都の城 (みやこのじょう)

基本情報

分類    大葉系統 覆輪系  江戸おもと
作出年代
登録
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

都の城(みやこのじょう)

 

大型種、立ち葉型で葉肉厚い 濃紺緑色に白い覆輪を見せます。薩摩万年青の丈夫な代表品種。薩摩おもとの元祖ともいうべき品種。江戸時代中期に都城より鹿児島へ持ち帰られ、育芳園番付に載せられて、文政の初め頃は江戸へ出た。江戸時代を於て全国的に分布。都城地方では庄内(しょね)おもとと呼ばれ、大立ち葉系と「小庄内」と呼ばれる垂れ葉の小型種もある。又「苫破り」として(大型の都の城。90㎝)の大きさの物も。「赤松高嶺」都城中型で覆輪の深い系統。(餅屋高嶺)ともいう。根変わりして名前が付けられた。

十五代藩主島津貴久公の天文二年(1533)のころからの品種

『都城高嶺』 別名 都の城(みやこのじょう) 十五代藩主島津貴久公の天文二年(1533)のころまでにはすでに存在したもので、霧島方面の山より出現したものと思われます。駿府の徳川家康公に贈られ、江戸城に移された話も残っています。葉は生け花として大量に生産され、お正月などに実付きで使われています。

 

「都城」と「都尉」

渡辺藤村氏の『萬年青の種類と培養』によれば「古くは「都尉」と書かれ、いつの時代にか「都城」となった」と記されています。尉とは、判官の位で、都を護る検非違使のことです。おもとで尉の位をつけられたのは「都の城」くらいのものでしょう。いかに大切にされたかがわかります。立ち葉性で地合い厚く、覆輪深く、紺地の強い大葉です。壮観な薩摩おもとの根幹ともいえる代表品種。

 

都の城(みやこのじょう)  生け花

都の城(みやこのじょう)  生け花  濃紺緑色の葉、地合いは厚く白い覆輪をかける。よく生花に使われます。

万年青 生け花 万年青(おもと) 生け花

花材 万年青 品種 都の城(みやこのじょう)
都の城の実12月色づく、オモトは大変に日持ちがよく、11月から水をこまめに換えると4カ月程持ちます。

 

オモト切り花のハウス 有田町  切花用 都の城

オモト切り花のハウス 有田町  切花用 都の城

 

2020年万年青 生け花 都の城

2020年万年青 生け花 都の城

 

4月に地堀した品種 都の城(みやこのじょう)の芽の動き

おもとの芽 (21年6月4日)
4月に地堀した品種 都の城(みやこのじょう)
遅く鉢上げしたため花芽は結実しませんでした。

おもとの芽 (21年6月16日)
4月に地堀した品種 都の城(みやこのじょう)
日中気温が30℃まで上がるようになり生育が早まりました。

おもとの芽 (21年6月26日)
4月に地堀した品種 都の城(みやこのじょう)
1月で15cm~20cmほど生育しました。

 

江戸時代より続くおもと『都の城』(みやこのじょう)の紹介

 

イメージ 1
おもとの品種 『都の城』(みやこのじょう) 約18cm鉢
寛政11年(1799年 松平定信の寛政の改革の時代)の銘鑑にその名が見られる、『永島』などとともにとても古いオモト。とても丈夫で、青々とした葉が万年青らしい、引越しやお祝い、また、敬老の日に贈られるおもと。

 

イメージ 2
おもとの品種 『都の城』(みやこのじょう) 約18cm鉢
大葉系 覆輪、葉は濃緑色、葉肉厚い立葉、葉先は尖る。純白の覆輪が深くかかり、とても丈夫。大葉の地植えにも向く品種で、庭師さんで引っ越し万年青として、新居の庭の石の脇や、木の下に植え込んでくださる方も。実も成りやすく、お正月には赤く色つく縁起物。

昭和30年ごろに、新潟で地植えの都の城に図が入り、『聖光都の図(せいこうみやこのず)』として大切にされている。

 

関連記事

生け花用おもと 都の城(みやこのじょう) 生産者を訪ねて

万年青 愛知県岡崎市 豊明園 お正月と万年青の生け花

万年青の魅力 原種から現代の品種の歴史 初心者の方へ

おもと正月花と実

万年青(おもと) 生け花

聖光都の図 (せいこうみやこのず)

家宝都の図 (かほうみやこのず)

大雪山 (だいせつざん)

大観 (たいかん)

児玉残雪 (こだまざんせつ) 

高千穂  (たかちほ)