地球宝 (ちきゅうほう)

分類     薄葉系統  一文字系
発見年度    明治30年
登録    昭和9年
発見者   高須七郎(愛知県)
命名者   高須七郎(愛知県)
登録者   日本萬年青連合会

深い純白覆輪の「日月星」に鮮明な図の現れたものピンとした、直線的な美しさに、図が入ることによって、華やかさが出たり、図性によっては、捻り、絞りなど、葉姿に変化が見られます。子上げ良く性質は強健で作り易い品種です。

「根岸松の図」同様、図量によって多くの性が知られています。葉幅の引いた堂々とした もの、図が打ち込み図となり、抜群の白さを持つもの、捻りや絞りがよく出て図が芸をしているようなものなど、図の出方•葉姿が様々あり、どれも優劣付けがたい魅力があります。

薄葉系統に言われることですが、湿度がると葉が焼けにくく、陽がしっかり採薄葉系統に言われることですが、湿度があるあと葉が焼けにくく、陽がしっかり採れるようになります。陽をしっかり採ることで、「地球宝」の美しさでもある覆輪がより深くなります。また、葉長が詰まり、図がより目立つようになります。図ものは、肥料をしっかりやつたほうが良く出来ます。葉幅も出て、木自体の迫力が出てきます。

「地球宝」の中でも美しさがずば抜けている。特徴的なのは図が白い又葉は焼けやすい。

おもとの性について

性といっても性別ではありません。おもとは雌雄同株です。性(しよぅ)といつて、同一の 品種でも柄に多少の変化•善し悪しがあって、良い柄の系統を「〇〇性」といって区別し ています。変化の激しい図ものや虎ものに多くみられます。「地球宝」の代表的な性には図柄がすこぶる良い「特別性(天地宝口)」や図柄もさることながら繁殖力の良い「安藤性」などがよく知られていま す。例えば「安藤性」であれ ば、小田原市の安藤氏が愛 培増殖したものが元になっており、そのお棚の一番性の良い殖え木が「安藤性」になっています。それぞれの方が、素晴らしい「地球宝」を何鉢、何十鉢と集め、その中の特に良い物が全国の愛好者から認められ、〇〇さんの「地球宝」が欲しい!となると、自然と〇〇性となつていきます。

「地球宝」の芋吹き苗。覆輪、図性ともに良い特上苗

昭和初期の人気は目を見張るものがあり、戦時中に「地球宝」の売り上げの一部で戦闘機 2機を献納したという逸話があり、おもと界の伝説にもなっている品種です。

「萬年青の歴史」本に掲載

万年青~入門品種と育て方 本