万年青の育て方 3月 岡崎

おもとの春 岡崎 豊明園 栽培管理

お彼岸の声を聞くとともに、植え替えを始めます。材料の準備は早めにしておきます。鉢も、各サイズ取り揃えておいた方が便利です。植え替え間近になってからは業者にも在庫が少なくなります。

3月8日 植え替え

灌水

この時期に水切れすると、根の先端の活動がとまり、葉焼けを起こしやすくなります。潅水するときはしっかりとおこないます。

採光

3月14日 ビニールこしの採光と50%の遮光ネットで柔らかい陽をとる。

植物にとって、最も光線の必要な時期で、オモトもその例外ではありません。この時期充分に光線をあてますと、オモトの芋は充実し、眼たりも大きくふくらみ、葉のつけ根、腰のあたりも太ってきます。寒冷紗で囲って、充分採光してやります。

防風

3月22日 日射しがきつく50%の遮光ネットを張る。

2月下旬から3月中旬にかけての風は意外に冷たく、しかも乾燥していますから風には絶対あてないようにします。

3月19日  不織布で囲う、夜間は上のビニールを張る。

防寒

関東から西の地方でも、思わぬ雪の降ることがあります。朝目が覚めたら一面均世界だった、ということもあります。また、急に寒さがぶりかえしたりして、天候が不安な時期でもありますから、充分注意しましょう。

3月27日 岡崎 豊明園外棚

施肥

3月7日 天光冠(てんこうかん) 肥料をきかせる時期です。

芋吹きする親木で植え替えするものは植え替え予定日20日前に固形肥料を取り除きます。植え替えするまで肥料を施しておると芋が腐るおそれがあるからです。

3月22日 阿賀野川(あがのがわ) 根っこの状態

 

3月8日 種まき