持ちから買い集めていかれるので、広くおもと界から尊敬を集めます。

最近では獅子系統、千代田系統が人気が上がりかけていますが、獅子系統は初心者さんが、特に千代田系統は数人が中心になって盛り上げていこうと楽しんでおられます。

新人さんも増えてきて、新生殿、天光冠、お多福の図、四君子、富士の雪、残雪など、流行に関わらず、おもとの長い歴史で常に人気の高い別格全盛品も、また見直されてきています。

万年青の独特な世界観

万年青の独特な世界観

大きく作るおもと、小さく作るおもと

私たち、万年青の豊明園として、万年青の用土はどれでもよい、どれだって上手に作れる、と思っております。用土の特徴に合わせて、水やり、肥料をやれば上手に育ちます。

畑の土では肥料の効きもよく、万年青は大きく、立派に育ちます。葉の伸び、子の上がり方もよいでしょう。

逆に、砂利系統が多いと、水持ち、肥料持ちは悪いですが、小型でガチっとした万年青になります。万年青の芸を凝縮、濃縮して、緑の宝石や、緑の美術品と呼ばれる万年青をつくる、大木を鉢の上に表現する、盆栽にも似た、独特な万年青の世界観です。

これは、どちらがいい悪いではなく、それぞれの楽しみ方の話です。

万年青の世界では、このように、大きく作る、子をたくさんあげて株立ちに作る、という楽しみと、わざと肥料の効きが悪い用土で小さく作る、水切れに近くなるまで水やりを絞って、芸を出させる、独特なつくりをします。

どの世界でも、大きく作る、立派に作るという感覚は分かると思います。

ですが、この小さく作るというのは、かなり独特な日本の価値観です。これは、盆栽の、大木を一鉢の中に表現することや、生け花の最小限の要素で花を表現すること、茶の湯の無駄を一切排した黒の美学、山水画の空白の美、それらに通じる、日本の美学です。

 

 

※美術品をつくる万年青愛好家

万年青は、芋があって乾燥にも強く、また、ある程度乾燥して、根が空気が好きなので砂利で植えることがあります。よく乾いた方が、小型で締まった出来になり、独特な万年青の美意識の愛好家には好まれます。

なぜ砂利で植える?

私たち万年青の豊明園では、砂利単体で植えることは少ないですが、万年青の魅力を凝縮させる、そのためにわざわざ万年青が大きくならないように作りこんでいます。ここは盆栽の世界に通じるものがあります。

プラントハンター ロバートフォーチュン

江戸の園芸文化は、世界に誇るものでした。イギリス東インド会社の代表として世界中でハントをしていた、プラントハンターのロバートフォーチュンです。彼は、鎖国中の日本にきて、【日本人の国民性の著しい特色は、庶民でも生来の花好きであること。花を愛する国民性が、人間の文化レベルの高さを証明するものであるとすれば、日本の庶民はわが国の庶民と比べると、ずっと勝っているとみえる】と『幕末日本探訪記 江戸と北京』で述べています。イングリッシュガーデンの本場、イギリスのフォーチュンにここまで言わせるとは、江戸の園芸文化はとんでもないですね。

また、もっと前にシーボルトが万年青を持ち帰っています。

武士の精神修養

江戸時代も中ごろになると、武士の役割がだんだんと変化していきます。江戸の泰平の世では、戦で戦うことがなくなったからです。そのため、家でできる園芸という楽しみをする武士も多く、園芸文化が発展していきます。

例えば、いまから250年ほど前の熊本藩のお殿様、六代藩主・細川重賢公は、家臣(武士たち)の精神修養に園芸を奨励し、30種ほどの園芸をさせていました。今も肥後六花として現存しています。

日本全体が花や園芸を楽しむ文化だったのですが、園芸と武士が化学反応を起こすことで、万年青の中に、独特な美意識が生まれていきました。

奇品珍品 ビザールプランツ

Bizarre Plants 奇妙な、異様な、という意味のBizarre。万年青は江戸時代から、『草木奇品家雅見 そうもくきひんかがみ』にも紹介されるように、万年青は日本でも一番歴史の長いビザールプランツでしょう。

万年青の世界でも、奇品珍品を尊ぶ文化は古くからあります。珍しいもの、数のないもの、希少性ということでは、新品種や、今では数の少ない江戸の品種などは珍しい珍品ですね。

また、奇品、という変わった、奇妙な、異様なものでは逆鉾、裏芸のような普通の植物では考えられない変化をいうでしょうか。羅紗のように、育てていくうちに5~10年でどんどん変化するものも奇妙ですね。

万年青には、柄の美しさ、姿の美しさの他にも、奇品珍品といった価値観があり、そればかりを集める愛好家がいらっしゃいます。

恵比寿文化

七福神のうち、恵比寿天と福禄寿は障がい者だったというお話もあります。私は愛知県岡崎市の生まれですが、私の近くではこの話をする人はいませんでした。学生で関西にいたころ、恩師や先輩方に初めてお聞きした話ですが、恵比寿様の信仰の厚い関西や、海沿いの地域では多く残るお話だそうです。

えびす様

七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。

恵比寿様

日本でできた七福神という神様のグループはインドから日本の神様を7人にまとめたのですが、恵比寿様だけは日本の神様です。

国造りの神様であり、古事記に登場する伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)両神の最初の子どもは、3歳になっても自力で立てず、両親は「蛭子(ひるこ)」と名付け、葦船で川に流し、いわゆる捨ててしまった。しかし、その子は死なず、兵庫県西宮に流れ着き、古くから漁業の神様として、そして商売の神様として現在に伝えられています。

