曙柄

万年青の葉芸 柄

葉芸 曙柄 品種 外輪山(がいりんざん)
葉の首下の所から葉の中央部まで黄白色(曙)になる部分を言います。曙柄は気温により現れたり、消えたりします。安定的に曙柄を現わすには、芽出し以後、太陽光を充分に採ると曙色が鮮明になります。

上の写真の外輪山(がいりんざん) 7月28日撮影、6月から9月まで美しい曙色を見せます。10月からは少し白みを帯びて又違うあじわいを見せます。出芽の時期より午前中の日光を採ると美しくなります。気温が高いと曙柄が良く現われます。

曙柄の品種
中葉系統 福の光黎明
大葉系統 曙・薩摩富士霧島薩摩天光外輪山

おもとの柄の中でも特に人気のある柄。品種と育て方によって曙柄に柄の違いがあるのも面白いところ。

この「外輪山」や「薩摩天光」は黄色味が強く、「薩摩富士」は後々白く冴え上がってきます。春から夏の成長期の日の取り方が非常に重要で、朝日をしっかりととること、芽出しの芯にしっかり日が入るようにすること、が観賞価値を高める秘訣です。

日が強すぎると多くの品種は黄色から白へ変化していくものが多いです。限界を超えてしまうと葉焼けします。日が弱すぎると光合成をしようと緑が強くなり黄色の冴えが悪くなります。気温も関係し、最近の温暖化で柄の出の良い、というか工夫なしでも勝手に柄がよくなってくるので、気温が高めの方が曙柄にとっては柄の出がいいのでしょう。