関白 (かんぱく)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代  明治22年
登録    昭和 30年追認
作出者   不詳
命名者   大川朝生(大阪府)
登録者   日本萬年青連合会
作出地   愛知県

関白(かんぱく) 7年生 鉢5.5号 「翠光群雀系」に属する。濃紺色の葉に矢羽根状の矢筈虎が現れると見事なまでの美しさを見せてくれる。首元がやや広く、葉先が鋭く尖り、雅糸竜、二面竜、鈴虫剣、剣葉と多彩な芸を現す。ポピュラーな品種ながら、人気が高く、多くの人に栽培されている。矢筈柄をきれいに現すには十分な採光を行うことがポイントで、葉の幅が狭くなりやすいので、採光に見合った肥料を十分に与える。繁殖は良好で株立ちになりやすい。

関白(かんぱく) 2年生 鉢4.0号

 関白(かんぱく) 7年生 鉢5.5号 濃緑色の葉に雪白の矢筈虎を現す。葉先鋭く尖り、剣葉、二面竜、鈴虫剣を現す。白い矢筈虎をきれいに現すには充分な採光をおこなうことがポイント、株立ちになりやすい。性質は強健で作りやすい品種です。