聖光都の図 (せいこうみやこのず)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和30年頃
登録    昭和42年
作出者   不詳
命名者   富樫俊之(新潟県)
登録者   石田敬策(新潟県)

 

覆輪の良く、紺性強い「都の城」に雪白の図が入る品種。特上の図は打ち込みとなり、凹凸のある絞り込んだような白い図が細かく全体に現れる。葉幅6㎝、葉長60cm、葉肉厚く立ち葉性の大型種で「残雪」と並ぶ大葉図もの代表品種。昭和30年頃、発見者の地植えの「都の城」に鮮明な図が現れたのが元になっている。

聖光都の図 (せいこうみやこのず)  5号鉢  1年生

聖光都の図 (せいこうみやこのず) 大きく鮮明に白く現れる図が美しい。
性質は強健で作りやすい魅力の品種。「都の城」から変化した物。実付き良い。