えびす神社は全国に点在し、夷神社、戎神社、胡神社、蛭子神社、恵比須神社、恵比寿神社、恵美須神社、恵毘須神社など、様々に漢字が当てられています。

特に、「えびす」を「戎」や「夷」と書くことは、中央政府が地方の民や東国の者を「えみし」や「えびす」と呼んで、「戎」や「夷」と書いたのと同様で、異邦の者を意味し、外から良いものが運ばれてくるという信仰。

エビス様は、寄り神、漂着神ともよばれ、海(外界)からよいものが運ばれてくるという信仰。

様々な信仰と結びついて、日本の生活に溶け込んでいますが、日本には、蛭子(ひるこ)と名付けられた障がいをもった子こそ、福の神であるという考えがあり、万年青の奇形を大切に育てる文化と近いものがあるかもしれません。

ヒルコ(蛭子神、蛭子命)を祭神とする神社は多く、和田神社(神戸市)、西宮神社(兵庫県西宮市)などで祀られている

福禄寿

福禄寿は頭が長い神様でおなじみです。これは、頭に水がたまり巨大になった障がい者で、今でいう頭水腫でしょうか。

 

 

 

 

万年青の花言葉 | その理由 | 長寿・長命・永遠の繁栄・母性の愛・崇高な精神

万年青の花言葉

 (長寿) (長命)(永遠の繁栄) (母性の愛) (崇高な精神)

長寿、長命、永遠の繁栄

古来から、家に万年青を置くと災難を防ぎ、万年も家が繁栄を続けるといわれています。そこから長寿、長命、永遠の繁栄という花言葉があります。

万年青自体が、万年、青々と茂っていくこと、万年繁栄していくことから、長寿、長命、永遠の繁栄を体現していて、一番わかりやすい花言葉です。

古く1000年以上前から万年青は薬草だったので、徳川家康公も江戸城の引越しおもととして引越しの際にも使われました。薬、ということからも長寿、長命につながったのでしょうか。

母性の愛

また、四季を通じて緑を保ち、大きな葉が冬の寒さから赤い実を守り、何年も青々として、子を増やし続け繁栄するため、母性の愛という花言葉に繋がっています。

実際に、万年青には【老母草】、【母人】とかいてオモトとよぶ地域があり、老いた母が新しい命である赤い実や新芽を包むように冬の寒さから守っているさまを現しています。

崇高な精神

万年青などの古典園芸と呼ばれる江戸時代の植物は、実は武士の精神修養として、素養、教養として受け継がれてきた伝統を持ちます。花を観賞しない万年青は、武士の武士道にも通づる、崇高な精神そのものといっていいでしょう。

【武士のたしなみとしてはじまった肥後六花】

万年青とは違いますが、肥後、熊本の殿様も楽しんだといわれる、肥後菊、肥後椿、肥後山茶花(ひごさざんか)、肥後花菖蒲(ひごはなしょうぶ)、肥後朝顔、肥後芍薬(ひごしゃくやく)の6つを「肥後六花」と呼びます。もともと細川家8代重賢(しげかた)公の時代に、武士のたしなみとして始められたもので、もともとは30種以上あったという方もいます。各々に花連と呼ぶ保存団体があり、門外不出として現在に伝えられています。
こういった例を見ても、江戸時代から続く万年青などの園芸は、ただの遊びだけではない、崇高な精神を見ることができます。

万年青の花言葉のまとめ

万年青の花言葉は、万年青が万年、青々と繁栄していくところから、長寿、長命、永遠の繁栄という花言葉が付けられています。
また、赤い実や、新芽を母の様に古葉がやさしく包み込むことから、母性の愛という花言葉があります。
江戸時代の武士は精神修養、教養として万年青などの園芸をしていました。そういった武士道精神からも、崇高な精神、という花言葉があります。
是非皆様、ご家族、ご友人に心のこもった万年青のプレゼントするときには、こういった素晴らしい由来の花言葉もあるんだよ、と伝えてあげてください。もらった方は、いただいた万年青を見るたびに、長生きできそうだな、会社が繁栄しそうだな、愛が伝わってくると、喜んでくれるでしょう。
六花に共通する特徴としては、「端正な一重咲きで優美な花芯、清らかな色」
であることです。
「花連」と称する肥後六花それぞれの保存団体の厳しい規律と武士の誇りの
もと、苗と種は、「門外不出」の宝として厳しく守り継がれてきています。
肥後六花の栽培方法や鑑賞方法は、それぞれに独自の作法が伝わっていま
す。「肥後六花」は、先人たちが守り伝えた美と修練の結晶です。季節ごとに
美しく咲き誇る花々からは、昔の人たちの思いを感じることができます。
※一重咲き…花びらが重なり合っていない状態肥後六花の歴史とは? (いつから育てられている?)
・肥後六花の歴史は古く、いまから250年ほど前の、江戸時代までさかのぼ
ります。熊本藩のお殿様、六代藩主・細川重賢公が、家臣(武士たち)の精
神修養に園芸を奨励したことに始まったといわれています。
・その頃は、肥後の花と呼ばれるものが、30種ほどあったらしいそうです。
・その後、昭和35年に昭和天皇の天覧を機に、肥後名花会が発足し、四季を
通して見ることができる六花を決めて、「肥後六花」と呼ぶようになったそ
うです。

 

おもとについて

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

万年青(おもと)の別名は?意味は?

