富士の雪 (ふじのゆき)

分類   薄葉系統   江戸おもと
作出年代 文久元年
登録   昭和9年
作出者  山田文蔵 (千葉県)
命名者  村越治郎兵衛 (東京都)
登録者  日本萬年青連合会

「古今輪(現在の一文字)」に虎が現れたもので、当時は「古今輪虎」と呼ばれていた。明治30年に現在の「富士の雪」と名付けられた。150年以上前に作出された品種のため、虎の現れ方に多くの系統があり、大型で大きな虎、小型で真っ白に冴える、細かく吹雪状に入る、縞のように細かく長く入るものなど集める楽しみもある。採光、肥料は強めで管理。江戸末期に一文字に虎斑が白く現れたもの。性質は強健で繁殖も良い。株立ちに作りやすい。採光を充分に採ると白さが増します。倉内性、砂山性、文治性、アルプス性などの物が有名です。

外輪山 (がいりんざん)

分類    大葉  系統
作出年代  昭和37年
登録    昭和52年
作出者    田ノ上某 (鹿児島県)
命名者    中山意三 (熊本県)
登録者    中山意三 (熊本県)
作出地    鹿児島県    

葉幅広く立ち葉性で葉先が尖ります。白い覆輪がまわり、中に黄金に輝く曙を現し、非常によく目立ちます。子上げも良く。株立ちになりやすい品種です。大葉おもとは、別名「薩摩おもと」とも呼ばれており、現在でも九州地方でさかんに栽培されています。江戸時代に各藩がその地方独自の産業を発展させてきましたが、薩摩藩が独自の産業、藩の美術品としておもとを門外不出のものとしたと伝え聞いています。そのため、今でも鹿児島ではおもとはとても大切にされ、武家屋敷などに植えられています。           

実付きの「外輪山」。葉基部の曙に包まれるように真っ赤な実がよく映える。「お目出たい」の極みを現したような姿。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。その葉に白黄色の大覆輪を現し、葉の中に黄金色の中透けを現す。実付き・繁殖良い強健品種。

外輪山(がいりんざん)2年生の苗 1年目の葉は採光が少なく青葉になり薄い覆輪を見せています。2年目の葉は陽の取り具合良く曙柄を現しています。

 

曙芸の変化、美芸を維持する採光

出芽の時期より7月頃まで午前中の日光を採ると美しくなります。また、気温が低いと柄が現れにくくまた曙が綺麗に出たからといって日陰にすると暗んでしまいます。秋・冬も焼けない程度に陽を採ることが大切です。特に夏以降に出る秋芽は日照管理が難しいので焼けない程度に採光する工夫が必要です。また、親株の周りに出る子は、親株の影になって曙が綺麗に出ないことがあります。株元にも陽を入れることで、子も綺麗な曙を現してくれます。

五万石 (ごまんごく)

分類    獅子系統
作出年代  昭和47年
登録    昭和59年
作出者   豊明園
命名者   水野淳蔵(豊明園2代)
登録者   水野淳蔵(豊明園2代)
作出地   愛知県

 

五万石 (ごまんごく) 鉢3.8号 7年生 鉢の作者は中里五代  東城山一角作錬込みの技法に椎朱の倣作、しゃ変の技術を見せる。

高級獅子では、「四君子」「玉姫」など芸の強いものが主だが、本種は優美さが特徴。ゆったりと丸く巻く姿。葉はきめ細かく艶があり、昇る雅糸竜は繊細で、特に「絹雅糸竜」と呼ばれている。成長するにつれ絹雅糸竜が輝き、絹を纏った様な姿になるのは育てていて楽しい。やや小型で肥料はすくなく、主に芋吹きで殖やす希少種。

五万石 (ごまんごく) 鉢3.3号 1年生

五万石 (ごまんごく) 鉢3.5号 3年生 葉はゆったりと丸く巻く。

獅子系中型種、巻き方はゆったりと丸く巻く。地合いはきめが細かく艶があります。葉芸は甲竜の他に玉竜、剣葉を現し、特徴は絹雅糸と呼ばれる、葉全面に覆う繊細な雅糸竜の美しさを見せます。芸が激しく縞甲竜タイプの獅子といえるが、姿がまとまっていて愛くるしい。白い覆輪が深く、総雅糸竜が葉全面を覆うので華やかなイメージが強く、識別しやすい獅子。繁殖は芋吹きで殖やします。日光は中、肥料は少なめにします。

 

五大州 (ごだいしゅう) 

分類   大葉系統 縞柄系  江戸おもと
作出年代 文久元年
登録   昭和40年追認
作出者  速水某 (東京都)
命名者  速水某 (東京都)
登録者  日本萬年青連合会

五大州(ごだいしゅう) 8年生 鉢 19cm(6.5号)

葉巾広く、立ち葉で、葉肉厚い。大葉縞物の代表品種で
特に丈夫な品種。採光は普通、肥料を少し多くすると子上げも良い

 

五大州(ごだいしゅう) 鉢は薩摩鉢 江戸時代からの品種で大葉縞柄では最も古い。立ち葉で縞柄といったら「五大州」ともいわれる、魅力ある縞柄代表品種。子上げの良い品種だが、子によって縞柄の入り具合が異なるので、良い縞の出たものだけを残すようにする。均一な縞の親木からは均一な縞を持つ子がでる。性質は強健で子上げ良い。採光、肥料は強くて良い。

