雪中の松 (せっちゅうのまつ)

分類    大葉系統   中型
作出年代 不明
登録    昭和44年
作出者   古くから東北地方にあつた由。
命名者   昭和15年水野淳治郎(豊明園初代)命名。
登録者   日本萬年青連合会
作出地   不明

濃緑色の葉に雪白の図を現す。株立ちになりやすい。
性質は強健で作りやすい、実付きも良く、露地植えにもよい品種です

図物好きは必ず持っているといわれるほど、図の良さが際立つ品種。非常に古くからある歴史のある木なので、良い系統、そうでない系統がありますが、その中でも良い系統が他の図物と比べ格段に手に入りやすいです。これも時代の流れがあるので変化します。濃紺、広い葉幅に雪白の図がのる品種で、葉の胴が少し膨らみ、葉先はややとがる。大葉の中では中型になります。子上げもよく、繁殖は株分けがほとんど。株立で楽しむことが多いですが、緑の地よりも図の方が多い木がでてくることもあり、そんな時は素立で楽しみたい気持ちもわかります。非常に丈夫なので安心しておススメできるおもとですが、直射日光が強いお棚ですと、春先の2~4月に昨年葉をやくことがあります。日はなるべく強く取りたいですが、寒風、強風の吹くその時期は直射の当てすぎに気を付けて。
 縁起の良いおもとなので、実も付きやすく、正月にぴったり。『雪中の松』という名前も素晴らしいです。図を雪に、濃紺の葉を松に見立て、雪の降る中、松がどっしりとたっているさまをイメージしたのでしょうか。名前にあったオモトは長く愛されます。
『雪中の松』
豊明園 品種紹介のページ