万年青 ブライダル プレゼント

おもと美人

おもと正月花と実

心をこめた贈り物に最適のおもと

 

 

 

縁起の良い植物 おもと

引越しおもと 方位 鬼門の北東に万年青を置く!?日陰植物の万年青にぴったり

 

開運の引越しおもと | 花言葉、種類、育て方、植え替えについて 

 

お正月、新築、引越し、お祝い、開業などお祝いごとに万年青を贈る風習をご存じですか?万年青は、その字の通り、万年、葉が青々と栄えていくことから、縁起の良い観葉植物、開運のシンボルとして日本人に愛されています。この記事では、万年青の花言葉、種類、育て方、植え替えを紹介します。

水野豊隆 この記事の執筆者

明治25年創業の【万年青の豊明園】の4代目。著書『始めよう!伝統園芸 万年青』。NHK趣味の園芸【万年青】2019年10月号にも協力、出演。月刊誌・趣味の山野草にて11年間、毎月おもとについて連載中。

おもととは

おもとは、古くは1000年以上前から薬草として、室町時代には生け花として、江戸時代には徳川家康公も楽しんだ園芸として日本人に愛されてきました。お正月のお祝いや引越しおもと、お祝いおもととして用いられてきました。

それは、万年青の名の通り、一年を通じて常緑で、万年といわれるほど長寿の、生命力の強い万年青にあやかりたい、ということでしょうか。万年青には、人々の幸せを願う心が込められています。

開運の引越しおもとと徳川家康公

慶長11年(1606年)、徳川家康公が江戸城入城に際し、斑入りのおもと3鉢を抱え入城し、おもとを床の間に飾り、徳川300年の繁栄を築いたという古事が広く知られています。現在も縁起を担ぎ、新築、引越しの際は、最初に万年青を置くことで、万年の繁栄、開運のシンボルとして万年青は大切にされています。

万年青の花言葉は?

 (長寿) (長命)(永遠の繁栄) (母性の愛) (崇高な精神)

古来から、家に万年青を置くと災難を防ぎ、万年も家が繁栄を続けるといわれています。そこから長寿、長命、永遠の繁栄という花言葉が。

また、四季を通じて緑を保ち、大きな葉が冬の寒さから赤い実を守り、何年も青々として子を増やし続け繁栄するため、母性の愛という花言葉に繋がっています。

万年青などの古典園芸と呼ばれる江戸時代の植物は、実は武士の精神修養として、素養、教養として受け継がれてきた伝統を持ちます。崇高な精神はそこに由来しています。

おもとの種類

万年青は江戸時代からの400年以上ともいわれる品種改良の歴史があり、品種は1000種を超えるといわれています。それを大きさで大きく3つに分け、大葉、中葉、小葉、があります。葉の長さが30cmを超える、原種に近い大葉、15~20cm前後の中葉、コーヒーカップほどの鉢に入る、小さな葉と書く小葉です。

育て方は?

日本に自生している常緑の多年草なので、福島以南でしたら野外で十分育ちます。明るい日陰を好む、シェードプランツなので、直射日光は朝日だけにします。やはり植物なので、真っ暗の部屋は×。

野外でのポイント

直射日光は×。林の木洩れ日の中で自生しているので、風通しがよく、明るい、でも直射日光は当たらない場所がよいでしょう。

水やり 万年青は多肉植物のように葉が厚く、しょうがのような芋があるので水をしっかりと貯めこみます。完全に乾燥するとだめですが、水のやり過ぎは根腐れの原因になります。

冬の霜に当たっても元気ですが、葉の色は悪くなるので軒下でも良いでしょう。

室内でのポイント

明るい日陰を好む植物なので、室内でも十分育ちます。ですが、植物なので、真っ暗な場所はNG.カーテン越しなどでよいので、明るい日陰をつくってあげましょう。

エアコンや扇風機が直接何時間も当たると乾燥するので、直接風が当たらないように気を付けてください。

水やりは乾いたら、下から水があふれるくらいしっかりとあげてください。

肥料は?

万年青は、一年に2~4枚ほどしか葉を出しません。そして、同じ数の葉が落ちていきます。そのため、肥料は少なくてよく、春と秋の生長期に少しだけ有機肥料をあげてください。液肥でしたら、パンジーなどの液肥の約100倍ほどに薄めてやってください。

植え替えは?

下から、大粒、中粒、小粒と入れると水の通りがよい

 

植え替えは1年~2年に一度、春か秋に行います。クーラーや暖房がいらないような、気候のいいときがよいです。用土は土でも、赤玉土のような園芸用土で大丈夫なので、今植わっている用土に近い方が環境が変わらず、適しています。

やり方は、底砂を入れ、万年青を入れ、首元と呼ばれる根と葉の間まで用土を入れれば、出来上がりです。

ふやし方は?

株分け、種まき、どちらでも出来ますが、万年青は400年の品種改良の歴史から、実が付かず、種が取れないものがあります。葉の長さが15cm以下のものです。株分けはすべての万年青でできます。

親株から子供の株、子株がでるので、2~3年してから元からパキっと割れば株分けできます。

どんなものがおススメ?

良く聞かれる質問ですが、基本的にはお客様の好きなもので大丈夫です。もしそれでもアドバイスをするなら、万年青は縁起物なので、縁起の良い名前の本物をお勧めします。お多福、新生殿、大黒殿などがおススメです。

園芸店、ホームセンターのおもとには薬品処理で柄を付けているものもあり、次の年には真っ青になるものもありますので、注意してください。

 

まとめ

引越しおもと、お祝いおもととして縁起物として大切にされてきた万年青は、日本に自生している丈夫な植物。初心者の方でも特別な施設や管理がいらずに育てられます。縁起の良い贈り物として、観葉植物として、是非育ててみてください。

 

●動画解説 【開運の引越しおもと】徳川家康公の開運のシンボル、花言葉、種類、育て方、植え替えについて

【万年青の豊明園】【Lucky Plants OMOTO】

 

次の記事 引越しおもと、お祝い万年青、高級贈答って実際どんなものがあるの?

