達磨 (だるま)

分類    大葉系統 曙系
作出年代     昭和7年頃
登録    昭和39年追認
作出者   吹越一太郎(鹿児島県)
命名者   米山慶助 (鹿児島県)
登録者   日本萬年青連合会

葉長30㎝、葉幅9㎝内外で、大葉曙系の人気品種。羅紗地の「大錦」と、曙虎の「白鶴殿」の交配実生で、大葉系の中では中型になるが、首元はガッシリして太く、中立ち葉性で、葉先はやや丸みがあり、紺性が強く光沢がある。数多い曙系の中でも特に紺性が一段と冴え、力強いこじんまりとした美しさは抜群である。性質は強健で育てやすく、曙虎は暗みやすいので、採光は十分強めに、施肥は普通で良い。繁殖力は旺盛である。

 

濃緑色の葉に曙が昇り優美な葉姿の品種 大錦×白鶴殿の実生
性質は強、繁殖は普通。採光は強め。中立ち葉の品種