外輪山 (がいりんざん)

分類    大葉  系統
作出年代  昭和37年
登録    昭和52年
作出者    田ノ上某 (鹿児島県)
命名者    中山意三 (熊本県)
登録者    中山意三 (熊本県)
作出地    鹿児島県    

葉幅広く立ち葉性で葉先が尖ります。白い覆輪がまわり、中に黄金に輝く曙を現し、非常によく目立ちます。子上げも良く。株立ちになりやすい品種です。大葉おもとは、別名「薩摩おもと」とも呼ばれており、現在でも九州地方でさかんに栽培されています。江戸時代に各藩がその地方独自の産業を発展させてきましたが、薩摩藩が独自の産業、藩の美術品としておもとを門外不出のものとしたと伝え聞いています。そのため、今でも鹿児島ではおもとはとても大切にされ、武家屋敷などに植えられています。           

実付きの「外輪山」。葉基部の曙に包まれるように真っ赤な実がよく映える。「お目出たい」の極みを現したような姿。立ち葉で葉巾が広く、葉先が尖る。その葉に白黄色の大覆輪を現し、葉の中に黄金色の中透けを現す。実付き・繁殖良い強健品種。

外輪山(がいりんざん)2年生の苗 1年目の葉は採光が少なく青葉になり薄い覆輪を見せています。2年目の葉は陽の取り具合良く曙柄を現しています。

 

曙芸の変化、美芸を維持する採光

出芽の時期より7月頃まで午前中の日光を採ると美しくなります。また、気温が低いと柄が現れにくくまた曙が綺麗に出たからといって日陰にすると暗んでしまいます。秋・冬も焼けない程度に陽を採ることが大切です。特に夏以降に出る秋芽は日照管理が難しいので焼けない程度に採光する工夫が必要です。また、親株の周りに出る子は、親株の影になって曙が綺麗に出ないことがあります。株元にも陽を入れることで、子も綺麗な曙を現してくれます。