引越しおもと・お祝いおもと  高級贈答

万年青の用土について  用土で、水やり、肥料、病害虫はどう変わる?

万年青の種類 | 大葉・中葉・小葉 | 12のグループ

万年青の本 始めよう!伝統園芸 万年青 人気品種と育て方

 

 

万年青の種類 | 大葉・中葉・小葉 | 12のグループ

この記事を1行で

おもとは、下の図のように、大きさで大葉、中葉、小葉に分かれています。

私たち、万年青の豊明園が著者の『始めよう!伝統園芸 万年青』より

万年青の種類 簡単に

万年青は1000年以上の歴史があるので、品種は1000種とも、2000種以上とも言われています。一番簡単な分け方が、大きさで分ける大葉・中葉・小葉という分け方です。原種に近い、葉長30cm以上の大型の万年青を大葉、葉長15~20cmほどの中葉、それより小さな万年青を小葉と呼んでいます。

 

万年青の種類、品種、系統、分類

この記事では、種類というのは、同じ特徴をもったグループとして、大葉・中葉・小葉と3種に分けるのと、他の特徴で12グループに分けています。

品種というのは、『新生殿』『太陽』『残雪』のように、古くから名前が決まって流通しているものから、最近の新登録までを言っています。

万年青の世界では、系統、分類は、万年青の学名のRohdea japonica Rothや園芸品種、栽培品種を現すcv.などではなく、上の種類の中のグループの一つとして使っています。大葉系統、一文字系統、獅子系統や、獅子系と言ったりもします。

 

 

万年青の種類とは 大葉・中葉/薄葉・小葉/羅紗

大葉おもと  大葉系統

薩摩万年青とも呼ばれ、雄大で葉芸より姿・柄を観賞する万年青です。大きさは30cm以上。原種に近い分、地植えにも適します。

小葉おもと / 羅紗おもと 小葉系統、羅紗系統

こちらは、葉肉が厚く、『新生殿』『天光冠』に代表されるように、葉芸の変化に富んだものです。葉長は大型のものでもまず15cm以下。羅紗というのは布の一種で、特に厚い生地のことをいいますが、葉の厚さが羅紗のように厚いため、この名前になりました。羅紗自体は、ポルトガル語のraxaラサからきていて、12世紀セルビアのラサからこの生地の厚い布がきました。

中葉おもと / 薄葉おもと  中葉系統、薄葉系統

葉長約15~20cmの中型のグループ。葉肉が薄く、様々な斑・芸・姿を持っています。伝統的に、『太陽』のような縞甲竜系統のような葉肉の厚いものも入っているので、中葉おもとと呼ばれます。

 

万年青の種類のいろいろ

私たち、万年青の豊明園が著者の『始めよう!伝統園芸 万年青』より

万年青は1000種以上も品種があるといわれるように、多種多様な形、芸、姿をみせます。その中には、大葉、中葉、小葉の混血のようなものもあり、大葉系統の中にも、大葉系統と大葉羅紗系統、小葉・羅紗系統の中にも、羅紗系統と千代田羅紗系統、羅紗獅子系統、胡麻羅紗系統とそれぞれの系統の魅力をあわせもったものが出てきています。

大葉系統 大葉羅紗系統 一文字・日月系統 千代田系統 獅子系統 縞甲竜系統 胡麻系統 裏芸系統(上の写真にはない) 羅紗系統、千代田羅紗系統、羅紗獅子系統、胡麻羅紗系統の12系統があります。

現在も、それらのグループを掛け合わせ、新しいものが生まれていますので、系統は増えていくでしょう。

↓新品種の作り方 万年青の交配について

 

おもとの交配

また、

上の写真にあるように、大葉羅紗系統という、大葉と葉の厚い羅紗の特徴を持つものがあり、葉長が30cm以下のものもありますが、大きくは大葉系統に含まれ、大葉、中葉、小葉の3グループを葉長だけでは分けきれません。

万年青の品種

室町時代から様々に品種は確立されてきたといわれています。上のように、多種多様なグループがあり、現在も新品種は作られ続けています。

代表的なものは『新生殿』『お多福』『太陽』『四君子』『根岸の松』『外輪山』『楊貴妃』など。

品種図鑑 万年青の種類

 

万年青の系統と分類

明治~昭和初期から系統は種類と同じように扱っています。実際、一文字系統や獅子系統などは一つの祖先からその系統はできているので特徴も同じでわかりやすいです。

私たち、万年青の豊明園が著者の『始めよう!伝統園芸 万年青』より

 

 

 

 

 

 

次の記事 万年青の本:始めよう!伝統園芸 万年青

万年青の本 始めよう!伝統園芸 万年青 人気品種と育て方

品種図鑑 万年青の種類

 

●動画解説 【万年青の種類】大葉、中葉、小葉とは?羅紗、薄葉って何?

