引越しおもと 方位

引越しおもと 置き場所

おもと(万年青)は、めでたい植物、不老長寿の縁起のよい植物といわれています。慶長11年、徳川家康公が各大名に江戸城の普請役を行なわせ、その造成成るとともに入城しました、入城に際し家康は愛知県三河の国長沢村の長島長兵衛から贈られた、斑入りのおもと3鉢を抱え入城しおもとを床の間に飾り徳川300年の繁栄を築いたという古事が広く知られています。

家の北東、鬼門の方角植えて

先日、お客様が新築されるということで、庭師さんに庭を作ってもらっていました。その庭師さんに、北東と南西の方角におもとを置くとよい、と言われ、私どもに引越しおもとの連絡がありました。昔からのことをしっている庭師さんだと、引越しの際におもとを植えたり、置いてその土地が安泰であるように願うそうです。確かに、古いお寺にもおもとがよく植わっていたり、日光東照宮久能山東照宮や、六所神社英彦山神宮、地主神社などのようにおもとの彫物があったりと、土地を治める霊草としても大切にされてきました。

南西の方位の裏鬼門に植えて

引越しおもと風水 鬼門

日本独自の陰陽道の中で出来上がった日本独特の思想であると考えるべきである。現代でも、人々は、縁起を担ぎ、家の北東、鬼門の方角に魔よけの意味をもつ、「柊」や「南天」、「万年青」を植えたり、鬼門から水回りや玄関を避けて家作りしたりと、根強い鬼門を恐れる思想がある。南西の方位を裏鬼門。

鬼門(きもん)とは、北東の方角のこと。その名の通り「鬼(邪気)の出入りする方角」を意味しています。

裏鬼門(うらきもん)は、鬼門と反対の方角(=南西)のこと。
陰陽道では、北東と南西は陰陽の狭間で不安定になるとされ、裏鬼門も鬼門とセットで不吉な方角と言われています。

鬼門対策 トイレに万年青飾り

おもと 万年、青々と美しいおもと 葉が年中青いことから、永遠の繁栄、長寿という花言葉 地植えにしても上手に育ちます。

赤い実をたたえた地植えのおもと
赤い実は、大きめのおもとにつきます。羅紗おもとはよっぽど実がつきません小型でも、獅子は実がつきます、それでも、ある程度の大きさにします。
地植え
大葉や、実親では地植えも出来ます 赤い実は、正月に一番赤くなり、これから鳥がきて、赤い実を食べにきます 人の住んでいるとこに近い山里では、その鳥が運んだ実、種で、おもとが生えてきているので面白いものがあったりします。地植えにする際は、春、秋の柔らかな気候を選びましょう。
根の動きもよく、よく活着します。おもとはそこまで日を必要としない植物なので日陰になるような場所があっています。風水では北東の鬼門の方向に植えなさい、置きなさい、といわれますが、実はそれも理にかなっていることで、北東なら夏の暑い日差しは屋敷の陰に隠れて涼しいですし、冬は朝日が当たればこれ以上ない好適地
窓辺においてもいいですね。

オモトが枯れる

開口部が閉鎖されてしまっている部屋も典型的な気がよどんでいて観葉植物が枯れるお部屋です。開口部が閉鎖されてしまっている部屋も典型的な気がよどんでいて観葉植物が枯れるお部屋です。

藜蘆れいろ(万年青) 霊草

萬年青が悪い邪気を吸ってくれます。尊く不思議なはたらきのある草。また神仏の加護を受けられるという めでたい草。瑞草