福の光 (ふくのひかり)

分類    薄葉系統   曙柄
作出年代  平成元年頃
登録    平成16年
作出者   平野吉一(千葉県)
命名者   平野吉一(千葉県)
登録者   平野吉一・宮崎哲郎(千葉県)
作出地   千葉県

福の光(ふくのひかり) 4年生 鉢4.0号 中心から昇ってくる白い曙柄とフリルのように細かく波打つ葉縁、ふっくらとした葉姿は、名前の通りの縁起良いお祝いおもと。性質も強健で、贈答用にも喜ばれる。葉幅は15㎝ほどの中型種。採光と肥料をしっかりとやることで曙柄が鮮明に現われる。子も良く上がり株立ちになり易い。
福の光(ふくのひかり) 3年生 鉢4.0号 福を包むような葉形で、波をうつ葉が魅力的、性質は強健で繁殖良い品種。
曙柄は良く出やすい新芽が伸びる頃より日光をよく摂るようにすると柄が現れやすい、10月~12月まで良く日をとると曙柄が少し白っぽくなります。また日の摂り具合が少ないと緑葉の部分が増えてきます。

引越しおもと 福の光 (ふくのひかり)

美しい黄色の曙柄が昇ってきている江戸時代によく使われた六角の縁起鉢この瀬戸の白、富士砂の黒も緑の宝石であるおもとを引き立たせる。

福の光(ふくのひかり)

福を包むような葉形で、波をうつ葉が魅力的、性質は強健で繁殖良い品種。曙柄は良く出やすい新芽が伸びる頃より日光をよく摂るようにすると柄が現れやすい、10月~12月まで良く日をとると曙柄が少し白っぽくなります。また日の摂り具合が少ないと緑葉の部分が増えてきます。

昨年の葉は白く柄が現れているのに今年の葉は真っ青、この福の光は昨年度NHKで放映された物です。外で管理され雨にもあたり、日光も今の時は11時まで直射で当たっています。とてもしっかりした葉は厚く元気です。冬の時から日が採れる場所でおもとは丈夫に育ちますが柄が現れません。春先からいままで採光が強いと思われます。

福の光は50%越しの柔らかい光で管理すると柄が現れやすい。置く場所により柄の出方、葉姿が変わります。柄の出し方は春先少し影におき7月~秋口にかけ採光すると曙色が良く現れててきます。