東天光 (とうてんこう)

分類    大葉  系統  曙柄
作出年代  昭和30年代
登録    昭和63年
作出者    不詳
命名者    宮崎市太郎 (東京都)
登録者    桜井 靖 (茨木県)
作出地

東天光 (とうてんこう) 鉢10号 昭和40年代に千葉県で発見されたもので、葉長30cm、葉幅10㎝内外。大きさのわりに葉幅が広く、葉肉もあります。葉の中ほどに鮮やかな曙虎が現れる。性質は非常に強健で育てやすいく、繁殖も旺盛で、良く子が出る。採光、施肥ともに強めを好み、葉焼けしにくい品種。

東天光 (とうてんこう) 1年生 鉢5.0号 曙柄よく、愛らしい、これからを期待できる。特徴あるおもとは作り易い。

東天光 (とうてんこう) 鉢6.0号  5年生
葉巾が広く、葉肉もあり曙色が魅力的、性質は強健で繁殖良い品種。株立ちになりやすい。

東天光 (とうてんこう) 葉肉ある中型で曙柄美しい曙柄冴える。採光を強めに摂ると曙柄がいっそう鮮やかになります。濃緑色の葉に曙が昇り優美な葉姿。
露地植えでも良く実がつく。

すべての人に愛されるアケボノ柄、緑に美しく、黄色、白色の曙柄が冴えます。