黒潮 (くろしお)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代     昭和20年頃
登録    昭和46年
作出者   吉田善亮(山口県)
命名者   田淵徳  (香川県)
登録者   田淵徳  (香川県)

中型種。濃緑色の葉は至って肉厚で、きめの細かい独特の地合いとなる。襟組実が良く、端正な葉姿となる。葉先まで力強く鋭く尖った広めの葉は中立ち葉となり、盛り上がった雅糸竜に乳白色の大覆輪が現れ、希代の大名品の風格がある。希望者が多いにもかかわらず繁殖がやや少ないため「幻の銘品」といわれていたが、最近は順調に繁殖して人気もますます高まっている。性質は普通ながら繁殖はやや悪い。採光は強めにして、施肥は少なめに栽培すると良い。

黒潮(くろしお) 鉢3.8号  3年生縞甲系中型種。肉厚の葉に、きめの細かい雅糸竜が昇る。葉先が鋭く、甲竜がしっかり現れる特徴がある。

地変わり縞甲竜型。中型種。2才までは葉先が尖って甲竜が現れる程度のものだが、3才くらいから緻密な雅糸竜をのせ太い覆輪をかける。性質は丈夫だが繁殖があまり良いほうではない。