翠峰 (すいほう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和30年代
登録    昭和46年
作出者   豊明園
命名者   水野淳蔵(豊明園2代)
登録者   水野淳蔵(豊明園2代)
作出地   愛知県翠峰 (すいほう) 鉢3.8号 立ち葉でどっしりした葉姿を現す強健品種。
紺地が強い葉は地肉があり力強く丈夫な品種。繁殖はおもに芋吹き

翠峰(すいほう) 5年生 鉢 4号 濃紺緑色の葉は 葉巾広く首太で重量感に溢れています。

千代田の松 (ちよだのまつ)

分類    薄葉系統   千代田系
作出年代  大正元年
登録    昭和9年
作出者    松谷正太郎 (東京都)
命名者    松谷正太郎 (東京都)
登録者    日本萬年青連合会
作出地    東京都    白い千代田斑に濃紺緑色深覆輪をかけ二面竜雅糸竜を見せる品種。全体では力強く男性的な葉姿に仕上がる。名前が示すように千代田系の代表的品種で今日でも王者として君臨している。性質は強健で、肥料多くし、採光は中千代田の松(ちよだのまつ) 3.8号鉢 1年生芋吹き苗の葉表側は濃緑色、背の真ん中部分に千代田斑が見えます。

千代田の松(ちよだのまつ) 4号鉢 3年生 千代田斑が葉全体に現れ葉の縁に濃紺緑色の覆輪が回ります。千代田の松(ちよだのまつ) 4.5号鉢 5年生 白い斑を見せる、葉表に濃紺緑色の覆輪が葉全体を覆う場合もあります。

阿賀野川 (あがのがわ)

分類    大葉  系統
作出年代  昭和63年頃
登録    平成  14年
作出者    不明
命名者    丸山勇平 (新潟県)
登録者    石倉 克・丸山勇平
作出地    不明阿賀野川 (あがのがわ)  8年生 9号鉢

濃緑色の広葉に明るい砂子斑で覆います。
葉は立ち葉で葉先は尖ります。子出しの良い品種。
性質は強、肥料やや多目・日光中。
阿賀野川 (あがのがわ)  3年生 6号鉢 苗のうちから砂子覆輪がはっきり現れて判別しやすい品種

 

新潟県阿賀野川から命名されたこの品種は、流れるような濃緑色の広葉に明るい砂子覆輪の鮮やかさが際立ち、一目で判別できるほど独特の美しさをもつています。葉は立ち葉で広葉ながら葉先は菱形のように尖ります。全体に明るい印象で株立ちで華やかさを見せます。

阿賀野川 (あがのがわ)

華厳 (けごん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和39年
登録    昭和58年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   小田耕治 (愛知県)
登録者    華厳推奨会(愛知県)
作出地    愛知県(豊明園)

 

華厳(けごん) 5年生 3.5号 昭和30年代に作出した品種で「華厳型」と呼ばれるほど大きなひとつの特徴を持った銘品である。葉先が尖り、葉繰り特に良く襟組みの美しさがきわだち、浮き地の総雅糸竜は見事です。性質は強健で作りやすい。繁殖は良いほうです。

華厳(けごん) 1年生 3.3号 1年目の苗より総雅糸竜を見せます。

華厳(けごん) 2年生 3.3号華厳(けごん) 6年生 3.8号 葉数多く、重層的な姿は自然と「華厳」の名を連想させる。細葉に総雅糸竜を葉先まで現した葉は厚く、1年に出る葉は4枚から6枚と葉繰りがとても良い。中立ち葉で葉数の多い姿は襟組み良く、美しい扇を広げたよう。性質は強健なので、採光、肥料ともに強めにして肥料きれなく育てることで葉数が多くなる。繁殖は芋吹きが多い。

 

家康 (いえやす)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和43年
登録    平成  4年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者    水野淳蔵・水野正輝
作出地    愛知県(豊明園)

家康(いえやす) 3.3号鉢 3年生雅糸竜を現し葉肉厚くなる。

家康(いえやす) 3.3号鉢 1年生芋吹き 葉先は丸葉で芋が硬いため繁殖は芋吹き、若いうちから雅糸竜を見せます

家康(いえやす) 3.8号鉢 4年生 日陰作りの作品、葉幅4cm内外の広い葉に、元から先まで白覆輪を掛け、緻密な雅糸竜を葉いっぱいに現す威風堂々とした力強い姿。羅紗のなかでは少し大型、羽を広げた鷲のような勇壮さがある。地合いは柚子肌で、性質は強健、採光、肥料ともに強くて良い。繁殖は芋吹きが主で、未だに数が少なく、棚入れに希望者も多い。

 

鳳 (おおとり)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  明治43年
登録    昭和 9年
作出者   慈照院波多野某(東京都)
命名者   小西義清(兵庫県)
登録者   小西義清(兵庫県)
作出地

鳳(おおとり)4.0号鉢

葉全体に胡麻斑を見せ、腰太く葉先は尖り、中ほどから折り下げる。
黄白色の覆輪を見せる。葉繰りも良く子上も良い品種。
採光は強めにして作る、肥料は普通。

鳳(おおとり) 3.3号鉢 芋吹き1年生美しい胡麻斑柄を見せ覆輪を現す。

鳳(おおとり) 3年生 4号鉢 葉に甲竜を現し始める。

鳳(おおとり) 8年生 5.5号鉢 もと親は『松の霜』から生えたもの。胡麻斑の綺麗な物を錦鳳とも呼ばれ少し小型に出来上がる。