買い安い!引越しおもと 初心者におススメの万年青 5つ

今回は、買い安い!初心者におススメの万年青、5つということで手ごろな万年青、入門者向けの万年青をご紹介します。

私がなぜこの万年青たちをオススメするのかというと、丈夫で、価格が買い安く縁起が良いからです。

どの万年青も世に出た当初は高級品だったものが、非常に丈夫でよく殖えるために価格が下がり、買い安くなっています

早速見ていきましょう。

新生殿 しんせいでん

いろんな本で表紙になっている、万年青界を代表する万年青です。

万年青らしい美しい葉姿に、力強い雅糸竜が昇り、中型なので迫力があります。

新生殿という字が、新しく生まれる御殿ということで、新居にもっていく引越し万年青でも人気の品種です。

大黒殿 だいこくでん

名前の通り、お金が貯まる万年青、とも呼ばれています。

この万年青の特徴は、襟組と呼ばれる葉が重なる部分の美しさです。5~10年たって親木になると、十二単のような美しい襟組を見せてくれます。

大黒殿の親 襟組が美しい

錦鉢にするとより高級感があります

 

 

瑞泉 子が出やすい

瑞泉 ずいせん

小型のてのり万年青で、出た当時は今でいう100万円の価値がある万年青です。とても丈夫で殖えが良かったので初心者万年青になりました。

マニアの方には、100本に1本1000本に1本ともいわれる瑞泉の縞覆輪をオススメしますが、価格が10倍になります。

芸の質ぴか一

 

 

嶺雲

嶺雲 りょううん

この中では一番、元の緑の色が濃く、生命力があるのがこの嶺雲です。

葉は、名前の通り嶺の雲のように変化自在。独特の美しさがあります。

嶺雲

 

お多福 おたふく

丸みのあるかわいらしい丸葉で、新居に福が舞い込んできそうなお多福

お多福

プレゼントとして、自分のお祝いとして万年青の豊明園の一番人気なのがこのお多福です。

明治26年、内国博覧会にて明治天皇がお買い求めた、由緒正しいおもとでもあります。

お多福は丈夫で、子も出やすい

 

 

まとめ

はい、5種の丈夫で、買いやすく、縁起の良い万年青5種を 今回はご紹介させていただきました。

今回の万年青は非常に丈夫で、小型のため赤い実は付きませんが、リビングや床の間、トイレ、玄関など場所を取らずに楽しめます

プレゼント用に高い鉢にしたり、苗でなく親株になりますと少しづつ高くなります。気の知れたお友達なのか、大切な取引先なのか、様々なシーンに合わせて鉢に気を使ってもよいですね。

 

おもと鉢 楽鉢

 

万年青鉢 短冊屋 和楽

万年青の植え替え 土か、軽石か、砂利か

万年青の展示会への出品・鑑賞のポイント