【万年青の豊明園】【OMOTO 3 major groups】大葉羅紗、千代田、千代田羅紗、獅子、羅紗獅子、胡麻、胡麻羅紗、一文字、羅紗、縞甲竜

 

 

私たち、万年青の豊明園が書いたこの本から、万年青の種類について解説します。

万年青の種類である、大葉、中葉、小葉の分け方と、それぞれどんな特徴があるのか紹介します。

まず、万年青は大きくわけて3種類。大きさで分けて、大葉、中葉、小葉です。ざっくりいってしまえば、葉の長さが30cm以上が大葉、15~20cm前後が中葉、15cm以下ものもが小葉です。

でもこの本には薄葉と羅紗となっているけど。と思われる方もいるでしょう。万年青は伝統的には中葉を薄葉、小葉を羅紗、と呼んでいるのでこうなっています。

万年青には、多種多様な品種があり、1000種以上とも、2000種以上あるともいわれますが、大きさではどれかに入ってしまいます。

それぞれ説明していくと、大葉系統は雄大で、原種に近いグループ。体が大きい分、地植えにも向きます。羅紗のように葉芸や葉芸の変化を楽しむよりは、姿や柄を観賞します。薩摩万年青ともよばれますが、鹿児島の薩摩藩で非常に愛された植物で、島津の殿様や武士が好んで屋敷に植えたそうです。

・このように、白いモザイク状の図がはいる残雪、黄色い曙柄がでる外輪山、縞柄の綺麗な五大州と柄がたくさんあります。

・大葉の中でも、羅紗系統のように葉肉が非常に厚いものもあり、大葉系統と区別して大葉羅紗系統と呼ぶことがあります。こちらは葉の長さは30cm以下のものもありますが、葉肉が厚い分、迫力は抜群。大葉羅紗の大勲です。

次に、一番下の小葉系統。葉の長さ15cm以下なので小葉系統といいますが、伝統的に、羅紗系統ともいいます。羅紗とは、非常に厚みのある生地のことですが、この系統は葉肉が厚く、葉芸の変化をする系統です。

・小葉、羅紗系統の代表品種、新生殿。葉の盛り上がり、雅糸竜の荒々しさ、どれをとっても葉芸が素晴らしいです。明治時代からこの小葉系統の代表だった天光冠。おもとの中でも一番葉肉が厚いといわれています。葉芸の変化も凄いです。

次に、中葉系統。葉肉が薄いものが多く薄葉系統とも呼ばれています。様々な姿、斑、芸をもち、この中葉系統の中に沢山の種類があります。

・一文字系統。葉が樋(とい)のような形をするもので、この品種は日月星。江戸時代からの品種です。一文字系統となっているのは、同じような姿で、虎斑が入ったり、図が入ったり、姿が変わったりと、様々な突然変異をしてきたから。一文字系統にはたくさんの突然変異の品種があります。

・千代田斑系統 こちらは、千代田斑と呼ばれる白い斑がはいるものです。

・ここで、この中にも、葉肉が非常にあつい千代田羅紗系統というものもあります。

・こちらは獅子系。葉のくるくるとカールするグループです。品種は、獅子の王者である四君子。葉肉の厚い羅紗獅子系統があります。

・胡麻斑系統は、英語でゴールデンダストと呼ばれるもので、胡麻をふったように、金をふったような斑が現れるものです。こらちも胡麻羅紗系統という葉肉の厚い小型の系統があります。

・こちらは縞甲竜系統。非常に葉肉が厚く、中型で迫力のある系統です。写真は太陽という品種ですね。

・ほかに、裏芸系統という葉の裏側に変化をみせるグループがあります。

 

はい、では、万年青の種類、大葉、中葉、小葉について、わかっていただけたでしょうか。万年青は1000種以上ありますので、自分の万年青がどんな種類なのか調べてみるのも面白いですね。

 

 

 

引越しおもと・お祝いおもと  高級贈答

引越し・お祝い・新築に“おもと”がおススメです。
おもとを観葉植物として部屋に置くことで
福を呼び込む明るい部屋にしましょう

 

引越しおもと・お祝いおもと  高級贈答

万年青は引越しお祝い、新築、開店、開院など、これから万年の繁栄を願うとき、万年青を置くとよいです。

高級贈答として、江戸時代からの万年青鉢、錦鉢に植えて贈ってもよいでしょう。錦鉢の柄に思いを託して、幸せを願うのも万年青ならではです。

 

 

新生殿(しんせいでん)

新生殿(しんせいでん)

徳川家康公が江戸城入城の際に、3鉢の万年青を自らたずさえて入城し、自分の床の間に飾った。
万年青のように、万年、青々と栄えてゆくように、泰平の世が続くよう願ったといわれています。
万年青を自分の家へ、また引っ越し、新築、開業、開院などのプレゼントとして贈る
おもとを贈る方、贈られる方双方に福が来る

 

葉姿美しく特に丈夫なおもと
『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適

 

お多福(おたふく)

お多福 (おたふく)

おもとは瑞草です。
新築祝い・引越し祝い・敬老のお祝い
に贈りましょう

葉姿美しく特に丈夫なおもと
名前の通り、福が多く訪れる家になる引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適
葉姿美しく特に丈夫なおもと
縁起良い名前に福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適

 

 

瑞泉(ずいせん)

おもと(万年青)は、めでたい植物不老長寿の縁起のよい植物といわれています。
慶長11年、徳川家康公が各大名に江戸城の普請役を行なわせ、その造成成るとともに入城しました、入城に際し家康は愛知県三河の国長沢村の長島長兵衛から贈られた、斑入りのおもと3鉢を抱え入城しおもとを床の間に飾り徳川300年の繁栄を築いたという古事が広く知られています
おもと 瑞泉(ずいせん)
おもとは常緑の観葉植物です。中国では「万年青」と書きます。
これをわが国でおもとと読んだのは、
大本・大元ーオオモトの意味からの訛でしょうか。
古代より、鶴・亀などと同様、吉兆のシンボルとして
用いられてきました。
徳川家康公が江戸城におもとをもって入城以来、
新築・新居・開店・引越しのお祝い結婚式
おもとを贈るようになりました。
おもとは露地の日陰に植えると強く、
四季を通じていつも青く、丈夫です。
葉姿美しく特に丈夫なおもと
おもと 瑞泉(ずいせん)
葉姿美しく特に丈夫なおもと
『めでたい事がいずみのように』と名前よい
引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適

