蓮香 (はちすか)

分類    大葉系統 覆輪系
作出年代     不明
登録    昭和39年追認
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

明治初期に鹿児島県の蓮香竜助氏が発見したと伝えられているが、詳しいことは分かっていない。中立ち葉性で葉肉が厚く、葉は淡い緑色で覆輪が極端に深く葉元まで入る。新芽の伸び始めには覆輪の部分が緑色で、それ以外の葉の部分は白く、葉が伸びるに従って覆輪が白く葉は緑色に変わることから転覆芸と呼んでこの品種を見分けるポイントとされる。やや性質も弱く繁殖もあまり良い方ではない。

蓮香(はちすか) 2年生 葉長50㎝、葉幅5㎝内外。中立ち葉で葉先鋭く葉肉が厚い、葉は絹地光沢の緑色で覆輪は止め葉まで深く入る。薩摩おもとの最高峰。性質は普通。「蓮香高嶺」に熊勢系と鳥井系があります。

芋吹き苗 鹿児島県では蓮香姓は「はすか」と呼んでおり、「はちすか」とはいいません。鹿児島弁はつまることが多いので「はっか」「はっすが」といいならわしてきました。

蓮香(はちすか) 3年生