万年青(おもと) 生け花

藜蘆(おもと)  万年青

七種伝の一つ 藜蘆れいろ(万年青)

万年青は、いつまでも青々として不変なこと、秩序正しく繁殖することから、長寿、繁栄の象徴とされる。
中国では、熨斗(のし)のかわりに万年青を使う習わしがあり、日本では、徳川家康が江戸城に入るときに、おもとを床の間に飾って入城したという記録がある。縁起の良い花材。

おもと生け花

花材 品種 (大象観)たいぞうかん
豊明園の正月 葉10枚、実1つを付け生ける 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。年中青くて枯れることがなく千々孫々まで繁栄する」ということで、正月の生け花として好評。
徳島県那賀郡相生町では55戸の農家が19ヘクタールの畑で
「都の城」「太像冠」「青おもと」の3種類を栽培しています、生産量は全国一

鎌倉時代には生花でおもとは珍重されていました。邪気を祓い、縁起のよい植物として
藜蘆れいろ(万年青)

文化8年  (1811年) お客様の資料より

七種伝とは

伝書、とも、池坊花伝書「生花七種伝」、七種花伝ともよばれます。

「七種伝」の七つとは、芭蕉・蓮・水仙・万年青・椿(―輪生)・牡丹・牽牛花(あさがお)

池坊では葉物・実物は祝儀に用いないとされていますが、万年青は、南天や千両と共に例外として祝儀に用いられ水仙等と同じく、
「陰の実にして至て祝儀にすべき物なり」とされている万能植物です。
理由は1本に沢山の実がなり葉が1年に四枚ずつ出て継続する、相続がたえないということからだそうです。

 

水仙(生花七種伝)

「陰の花、水仙に限る。賞美すべき花なり」と伝書に記されています。
生花で水仙を用いる場合、立春までは他の材料と混ぜて生けることはしません。

水仙(生花七種傳)

傳書中寫道:「陰之花僅限水仙。應賞其美」。
生花使用水仙時,於立春前不可與其它花材混合插作。 池坊HPより

万年青 生け花

花材 万年青 品種  (駿河富士)するがふじ
葉10枚、実1つを付け生ける 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。 『駿河富士』の実12月色づく、おもとの鉢植え『駿河富士』3鉢から葉を選び活けて見ました。大変に日持ちがよく、水をこまめに換えると4カ月程持ちます。

万年青 生け花

花材 万年青 品種 残雪(ざんせつ) 

おもとの真の葉 長さ55cm 幅10cm  残雪の実11月、まだ青い。濃紺緑色の葉に白い図柄をみせ、葉一枚一枚に味が出ます、葉幅が広いので独特の豪華さを醸し出す。露地植えにしても栽培できる品種。

万年青 生け花

花材 品種 大観(たいかん) 葉の中の白い部分、図と呼びます、白い柄の無いものを「都の城」と呼びます。外の葉は古い葉、実の横に真葉は新葉を使う。流れ葉は昨年の新葉。葉は偶数で実を入れて奇数。

万年青 生け花

花材 品種  残雪(ざんせつ) 葉10枚、実1つを付け生ける、逆勝手で活けて見ました。12月実は色づいています。3株から葉を選び生けて見ました。

万年青 生け花

花材 品種 都の城(みやこのじょう)

万年青 生け花

花材 万年青  品種  (駿河富士)するがふじ
おもとの真の葉 長さ55cm、幅12cm  葉10枚、実1つを付け生ける 池坊、七種伝の伝花とされて一種で生けます。 『駿河富士』の実12月色づく、3鉢から葉を選び活けて見ました。濃紺緑色の葉に駿河斑といわれるこの木のみに現れる斑は、筋状に入り雪白で美しい。緑の葉の中に駿河斑が入り、一葉一葉に独特の味わいを見せる。堂々としたその葉姿が魅了する。露地植えで良く育ちます。

万年青 生け花

花材 品種  阿賀野川(あがのがわ)

万年青 生け花

花材 品種 秋津島(あきつしま) 

おもとの真の葉 長さ45cm、幅8cm  濃紺緑色の葉に乳白色の覆輪が太く入り『都の城』よりも覆輪にあたたかみがあり、実付きの良い品。又縞柄の『秋津島』を使うとより一層豪華になります。おもとの花材としても良い品種。露地植えにして栽培すると株立ちになり実付きの良い品種。鉢植え、3本立ちでひと花生けれました。(2019年)