 

 

おもとは常緑の観葉植物です。中国では「万年青」と書きます。これをわが国でおもとと読んだのは、大本・大元ーオオモトの意味からの訛でしょうか。古代より、鶴・亀などと同様、吉兆のシンボルとして用いられてきました。徳川家康公が江戸城におもとをもって入城以来、新築・新居・開店・引越しのお祝い結婚式におもとを贈るようになりました。
おもとは露地の日陰に植えると強く、四季を通じていつも青く、丈夫です。

 

 

おもとを飾る場所

一番よく飾られる場所は玄関ですね。ご自宅の入り口に縁起のよいものを置こうと考えてのことでしょうか。他には、リビングやトイレなどもよく置かれる場所の一つです。窓があり、カーテン越しのちょうどよい光が入ります。何より、おもとのよい気が部屋を明るくしてくれます。床の間に飾りますと、昔のお殿様がおもとを楽しんだ気持ちが味わえます。

 

園芸店、大型量販店のお店で販売しているおもと

おもとの中で、よく質問のある万年青
縁起物は本物で楽しみましょう。

ホームセンター、園芸店で販売されているおもと

 

引越しおもと、お祝い万年青、高級贈答って実際どんなものがあるの?

 

 

 

 

 

石清水八幡宮  国宝の社殿の中に万年青彫刻

石清水八幡宮

この記事を3行で

石清水八幡宮は、御許山(おもとやま)にある宇佐八幡宮から勧請された三大八幡宮。京都の裏鬼門を守るために建てられた国宝の石清水八幡宮に、万年青の彫刻が17ありました。国宝のため写真はありません。

#があり過ぎる

石清水八幡宮自体が、歴史好きにはたまらない神社で、徒然草、楠正成、信長塀、豊臣家建造の社殿、三代将軍徳川家光が建造の社殿、鬼門、二所宗廟、日本三大勅祭の「石清水祭」、羽柴秀吉と明智光秀の天王山の合戦、左甚五郎の彫刻、松花堂弁当のもとと、1200年の歴史で、常に表舞台になっていた神社です。

基本情報

■石清水八幡宮
【参拝時間】6:00~18:00、授与所8:30~18:00 ※季節による変動あり
昇殿参拝 11:00~、14:00~(神職さんによる案内付、祭典行事などにより時間の変動あり。1/1~2/3は休止)※2020.7.24現在、電話で確認したところ休止しております。10月再開を目指すそうですが、状況次第なので、石清水八幡宮さんへご確認ください。昇殿参拝か、ご祈祷をしないと万年青彫刻は見れません。

【参拝料】境内無料、昇殿参拝1,000円
【電話】075-981-3001 FAX 075-981-9808

〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30

アクセス

社殿すぐから、参道の写真をとったところ。奥に15分間隔で麓(ふもと)とつなぐケーブルカーがある

木津川・宇治川・桂川の三川合流地点の南にある男山(おとこやま)山上に社殿はあります。山のふもとからの参拝は2つの方法があり、ひとつは所要時間約3分で麓の「八幡市駅」からケーブルカーで。もうひとつは、山頂標高120m、社殿まで30分ほど山歩きです。地元の方は山上の駐車場を利用する方もいるようです。

【アクセス】京阪男山ケーブル「男山山上駅」からすぐ
【公式ホームページ】http://www.iwashimizu.or.jp/

【高速】京滋バイパス 「久御山・淀IC」が近い

【電車】京阪電車「石清水八幡宮駅」下車、⇒参道ケーブル「八幡宮口駅」~「八幡宮山上駅」下車徒歩5分

石清水八幡宮さんHP アクセスについて

〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30 TEL 075-981-3001 FAX 075-981-9808

 

国宝 石清水八幡宮

石清水八幡宮の歴史

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、地元では「やわたのはちまんさん」と呼ばれ、平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社。京都盆地南西の男山山上に鎮座する。

皇室からは遠国の宇佐神宮に代わり伊勢神宮(三重県伊勢市)とともに、二所宗廟の1つとして崇敬されるとともに、石清水八幡宮のある男山は都からみて裏鬼門(南西の方角)に位置し、鬼門(北東の方角)に位置する比叡山延暦寺とともに都の守護、国家鎮護の社として篤い崇敬を受けてきました。

「石清水祭」は大祭として葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭の1つに数えられる。

あの門をこえると、社殿の領域になります。

 

武家からは特に源氏が源義家が当社で元服したこともあって武神として信仰し、源氏の広がりとともに壺井八幡宮・鶴岡八幡宮など、当社から各地八幡宮が勧請された。

弓八幡 石清水八幡宮 作者 世阿弥

八幡大菩薩は源氏の氏神弓矢の守護神

弓と矢と幡の三つの兵具に訳して弓八幡と名付けた

 

 

宇佐神宮(大分県宇佐市)・筥崎宮(福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)とともに日本三大八幡宮の1つ。また宮中の四方拝で遥拝される神社の1つである。本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている。

