万年青枯れる

よくある失敗

おもと枯れる原因  肥料

よくある失敗としては肥料やけを起こされる方が多いです。肥料の裏書き通りに施肥すれば安全だと 思い失敗をしてしまいます。普通の草花は枝葉を茂らせ花を沢山咲かせますが、おもとは毎年数枚しか 葉っぱを付けないのであまり濃い肥料は必要ありません。特に化成肥料の場合パンジーなど花を多く付 ける物を目安に設定していることが多いので、同じサイズの鉢でも肥料の要求量はおもとと桁が違います。

濃い施肥をすると初めは葉っぱの緑が冴えて一見順調なように感じることがありますが、肥料やけを 起こしたり、芋が腐ってきたりして夏に急速に枯れてしまうこともあります。

玉肥は鉢の縁側に置き複数置く場合は1週間以上してから反対側に置く、生育期に細く長く効かせ。。

置き肥えなら有機肥料の小さめの玉肥えを一粒ずつ時期をずらして置いたり、液肥なら規定量の半分 以上薄めたものを、いずれもおもとが活発に生長している期間のみ与えるのが無難です。

おもと用に長年使われている有機肥料早く効き、 薄めれる液体肥料と長く効く玉肥。玉肥は鉢の縁側に置き複数置く場合は一週間以上してから 反対側に置く、生育期に細く長く効かせる

おもと枯れる原因  水遣り

2例目として水やりの塩梅が分からず弱らせてしまう方も居られます。水やりは鉢の芯が乾かない程 度のタイミングで抜き水をすれば大丈夫です。注意したいのは、桜の咲く頃から梅雨までは葉の付け根 から新根がおりる時期です。ある程度の深さまで伸びきる前に乾くと、新根が止まり来年からの出来が 悪くなってしまいます。風により表面だけ早く乾いてしまう場合もあります。そういった場合は振り水 と言って表土が湿る程度の水をあげる方法で対処すると良くできます。

潅水の時期 表土の富士砂の色変わりで換水の目安を見る。楊枝、竹櫛を抜いてみて湿っているか確かめる。

環境や植え込み材料などで漼水の間隔は違ってきますし、観察してみると元気に生長している鉢ほど 乾きが早くなっているはずです。乾燥すると根止まりしてしまいます。が伸びるまで養生しましょう。

日光と温度変化も気を付けたいですね。蛍光灯のみの自然光の入らない部屋で管理すると、徒長させ たり、植物には強すぎる冷暖房の風で弱ってしまうこともあります。弊園では外に置き、季節により可 動式の寒冷紗1・2枚で日光を制御しますが(真夏で75%遮光)寒冷紗張りっぱなしでも構いません、鉢 数が少ない場合木陰や家の北側などの明るい日陰に置き管理すると良いでしょう。

日差しがきつくよしづをのせる。8月3日

明るい部屋でも冷暖房を付けられる方は直接の風が当たらないようにするか、その期間だけ外の日陰 にだして管理することをお勧めします。

この点さえ押さえれば、おもとはうまく育てられます。

肥料と水と日

おもとは、1年に出る枚数はほぼ決まっていて、大黒殿や白鶴など葉の良く出る細葉タイプのおもとで3〜6枚、広葉の力和や新生殿ですと2〜4 枚の葉がでます

しっかり葉を出させるには、肥料と水と日を適度に与えることが必要です。肥料や水は、与えすぎればおもとが弱くなり倒れやすく、日は強すぎれば葉やけや葉が凝ってしまいます。(凝る葉が 固まってしまい、新しく葉が出にくくなる葉の 伸びが悪くなる)。おもとが凝ってしまうのは、灰汁のやり過ぎでも起きます。

また、水切れを起こすと、発根や、根の伸びが止まり、成長が遅くなってしまいます。肥料切れ を起こすと、葉巾が狭くなったり、葉色が薄くなります。日が弱いと、徒長し、首も細いひょろり とした貧弱なおもとになってしまいます。人それぞれ、お棚の状況は違いますここに、水遣り三年(10年?)と言われる難しさ と面白さがあります。その状況で良くできる水やりと肥料、日の与え方を天気を見ながら、おもと と話しておもとに教えてもらいましょう。

やり過ぎより、7分目

いっぱい、いっぱいまで水や肥料をやれば、葉数も多く、広葉のよい葉が出てきます。ですが、気 候がいつもより高くなったり、長雨がつづいたり すると状態が悪くなってきます。全国大会や地方 大会で上位を狙おうと思えば、その年に勝負でぎりぎりまで肥料を置くこともしますが、倒すのも 覚悟の諸刃の剣。何事も7分目でやれば、気候の大きな変化が来ても安心。今年伸びなかった分は来 年楽しもう、と懐深くおもとと付き合ってみては どうでしようか。

消毒について

おもとを、綺麗に作りたい、また、病気にかからないように作りたいと思えば、消毒をしっかり やらなければなりません。基本を押さえて失敗し ないようにしましょう。

農薬を散布する時間帯、天気 日が強い時、植物は根から沢山水を吸い上げ、蒸散します。この時消毒をやってしまうと、薬の 吸い過ぎで薬害が起きてしまいます。葉が縮んだ り、不自然な落葉します。消毒を行う時は、天気 の良い日は避け、曇りの日や夕方に行いましょう。 雨の日では散布した消毒が雨で流れやすく効果が なくなります。展着剤も忘れずに混ぜましょう。 説明書をよく読んで

農薬は、濃くても薄くても効きません。濃ければ薬害がでますし、薄ければ病原菌の防除はでき ません。説明書をよく読み、きちんと倍率を守って使ってください。

農薬の種類

おもとの病害虫ごと にいくつかの薬剤があります。同じものばかりを 使っていると病害虫に抵抗性ができますので、数 種類交互に散布すると効果的です。

  • 「赤星病タンソ病」ベンレート水和剤、ダコ ニール1000水和剤など
  • 「スリップス•カイガラムシ」カルホス、スミチオン
  • 「なめくじ、かたっむり」 ナメカットもし出てしまった場合・・・早めの対処が一番です。胞子の飛散を防ぐために、その周りを切除して、 その病気のついた葉を焼却、廃棄してください。 広がることを抑えるため、消毒を行ってください。病気かどうか分からない時は、そのおもとだけ 場所を替え、他に接触をしないようにしましょう。
  • 植え替え時の消毒
  • 春秋の植え替えの時期、植える前に消毒に浸け、 おもと全体を殺菌消毒することができます。この 時、高温の季節、長時間(温度の高い時は5分以上) つけると、根が薬を吸い過ぎて薬害が出てきます。 短時間だけ浸けるようにしましょう。