おもとの花 実の付け方

おもとの交配  時期

おもとの花

5月下旬の今の時期、おもとの交配や実を付けることについての
問い合わせがとても多いです。多くの地域で、花芽が上がってきていますね。早い方では、5月の中旬には上がってきていて、交配を始めた方もいます。豊明園(愛知県岡崎市)では、5/15には最初の交配を始めていました。おもとの花芽

上の写真のような、大きな『つくし』のような形の花芽が上がります。大葉などの大きい物が中心で、羅紗などの小さなおもとでは花芽はまず上がりません。獅子や千代田、縞甲などは花芽が来る品種が多いです。

花芽が上がって少しすると、つくしの部分が少しづつ黄色くなってきます。そして、蜜がでて、独特なにおいがすると思います。そうなると交配、受粉の適期です。

実を付けるだけなら、柔らかい筆でなでてやれば付きます。蜜の匂いのある時は、毎日、優しくなでてください。他のおもとにも花芽が上がっていれば、交互になでると、実は付きやすいです。自家受粉が付きにくいおもとがあるため。

おもとの交配

まだ蜜が出ていない花

交配したい場合は、
♂にしたいおもとの花粉をとって、
♀の蜜の出ている柱頭につけてやります。

蜜のでている柱頭 めしべ

柱頭の周りに、6個の花粉 おしべ がつく、一つ一つが花で、花が沢山ある穂の状態になっている。蜜が良く出ているときに花粉をつければまずうまくいくはずです。

※蜜が出ない ときは・・・
まだ時期がはやい、もしくは終わってしまった。水やりが少ないかもしれません→水をたっぷりやる。部屋が乾燥している 乾いてしまいます。

おもとの実 品種 五大州(ごだいしゅう) 7月30日写真

これから青い実が7月前後に出来てきますが、肥料が足りないと実がつきません。人でいう出産と同じくらい、体力を使いますので、
実を付けたいおもとは1年前からこまめな肥料で力を付けておきます。

これから来年花芽を出したいおもとには
今しっかりと肥料をやっておくことが大事です。
やりすぎには注意!
30℃過ぎたら新しい肥料は私どもは絶対に置きません。
極薄い液肥はやることがあります。

おもとの実 外輪山(がいりんざん) 11月29日の写真

徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください

万年青の実の付け方

万年青 実がならない

おもとの実をつけるには