万年青の実の付け方

おもとの花

美しさはないが、面白い形。正月には赤い実に。

皆さん、おもとって知っていますか?

生け花をされる方ですと、おなじみかも知れませんが、お正月に赤い実をつけて観賞される、祝儀のお花です。

おもと 品種 (大象観)たいぞうかん

万年青の花芽

華道の漫画にも取り上げられたり。この植物、お庭で自然と育ち、実のつくものですが、たまに、全く実が付かないがどうすればいいですか、というご質問を受けます。一番簡単な方法をご紹介します。答えは、筆でなぞるだけ。

万年青の交配

筆でなぜているところ。
これだけで、実が付く確率はかなり高くなります。ちょうど梅雨前の今の時期、おしべから蜜がでて、花粉(おしべ)が鮮やかな黄色になって準備が整います。ここで、さささっと筆でなでればまず受粉します。自然の中では、虫がかってに受粉してくれますが、部屋の中では、虫もいないので、筆でぞってやるといいでしょう。できれば肥料も少しあげたほうでいいですね。
花芽
おもとの花芽が付くと葉の向きが十字になりやすい
おもとの花芽
花芽が膨らみ、この状態になれば雨にあてても大丈夫
おもと大勲(たいくん) 12月3日の写真  実が色づく

オモトの花芽(はなめ) 玉姫(たまひめ)

つくしのようなものが、おもとの花です。何気なく見ていたら見落としてしまうような、“花”とはいえないようなシンプルな花です。おもとは、小さな花がいくつも集まって出来ているのですが、その一つ一つから蜜が出ています。キラリ、と光っているのが見えるでしょうか?
この蜜が出ているときが交配ができる合図です。鼻を近づけると、独特の匂いがあると思います。今、うちでは温室に実親が集めてあるので、温室に入るとすぐ分かります。
この蜜の出ているとき、柔らかい筆でなでてやると交配します。朝、よく蜜が出ていると思うので、蜜が出ているときに何日かなでてみてください。
できれば、他のおもとの花芽をなでて、やると、他の花粉が付くので交配はしやすくなります。
(自家交配、近親交配より他の種類の方が受粉し易い)
おしべも白っぽいおしべから黄色くなってきて、花粉が見えると思います。それを交配したいメス木へつけてやります。