万年青(おもと)の別名は?

万年青は日本で様々な使われ方をしてきたので別名が多い

万年青(おもと)は、古くは薬草として、また、引越し万年青やお祝い万年青、生け花としても用いられてきた歴史があります。また、雪隠万年青(せっちんおもと)のように、外のトイレの脇に万年青を植えることで不浄な場所を清浄にする、という意味合いや、引越しの際にまず万年青を植える、入れることや、屋敷の鬼門の方向に万年青を植えるなど、風水でも大切にされた植物でありました。万年青の使われ方が様々なので、実は別名も非常に多い。植物の中でも一番なのでは?と思っています。

今、私たちが楽しんでいる園芸としての万年青は江戸時代の園芸ブームで大きく花開いたものです。

日本での別名

日本では、万年青、萬年青、霊草、老母草 冬不凋草 不老草 レイロ・リロ(藜蘆、藜芦、莉蘆、黎蘆)、縁起草、吉草、長寿草、辛抱草(しんぼうぐさ)、イワラン、於茂登、御許、ともよばれています。

万年青が常緑、長寿で生命力のあることから、万年青、萬年青、長寿草

冬も枯れない常緑から、冬不凋草、万年青

毎年下葉は落ちるが、同じように新芽がでて姿は変わらないことから 不老草

実が付いたとき、母(古い葉)が子(新しい実、葉)を守るように育つため 老母草

冬、他の植物が葉を落とすときも力強く常緑の葉が長く楽しめたことから長寿草

常緑で長寿なことや、風水として大切にされたことから縁起草、吉草、霊草

万年青を遊ぶ時、辛抱して増やしていけばいつか報われるというところから辛抱草

古くの薬草書からレイロ・リロ(藜蘆、藜芦、莉蘆、黎蘆)

原産と言われる地名から於茂登、御許  於茂登山、御許山がある

Wikiより 於茂登岳(おもとだけ)は、沖縄県石垣市にある標高525.5メートルのである。地元ではウムトゥダギと呼ぶ。『球陽』では宇本嶽宇茂登嶽と記されている[1]。於茂登岳は沖縄県の最高峰で、正保年間の『正保国絵図』に名前が記された琉球で唯一の山である。 古くから霊山として信仰の中心的存在であり、山名の「ウムトゥ」は「島の大本」を意味するともいう[1]。『

 

 

万年青の花言葉

(長寿) (母性の愛) (永遠の繁栄) (長命) (崇高な精神)

 

万年青と付く他の植物

万年青が古くから大切にされ、また姿が特徴的なので、他の植物にも万年青とつく植物があります。

砂漠万年青 奇想天外 ウェルウィッチア

紫万年青

濱万年青 浜万年青

眉刷毛万年青

 

 

中国では

万年青 マンネンチェン 冬不凋草(常緑で冬に枯れないことから)

中国では古くから薬草として用いられ、日本と同じく、原産地でもあります。

漢方では

和漢薬、和漢方、漢方では、万年青根、万年青葉、万年青実として使われます。

英語名・学名は

学名のRohdea japonica Roth

Nippon Lily

Japanese Sacred Lily

日本で神聖に扱われていた植物として伝わっています。