おもと冬の管理

万年青 冬の管理

「おもと」は宮城県以南の低山に自生していますので、寒さに強いです。暖房などで暗室育ちさせると弱るもとなので、なるべく自然の寒さに当てて育てましょう。北海道でも、ムロや室内の暖房していない部屋で充分越冬させることが出来ます。

不織布で覆うと湿度が保ちます。

置き場所

おもとは寒さに強く、氷点下2度くらいまでなら作場で管理できます。雪をかぶるような場所でも大丈夫です。ただし、寒風や霜に何度も当たると葉傷みが出ることもありますので、できれば霜の当たらない軒下などに置いたほうが安心です。霜に当たるような場所で管理している場合は、夜間のみ不織布をかけて保護します。日中もそのままにしておくと温度が上がることがあるので、陽が高くなる前に取り外します。無加温のフレームがあればなお良いのですが、寒冷地等では、室内の暖房の影響の少ない場所、鉢数がすくなければ玄関などでも良いでしょう。暖房器具の前などに置くと乾燥と高湿で弱ってしまう事があるので注意します。氷点下5度を何日も下回る地域では、ムロや穴の空いた発砲スチロールの中に入れて、水をほとんどあげずに完全に休眠させる方もいます。

 

屋根のない場所で管理している場合、降霜によって葉を傷めることがあるので、夜間は不織布をかけておもとを保護する。
※愛知県平野部(最悪で最低気温-7程まで)では何もしなくても葉の緑が薄くくすむ程度で春になると色も戻るので霜よけは必須ではありません。

アメリカの植物園ロングウッドガーデンでは-25℃まで外で元気にしています。

冬の採光はおもとが充実するので、朝日に当て、10時くらいから寒冷紗などで遮光率50%程度に遮光します。長時間直射日光を当てると色があせるので気を付けてください。木陰などで管理している場合は、寒風、強風が当たらないよう風除けをしましょう。

水やり

夏の間は日中の蒸れ防止のため夕方に行いますが、寒い季節は夕方に水をやると夜間に凍ることがあるので、鉢の乾き具合をよく観察して出来るだけ晴れた日の午前に水やりを済ませます。矢作砂や軽石主体の植え込みでは夏はほぼ毎日やっていたのに対し、真冬では5日間も間隔をあけることもあります。寒い時期はおもとも休眠期になりますので、鉢の乾きも暖慢になります。地域ごとにタイミングが違うので鉢をよく観察することが大切です。

肥料

冬の寒い時期にアク汁を数回与えても良いです。

病中害対策

気温が低くなり、病害虫の活動もみられなくなりますが。病気は枯れ葉で越冬します。年中言えることですが、特に冬は枯れ葉をとり、棚下まで清潔に保ちましょう。おもとが完成木に入るこの時期、各地で愛好会が展示会を行っています。栽培管理のアドバイスをいただくこともできますし、丹精込められて育てられた一流の美術木を間近に見ることもできます。今後の栽培の指針となりますので、是非足を運んでください。