お多福の図 (おたふくのず)

分類    羅紗系統  図物
発見年度  昭和25年
登録    昭和45年
発見者    鈴木和三郎(愛知県)
命名者    不詳
登録者    日本萬年青連合会
発見地    愛知県

羅紗図もの代表品種。「お多福」の丸味のある葉に、雪白の図が打ち込むように現れる。地の緑が多く、他の羅紗図ものと比べても図のコントラストが美しい。歴史も古く、白さが素晴らしい「塩村性」が有名。羅紗図物の特徴として、元木より少し小型になる。作をかける時も小型にに作り込むと図量がおおくなる。性質は「お多福」に同じ。

お多福の図 (おたふくのず) 鉢3号  芋吹き1年生 深い濃緑色の広い葉に図を現す図性の良い系統。性質は丈夫で作り易い品種。 性質は強健で作り易い。繁殖良い品種。特徴ある木。

 

お多福の図(おたふくのず) 5年生 鉢3.8号
図性の良い系統(塩村性)深い濃緑色の広い葉に図を現す。性質は丈夫で作り易い品種。図柄により価格の差があります。

羅紗図物の王者 「お多福の図」は三河の各地で図が入ったので、詳しく調べればかなりの系統があるでしょう。同じ図でも、殖えていけばその中での良い図性というものが生まれてきます。図の中で「後暗み」という言葉がありますが、最初の芽出しのころはよかったが秋に暗くなっていくもので、これはさけなければなりません。秋も新芽のころの美しさを失わず、冬の寒さでより白さのましてくるこの系統はやはり楽しみです。図も白いからといって夏から秋にかけて日から遠ざけてはなりません。強い直射はさけますが、図を隠すように暗い影においては図もくらんできてしまいます。他の羅紗と同じようにしっかりと日をとり、健康的に作っていきたいです。