おもとの虫 スリップス

万年青の害虫 スリップス

スリップスに葉を吸汁された跡

おもとでは、スリップスは温かいと2月終わりぐらいから活動しだす。1ミリ以下の事も多く、小さいのでなかなか見つからない。新芽の柔らかい部分を好み、葉が出てくる前に植物の細胞の内容物を吸い取り、観賞価値を落としてしまう。

 

おもとの病害虫防除は、病気や虫が出る前に対処できるのが一番良い。2月3月の新芽がもぞもぞ動き始める前の病害虫防除を大切に考えています。

おもとの病害虫と防除

スリップス (あざみうま)

体色も食べ物や種類によってさまざま 6000種をこえる

体長 1ミリ 頭からしっぽ

口器は左右非対称のパーツが円錐状に組み合わさっていて吸汁用に特殊化しており、いずれも穴を開け内容物を吸い取る摂食法を行うが、縁の近いカメムシ目のように長い口吻を持たないため、餌生物の体の深部から食物をとることはできない。植物食者の場合には表皮に穴を開けて、その下の柔組織の細胞の内容物を吸い取る。花粉菌類胞子細胞壁に穴を開けて、中身を吸い取る種も多い。

Wiki

◎スリップス類(クロトンアザミウマ・ネギアザミウマ)
オモト界ではナメ虫といわれています。
・被害成虫、幼虫供に葉を吸汁するため葉がカスリ状になる。発生時期は4月下旬頃から9月中~下旬にかけて乾燥環境に発生する。主に新葉の柔らかいうちに発生しやすい。

早めの予防農薬散布しています。

防除
発生したら

○スミチオン乳剤 1000倍
○マラソン 乳剤 2000倍
◎オルトラン乳剤  500倍
◎エカメット乳剤  1000倍

などの薬剤に展着剤を加えますと効果的です。 7~10日おきに数回連続して散布します。朝夕の涼しい時に散布してください。(半日くらい雨が降らない天候の時に散布してください。)虫に抗体ができますので農薬を時々かえること。
農薬は説明書をよく読んで希釈倍数を確認すること。

殺菌剤・殺虫剤・展着剤の混合で農薬散布します。

 

オルトラン粒状

予防
発生前(新葉の生育前・桜の花が終った時点)オルトラン粒状を撒く5号鉢に1g程度。
9月初旬(気候の変わり目)オルトラン粒状を撒く5号鉢に1g程度鉢の隅に撒く。

害虫補殺のペタット(スリップス・害虫捕獲) 黄色のフイルムに虫が寄ってきて、張りつきます。