京・難波間の交通の要地で、南北朝時代の大小様々な戦い、羽柴秀吉と明智光秀の天王山の合戦などで知られる政治上の重要な拠点。

カヤの木

 

『徒然草』の時代から

創建以来、当社は境内の護国寺と一体となる宮寺形式をとった。往時は多くの堂宇が所在し山麓も壮大であり、その様子は山麓の社殿である高良神社を八幡宮と勘違いしたという【徒然草】の話で知られる。

石清水八幡宮HP、Wikipediaより

 

万年青彫刻があると思ったわけ

3大八幡宮である石清水八幡宮は、八幡宮総本社(八幡宮は全国に44,000社!!)の宇佐神宮から勧請された神社です。宇佐神宮は大分県宇佐市の御許山 おもとやま山麓に鎮座し、御許山 おもとやま山頂には、奥宮として3つの巨石を祀る大元神社(おもとじんじゃ)がある。

このように、八幡宮総本社の宇佐神宮は万年青の名と非常に関りが深く、現代の私たちには残っていない万年青の歴史を、神社の建物に刻んでいると思っています。平安前期の1300年ほど前に勧請された石清水八幡宮には、万年青の当時の歴史を残す何かがあると思いました。また、万年青は本当はどんな意味のある植物だったのか、秘められた歴史を紐解いていきたいと思います。

また、中井正純(正清の弟、中井家3代正知の後見)が建てた。中井正清は徳川家康公の大工頭で、中井正清が建てた寺社仏閣には万年青の彫刻があることが多い。

御許山 おもとやま 大分県宇佐市にある神社、宇佐神宮について

寺社仏閣のおもとの彫刻・植えられた万年青 一覧 歴史ある名店も

信長塀 黄金の樋

信長塀の信長とは、織田信長の事です。

天正8年(1580)に織田信長が寄進しました。
瓦と土を幾重も重ねて作られた土塀で、織田信長公が好んで採用した様式といわれています。

瓦と土を幾重にも重ねることにより、当時の築塀における課題であった鉄砲の銃撃や耐火性、耐久力に優れていたとされています。

国宝の社殿を取り囲むように残っています。400年前のものが雨風に耐えてここまで残っているのですね。

 

信長塀。織田信長さんが寄進。

 

 

黄金の樋

八幡造りである御本殿の内殿と外殿の「相の間」に架かる織田信長公寄進の通称「黄金の雨樋」。  天正7(1579)年12月、信長公が雨に遭って山崎寶積寺に逗留の際、木製の雨樋が朽ち雨漏りがしていることを聞き及び修理を命じ、翌、天正8年8月には木製から唐金の雨樋に造り替えられました。これには、もし再び当宮に天災などの有事が起こった際には、この「黄金の雨樋」を換金し、その対処にあたるようにとの信長公の信仰心の深さがあったという伝承があります。
長さ21.7m、幅54cm、深さ21cm。

写真は国宝のため禁止

写真 石清水八幡宮さんのHP 参照

 

鬼門封じ

石清水八幡宮の鬼門封じ、京の鬼門封じ、江戸の鬼門封じ、万年青で鬼門封じ

鬼門封じ

牛の角を持ち、虎の毛皮を身にまとった鬼がくると言われる丑寅(東北)の方角

『鬼門』を封じるために、国宝の御本殿の石垣を斜めに切り取った作りになっています。

ここだけ鬼門封じで切ってあるのがわかる

他の角はきちんとあり、正方形。

角が立つ、ともいい、鬼門の方角の角を取ってある。

万年青では古くから鬼門の方角に万年青を置きなさい、といわれる。万年青は400年以上前から霊草なので、魔除け、開運の意味がある。

京の都を守る比叡山延暦寺が鬼門を守り、この石清水八幡宮が裏鬼門を守るという話があり、この鬼門という考え方はとても面白いです。

古来より、都市をつくる、城をつくる、家をつくる際に鬼門を守るということは言われてきた。徳川家康公と、そのブレーンだった天海が、江戸(東京)も邪気が入るとされる鬼門・北東の方角には寛永寺(上野・東の比叡山を意味する「東叡山」とも呼ばれる)を置き、天海自身が住職を務め、隣には上野東照宮を建立し、鬼門を封じ、同じく邪気の通り道とされる反対側の南西、裏鬼門には増上寺(二代将軍・秀忠)を配し、鬼門を特に大切にしてきたことが分かります。

 

社殿の本殿

 

ご祈祷 凶方位 鬼門、裏鬼門、八方塞がり

今まできちんと見たことがなかったのですが、この厄年も鬼門が関係しているのですね。

 

豊明園と万年青の発展を願って、御祈祷していただきました。

そこで、400年前の万年青の彫刻に出会いました。

こちらの東側から入ります。

万年青の彫刻を探すため、この御本社をぐるぐるまわって探したのですが、外側からでは彫刻自体がありません。この東側と、西側に2つ蟇股の中に彫刻があり、あとは南側の正面に彫刻があるだけです。

国宝の社殿の中に万年青彫刻

国宝 御本社

この中でご祈祷していただきます。

八幡造りという珍しい構造の本殿は国宝に指定されている。厄除け祈願でも知られ、年間を通して多くの参拝者でにぎわう。

正面の彫刻。素晴らしい。

この内側にある舞殿と、御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の欄間彫刻に万年青の彫刻が17ありました。もっとあると思います。

現在の社殿は寛永11年(1634)に徳川3代将軍・家光が修造。本殿の一部は豊臣時代に修理されたものもあり、安土桃山時代から江戸時代最初期に造られた。内殿と外殿の前後二棟からなる「八幡(はちまん)造り」の建築様式としては、現存する社殿の中で最大最古。

