聖紀の誉 (せいきのほまれ)

分類    大葉系統 図物
発見年度    昭和38年頃
登録    昭和40年
発見者   不詳(千葉県)
命名者   榎本敏一(神奈川県)
登録者   榎本敏一(神奈川県)宮崎市太郎(東京都)

 

『五大高嶺』に図が現れたもの。葉長45cm、葉幅6㎝内外で葉先にかけて少しふくらみがある。紺性の強い照りのある地合いで葉肉厚く、白い深覆輪を現す。図は流れるように大きく入るものから星状や大小さまざまな形となって葉全面に現れる。図性に良否があり、図性の良い物は人気も高い。性質は強健で子上げも良く、作り易いとても美しい木。

流れるような図と星のような散りばめた図

図の面白さは、毎年確実に綺麗になるという保証がないところ。毎年同じ木で賞がとれることはなかなかありませんし、いきなり今年素晴らしい図になったということもあります。性の良い物なら、初心者でもビギナーズラックがあります。この変化が面白くて、ベテランの上作者さんほど、好んで挑戦している品種です。賞を狙うなら、一枠(10鉢)良い物を揃えたいですね。

天旭宝(てんきょくほう) 鉢7.0号 8年生「聖紀の誉」の根変わり品種。打ち込みの図が現れ美しい。白い大柄の図や絞った打ち込み図がはっきり現れる。丈夫で作りやすい品種。

天旭宝(てんきょくほう) 白い大柄の図や絞った打ち込み図