初心者向け よくある質問集

私たち万年青の豊明園に頂く質問で多いものを取り上げます。

万年青の始めたい、引越し万年青をもらったけどどうそだてたらいいの?という初心者向けに、難しいことは抜きにして簡単にお答えしていきます。それぞれのテーマで深く話していくと1時間、熱が入ると一日中話し込んでも話し足りないテーマもありますが、初めての人でエッセンスだけ知りたい、というご要望にお応えします。

●万年青はいつ、どんなペースで植え替えをしますか?(1分で読めます)

年に1回、春か秋にします。

春か秋に植え替えをするのは、春と秋は万年青の生長期なので、植え替えた後、すぐに根が伸び、活着するため。冬の寒い時期では、根が伸びず活着に非常に時間が掛かり、最悪、水がうまく吸えずに冬の乾燥した風で葉焼け、根焼けをしてしまします。夏場は暑すぎて、環境の変化から急に倒れることがあるため。

年に1回なのは一年で新葉、新根がでて、同じだけ古い葉と根が落ちるため。年に2回3回と植え替えしてもよいですが、その度に根の周りの環境はガラッと変化し、根が活着し適応するのに2~4週間かかります。

私たちの理想は、状態がよければ、2年に1回、もしくは3年に1回にして、根の活着に必要な2-3週間も生長するとベストだと考えています。

ちなみに、状態が悪いな、調子が悪いな、と感じたら躊躇なく植え替えして状態を早めにチェックします。

おもとの植え替え 完全版(仮)

 

●動画解説 初心者Q&A【万年青の植え替え】はいつ、どんなタイミングでやりますか?

【万年青の豊明園】Rohdea japonica 【In which season do OMOTO replant?】

 

●肥料、置肥のタイミングは?梅の咲く時期、桜の咲く時期?(1分半で読めます)

肥料、置肥のタイミングは、春は梅の咲く時期、桜の咲く時期、鉄線(クレマチス)の咲く時期(ゴールデンウイーク)に2個づつ。肥料の大きさは、その万年青には少し小さいかな、といサイズがよいでしょう。秋は金木犀(キンモクセイ)の咲く時期に2個づつです。

南北に長く、標高差のある日本では、花の咲く時期は一番季節を現します。その年の暑さ寒さで咲く時期は前後しますが、それは万年青の根の状態も同じです。梅の咲く時期に根が動き出し、桜の時期に葉が動き出し、鉄線(クレマチス)の咲く時期、一番旺盛に生長します。

ちなみに、桜でも梅でも、品種によっては、四季桜や季節代わりのものがありますが、標準的な花で時期を現します。

豊明園では初代のころから100年以上このタイミングで肥料をしています。愛知県岡崎市では具体的には2月、3-4月、5月と、10月が肥料の時期です。

肥料の量は、もし万年青が根も多く、葉数、株数も多い場合は多めで、まだ根も少ない、木自体が小さい場合は少なめで上げましょう。例えば、小さな木では、肥料の置く量は1個にする、大きな木では3-4にする、などです。

私たちは肥料は基本的にずっと置きっぱなしで、外すことはしません。最高気温が30℃を超えると、肥料には慎重になります。暑さと濃い肥料成分で根芋を傷めることがあるためです。

肥料の時期 肥料と用土、水遣り

万年青が枯れる原因、理由と枯らさない方法

万年青の育て方 日の強さと肥料の関係

 

●万年青の水やりは?(1分で読めます)

鉢の表面や全体がよく乾いたら、たっぷりと水をやります。

たっぷりと、というのは、鉢底から水がドバドバ数秒でるくらい、です。水を与えることと、鉢の中の空気も完全に新しい空気に変えることができ、空気が大好きで吸っている万年青の根にぴったりです。

よくないのが、まだ乾いていない、表面に水気が多いのに水をやると、水が多すぎて根腐れの原因になってしまいます。万年青はしょうがのような芋と太い根に水を貯めれるので、乾燥に強いです。よく乾いたら上げてください。

もう一歩進むと、春と秋の生長期では根が良く伸びさせるため、ワンテンポ早くちょっと表面が乾いたら水をあげます。

夏場は昼間あつくなるので、朝水をやるとその水が昼間に高温になり、万年青が煮えてしまします。夕方やほんとの早朝にやるとよいでしょう。

逆に、冬場は夕方に水をやると寒さでその水が凍り、根を傷めることがあります。朝、水やりをするようにしましょう。

ちなみに、私たち万年青の豊明園では、真冬の12月1月は10日に1回の水やり、春秋は2-3日に1回の水やり、真夏35℃を超えるときは2-3日に1回の水やりです。長雨、低温の際は長く間隔をあけています。万年青の鉢の表面、中をよく見ることが大切です。

 

●万年青の置き場所は?(1分弱で読めます)

万年青の自生地は、林の中の、木洩れ日がチラチラと入る明るい場所です。そのため、明るい日陰になる場所が一番良いでしょう。海外ではシェイドプランツ、日陰を好む植物を言われています。

具体的には、木の根元や、屋敷の北東です。真夏の昼間の強い日差しを木や屋敷が防いでくれることと、植物が喜ぶ東からの朝日があたる場所だからです。

逆に、万年青が弱ってしまう置き場所は、一日中直射日光があたる場所や、午後からの直射日光があたる場所では日が強すぎて、葉色が薄くなってしまうでしょう。

風通しもほどよく通ると、完璧です。

私たち万年青の豊明園では、明るい木洩れ日の状態になるように50%の日よけの寒冷紗を2枚使って、真夏の昼間から夕方の直射日光を防いだり、普段も適度な明るい日陰になるように調節しています。

 

 

●植え替えの用土は?