御本殿から幣殿・舞殿・楼門と続き、その周囲を約180mに及ぶ廻廊が囲む社殿の建造物全てが丹漆塗(たんしつぬり 丹漆はあかうるしのこと)で、御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の欄間彫刻をはじめ随所に当時の名工の極彩色彫刻が施された極めて壮麗な社殿。

 

外から見える国宝の彫刻。これだけでも素晴らしいですが、内側の彫刻は別格。

是非、昇段参拝が始まったら、中のツアーをやって下さるそうなので、見学に行ってみてください。

 

私が見つけられた万年青彫刻は、舞殿の西側の欄間彫刻に2株、御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の欄間彫刻に、西、北、東と時計回りに見学させていただきました。

西側の松椿万年青の欄間に1つ、入内雀の欄間に1つ、北側の松の欄間に1つ、万年青松の欄間に2つ、松椿万年青の欄間に1つ、梅竹万年青の欄間に2つ、万年青椿の欄間に3つ、万年青松の欄間に3つ、東側の椿万年青の欄間に1つありました。

やはり北東の鬼門の方向には万年青の数が多く、この時代から万年青が鬼門封じに使われていたのが分かります。

おもと彫刻は全部で17。日光東照宮の他では一番多い万年青彫刻の数です。また、万年青彫刻の割合も半端なく高い。石清水八幡宮には、152点にも及ぶ色鮮やかな「桃山風透かし彫り」があるといわれ、いかに万年青が大切にされていたかが分かります。

これらの欄間彫刻は、どれも一刀彫で、一枚の板から彫り出してきたものです。

 

 

 

 

 

こちらが東側の回廊。ちょうど、この北東の鬼門の位置、この内側におもと彫刻がたくさんあります。

 

 

 

2016年に国宝に指定。 創建は、貞観元年(859)清和天皇の命により平安京の裏鬼門(南西の方角)を守護する神社として八幡大神を男山に祀り、社殿を建立したのが始まりとされています。京の都、平安京がつくられたのは794年。

 

左甚五郎作と伝わる「目貫の猿」

この左の門の裏に左甚五郎「目貫の猿」

こちらも国宝の中なので写真はありませんが、日光東照宮の「眠り猫」の彫刻で知られる左甚五郎作と伝わる「目貫の猿」が有名です。本殿の西側の門の上にある猿の彫刻で、甚五郎の彫刻はその精巧さから魂が宿り動き出すという伝説があります。左甚五郎一派がこの社殿を建造した際、この猿が社殿を抜け出し、里でいたずらを繰り返したため、右目に細い竹釘を刺して逃げ出さないようにしたそうです。平成の大修造の際、この釘を抜いていた時期になぜか境内に本物のサルが現れ、元に戻したら現れなくなったのだとか。甚五郎伝説は今なお続いています。

こちらは東側ですが、西側の門の裏側に左甚五郎の彫刻があります。

エジソンと石清水八幡宮

電球のフィラメントに、この石清水八幡宮の真竹が最も適していることを知り、電球発明の翌年から10数年もの間、この竹を使ってたくさんの炭素発熱電球を造りました。

まとめ

歴史的にとても重要な石清水八幡宮に、徳川家光公の寄進による、万年青彫刻が発見でき、とてもうれしい。石清水八幡宮関係者の皆様、ありがとうございました。

 

 

中村天風さん

   

こちらにも素晴らしい彫刻が。

左 若宮社 男性の神様

右 若宮殿社 女性の神様

清め衣納所

こちらに奉納します。

鬼門封じのある北側です。

   

ぐるっとまわっています。

写真はありませんが、幣殿の蟇股には4つの巴紋の彫刻が施されていますが、実は1つだけ右巴があります。これは、社殿を完成させてしまうと、あとは朽ちるのを待つことになり、あえて未完成の箇所、間違いの箇所を造ることにより、まだその社殿が未完成であり、益々の発展を遂げるという願いと縁起が込められているとされています。

10棟が1つの建物のように組み合わさる独特の作り。八幡造り、すべて国宝。

 

石清水八幡宮の地植えおもと

石清水八幡宮に、立派な地植え萬年青がありました。

 

 

徳川家の隠し葵 石清水八幡宮さまのHPより

現在の御社殿は寛永8(1631)~寛永11(1634)年にかけて徳川家光公の修造によるもので、そのことから考えると、徳川家の御紋である「葵の御紋」がいたるところに施されていてもよいものですが、見当たりません。 実は、楼門蟇股部分、正面の双鳩(錺金具)の裏側、すなわち参詣者からは見えない位置に、当宮の神紋とともに「葵の御紋」が、錺金具に彫られています。 「さすが徳川将軍家、なんと控えめなことか」と捉えられますが、実は、八幡大神様からは一番良く見える真正面に「葵の御紋」が施されている位置関係になっています。

 

この位置は、久能山東照宮の万年青彫刻と同じ場所にあります。何か縁がありそうですね。

久能山東照宮のおもと

寺社仏閣のおもとの彫刻・植えられた万年青 一覧 歴史ある名店も

京都の万年青彫刻関係

北野天満宮 地主神社 万年青彫刻 京都府

二条城

おもとが植えてあるお寺

京都 瑞巌山 圓光寺(円光寺) | 基本情報 | 苔と新緑、紅葉 | 万年青と徳川家康公 | 円山応挙 奔龍庭 十牛之庭

 

北野天満宮   万年青彫刻 京都府